ほっこりお腹が空いてくる『かもめ食堂』の彩りごはん【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

かもめ食堂

かもめ食堂

2005年製作の映画『かもめ食堂』。

フィンランドの首都ヘルシンキで「かもめ食堂」という日本食の食堂を営むサチエさん。
登場人物が個性的でシンプルなストーリーに彩りを与えています。

「ハラゴシラエして歩くのだ」がキャッチフレーズの今作は、観ているだけでほっこりお腹が空いてきます。そんなときに優しく染み入る彩りあざやかなレシピをご紹介します。

ノルディックライスサラダ

かもめ食堂

【材料】
お米 1/2カップ
大麦 1/2カップ
刺身用サーモン 100g
アボカド 1個
種無しオリーブ 10個
ケッパー 大さじ2
クランベリー ひとつかみ

ードレッシングー
塩 少々
黒胡椒 少々
マスタード 小さじ2
白ワインビネガー 大さじ1
オリーブオイル 大さじ2
ディルみじん切り 1本分

ー飾り付けー
ミント

【作り方】
1 お米と大麦を通常のご飯の時同様に炊飯器で炊きます。
2 ドレッシングの材料を合わせておき、刺身用のサーモンとアボカドは一口大にカットします。
3 1が炊き上がり冷ましたあと、サーモン、アボカド、種無しオリーブ、ケッパー、クランベリーを一つのボールに入れドレッシングを絡めます。塩胡椒(分量外)で味を整えて、お皿に盛りミントを飾り付けたら出来上がりです。

レシピの経緯

サチエさんが日本とフィンランドの共通点を「サーモン」として、フィンランドでならお店を営むことができると話していたシーンから、このレシピが生まれました。

【あわせて読みたい】
ジャック船長も食べたかも?カリブ海のスパイシーなジャークチキン【映画を観ながら食べたいレシピ】
ほろりと溢れる涙のような食感…スパイシーで儚い『ブルーバレンタイン』【映画を観ながら食べたいレシピ】
ポップコーンの変わりに“アランチーニ”はいかが? 『ニュー・シネマ・パラダイス』【映画を観ながら食べたいレシピ】
誰もが経験したことのある「最高の失恋」をもう一度。実写版『心が叫びたがってるんだ。』
5人の絆に胸アツ!『パワーレンジャー』にティーンエイジャーが大興奮するワケ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • いがらむ
    3.6
    大胆の登場人物の背景説明の省略と、限られた空間-しかし外には壁面の大きな窓で限りなく接続してる-での演出の組み立てが見事。昼と夜を繰り返すだけの日々、でもそれでいいのだと背中を押すようなたおやかな力強さが画面にみなぎっているが、少しコント感が拭えないのはやはり演出家の意図通りに全てが箱庭的に推移しているからだろうか…。
  • tsy0308
    3.6
    何でもない日常を映画にするって当時は衝撃的だったけど、今思うと自分の日常も映画に見えなくもない 自叙伝出す人の気持ちちょっとわかるかも 人生っておもろいもんね
  • Haru
    4
    2021.01.18.鑑賞 primeVideo
  • BOSSblack
    3.7
    フィンランドに女手ひとつで日本人が開店した食堂が舞台。日常のような非日常。何かありそうなことは匂うが何も明かされない登場人物たちのバックボーン。事件が起きそうで起きない、けど日常とは言いきれない何かが起きる日々。ん?日常ってなんだ?? 小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさん。出てくる人がみなさん魅力的。室井滋さんを探してしまう感じ。 心地よい不思議な時間が流れる映画。 男女で見るとこの映画の好き嫌いや着眼点の違いで長続きできる関係になれるかどうかわかるんじゃないかなー
  • だーはら
    4
    心が疲れた時に見たい映画だなーと思ったら皆さん似たような事書いてた。 明日はおにぎり作ってみよう。
かもめ食堂
のレビュー(44422件)