故ロビン・ウィリアムズの想いを昇華させたガス・ヴァン・サント最新作『ドント・ウォーリー』【来日インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

ガス・ヴァン・サント監督の最新作は、2010年に59歳で他界した世界で一番皮肉な風刺漫画家、ジョン・キャラハンの奇跡の実話を描く『ドント・ウォーリー』。実は2014年に他界したロビン・ウィリアムズが映画化を熱望した題材で、ガス・ヴァン・サント監督はウィリアムズ没後、自伝をもとに脚本を仕上げ、ついに映画化を実現させた。ある種、運命的とも評せる映画『ドント・ウォーリー』について、来日した監督に話を聞いた。

ドント・ウォーリー

ーージョン・キャラハン氏は、アナーキーな精神の持ち主だったようですね?

そう。彼は赤い髪をしたアメリカ在住の“アイルランド人”なんだが、面白いのは、彼はアイルランドには何も関係のないところで育ったにもかかわらずトラブル・メイカーで、そのなかでもユーモアを忘れていなかった。ジョンが酒を飲むようになったのは、子どもの頃に母親を知らずに育ったことで、(世界から)追い出されたと感じていて、その理由が彼には分からなかったからだ。ジョンは、養子の兄弟4人の長男で、ほかの子どもたちとは違うと感じていたと僕は思う。彼は家族の中で居場所がないと感じ、それは大きな問題だった。子どもの頃に、家族とは血のつながりがないということを知るのは精神的なダメージが大きく、いつも本当の母親が誰で、どこにいるのか探していた。だからこそ、あえていつも茶目っ気を出していたと思う。

ドント・ウォーリー

ーー今回映画を撮ったことで、改めてジョン・キャラハン氏へのイメージが変わったり、新たな発見はありましたか?

脚本の初期の段階で、ジョン・キャラハンと一緒にいるということはなく、それこそ街で会ったり、見かけたりはしていたが、じっくり座って彼と話したことはなかった。ポートランドから2~3時間の街に彼は暮らしていて、僕自身ポートランドで育ったということもあるので、僕らは同じ年代として、社会に対しての視点は同じだったようには思う。

ーーなるほど。いくばくかの相通じる点があったわけですね。

同じ時代を過ごしていたので、同じような興味を持ち、僕もアーティストで、彼も若い頃からそうだった。僕は、事故という体験こそしていないけれども、似たような道を辿っていた。だから、ジョンは僕にとって“自分自身”を思い起こすような存在だった。でも、ジョンは僕より勉強ができる学生だったと思う。

彼にはいろいろなことを学んだ。障がいについてや、それが与える影響、とりわけ日常生活への影響は、僕にとっては新しい発見だった。

ドント・ウォーリー

ーー劇中の断酒の会のメンバーが個性的でしたが、それぞれキャストはどう集めたのですか?

まず脚本の上では、予期せぬ出会い、集まりのような感じで描いた。僕自身が知っているサポートグループをベースにして、ジョンはもちろん知っていたので、いろいろなところから集まった人たちとして描いたよ。必ずしも断酒会だけでないけれども、さまざまなタイプの人がいたからね。

キャスティングに関してだけど、キム・ゴードンは『ラストデイズ』にも出演していて、前に仕事をしていたので、今回のキャラクターは楽に演じることができるだろうという確信があった。ジョンの描いた中でもポートランドにいるお金持ちの人をイメージしていたわけなので、キムがうまいことその年代に合わせて演じてくれた。とてもエレガントで、この役を軽やかに演じられると思ったけれど、彼彼女はそれを自分なりに、しかもその場で演じた役の物語を作り上げていたよ。

ーー映画の冒頭ですよね。

ベス・ディットーについては、ジョン・キャラハンの自伝の中にも書かれていて、映画の中のいくつかのセリフは本の中で語っているものと同じなんだ。ベスが演じた人物は、カントリーガールみたいなものでね。髪型もね。彼女はその世界をよく知っていたので、それをベースにして、彼女の母親とおばさんを重ねて、考えて演じていた。また、彼女も即興で生み出していたようだ。ウド・キアは、ギリシャ人の船舶関係のお金持ちという役柄だった。僕が作り上げたキャラクターに近い。ポートランドにはギリシャ人のコミュニティがあり、それを思い浮かべながら書いていた。

ドント・ウォーリー

ーーこの作品は、自分自身を知るということもテーマになっていますよね。

確かに映画製作をする上で、“自分自身”を学ぶということはあると思う。往々にして、自分の中にある考えがスタートだったりするものだ。その結果、自分の考えが映画の中で代弁されることはある。何かが起きているということを証明することによって、何かが生まれることもあると思う。

ーー今回、新たに知った自分はありましたか?

