【発表】映画『レゴ(R)ムービー2』初日満足度ランキング1位獲得

111

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)は、ユーザーが投稿した★スコア・レビュー数をもとに、「4月第1週公開映画の初日満足度ランキング」を発表。先週末に公開され、高い評価を集めた最新映画4作品がランクインしました。

4位『映画 少年たち

[★★★☆☆3.33/レビュー数:209件]

とある少年刑務所にはいくつかの房があり、赤房と青房の少年たちは互いをライバル視して喧嘩を繰り返し、黒房はそれを面白がって傍観している。ある日、刑務所に一人の新入りがやってくる。身寄りのない彼は誰とも馴染もうとせず、いつも独りだった。そんな頃、新しい看守長が赴任し、少年たちを暴力で支配し始める看守長。以来、地獄のような日々が少年たちを待っていた。新入りは、いじめを受けた自分を庇い、懲罰を受ける同じ雑居房の少年に心を寄せ、二人は親友になり、仲間も増え、夢を語るようになる彼ら。しかし、看守長の圧制はいよいよ厳しさを増し、我慢の限界にきていた少年たちは団結し、密かにある計画を練る。ジェシー、京本大我、高地優吾らジャニーズ事務所に所属する面々が集結する。

映画 少年たち

3位『ダンボ

ダンボ

[★★★☆☆3.60/レビュー数:1,214件]

ティム・バートン監督作品。1941年製作のディズニーアニメ『ダンボ』をベースにしたオリジナル脚本によるファンタジーアドベンチャー。サーカスで生まれた象のダンボは、耳が大きすぎるといつも笑い者にされていたが、サーカス団の元スター・ホルトとその娘ミリー、息子のジョーは家族の一員としてダンボと接していた。ある日、ミリーとジョーは偶然ダンボがその大きな耳を使って空を飛べることを知る。サーカス団に飼われ、引き離された母親を助けるため、ダンボはサーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出すのだが……。

ダンボ

2位『記者たち~衝撃と畏怖の真実~

記者たち~衝撃と畏怖の真実~

[★★★☆☆3.70/レビュー数:131件]

2002年、米・ブッシュ大統領はイラクが核兵器をはじめとする大量破壊兵器を開発及び保持していると非難。イラク侵攻が始まろうとする中、アメリカ国内でも愛国心が強まっていった。地方新聞社を傘下に持つナイト・リッダー社ワシント ン支局の記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルは、その情報に疑問を持ち、証拠を探り真実を暴こうと取材を続けていく。イラク戦争の真実を信念を持って追い続けた実在のジャーナリストたちを描く実録ドラマ。ジェームズ・マースデン、トミー・リー・ジョーンズ、ミラ・ジョヴォヴィッチらが共演。

記者たち~衝撃と畏怖の真実~

1位『レゴ(R)ムービー2

レゴ(R)ムービー2

[★★★★☆3.94/レビュー数:312件]

「LEGO(R)ムービー」シリーズ第2弾。街の秩序が崩壊し、誰もがすさんでしまった世界。しかし、いつでも明るいエメットだけは違っていた。ある時、流れ星に願い事をしようとするエメットが目にしたのは、奇妙な宇宙船に乗ってやってきた謎の宇宙人。謎の宇宙からの侵略 者の攻撃を陽気なビートにのってかわしていくエメットとルーシー。宇宙人にさらわれたルーシーとバットマンや仲間たちを助けるため宇宙に飛び出したエメットとともに、舞台は前代未聞の領域へ……。

レゴ(R)ムービー2

前作よりさらにスケールアップした LEGO(R)ワールド

4作品がランクインする中、レゴ(R)ムービー2が初日満足度1位を獲得。

「オモチャ好き全ての世代に刺さる映画」「前作以上にパロディネタが散りばめられていた」「エンディングが最高」「ネタ満載で映画好きが楽しめる」など、本作を高く評価するレビューが投稿されています。

レゴ(R)ムービー2

国内作品では、映画 少年たちが最上位にランクインする結果となりました。

■全国動員ランキングもチェック

興行通信社調べ、2019年3月30日〜3月31日の全国動員数ランキングTOP10は以下の通り。※( )内の矢印は先週からの変動

1位(→)『映画ドラえもん のび太の月面探査記[3月1日公開]

2位(NEW)『ダンボ[3月29日公開]

3位(↓)『翔んで埼玉[2月22日公開]

4位(↓)『キャプテン・マーベル[3月15日公開]

5位(↓)『バンブルビー[3月22日公開]

6位(↓)『映画 プリキュアミラクルユニバース[3月16日公開]

7位(↓)『君は月夜に光り輝く​』[3月15日公開]

8位(NEW)『映画 少年たち[3月29日公開]

9位(↓)『グリーンブック』[3月1日公開]

10位(↓)『えいがのおそ松さん[3月15日公開]

■初日満足度ランキングとは

Filmarksの初日満足度ランキングは、前週に公開された映画を対象に、公開日から公開週の週末のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とレビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い作品から順に算出したものです。

※ 前週の初日満足度ランキングをみる

【あわせて読みたい】
※ 2019年公開予定の最新おすすめ映画40本【邦画篇】
 2019年公開予定の最新おすすめ映画50本【洋画篇】
【みんなの観たい映画No.1は?】3月公開映画の期待度ランキングTOP10発表

※本ランキングは公開日から4月1日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。 ※本ランキングは公開日から4月1日までのレビュー数(Mark!数)が50件以上の作品を対象としています。※Mark!及び★スコアは、メンバー登録から一定期間Filmarksを利用しているユーザーから投稿されたものを対象にしています。※★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品が上位となります。※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。 ※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1人1件までです。※本記事に掲載されているFilmarksユーザーのレビューは2019年4月1日時点のものです。

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved、(C)2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.、(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAIMENT INC.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS