酸いも甘いもある人生のようなかき揚げ『歩いても歩いても』【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

歩いても 歩いても

歩いても歩いても

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

おばあちゃんの家で過ごすある一家の夏休み。なんでもない日常の風景のはずなのにどこかノスタルジックな感情を抱く方も多いのではないでしょうか?

思い出の品や思い出の会話、ふとした時に両親の老いを感じるシーンなどとてもリアルに描かれています。映画『歩いても 歩いてもの中には、たくさんのおいしそうなごちそうが登場しますが、その中でも夏に試して頂きたいレシピをご紹介します。

苦味と辛味のとうもろこしのかき揚げ

歩いても歩いても

【材料】
<A 具材>
ともろこし 1本
ゴーヤ 1/2本
玉ねぎ 1/4個
パクチー 5本(苦手な方はなくてもOK)

<B てんぷらの衣>
薄力粉 40g
片栗粉 10g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
水 60g
塩 ひとつまみ
揚げ油 適量

<C カレー塩>
塩 小さじ1
カレー粉 小さじ2

【作り方】
1 Aの具材を用意します。とうもろこしは芯から実を手でほぐします。ゴーヤは1cm角にカットします。玉ねぎは薄切りにします。パクチーはざく切りにします。
2 揚げ油を180℃に温めておきます。その間にBのてんぷらの衣を作ります。ボールにBのすべての材料を入れ混ぜ合わせます。
3 揚げ油が温まったらAの具材とBのてんぷらの衣を絡ませ、テーブルスプーンですくい、揚げ油の中に落としていきます。油がはねないように気をつけながら行っていきましょう。
4 ほんのりきつね色になったら取り出し、お皿に盛りつけます。カレー塩を添えて出来上がりです。

レシピの経緯

劇中にも登場するとうもろこしのかき揚げ。子どもや孫にたくさんの料理でもてなすおばあちゃんが作る料理はどれもお腹が空いてきます。その中でも印象的なシーンがこの「とうもろこしのかき揚げ」をつくるシーンですが、人生ってとうもろこしみたいに甘いだけではありませんね。ゴーヤの苦味とカレー塩のスパイシーさがアクセントの夏の味を提案しました。

【あわせて読みたい】

 大冒険をしたあの夏休み…『菊次郎の夏』思い出スイカサラダ【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ほっこりお腹が空いてくる『かもめ食堂』の彩りごはん【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ジャック船長も食べたかも?カリブ海のスパイシーなジャークチキン【映画を観ながら食べたいレシピ】
 【映画ファンのための真夏の祭典】カリコレ2017公開作品をオンライン映画館で
 作り物じゃない愛に溢れた『ギフト 僕がきみに残せるもの』を多くの人に観てほしい理由とは?

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2022年6月27日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • うえびん
    4.6
    夏の終わり 百日紅の花咲く頃 少年 継父の実家を訪ねる 2008年 是枝裕和監督作品 リョウちゃんは僕の新しいパパ まだパパとは呼べない おばあちゃんと伯母さん 二人はよく喋る よく話が尽きないなぁ 従兄弟ができて嬉しかった 僕にはまだ姉弟がいないから おじいちゃんは無口でちょっと怖い お医者さんだったのはかっこいい おじいちゃんとリョウちゃんは あまり話さない 仲が悪いのかなぁ おばあちゃんとおじいちゃん お互いに憎まれ口を叩き合う 仲が悪いのかなぁ でも、ずっと一緒にいるのはなぜ? リョウちゃんには お兄ちゃんがいたらしい 居間のお仏壇に写真が飾られてる 死んでしまったらしい お墓参りにも行った おじいちゃんもおばあちゃんも 死んだ伯父さんのことに いろんな思いがあるようだ 特におばあちゃん 黄色い蝶々に何を思ったんだろう ママとおばあちゃん 嫁と姑という言葉を聞いたことがある 仲良くなるのはお互いに難しそう 実の親子じゃないからなぁ 僕とリョウちゃんも 実の親子じゃないけれど いつか実の親子になるんだろうか ママはだんだん身体に染み込んでく って言ってたけど そんなもんなのかなぁ? 家族って... 美味しかったなぁ コーンの天ぷらとうな重 夏の終わり セミの声 波の音 百日紅の花の香り 初めて行った海辺の街 歩いた坂道 いつかパパと呼ぶだろう人が 生まれ育った場所 この日のことを 僕はずっと忘れないだろう 感受性豊かな子どもの五感を通して描か れた、家族のスケッチみたいな作品。 大人にならないと分からない人間の多面 性や、心の奥底に蠢く情念、家族のしが らみや関係性の複雑さも滲ませる。 ウクレレの音色と共にじんわりと余韻が 残ります。
  • はむ
    3.8
    懐かしい気持ちになった 実家に帰ったときの空気や匂いを思い出した
  • 弘彩ナズナ
    4.7
    本当に日常を描いた作品で笑みも涙も優しい感情ならどこにでも転げるそんな作品でした。 優しい日常にほんの少しの切なさと苦しみと秘密。 死んだって居なくなるわけじゃないんだよね。 親になれるなら親の気持ちが完璧にわかるそんな親になりたい。
  • kuui
    -
    記録用
  • -
    とうもろこしの天ぷらはこっちか
歩いても 歩いても
のレビュー(16364件)