映画『居眠り磐音』あらすじ・キャスト・原作情報【松坂桃李、時代劇初主演!】

シリーズ累計発行部数2,000万部突破のエンターテインメント時代小説シリーズ「居眠り磐音」が、松坂桃李を主演に迎え完全映画化が決定した。監督は本木克英。2019年5月17日(金)より全国公開される。松坂桃李は、本作で時代劇初主演を飾る。

居眠り磐音

映画『居眠り磐音』あらすじ

江戸勤番を終え、九州・豊後関前藩に3年ぶりに戻った坂崎磐音と幼なじみの小林琴平、河井慎之輔。三人は同じ道場に通う修行仲間であり、琴平の妹・舞は慎之輔に嫁いでいたため、二人は兄弟でもあった。また磐音も、琴平と舞の妹・奈緒と祝言を控えており、三人はただの幼なじみ以上の深い絆で結ばれた関係であった。ところが、これから磐音と奈緒との祝言という運びになったとき、大変なことが起こる。なんと慎之輔が 「舞が不貞を犯した」という噂を聞き、舞を斬ってしまったのだ。それに激高した琴平は、慎之輔に噂を吹き込んだ人物、さらには慎之助本人を斬るという凄惨な展開に。

琴平は罰せられることとなり、なんと磐音が琴平を討ち取るよう命じられてしまった。決死の闘いで琴平を討ち取った磐音は、実の兄を殺した以上、奈緒と一緒にはなれないと、奈緒を残し脱藩することを決意。すべてを失い、江戸へ向かった――。

豊後関前藩を後にして江戸で浪人として長屋暮らしを始めた磐音は、収入源がなく家賃の支払いも滞るようになるが、見かねた大家の金兵衛に鰻割きの仕事や、両替商・今津屋の用心棒の仕事を紹介してもらいなんとか事なきを得る。穏やかで優しいのにいざという時には剣が立つ磐音は次第に周囲から頼られる存在になっていき、今津屋の女中で金兵衛の娘・おこんにも好意を持たれるなど江戸暮らしも様になって来た。そんな折、今津屋が南鐐二朱銀をめぐる騒動に巻き込まれる事件が起き、磐音は用心棒として今津屋を守るために立ち向かう。

映画『居眠り磐音』キャスト

坂崎磐音/松坂桃李

主人公の坂崎磐音は、九州・豊後関前藩の中老・坂崎正睦の長男。3年間の江戸勤番勤めの後、27歳で帰藩した直後に起きた事件のため、 許婚の奈緒を残して関前藩から離脱、江戸深川で浪人暮らしを始める。剣を構えた様子が「まるで春先の縁側で日向ぼっこをして居眠りをしている年寄り猫のよう」と評されたため、居眠り剣法と呼ばれている。普段は人情に厚く穏やかな人柄だが、大切な人を守るためには颯爽と悪を斬る。

“時代劇史上最も優しい主人公”を演じるのは、『キセキ あの日のソビト』(17)や『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『娼年』(18)など数々の話題作に出演している演技派俳優・松坂桃李。『侍戦隊シンケンジャー』で俳優としてのキャリアをスタートさせ、スーパー戦隊から新米刑事、娼夫などさまざまな役柄を演じてきたが、本作が時代劇初主演となる。

松坂桃李コメント

僕が演じた坂崎磐音は穏やかで静かな空気を纏いつつ心の奥底に青い炎を燃やしている、そんな男です。年寄り猫のような磐音、彼の中で時間がゆっくり流れているような。
クランクイン前に殺陣や所作に加えて、鰻捌きの練習をしてきましたが、非常に難しく心が折れそうになりました。
本木監督はじめ、アクションチーム、京都のスタッフさん、共演者の皆様に支えていただき、何とか最後まで演じきることができました。幅広い世代の方に楽しんでいただける作品になっていると思いますのでよろしくお願いいたします。

おこん/木村文乃

磐音が用心棒として働く両替商・今津屋の娘、おこん役には、映画版『火花』(17)や『羊の木』(18)などで重要な役どころとなるヒロインを演じてきた木村文乃

木村文乃コメント

本格的な時代劇には初挑戦で、京都の撮影所も初めてで不安も多かったのですが、改めて京都という町とスタッフの皆さんが好きになった撮影でした。
おこんは太陽の似合う人情に厚い、江戸の女です。そして、町娘なので時代劇とは言え作法に縛られ過ぎず、自由に動いて生き生きできることが楽しかったです。
磐音さんへと奈緒さんへと、あっちにこっちに気持ちを真っ直ぐ向けるおこんを楽しんでいただけたら幸いです。

