映画『あの日のオルガン』あらすじ・キャスト・原作情報・予告編【戸田恵梨香×大原櫻子ダブル主演】

戸田恵梨香大原櫻子がW主演を務める映画『あの日のオルガン』が、2019年2月22日(金)より公開となる。

第二次世界大戦末期、東京都品川区戸越の保育士たちが幼い園児たちと集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を描いた本作。生と死が隣り合わせの時代、幾多の困難を前向きに乗り越えユーモアを持ち突き進んだ知られざるヒロインたちの奮闘を描いた真実の物語である。

共演に橋爪功、夏川結衣、松金よね、萩原利久たち実力派俳優たちが集結した。

映画『あの日のオルガン』あらすじ

あの日のオルガン

第二次世界大戦末期。警報が鳴っては防空壕に避難する生活が続く1944年、東京・品川の戸越保育所では、保母たちが保育所の疎開を模索していた。まだ幼い園児たちを手放す不安、迫りくる空襲から子供たちだけでも助けたい、と意見の分かれる親たちを保母たちが必死に説得する中、埼玉に受け入れ先の寺がみつかる。
荒れ寺での疎開生活をスタートした若い保母たちと幼い園児たちを待っていたのは、毎日わき出てくる問題との闘いの日々。それでも若き保母たちは子供たちと向き合い、毎日ひたむきに励ましあいながら奮闘していた。しかしそんな彼女たちにも、空襲の影がせまっていたーー

映画『あの日のオルガン』キャスト

板倉楓/戸田恵梨香

戸越保育園の主任保母

あの日のオルガン

1988年生まれ、兵庫県出身。小学生の頃から地元・兵庫で芸能活動をスタートさせ、中学校進学を機に上京。2006年の映画『DEATH NOTE デスノート』でスクリーンデビューを飾る。主な出演作にドラマ「ライアーゲーム」シリーズ、「SPEC」シリーズ、「コード・ブルー」シリーズ。いずれも後に劇場映画化された。そのほか映画では『アマルフィ 女神の報酬』(09)、『阪急電車 片道15分の奇跡』(11)、『エイプリルフールズ』(15)など多数。

戸田恵梨香コメント

重たいシーンが続いたので、自分の精神状態が普段いないところにいました。ただ、子供たちも含め、みんなと心を通わせられていたと思うので、現場ではとても居心地がよかったです。板倉楓を演じるにあたっては、みんなの母となれるよう、お姉さんになれるよう、大きな心でどしっと構えていられるように心掛けていました。楓は背負っているものが多かったので、一ヶ月精神的にきついことが続きましたが、有意義な時間で、すごい作品が出来るんじゃないかと手応えを感じています。

野々宮光枝/大原櫻子

愛育隣保育館の保母

あの日のオルガン

1996年生まれ、東京都出身。2013年の映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でスクリーンデビューし、日本映画批評家大賞新人賞を受賞。劇中バンドのボーカルとして、歌手としてもデビュー。日本レコード大賞新人賞を受賞した。2014年にソロシンガーとしてデビュー。主な出演作に、映画『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』(17)ドラマ『恋仲』(15)、『好きな人がいること』(16)などがある。

大原櫻子コメント

一生懸命楽しむ、楽しませるということを心がけていました。他の保母さんは子供たちを守るということを念頭に置いているかと思うのですが、光枝の場合は子供たちと楽しもうと意識しました。日常に笑顔を探しました。この作品は、色々な世代、これからの世代の方にも観て欲しい作品です。心が苦しくなるシーンもあるのですが、この作品はコミカルな部分があったり、子供たちの笑顔に見ている人もふと笑顔になる作品になると思います。タイトルの『あの日のオルガン』にもある、音楽のシーンも楽しんで欲しいなと思います。

佐久間由衣
三浦透子
堀田真由
福地桃子
白石糸
奥村佳恵
萩原利久
山中崇
田畑智子
陽月華
松金よね子
林家正蔵
夏川結衣
田中直樹
橋爪功

映画『あの日のオルガン』監督

平松恵美子

山田洋次監督のもとで助監督として経験を積み、『小さいおうち』(13)、『母と暮せば』(15)、「家族はつらいよ」シリーズ(16、17、18)では山田監督との共同脚本を重ねる。2013年の映画『ひまわりと子犬の7日間』で監督デビュー。

映画『あの日のオルガン』原作

映画『あの日のオルガン』予告編

映画『あの日のオルガン』作品情報

あの日のオルガン

2018年2月22日(金) 全国ロードショー
配給:松竹
公式サイト: https://www.anohi-organ.com
(C)映画「あの日のオルガン」製作委員会

