Filmarks人気No.1女優!アン・ハサウェイ出演映画15本

アン・ハサウェイ出演のおすすめ映画15本

話題作への出演が続き、Filmarks内ファン数No.1のアン・ハサウェイ。今回は、彼女の出演作品を15本まとめてご紹介。

アン・ハサウェイ プロフィール

マイ・インターン

1982年ブルックリン生まれ。高校卒業後ニューヨークの俳優養成学校に入学、舞台での演技経験を積む。

1999年にファミリー・ドラマ『ゲット・リアル』に出演、2001年には『プリティ・プリンセス』でヒロイン役に抜擢され映画デビューを飾る。

その後もヒット作に次々出演し、2012年公開の大ヒットミュージカル作品『レ・ミゼラブル』での熱演が評価され、第85回アカデミー賞助演女優賞を見事受賞。誰もが認めるトップスターとしての座を不動のものとした。

プリティ・プリンセス』(2001)

プリティ・プリンセス

何の取り柄もない冴えない女子高生ミア(アン・ハサウェイ)は、突然現れた祖母のクラリス(ジュリー・アンドリュース)からジェノヴィア国唯一の王位継承者であることを告げられる。そこからミアは女王になるための過酷なレッスンを受けることに……。

アン・ハサウェイの映画デビュー作品。監督は『プリティ・ウーマン』などのゲイリー・マーシャル。ロマコメを数多くてがけてきた名匠の演出力が細部にまで及ぶ作品。

プラダを着た悪魔』(2006)

プラダを着た悪魔

ジャーナリストを目指しニューヨークへやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)は、ニューヨーク随一のファッション誌「ランウェイ」の編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタント職を得る。誰もが憧れるファッション誌への就職であったが、それはミランダの鬼のような要求に耐える日々の連続を意味していた……。

人気テレビドラマシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」の衣装も担当した、パトリシア・フィールドが本作でも衣装を担当。華やかなファッション界の様子をヴィヴィッドに活写。アン・ハサウェイが演じるアンディが垢抜けて美しくなっていく様子にワクワクすること間違いなしの作品。

プラダを着た悪魔

ジェイン・オースティン 秘められた恋』(2007)

ジェイン・オースティン 秘められた恋

舞台は18世紀のイギリス。貧しい牧師館の娘ジェイン(アン・ハサウェイ)は、女性としての生き方を求めている。地元の名士との結婚をまとめようとする両親に対して、1人の女性として小説を書いていこうと心に決める彼女の考え方は、周囲からの理解を得られるはずもなかった……。

近代イギリス文学を代表する名作「高慢と偏見」の作者ジェイン・オースティンの若き日々が描かれる伝記映画。彼女が生涯で一度だけの恋の相手トム・ルフロイをジェームズ・マカヴォイが好演している。

ジェイン・オースティン 秘められた恋

ゲット・スマート』(2008)

ゲット・スマート

国際犯罪組織“カオス”と戦っていたアメリカの秘密諜報機関”コントロール“であったが、本部が襲撃され壊滅状態に。天才分析官エージェント86(スティーヴ・カレル)は、エージェント99(アン・ハサウェイ)を相棒にカオスを追ってロシアへ向かうのだが……。

監督は『50回目のファースト・キス』のピーター・シーガル。1960年代にアメリカで放映されたテレビドラマシリーズ『それ行けスマート』の映画化作品。アン・ハサウェイは全身整形の美女という役どころ。

ゲット・スマート

レイチェルの結婚』(2008)

レイチェルの結婚

薬物治療の更生施設の入退院を繰り返していたキム(アン・ハサウェイ)は、姉の結婚式に参加するため一時実家に帰ってくる。彼女は最初厄介者として迎え入れられるのだが……。

監督は『羊たちの沈黙』の巨匠ジョナサン・デミ。本作で主演のアン・ハサウェイは第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。

パッセンジャーズ』(2008)

