高杉真宙、○○が好きすぎて猫背が治らない!?『笑顔の向こうに』【2ショットインタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

日本歯科医師会の全面協力のもと製作、歯科医療をテーマとした映画『笑顔の向こうに』が、全国のイオンシネマにて公開中だ。本作は“歯科医療”という日本映画史上稀なテーマではあるものの、第16回モナコ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、エンジェルピースアワード(最優秀作品賞)と、共演の丹古母鬼馬二が助演男優賞を受賞するというダブル受賞の快挙を果たしており、国内外で注目を集めている一作。

笑顔の向こうに

その公開を記念して主演の高杉真宙と、ヒロインの安田聖愛にインタビュー。若い主人公が悩み葛藤する姿を同世代の観客に届けたいという作品に込めた思いをはじめ、俳優として活躍中の高杉、安田が影響を受けたという映画の話まで、さまざまなテーマについて赤裸々トークを展開した。

笑顔の向こうに

ーー歯科技工士と歯科衛生士の物語という、職業ドラマとしてもめずらしい設定だと思いますが、最初はどういう印象を?

高杉真宙 まず最初は、歯科技工士ってどういう仕事なんだろうと思いました。自分の役柄なので特に。脚本を読み進めていても何をする職業か詳しいところまではわからず、用語もひとつずつ調べながら読みました。でも、歯にまつわることだけでなく、家族のこと、恋愛のことなどテーマが豊富にあって、世代を問わずに楽しめる映画になるなと思いました。

安田聖愛 わたしは姉が歯科衛生士なので遠い職業ではなく、職業自体は知っていました。歯科技工士は知らなかったので、そういう職業もあるなと思いながら脚本を読み始めました。姉の職業を演じるというわくわく感があったので、こういう感じで働ているんだって、読みながら思いました。あと、ご年配の方々が共感できるシーンも多いのかなと思って、完成した映画を観て自分でもほっこりしつつ、共感する映画だなと思いました。

笑顔の向こうに

ーーお姉さんのアドバイスはありましたか?

安田 アドバイスというよりは、新人の時の失敗や、うれしかったことなどを聞いて、新人の真夏とすり合わせて演じました。

ーー彼らのように一人前として認められたいという思いというところで共感する要素はありましたか?

高杉 僕は、そもそも自分のことを一人前になったと思うこともないような気がしていて、特にこの役者という職業はライセンスが要るとかそういうわけではないので、何が一人前なのか正解がわからないままやっているところがあって。認められる人も現場レベルではあるかもしれないですけれど、結局は観る人たちが評価することで、観る人たちによって、その感性の違いによって変わってくると思うので、最終的には自分がどう満足するかによるかなと思います。

安田 自分が出た作品を観ると毎回、半人前だなと思います。でもそこで納得すると終わってしまうと思うので、いつまでも粗探しではないですが、探し続けたいなとは思います。

笑顔の向こうに

ーー本作は人の心にいつまでも残る映画となりましたが、いまの仕事につながるような影響を受けた映画はありますか?

安田 わたしあります!

高杉 すごい!

安田 『下妻物語』です(笑)。

高杉 そうなんだ(笑)。

安田 深田恭子さんが基本的にずっとかわいらしいのですが、劇中でふりふりのかわいい衣装を着て、最初はかわいいって感じで登場するのに、最後にはヤンキー衣装にもなるんです。当時いくつだったか覚えていないですが、あの対照的な感じにすごく衝撃を受けて、いまでもずっと残っていて覚えているほど。いつかわたしも、ああいう役柄を自在に操れるようになりたいと思っています。

ーーその当時、もう女優を目指そうと思っていたかもしれない?

安田 どうでしょう(笑)。自分ではぜんぜん覚えていないです。

高杉 僕は『DEATH NOTE デスノート』です。藤原竜也さんと松山ケンイチさんの。シンプルに、僕は松山さんが演じるLが大好きだったんですよ。あのLが大好きで、漫画やアニメを知る前に、映画を観てすごく衝撃を受けました。松山さんを知ってからは、松山さんのほかの映画も観るようになって、ぜんぜん違う表情をするなと思いました。いろいろと舞台も観させていただいたのですが、あの『DEATH NOTE』のLが別の役柄を演じているって、普通に観ていたら気づかないなと思いました。あと、『DEATH NOTE』は、僕が猫背になったきっかけでもあります。

ーーえ!?

