映画『笑顔の向こうに』あらすじ・キャスト情報【高杉真宙、初の医療現場に挑戦!】

映画『ギャングース』、『虹色デイズ』、『世界でいちばん長い写真』など、2018年だけでも多数の作品で主演を務め、若手筆頭株と呼ぶにふさわしい実力派俳優・高杉真宙が、初の医療関係=歯科技工士役に挑戦した映画『笑顔の向こうに』が、2019年2月15日(金)より公開される。歯科医療の現場をテーマに、若者たちの成長を描いた青春感動作だ。

1130

映画『笑顔の向こうに』キャスト

大地/高杉真宙

1996年7月4日生まれ。福岡県出身。2009年、舞台で俳優デビュー。2012年『カルテット!』で映画初主演を飾る。翌年2013年には、『仮面ライダー鎧武/ガイム』に仮面ライダー龍玄などの役で出演。その後、映画『渇き。』(13)、映画『PとJK』(17)、『散歩する侵略者』(17)、ドラマ『セトウツミ』(17)などの話題作に出演。『散歩する侵略者』では、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞した。2019年は本作をはじめ、堤幸彦監督の『十二人の死にたい子どもたち』、『映画 賭ケグルイ』などの公開を控えている。

真夏/安田聖愛

1129

主人公・大地の幼なじみであり新人歯科衛生士・真夏を演じるのは、「第35回ホリプロタレントスカウトキャラバンオーディション2010」にてグランプリを受賞した安田聖愛

1996年6月23日生まれ。秋田県出身。2012年の映画『ロボジー』にてデビューを果たす。その後、映画『HK変態仮面』(13)、『リアル鬼ごっこ』(15)などに出演。映画・テレビ・舞台・CMなど幅広く活躍中。

映画『笑顔の向こうに』監督

榎本二郎

1978年、福岡市生まれ。2000年東映に入社し、映画の仕事に携わる。2001年、世界に出て様々な物事を見てみたいと東映を退社し、世界各国を巡る。2002年、たどり着いたニューヨークで、ニューヨーク工科大学(NYIT)に編入。それから約8年間、ニューヨークにて映像・アートなどの制作に関わる。本作が長編映画初監督作となる。

映画『笑顔の向こうに』作品情報

2019年2月15日(金)より、全国のイオンシネマにて公開
配給:テンダープロ/プレシディオ
公式サイト:https://egao-mukou.jp/
(C)公益社団法人日本歯科医師会

【文/Rie】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • django
    1.2
    日本歯科医師会が制作した、歯科技工士と歯科衛生士の話というニッチなターゲット設定に大変な興味を引かれたのでポイント440円買って見ました。私の責任で、大人である私の判断で買って見ましたけどあまりにも酷い。1分に1回くらいツッコミどころがあって、それがセリフ、演出、編集、衣装、メイク、小道具、エキストラの動きなど多岐に渡り、心休まる瞬間がない。 しかし「だったら虫歯になってやる」などの決めゼリフが全編に散りばめられて面白かったのでもういいです。この映画が持つ「可愛げ」はトミー・ウィソーのTHE ROOM並み。カルト化してもおかしくない。
  • バタコ
    -
    もう少しなんとかなったはず
  • はるぴ
    -
    記録
  • まえだ
    2.5
    記録用
  • まこと
    3.3
    歯科技工士がテーマの映画は初めて、個人的にも随分とお世話になってるのに笑 高杉真宙演じる主人公の男は他人に対しての接し方に超問題ありやん、いくら仕事がバリバリできて容姿がイケてても近しい人たちにこんなに傍若無人でいるなら人間的には良くはないですよね 安田聖愛は成海璃子に雰囲気がものっすごい似てる!!
笑顔の向こうに
のレビュー(161件)