小林奈緒/芳根京子

磐音と幼なじみ・小林琴平の妹であり、磐音の許嫁である小林奈緒役を演じる芳根京子は、2013年のドラマ『ラスト♡シンデレラ』で女優としてデビューし、2014年、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』に出演。同年『物置のピアノ』で映画初主演を飾ると、『心が叫びたがってるんだ。』(17)や『累 かさね』(18)、『散り椿』(18)など、数々の話題作にコンスタントに出演している。

芳根京子コメント

松坂さん演じる磐音様を、ひたむきに愛し、強く想い続ける奈緒を演じられたこと、一人の女性として誇りに思います。私も早く大きなスクリーンで、磐音様に会いたいです。

映画『居眠り磐音』監督

監督は、『鴨川ホルモー』(09)、『超高速!参勤交代』シリーズ、『空飛ぶタイヤ』(18)などの本木克英。『超高速!参勤交代』で第57回ブルーリボン賞作品賞・第38回日本アカデミー優秀監督賞を受賞し、池井戸潤作品の初映画化となった『空飛ぶタイヤ』では、興行収入17億円を超える大ヒットを記録した“大ヒット請負人”が指揮をとる。

本木克英コメント

あたかも娯楽時代劇の傑作に観入るかのような佐伯泰英原作の読み心地を、映画でも現出したいと思いました。
松坂桃李さんという新鮮な才能を得て、本格派の時代劇がよみがえりました。

映画『居眠り磐音』原作

佐伯泰英の最高傑作であり、全シリーズの売上累計が4,500万部を突破している同名時代小説シリーズ。江戸下町の人々との心温まる交流、颯爽と悪を斬る磐音の剣、胸をしめつける男女の恋模様を描く。2002年には双葉社から文庫が刊行され、シリーズ51巻で驚異の累計発行部数2,000万部を突破した。平成で最も売れている時代小説シリーズとして多くの時代小説ファンの心を掴み、2007年にはNHKでドラマ化もされた作品である。

映画『居眠り磐音』作品情報

居眠り磐音

2019年5月17日(金)より全国ロードショー
配給:松竹
公式サイト: http://iwane-movie.jp
(C)2019年映画「居眠り磐音」制作委員会

【文/ビルボーイジン】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • すえひろがり8君
    3.5
    面白い作品ですが、半ハッピーエンドでは私の好みでは‥‥
  • 白玉だんご
    3.5
    タイトルからしてどんな話なの??って思っていたんですけど、結構よかったです。 松坂桃李さん良い雰囲気出しますよね、本当に。なんか主張しすぎないのに凛と存在しているという感じで。すごく良い感じに映画の世界に入り込んでいるというか、本当に心地良いです。 「居眠り剣法」というのは、詳しくないのでよくわからないですが、剣のシーンはやはりかっこいい! 最後に奈緒との切なさを入れてくるのもすごくよかったです。
  • かめさん
    4
    『超高速!参勤交代』シリーズの本木克英監督作品。藤本有紀脚本。 佐伯泰英小説原作。『娼年』の松坂桃李、木村文乃主演映画。 松坂桃李かなりいけてます。芳根京子の花魁姿も素敵です。 普段は人情に厚く穏やかな主人公が、「居眠り剣法」でさっそうと悪を斬る。 豊後関前藩の坂崎磐音(松坂桃李)と小林琴平、河井慎之輔は、幼なじみだった。磐音が琴平の妹・奈緒との祝言を控えていたある日、事件が起こり、磐音は二人の幼なじみを失う。奈緒を置いて関前を去り、江戸で浪人として生活することになった磐音は、昼はうなぎ割き、夜は両替商の用心棒として働き始める。
  • メイデン
    3.9
    居眠り磐音の愛しさと切なさと心強さとの巻 面白いです 勧善懲悪な話だけでなくいろんな要素がありながら詰め込んだ感もなく、涙、涙の花魁道中も綺麗で見どころの一つかと 今風に分かりやすく観やすく作られてると思いますけど、今どきでは本格時代劇なんて求められてないんですかねえ これがヒットしないとなると時代劇も映画では作られなくなっちゃうのかな、寂しいですね
  • あやののの
    3
    生で見た松坂桃李えぐかったな〜!!!
居眠り磐音
のレビュー(2765件)