大冒険をしたあの夏休み…『菊次郎の夏』思い出スイカサラダ【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

菊次郎の夏

1999年製作の映画『菊次郎の夏』。

夏休みに母を捜すと決心した小学生の正男と、傍若無人な振る舞いをする近所のおじさん菊次郎。だんだんと打ち解けていく二人の冒険ともいえる夏休み。

笑いあり涙あり、空想と現実世界が交差する北野武監督が贈る夏休みにぴったりの作品です。

夏の思い出スイカサラダ

菊次郎の夏_レシピ

【材料】
小玉スイカ 1/2
赤玉ねぎ 1/2
ミニトマト 5個
きゅうり 1本
モッツァレラ 1個
スライスサラミ 100g
塩 少々
黒胡椒 少々
エクストラバージンオイル 大さじ1

【作り方】
1 小玉スイカを半分にして中を丸くくり抜きます。
2 赤玉ねぎときゅうりは1cm角に、ミニトマトは1/4カット、モッツァレラチーズは一口大カット、スライスサラミは千切りにします。
3 ボールに丸くくり抜いたスイカと、2の材料を混ぜ合わせ、塩胡椒、エクストラバージンオイルで味付けをして、最後にスイカの器の中に入れて完成です。

レシピの経緯

夏といえば「スイカ」とイメージされるように、作品の中にも登場するスイカを使いました。そのままでも美味しいのですが、一手間加えおもてなし料理にもおすすめです。

【あわせて読みたい】

 ほっこりお腹が空いてくる『かもめ食堂』の彩りごはん【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ジャック船長も食べたかも?カリブ海のスパイシーなジャークチキン【映画を観ながら食べたいレシピ】
 ほろりと溢れる涙のような食感…スパイシーで儚い『ブルーバレンタイン』【映画を観ながら食べたいレシピ】
 日本中が大熱狂!この夏一番のアトラクション・ムービー!『パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊』~大久保佳代子~
 誰もが経験したことのある「最高の失恋」をもう一度。実写版『心が叫びたがってるんだ。』

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • キネマの神様
    4.7
    GEO西国分寺店 レンタル
  • org25
    4
    こういうろくでもない無茶苦茶なオッサンて昔はけっこういた気がする。賞賛する気もないけど、昭和の人だな〜って懐かしく思う。 個人的には夏が閉じ込められてると無条件で好きになりがち。北野映画では特に。 ソナチネでは目の醒めるような青だったけど、こちらはパウダーブルーで優しい感じ。しかもロードムービー。田舎の美しい風景も見られるし、好きに決まってる。 海辺の風景もプールサイドも良かったな〜。ちょいちょい笑えるし、麿赤兒の舞踏も観られるし、美術等に多少のアングラみも含まれてて丁度良いバランスです。 感動的という種類ではない筈だけど、不思議と心洗われてしまう映画。 音楽の効果も大きいのかもしれない。
  • -
    菊次郎お前かよwwwwwwwwww
  • パピコ
    3.5
    不幸な子どもと荒くれ者のおじさんのロードムービー。 夏休みの思い出総まとめみたいな映画。 前半は2人が一緒に行動するしかなく、距離があった2人が徐々にその関係が近くなっていく過程を笑いを交ぜながら描き、好きだった。 後半の目的を見失い、ただただ気が向くままに遊ぶ夏休み。落ち込む子どもを励ます大人たちにとっても夏休み。 しかしたけし軍団が出てきてから僕の中の好き度が下がっていきました。(殿感溢れる遊びしてたのがなんか冷めた笑) 絵日記風に章分けする演出いらなかった気がします。 あと久石譲の音楽の主張が大きいなぁ合ってないなぁと思いました。 美しい名曲で聞いててうっとりするんですけど、映画を邪魔してる気がしました。 キタノブルーの美しい景色 たけしのシュールでもありベタでもあるコメディ 北野武の圧倒的存在感 好きな作品ではありました! 好きなシーン 競輪で連続に外すシーン 立ち入り禁止の看板とリラックスする4人 畑のバス停でのヒッチハイク (盲目のフリをしてた時になぜか感動して泣きました) 子どもに隠れて食べるおにぎり タイヤパンクさせて「逃げろー!」 「えへへ、階段からこけちゃってさ」
  • hajisarashi
    4.8
    話の大筋はチープというかひねりもなんもないけど、途中に散りばめられた小ネタや出会い、菊次郎自身の成長が滑稽で何度でも見たくなるロードムービー。
菊次郎の夏
のレビュー(11065件)