自分自身について学ぶというよりも、何かの兆候のサインとして求めること――自分の先入観、コアはどうあるべきかという考え方に対して気づくことはあったと思う。それはたとえば、映画のシーンにある意図を持たせるため、意思を持って演出するとする。キャラクターがそれを演じることによって、意味を帯びる。それが自然に感じられるように、もともとの考えを伝えるようにすること。釣りのような忍耐強さが必要だ。その機会を逸しないように、自分が思っている以上にコアが良くなる可能性を殺さないようにすることはあると思う。

ーージョン・キャラハンはいつもイラストを描いていたそうですが、監督は、手元にカメラがあるとしたら写真を撮らずにはいられないですか?

いや、一緒ではないよ。カメラはほとんど使ったことがなくて、いつも持ち歩いているだけだ。時々写真を撮るからカメラを購入した。写真を撮ろうと思って数枚撮影したけれど、いつも持っているというわけではない。(撮影するときは)いつもは、僕と一緒にいる人を撮っているよ。(取材・文・写真=鴇田崇)

映画『ドント・ウォーリー』は、2019年5月3日(金)より公開中。

ドント・ウォーリー

出演:ホアキン・フェニックス、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック ほか
監督:ガス・ヴァン・サント
公式サイト:http://www.dontworry-movie.com/
(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • mike
    4
    GVSらしい、弱さに寄り添うような映画。自分は宗教やスピリチュアルには興味がないけれど、心が折れそうな時いつでも電話できる存在、恥や弱さをさらけ出せる場所があるのはいいなと思えた。 思いきり自分を憐れんだあと、確執ある人々と対峙していくシーンの連なりは、ものすごくサラッと描かれているのにつよく心に残る。対立していたケースワーカーのアドバイスを汲んで動き出す、イラストのあたたかみ。自己中心的な思考から他人の人生にも思いを馳せられるようになる、セラピーのステップも興味深い。 なにしろキャストが最高!ホアキンとルーニー・マーラのカップルは観ているだけでうれしくなってしまうし、長く遺恨を残した悪友にジャック・ブラック。肝となる導師役のジョナ・ヒルがサニー・スリッチと共演しているのもアガる!
  • マイケルマンマ
    4
    セラピーをえがいた映画は、好きなものと、苦手なものに、好みが分かれる気がする。 それは、前者であれば、人は誰しも(あるいは、ぼくは)挫折と癒しを繰り返して生きているから感情移入しやすいのだろうと思う。また、後者であれば、人の内面というのは多少見苦しいもので、テーマの性質上そこを直視させられてしまうからではないかと思う。 この映画にはその両方が当てはまっていると思う。 この映画にみられる性行為へのハードルの低さは、ぼくに(多少の羨ましさを含めて)居心地の悪い思いをさせる。 反面、セラピーで調節しながら生きていくことに素直に魅力を感じたのは、その赤裸々さがあったからかもしれない。 ぼくは依存症ではないけれど、このプログラムを自分の生活にも少し取り入れようかなと思っている。
  • chiiika
    3.6
    ホアキンとルーニーの夫婦共演作 アル中の男が事故に遭い、体が動かなくなる。苛立ち、益々酒に溺れたが、持ち前の皮肉さを活かし風刺漫画を描き始める。風刺漫画家ジョンキャラハンの実話 演技お化けホアキン最高 そしてこの映画の中のルーニーは一際可愛かったです 個人的に何回も何回も転ぶキャラハンを何回も何回も起こして助けてくれるスケーター少年たちが素敵 どんだけスケーター少年たちと遭遇すんねんとは思ったけどかわいすぎた 新聞に載ったとき通行人に見せびらかすのも可愛すぎた
  • となりのとっくさん
    3.5
    序盤、ジョンが車椅子ぶっ飛ばして 何かに引っかかってズッコケるトコが好き。 実話に基づいてるからしょうがないんだけど、 綺麗にまとまり過ぎてて 私には物足りなかった。 2021-49
  • アカリ
    3.4
    伝記映画やったって最後まで知らんとみたんやけど、やっぱり何に対しても依存症っていうのは怖いよな。今回はアルコール依存の話。 ホアキンの演技がやっぱり凄くて、自然で飾ってなくて、演技してるんじゃなくてドキュメンタリー見てるような気分やったずっと あの絵のタッチ好きやな
ドント・ウォーリー
のレビュー(4395件)