パッセンジャーズ

セラピストのクレア(アン・ハサウェイ)はある日飛行機事故の生存者5人を受け持つことになる。しかしカウンセリングを続けるうちに患者が次々と姿を消していく。事故の真相をめぐるうち、彼女は自分自身を見失っていく……。

『フォー・ルームス』の撮影監督ロドリゴ・ガルシアが放つ驚愕のサスペンス・スリラー。監督の見事な心理描写とアン・ハサウェイの好演によってラストまで展開が読めない。

パッセンジャーズ

ブライダル・ウォーズ』(2009)

ブライダル・ウォーズ

幼馴染みでいつでも一緒の親友同士のリヴ(ケイト・ハドソン)と、エマ(アン・ハサウェイ)は、なんと偶然にも同じ日に婚約し、同じホテルでの挙式を計画していた。さらにホテル側の手違いで結婚式が同じ日にブッキングしてしまったことから全面戦争が勃発する。

2大スター豪華共演で贈るロマティック・コメディ。延々と喧嘩シーンを繰り広げるケイト・ハドソンとアン・ハサウェイのガールズ・バトルは超必見。

アリス・イン・ワンダーランド』(2010)

アリス・イン・ワンダーランド

19歳になったアリス(ミア・ワシコウスカ)が白ウサギと遭遇したことをきっかけに、再び不思議の国へ迷いこんだ。美しくもグロテスクな世界で、ストーリーの鍵を握る帽子屋(ジョニー・デップ)や、白の女王(アン・ハサウェイ)と出会い、正義の戦いに参加することとなる……。

児童小説家ルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」をベースにその後日談として物語を再構成し、巨匠ティム・バートンが映画化。アン・ハサウェイは本作で、慈悲深い白の女王を演じている。

アリス・イン・ワンダーランド

ラブ&ドラッグ』(2010)

ラブ&ドラッグ

プレイボーイのジェイミー(ジェイク・ギレンホール)は、火遊びのしすぎで会社をクビになるが、すぐに製薬会社の営業職につく。ある日、パーキンソン病を患うマギー(アン・ハサウェイ)と出会い、すぐに関係をもつが、今までの相手とは違う気持ちを抱いている自分に気がつくのだった。

監督は『ラストサムライ』などのエドワード・ズウィック。主演のジェイク・ギレンホールが美女たちを抱きまくる姿がコミカルに描かれているが、アン・ハサウェイとのベッドシーンは『ブロークバック・マウンテン』以来2度目で、さらに刺激的なシーンになっている。

ラブ&ドラッグ

ワン・デイ 23年のラブストーリー』(2011)

ワン・デイ 23年のラブストーリー

1988年7月15日、エマ(アン・ハサウェイ)と、デクスター(ジム・スタージェス)は、大学の卒業式で初めて言葉を交わす。互いに特別な想いを抱きながらも友達として付き合うことにした二人。毎年訪れる7月15日。エマはデクスターへの恋心を抱き続けていたが、ある年の7月15日、デクスターに別の女性と結婚することを告げられ……。

監督は『17歳の肖像』などのロネ・シェルフィグ。女性監督らしい繊細な感覚で、1組の男女の23年間にわたる心の交流を同じ日だけを切り取って描いてみせている。なかなか想いを伝えられないエマを演じるアン・ハサウェイが健気でかわいい。23年間の変化をヘア・ファッションで追うのも楽しい作品。

ワン・デイ 23年のラブストーリー

レ・ミゼラブル』(2012)

レ・ミゼラブル

舞台は19世紀フランス。極貧のジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)はパンを盗んだ罪で19年間投獄される。出獄後、彼は心を入れ替え、正しい道を進んでいくが、次第に激動の時代に翻弄されていく……。アン・ハサウェイは、本作で娘を養うために極貧生活を送る女性を演じる。