高杉 私生活で、ですね(笑)。僕は影響されまくりで、いまだに直そうと努力しているのですが、あれで影響されてずっと猫背のまま。小学生くらいからずっと猫背ですね。

ーーそうとうな影響ですね。

高杉 人生レベルですね(笑)。

ーーすると、おふたりが考えるいい俳優とは、いろいろなキャラクターを演じ切ることになりますか?

高杉 どうでしょうか。いい俳優とは、人それぞれの価値観かなとも思います。僕自身は、自分がどうなりたいか、がいい俳優像かなと思っていて、60、70歳になっても俳優をやり続けていることが、いい俳優だと思っています。

ーー第一線でい続けるということ?

高杉 そうですね。どの仕事にしても、それはすごいことだと僕は思うので、それは仕事がすごいだけじゃなく、人間性もあると思います。そういう人になりたいとは思いますね。だから20代、30代、40代、50代、60代、それぞれの道を考えて生きていきたいと思っています。

安田 作品は一番に監督のものだと思っていて、原作ものなどはまた違ってはくるとは思いますが、その時の監督さんの100点満点をもらえる俳優が、いい俳優かなって思っています。「そこ違うな」と思われる演者ではなく、すべてをちゃんと納得させる、監督のOKをちゃんともらえる俳優がいい俳優かなって。

笑顔の向こうに

ーーFILMAGAは映画好きなユーザーがたくさん読んでいるので、そういう熱量がある映画ファンに、この作品をどうアピールしますか?

安田 映像が本当にきれいなんです。それが苦手な方もいるかもしれませんが、映画が好きな方であれば注目して観てほしいですね。最初にわたしもびっくりしたのですが、豪華なキャストなので、そこも注目ポイントだと思います。ストーリーはもちろん、キャストや映像については映画ファンの方々は楽しめると思うので、観てほしいですね。

ーー個人的には、佐藤藍子さんが母親役でびっくりしました。

高杉 若いですよね。若すぎです。お母さんではなく、恋しちゃうくらいの!

安田 違うストーリーになるから!

高杉 今回、監督が長編映画が初めてで、そこに僕たち若い世代が――青いと言うのかな(笑)、やらせていただいているので、映画好きな方たちが観たら、これからに期待してほしい俳優たちの姿と、僕たちのそばで演技をしてくださって心強かったベテランのみなさんの安定感も見逃せない作品になっていると思うので、長い目で見守ってほしい作品なのかなって思いますね。

ーー同世代の人にも観てほしいですよね。

高杉 そうですね。基本的には歯と仕事の話でもあるので、第一に伝えたいことは、簡単に言うと歯を大切にですが、そこから「仕事とは?」となって家族や恋愛にも話が展開します。なので仕事に悩める人たちは、やっぱり若い世代をはじめ、観てほしいなと思いますね。(取材・文・写真=鴇田崇、スタイリスト=石橋修一、ヘアメイク=勇見勝彦/THYMON Inc.<高杉真宙>、スタイリスト=fukami、ヘアメイク=宮川朋子/エスト・アン<安田聖愛>)

