10月4日は中秋の名月。秋の夜長はゆったりのんびり“かぐや姫のお月見ぜんざい”を【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

かぐや姫の物語

かぐや姫の物語

今年の中秋の名月は10月4日(水)。今回ご紹介するのはスタジオジブリが制作した世界最古のファンタジー物語「竹取物語」を題材とした『かぐや姫の物語』。

穢れなき天人は地球への興味や憧れなどを抱くことが許されず、その想いさえも罪とされていました。キャッチコピーには“姫の犯した罪と罰”とあるのですが、そんな天人のかぐや姫はなぜ地上へと降り立ったのでしょう? 今でも語り注がれる日本の昔話がとても美しくわかりやすく描かれています。

ココナッツ香るお月見ぜんざい

かぐや姫の物語

【材料】
(A)団子
かぼちゃ 100g
白玉粉 100g
水 50g

(B)
あんこ 100g
水 200g

クコの実 6粒(水に戻しておく)

ココナッツクリーム 100ml

【作り方】
1. かぼちゃの皮をむき、薄切りにカットします。耐熱皿に並べラップをして600wの電子レンジで3分30秒加熱します。
2. レンジから取り出しフォークなどで潰していきます。ある程度潰れたら白玉粉と水を加えてよく混ぜ合わせ一まとめにします。
3. 鍋にお湯沸かしている(分量外)間に、2を一口大に丸めていきましょう。

かぐや姫の物語
4. 沸騰したお湯で団子を茹でます。浮かんできたらできあがりです。すくって冷ましておきます。
5. 小さめの鍋にあんこを入れ水で伸ばしながらぜんざいを作って温めていきます。
6. お椀に団子、ぜんざい、ココナッツクリーム、クコの実をのせてできあがり。

レシピの経緯

中秋の名月に食べるお月見団子。かぼちゃで黄色くした団子を月に見立てて、ぜんざいを夜空、ココナッツクリームを雲としてお椀の中に閉じ込めてみました。ココナッツクリームとかぼちゃの団子の相性がとてもいいです。

【あわせて読みたい】
 虹が見えたら、食べたくなる。『ホノカアボーイ』のロールキャベツ【映画を観ながら食べたいレシピ】
 飲んだら恋が叶うかも♡恋色ピンクのジュテームスープ【映画を観ながら食べたいレシピ】
 彩り豊かで夏バテも吹っ飛ぶ!『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』のキューバサンド【映画を観ながら食べたいレシピ】
 海外メディアが絶賛!望まない結婚、許されない恋、17年の時を経て知った真実の愛…衝撃のフランス映画がついに日本公開
 チェ・ゲバラ没後50年にして明かされる真実!オダギリジョーに乗り移った“もう一人のゲバラ”とは?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • kotarou
    4.3
    今は昔、竹取の翁といふものありけり… 2020.67
  • ぽんずの映画館
    5
    久しぶりに本作品を鑑賞した。「竹取物語」は誰もが聞いたことがのあるお話だが個人的にCGやデジタルを使わず手描きで繋げてる感じが柔らかくて日本の昔ばなしにふさわしい作画だと思う。また典型的な平安時代の様子が描かれており日本人にとって馴染み安い作画になっているのではないかと思う。もちろん海外の方にも古来の良さが大変評価されたのではないのかと思う 宮中での暮らしが辛くて皆から褒められるのが嫌で逃げ出してしまったかぐや姫のシーンが忘れられない。 高畑監督は様々なジブリの作品を作りあげてきたが彼の作る作品にはどこか哲学を思わせるよう内容もあってとても感慨深い。 他の作品とまた違った雰囲気あってとても気に入った。
  • Yoshiki
    3.5
    大人向けのジブリ作品だった。原作に忠実でありつつ、ジブリ作品としてのアレンジを追加し、全体的にうまく調和していた。
  • misq
    -
    第一印象は「丁寧なまんが日本昔ばなしだなあ」という感じです。 絵がたおやかで優しくて美しいです。 赤ちゃんのころの姫なんてころころしててすごく可愛かった。 竹取物語では姫の犯した罪は明らかにはされませんが、この映画における姫の犯した罪は「穢らわしい下界に憧れたこと」そのものです。 そんなに憧れるなら、下界の男女に預けるから人間をやってきてみろと記憶をなくされ下された。 恐らく、あの田舎で幼なじみのお兄ちゃんルートを取っていたら月のことを思い出さず罪は不問のまま人間として一生を終えられたと思います。 しかし人間は愚かなので、翁がよかれと思ってしたことも、自分のことをよく知らない癖に美しいという噂だけで言い寄ってくる男も姫のことを傷つけ、姫は月に帰りたいと思ってしまいました。 なので、それみたことかと月から迎えがきて、愛情深く育ててくれた老夫婦ともお別れしてまた感情のない天上人として月に帰らされてしまった。 自分が憧れた人間としての生を全うすることなく元の場所へ連れ戻される、これこそがこの物語における姫への罰です。 見かけ上の物語は限りなくわたしたちが教科書で読んできた竹取物語であるのに、「姫の犯した罪と罰」の解釈が素晴らしく非常に鮮やかだったと思います。 あ、あとあのおつきの女の子すっごいカワイイ
  • mongoose
    3.7
    思ったより面白かった
かぐや姫の物語
のレビュー(45439件)