【文/ビルボーイジン】

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • koichi
    4.5
    太平洋戦争末期。 東京にも空襲があると噂されるなか、 その空襲から子供達を守る為に戸越保育所の保母主任、板倉楓は子供達を疎開させることを提案する。 親御さんからの反対と非難、疎開場所の捜索、整備、疎開先との折衝… これら以外にもたくさんある問題を強い意志と責任をもって挑む主任と個性溢れる保母さんたちの奮闘が描かれている。 愛おしい。 心から愛おしい。 子供たちも、そしてそれを守る保母さんたちも。 今より面倒なことが多く、そして状況も過酷の中、なぜかそこの世界が羨ましく思えてしまった。 こんなことを戦時中の人が聞いたら「馬鹿言うな。そんなことは戦争の知らない平和ボケのいう愚かな無いものねだりだ」と、怒られてしまうかもしれない。 何もせずとも時間を大量に消費するツールが充分すぎるほど備えられている環境にあって、それに流され過ぎ去らされてしまうのは多い。 しかし、この映画で描かれている疎開保育園には今では流されて薄れがちの人と人との強い絆を感じる。 正直で心から人と向き合っている。 そこに羨ましさを感じている。 自然な演技ですっと感情移入ができた。 泣いて笑った。 感謝と夢と決意をもたらしてくれた映画。そしてそれは僕を前向きにさせてくれた。 昔の人の教えのなんと粋なこと。 「煙は泣き虫の子のお薬、焚き火は傷んだ心の特効薬」 思わずメモしてしまった。 昔は何かすることにちゃんと意味を持って一つ一つしているのが素敵で、憧れる。 そういったものを引き継いで伝えていきたいし、作っていきたい。 なんとなく生きることをなくしたいと思った。 大原櫻子さんが素晴らしくハマっていた。
  • ちゃんみー
    -
    荷造りされた子どものリュックは、個人的な思い出では、すきなキャラクターのティッシュとか丁寧にたたまれたビニール袋とか念には念を入れたでも重すぎない小道具がたくさん入ってて、 疎開する前の子供たちのパンパンのリュックはまた違う思いで荷造りされたと思うけど 色々なものを思い出しました〜 おなごがなにをいうんじゃ、で一蹴りされるのは戦禍になればますます強くなるんだなと思った 戦争をしたくないって言っても自分の力ではどうしようもないくらいになってしまってそんなの聞き入れてくれないから 運に任せるには重すぎる 小さな頃からミサイルが落ちてきたら…とか考えたら眠れなくなって朝が来るみたいなことはよくあって、親に怖いと言っても、死ぬ時はみんな一緒だからと言われてなぜか少し安心してた、蹴りをつける?みたいな感じ、半分あきらめ まあでも、なにもしないで、苦しさはみんな平等だから、で納得しても… だから政治に無関心ではいられないし、無責任だと思うし、もしめんどくさいで放ってる人がいて、その人たちの積み重ねが生きにくい社会作ってるなら迷惑とさえ感じるようになった 行きすぎか、まあでもそうさせた教育とか社会の仕組みとかの方が悪質か でも戦争だけでなくとも、一回始まるとなかなか終われないしその間にこの世に居なくなるかもしれないから でもこの前あんたたちから下の世代に沢山借金あるたい…(ごめん?)て親に言われたのは 金と戦争、男社会、いろいろ繋がってるしね あと妹が保育士目指して勉強中だから、映画の中の保育士さんと重ねて見ないわけにはいかなかった 映画館は見たくない痛々しいものも、大画面で目と耳は防げたとしてもスワイプしたり電源切ることはできない所だなと思った 十五年間ずっと戦争に振り回されてきたのが途方もなかった、私の人生の大半
  • shun@
    3.4
    戦時中の学童疎開をテーマに苦悩する保母さんたちを描いた作品。 う〜ん…悲しい中にも笑顔が溢れる"戦時中を描いた良い映画"ではあるんだけれど、それ以上でもそれ以下でもなく、変わりばえしない印象。 特別に惹かれるものが無かった…。 敢えて言うなら、戸田さんの鬼園長先生的な演技が素晴らしかったのと、大原さんのハマり役です。
  • なこ
    4.5
    良すぎた…悲しすぎる。 戸田恵梨香と大原櫻子の空襲から園児たちを守る姿にめっちゃ泣いた 2人のやりとりで笑えるとこもあって心温まる焼け野原になってたシーン忘れられへん…
  • しーとん
    4
    この道はいつか来た道 ああ そうだよ あやかしの花が咲いてる 大原櫻子の演技素晴らしかった。 歌手なのでオルガンを弾きながら子供達と歌うシーンは特に良かった。 エンドロールで「満月の夕」が流れて涙腺が完全に崩壊した…😭
あの日のオルガン
のレビュー(979件)