映画『笑顔の向こうに』は全国のイオンシネマにて公開中。

笑顔の向こうに

監督:榎本二郎
配給:テンダープロ、プレシディオ
公式サイト:https://egao-mukou.jp/
(C)公益社団法人日本歯科医師会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ぱきら
    2.1
    高杉真宙とその演技を鑑賞するために観ました。 高杉真宙はくっきりと切れ長で大きな瞳と長いまつげと小さな頭と長い首に大柄ではないけれどバランスの取れた細い体躯という小学生のときに女子に間違われてスカウトされたというまるでフィクションも霞むかのごとくの逸話に説得力を感じさせるようなたぐいまれなる浮世離れした容姿も生臭さのない存在感も目を引きますが、そもそも演技の上手な若手俳優さんだと思いますし、悪役というか反社会的な行動の役でも少女漫画の実写化のような役でも中途半端な作品でも、彼はどの役でも真面目に演技を考えて細かいところまで取り組んでいるのが感じられる気がして好きなのですが、仕事は多いがいまだに作品には恵まれないというか。若手のひとはどの時代でも誰でもそういうものとは思いますが彼と彼の演技だけを眺めるために観るにはなかなか辛い作品も多いです。観る側がそうであるなら演じる側はいかばかりかという気持ちになります。芸能界じゃ演技研鑽以外の部分で煩わされることばかりでしょうし、そのうえ謎の企画とゆるい脚本ばかりでは途中で折れないで持続するだけでも凄いと思います。ええほんとに。 さて作品としては、学校の授業の一環として観る映画のような誉め言葉ではなく破綻のなさとぎこちなさの同居っぷりなのだけれど、それにしては半端に少し寒めのギャグのようなノリも入ってくるような具合で、もうテンポも退屈ですし。色々安いというか。でもその割に端々で役者さんはそこそこ豪華なかたも入ってくるのですが、反面でワイドショーの司会などでお馴染みの人だったりお笑い芸人の人だったりと普段演者としての印象も強くないひとのぬるめの演技も随所で入り込み、またそこの加減や使い方も配役として半端というか。 せっかく歯科技工士と歯科診療の世界という、高齢化のなか益々大切かつ一般人でも自覚的に取り組まないといけない分野を扱っているのですから半端に青春で半端に人間ドラマにしないで、もう少しその世界ならではのことを知らせてくれる内容だったら良かったのですが。 あとなんで最後で取ってつけたようにわきあがる恋愛成就。いやいいんですけど、みたいな気持ち。駅でがしっと(いや本当にがしっという感じで)抱き合うところはまじ突っ込みたい。日本歯科医師会制作映画ゆえなのか。それならそんな京王線府中競馬正門前駅のホームで抱き合わなくても、もう少し穏便に意思疎通をはかればよいのでは。どんな演出と脚本だったのか。 真宙(この名前がどうやらご本名なうえに違和感がないし透明感あってぴったりで素敵くらい思わせて下さるのですごい。あ、本当に素敵なお名前と思います)のロマンチックなシーンが浮かばないなそういえばと思わされました。生臭さのない存在感のため恋愛絡みだとツンデレ役や真面目な役も多いせいか(渇きで金髪でピアスとチェーンでとんでもないセリフ言いながら内臓踏まれてたのは忘れられませんが。あの少しの出演であの存在感が好かったですが)。彼の存在感に合ったそういう役にも広がっていくとよいと改めて思わされるような。がしって。
  • クロウ
    2.8
    可もなく不可もない映画。 歯科技工士という職業のPRのために作られた映画ですが、いまいち伝わらない。
  • 何でも見るアルパカ
    2.9
    テーマが医者ならともかく歯医者は珍しいので歯医者特有の何かがあるかと思って見たのですが …まぁ可もなく不可もなく トラブルも大体想像の範疇で演技も特にいいわけでもなく 浅いかなぁ
  • カーネル
    2.9
    プチ高杉真宙ブーム到来、ということで。 ストーリーとしてはよくある話で、意外性はあまり無くて。あ、池鉄が珍しい感じの役でした。手の包帯はエンコした訳ではありませんw 歯科技工士を主人公にするという設定に興味を持ちました。なのでそこら辺をもっと見せて欲しかったな。 高杉真宙はお得意のツンデレ男子ですが、王子という感じではなかったかなwチョッと性格悪いし。だからキャラ変のような流れにはオイオイ!でした。 エンドロールに 「厚生労働省推薦」 とあるのを見て、 我が家は視聴覚教室かよ、おい! と思いました。冷めたわ〜
  • J
    3
    感動とまではいかなかったな。 歯医者が軸なんだけど、人のために頑張るみたいなストーリーだし、気付かされた気持ちみたいな恋愛要素も入ってるし、わりと観やすかったな。 にしても、高杉くんは地元溢れる世界観がほんとよく似合うな〜。
笑顔の向こうに
のレビュー(218件)