スティーヴン・ソダーバーグは何故、映画界に舞い戻ってきたのか?【フィルムメーカー列伝 第十回】

ヒットガールに蹴られたい

竹島ルイ

「スティーヴンという名前の映画監督といえば?」という質問に対して、「スピルバーグ!」ではなく「ソダーバーグ!」と答える人は一握りだろう。っていうか、「え? ソダーバーグ? 誰ソレ?」と首をかしげる紳士淑女の皆さまも、少なからずいらっしゃるかもしれない。

いや、ちょっと待って! スティーヴン・ソダーバーグってホントはすごい映画作家なんですよ! とっても重要なフィルムメーカーなんですよ! だってだって、

“史上最年少でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した天才!”
“『オーシャンズ11』などオールスター総出演のハリウッド大作を手がけるヒットメイカー!”
“監督のみならず脚本・プロデュース・撮影・編集も務めるマルチクリエイター!”
“テレビドラマにも進出し、数々の話題作を手がける映像界のフィクサー!”

なんですよー!!!!!!

その才能&実績と比べるとあまり語られる機会の少ない映画作家、スティーヴン・ソダーバーグ。せめて、映画感度の高いFILMAGA読者には彼のすごさを知っていただきたいと思います。という訳で【フィルムメーカー列伝 第十回】は、ソダーバーグについて考察していこう。

史上最年少の26歳でカンヌを制覇した“早熟の天才”

スティーヴン・ソダーバーグは1963年1月14日、ジョージア州アトランタ生まれ。まだ高校生だった15歳で大学のアニメーション科に入学し、16mmフィルムを製作していたというから、映画に関してはかなりの早熟! ちなみに父親のピーター・ソダーバーグはルイジアナ州立大学の教授で、スティーヴンもいくつかのクラスを受講していたらしい。

高校卒業後はハリウッドに移り、フリーランスの編集者として働いたあと、ロックバンド「YES」のライヴを収録した「9012ライヴ」を手がける。この作品はグラミー賞の最優秀短編ミュージックビデオ賞にノミネートされ、高い評価を得た。

1989年には、ソダーバーグにとって初めての長編映画『セックスと嘘とビデオテープ』を発表。一本のビデオテープによってある夫婦の真実が明らかになるという低予算のインディーズ映画だったが、いきなりカンヌ国際映画祭の最高賞であるパルム・ドールを受賞! しかも26歳という史上最年少での受賞だった。

っていうか皆さん、26歳ですよ! 26歳っていったら、日本の芸能人だと前田敦子さんと一緒なんですよ(その比較に何の意味があるのかは自分でもよく分かりませんが)!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • ボブおじさん
    3.9
    アメリカ社会に蔓延する麻薬コネクション(トラフィック=流通)と麻薬取締局との熾烈な闘いを、三つの物語を同時進行で描く、スティーヴン・ソダーバーグが監督した社会派サスペンス。 冒頭から麻薬の流通を巡るアメリカとメキシコにおける3つの場所での戦闘(争いと駆け引き)が、一切の説明なしで、畳み掛けるように描かれていく。 ひとつは麻薬の供給源であるメキシコでの戦闘。 ひとつは中産階級の住むアメリカ東部での戦闘。 もうひとつは、2つの国境を挟んだ町での戦闘。 麻薬に溺れる娘に苦悩する麻薬取締最高判事、麻薬王の夫が収監され苦境にある身重の妻、麻薬カルテルの一味を捜査する警官。3人の物語がリンクしながら同時進行し、見ごたえのある1本に仕上がっている。 無数の命と引き換えに大金が飛び交う麻薬取引きの入口から出口までがリアルに描かれているのは、脚本家のスティーヴン・ギャガンの綿密な調査を基にした脚本の賜物。未成年者の麻薬常習は彼自身の経験によるものだ。 脚本は、多くの人物が激しく出入りし、複雑に入り組んでるのだが、各シークエンスの画質と色味が変えられている独特な撮影技術により、次々と入れ替わる3つの世界を無理なく受け入れられる。アカデミー賞監督賞・脚色賞・編集賞を受賞したのも納得である。 マイケル・ダグラス/ドン・チードル/デニス・クエイド/キャサリン・ゼタ=ジョーンズら実力派キャスト陣が競演しているが、特に警官を演じたベニチオ・デル・トロが圧倒的な存在感を示して、アカデミー賞助演男優賞を受賞している。 この複雑な話をデジタル化する前の独特のフィルム映像技術で、わかりやすく理解できるように処理したのは、間違いなく撮影監督の〝ピーター・アンドリュース〟の功績。 え?聞いたことない人だって⁈ イヤイヤ皆さん良くご存知の〝あの人〟ですよ(^^)。 公開時に劇場で鑑賞した映画をDVDにて再視聴。
  • yoooko
    -
    2022.11.30
  • ToruHashimoto
    4
    #トラフィック(2000)実話を元に作られた麻薬密売の映画。ガチガチのクライムアクションではない。エリンブロコビッチ、オーシャンズのスティーブンソダバーグ監督。面白い取り組みがいくつかある。展開が早くて字幕も読みきれないほど。大きく3組の視点から話が展開。一旦、勝者は誰?奥深い社会問題
  • nattyan9
    3
    麻薬は、社会の破壊者じゃなく、 家庭の破壊者 ってのが響いたなぁ……   高校生の25%って……   で、 何が大切かって 家庭があること。 つまり、家庭に居場所があること、 のような気がする。 寂しさや空虚さが 手を出す切っ掛けのような気がする。 これは不良というより 金持ちは特にそう。 毎年、誰か芸能人、 破滅してるもんなぁ……   (余談だけど、  アメリカのいい所は、  そこから復活・更正した人間を  むしろ歓迎するところ。  失敗が許される社会)    でも、 麻薬の市場規模は、 世界で5京らしいので、 失くなりはしないよなぁ……
  • タノ
    3.1
    麻薬の怖さを知った。 ここまで麻薬を入れる事の必要性ってなんだろ。 場合によっては死ぬのに。 生活のためなど色々あるけど、麻薬を使用した人にしか分からない世界なんだろうな。 依存性、人を壊すけど良い使い方がないのだろうか。 病気用の麻薬あるし、規制より使い方を決めた方が問題は減りそう
トラフィック
のレビュー(3839件)