文豪ヴィクトル・ユーゴーの同名小説を『英国王のスピーチ』などのトム・フーパーがミュージカル映画化。本作でアン・ハサウェイは第85回アカデミー賞助演女優賞を見事受賞した。自身の結婚式前の撮影だったにも関わらず、役作りのために丸刈りにしたアン・ハサウェイの女優魂も感じる作品。

レ・ミゼラブル

ブルックリンの恋人たち』(2014)

ブルックリンの恋人たち

人類学博士号取得を目指すフラニー(アン・ハサウェイ)は、弟が交通事故で昏睡状態になったことから帰国する。弟のことを全く知らなかった彼女であったが、彼が作曲した曲を聴き感動し、その足跡を追うことに。そうして出逢ったツアー中のミュージシャンのジェイムズ(ジョニー・フリン)と恋仲になるのだが……。

監督はケイト・バーカー=フロイランド。アン・ハサウェイ初のプロデュース作品。さらに『レイチェルの結婚』の監督ジョナサン・デミも製作陣に名を連ねている。

ブルックリンの恋人たち

インターステラー』(2014)

インターステラー

地球での暮らしが不可能になりつつある近未来。そこで元宇宙飛行士のクーパー(マシュー・マコノヒー)に、居住可能な他の惑星を探すというミッションが託される。彼は人類存続の危機を回避するため、愛する家族を地球に残し、生物学者で宇宙飛行士のアメリア・ブランド(アン・ハサウェイ)と共に、果てしない宇宙へ旅立っていく……。

監督は『インセプション』などの名匠クリストファー・ノーラン。CG使用を最小限に雄大な宇宙空間を再現。ノーラン作品ならではのストーリーの緻密さと、アン・ハサウェイのエモーショナルな演技が好バランス。

インターステラー

マイ・インターン』(2015)

マイ・インターン

ニューヨークでファッション通販サイトを運営する会社の女性CEOジュールス(アン・ハサウェイ)は、公私ともに充実していた。そんな彼女の元にシニア・インターン制度でやってきた40歳年上のベン(ロバート・デ・ニーロ)。初めは苛立つジュールスであったが、次第にベンの温かな人当たりに心を開いていくのだが……。

監督は『ホリデイ』などのロマンティック・コメディに定評のあるナンシー・マイヤーズ。女性監督らしい鮮やかな人間模様が心地よく描かれる。

マイ・インターン

オーシャンズ8』(2018)

オーシャンズ8

ダニー・オーシャンの妹デビー(サンドラ・ブロック)が、5年の刑期を終え出所。塀の中で彼女はド派手な強盗計画を練り上げていた。それをすぐに実行に移すべく、デビーは各分野の精鋭たちを集め、“オーシャンズ”を新結成するのだった……。

監督は『シービスケット』のゲイリー・ロス。「オーシャンズ」シリーズの監督スティーブン・ソダーバーグは製作陣に名を連ねている。アン・ハサウェイはメットガラで首元に煌めく宝石が標的になるハリウッド女優を熱演している。

オーシャンズ8

【文/チャーリー】

【あわせて読みたい】
思わず「恋したい」気分になる!?笑って泣けるハッピーなラブコメ映画15本
※ 人気のおすすめ恋愛映画15本【洋画編】〈『ラ・ラ・ランド』『エターナル・サンシャイン』など〉
※ 映画ファンが「これは怖い…」と評価する!観たら後悔する最恐ホラー映画15本

※本記事で紹介する映画は国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。

((C)2006 TWENTIETH CENTURY FOX、(C)2006 Becoming Jane Films Limited, Scion Films Premier (Third) Limited Partnership and UK Film Council All Rights Reserved、(C)2008 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED、(C)2008 PASSENGERS PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.、(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.、(C)2011 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.、(C)2011 Focus Features LLC. All Rights Reserved.、(C)Universal Pictures、(C)2014 Song One Funding LLC All Rights Reserved、(C)2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED、(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS