『旅のおわり世界のはじまり』黒沢清監督、3度目のタッグ・前田敦子に感謝「期待以上のことをやってくれた」【ロングインタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

旅のおわり世界のはじまり』は、黒沢清監督が、前田敦子を主演に迎えた日本、ウズベキスタンの合作映画。ミュージックビデオとして製作された2014年公開の『Seventh Code』、人の概念を奪う侵略者たちとの攻防を描いた2017年公開の『散歩する侵略者』に続き、3度目のタッグを組んだ前田について、黒沢監督は「期待以上のことをやってくれたと思っています」と目を細めた。

旅のおわり世界のはじまり

歌いたいという夢を秘めながら、レポーターとして生計を立てている葉子(前田)が、ウズベキスタンでのロケを通して、ひとりの女性として成長する姿を描く本作。腕はいいがどこか仕事に倦んだカメラマンの岩尾(加瀬亮)、テレビ映えばかりを気にしている若手ディレクター・吉岡(染谷将太)、気のいいADの佐々木(柄本時生)らクルーに囲まれ、言葉の通じない異国でのストレスを感じながら、日本にいる恋人とのスマホでのひとときだけが息抜きという葉子の様子は、リアルに映る。

そして、見知らぬ文化を受け入れる余裕のない葉子が、夕飯を買いに出かけた街で遭遇するちょっとした出来事が、彼女の何かに火をつけた。シルクロードの中心に位置するこの地で、己の内面に静かに向き合おうとする佇まいが終盤に迎える「愛の讃歌」独唱まで連なり、前田の際立つ演技に魅せられる。黒沢監督に話を聞いた。

旅のおわり世界のはじまり

――主演の前田さんをはじめ、キャストの方々がすごく魅力的でした。信頼を置いている俳優に頼まれた、という理由がありますか?

黒沢監督 そうですね。柄本さんだけは今回初めてでしたが、加瀬さん染谷さんとはこれまでもやっておりますので、何となく知っているような感じでした(笑)。三人とも普段は主役級ですが、今回はメインの役ではなく、ちゃんとした説明もなされないけど、映画の中で、そういう魅力的な脇役こそ重要だとわかってくれている方に、というのがまずありました。映画で「この人、描写されないけど何をやっているんでしょう? すごく気になります」というのは贅沢な楽しみですよね。ただ、一部分しか描かれていない人物を演じることが難しい俳優も中にはいらっしゃると思うんですけど、一切説明していないんです。……僕も、この人たちが誰だか、わかっていないですから。

旅のおわり世界のはじまり

――いつも決めこまないことが多いんですか?

黒沢監督 いつもそうです。………うーん……僕は自分で脚本を書いているからというのがあるのかもしれませんね。脚本と大きく違ったことをやってもらうことはないんですけど、書いていないことは、僕もわからないので、後は俳優に任せます。書いたことがすべてなので。……ひょっとして、別の方が脚本を書いていたら「裏には何があるんだろう? 何でこんな台詞を言うんだろう? こういう背景があるのかな」と、いろいろ想像したり、自然に裏を読み取ろうとしたり、膨らませたりするかとも思うんです。それは素晴らしいことですけど、どうしたものか、僕は自分で書いているものですから、これだけなんですよね……。演じる根拠が必要なら、勝手にご自分で想像してやってみてください、と。聞かれたら協力してお答えすることはできるかもしれませんが、「言いたいことがあるのに言わない」ということは一切ないんです。脚本に書かれていないことは「現場で作っていきましょう」という感じですね。

――前田さん演じる葉子のみ、情報量が多い役だったかと思いますが、プラスであえて前田さんにお話されたことはありましたか?

黒沢監督 あまり改まって何かを彼女に説明した記憶はありません。ただ、シーンによってですけど、見知らぬ海外で言葉も通じない中で、ひとりウロウロするわけですから、当然孤独で心細くなるでしょう。ほかの人たちと必要なことは会話しますが、それ以上の悩みを聞いてくれるわけでもない。そんな中で、ときに彼女も弱くなるというか、「どうしよう」と戸惑ったりすることがあったので、「戸惑わないでくれ」とは言いました。「無理にでも強く、自分は自分なのだ、孤独でいいのだ、という強い意思を持ってくれ。戸惑ったら向こうが悪いんだと思ってくれ」みたいなことは言いました。

旅のおわり世界のはじまり

――前田さんは「はい」と?

黒沢監督 ええ。いちいち僕が言わなくてもほぼ完璧でした。前田敦子は本当に強い人です。葉子はどうあれ、前田さん本人の持つ芯の強さが自然に出てくれば、それでOKなのです。

――ある種の戸惑いも内包しつつ、黒沢監督の撮り上げる力とともに、異国がなせた力みたいなものを、前田さんの佇まいから感じました。

黒沢監督 当然そうだと思います。俳優は皆そうですけども、ある場所、周りの人たち、出演者やスタッフも、まったく初めての状況でそれらと格闘しつつ、かつ、自分に与えられた役とも格闘せざるを得ないわけですね。最初から自然に役になるなんて、たぶん無理で、一生懸命その役と格闘する。いちいち前田さんの格闘ぶりが出ているんだと思うので、面白かったですね。いろいろなことと格闘する主人公ですから。撮影クルーの中で出演者として格闘する、まさに彼女そのままなわけですね。見知らぬ土地で、バスに乗るにも食べ物を買うにも格闘しなければなりません。かつ、それでも動じない主人公というキャラクターとも格闘もしているわけです。あらゆるシーンで、その様子が見えているのではないでしょうか。

旅のおわり世界のはじまり

――見せつけられた感じがしました。

黒沢監督 そうですね。1個1個は言葉が通じないとか、染谷くん演じるディレクターにむちゃなことをやれって言われたとか、些細なことなんですけどもね。懸命に負けまいと格闘している姿は、最終的に見ていて胸を打つも? ??になってくれればいいなあ、と思いました。最たるものが、歌うことだったのかな、と思います。もちろん彼女は歌手でもあるんですが、それでも「愛の讃歌」を堂々とたったひとりで、オーケストレーションをバックに歌うのは、前田さんにとって相当に大変なことでした。あの歌と格闘する様が最後には見えていると思います。その分、歌い切ったときのある種の達成感みたいなものも、あったのかもしれませんね。

――標高2,443メートルの山頂での歌唱が圧倒的で、撮っていたときは、いかがでしたか?

黒沢監督 あれは見ていても感動しました。本当にこの歌は大変でしたし、実際に生で歌ってもらいましたので。あらかじめ録った歌に合わせて、口をパクパクしてもらったわけではないので。本当にとんでもないところで1曲……しかも歌い出したら最後まで歌い切ってもらう、カットは割らなかったので。さすがの前田敦子も大変だったようです。でも頑張ってもらいました。

――最初から現地で歌って、その声を使うと、決めていらしたんですね。

黒沢監督 決めていました。ええ。伴奏に合わせて歌うのではなく、歌が先行している歌なので。もちろん何度も東京で林さん(※音楽)と練習していたんですけど、山で歌うところは即興で、林さんがカメラの脇で電子ピアノを弾いてくれたんです。林さんも彼女の歌に合わせて弾きはじめるから、歌と鍵盤の掛け合いでした。その場でしかできないものを撮りました。彼女の歌のテンポに合わせたオーケストレーションを後で録音して重ねたのですが、これがまた難しい作業でした。

旅のおわり世界のはじまり

――様々な作品で記憶に残る撮影をされている黒沢監督だと思いますが、そんな監督でも山頂でのロケは記憶に残るものでしたか?

黒沢監督 それはそうですね。あんな場所に行ったことはなかったですし、いろいろな意味で記憶に残りました。……ただ、僕自身は段取りだけは確実にして、前田さんに頑張ってもらおうと決めると、後は楽でした。ただ見ているだけなので「うまくいってください」と祈っているだけで(笑)。演出するものではないので、前田さんがうまくいけばOKで、前田さんがダメなら何度もやると。それは前田さんもわかっていたので、「今の歌はうまくいった」となればOKで、僕は聴いているだけ。「もう1回」のときは、ああ、かわいそうだな……と思いましたね(笑)。

――「愛の讃歌」という曲については、脚本の段階から決めていたんですか?

黒沢監督 今回、ウズベキスタンの観光大臣から「タシュケントにあるナボイ劇場がとても美しい場所なので、どこかひとつのエピソードで撮影してもらえないだろうか」という要望があったので、それをどう扱うかをまず考えました。劇場ですから、単に観光で行くのも変なので、「オペラ劇場に彼女が行く理由は何だろう」と思って、「歌ってもらおう」となりました。歌いにいけば、劇場も映せるし、彼女がそこに行く理由も作れる。で、まっさきに思いついたのが前から僕が好きだった「愛の讃歌」です。まず非常に有名な曲ですから、何となく皆さんも知っていらっしゃる。それに、難しい曲ですけど、オペラほどは歌いづらくなく、前田さんも十分に歌えるスタンダードな名曲だったので、あの曲に決めました。幸い著作健もクリアできましたし。

旅のおわり世界のはじまり

――ちなみに、前田さんとは初号を一緒にご覧になって語り合いましたか?

黒沢監督 いえ……まったく撮影中は知りませんでしたけど、彼女、撮影終了後に結婚されまして、お子さんが産まれるところに完全に重なったので、初号のときには臨月近かったのでご一緒できず。その後、無事、お産まれになったそうで……僕はまだ、会っていないんです。(※取材日時点)

――かなり珍しいことですよね?

黒沢監督 はい、大変珍しいです。ただ、偶然にもこの映画の内容で語っていることと大変似た状況が帰国後、起こったようなので、祝福すべきことだと思っています。ほほえましく見守っていますね。彼女にとっては、二重に記憶に残る作品だったのではないかと思いますね。

――今、改めて、前田さんを主演に迎えてよかったというお気持ちですか?

黒沢監督 もちろんです。何にも似ていない、独特な個性がある方です。たったひとりで異国の地にいて、場所や周りの人に飲み込まれず、くっきりと際立つのはなかなかこの若さで、日本人ではほかにいないと思いました。そう思ったので、彼女にお願いしたんですけど、期待以上のことをやってくれたと思っています。歌も含めまして、ここまで出ずっぱりで、ほとんど休みもなく……かつ、こういう場所ですからトイレもないとか、大変過酷な撮影状況の中で、文句も言わず、ずっと付き合っていただけた。俳優さんは皆さん慣れているとは思いますが、彼女のこれまでの経歴から、辛抱強く耐えることができる資質を持たれていました。

旅のおわり世界のはじまり

――本作もですが、前作『散歩する侵略者』でも愛を描いていらっしゃいますよね。

黒沢監督 そうですね。

――たまたま続いたのか、今の興味がそちらなのか、そのあたりは?

黒沢監督 たまたまだとは思います。今回も全面に愛の映画だと思って作りはじめたわけではないんですが、まったく誰も周りに頼るもののいない彼女が、唯一、映りはしませんが東京にいるらしい彼氏との交流だけが、彼女を支えているという構図には自然になっていきました。

それに、「愛の讃歌」を歌うことで、より愛が大きなテーマに見えてきましたね(笑)。最初からそのためにあの曲を選んだわけじゃないんですけどね。あまり「愛」という言葉を使うと気恥ずかしいですけど……うん。最終的には、そういう心の動きがすべてを救う……と言うと、より恥ずかしいですけど……。どんなに孤? ??していても、そこに拠り所がある、人とつながりの基本がある、というわかりやすいテーマを持つことはできたかなとは思っています。

――ありがとうございます。一方で、例えば本作でも、ちょっと暗いような不穏な感じが漂うと、「くる……くる……」と期待してしまう自分もいます。今後、またホラー、サスペンスなどを撮る予定もありますか?

黒沢監督 (笑)。もちろん、もちろん。そういう需要があれば、ええ。怖いほうが僕の得意とするところですので(笑)。何やら薄気味の悪い作品がお望みでしたら、ぜひやりたいと思っています。(取材・文=赤山恭子)

映画『旅のおわり世界のはじまり』は、2019年6月14日(金)より全国ロードショー。

旅のおわり世界のはじまり

出演:前田敦子加瀬亮染谷将太 ほか
監督:黒沢清
脚本:黒沢清
公式サイト:https://tabisekamovie.com/
(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 三角窓
    -
    春なので心の中の黒沢清(虚像)にお別れを告げる為に観ました。未練の浄化。虚無ファンデーションにて心的無縁亡骸弔いミルキーウェイ。世界の果てもその先の景色は絵に描かれている舞台セットのように行き止まっているのだけれど書き割りみたいなその中へそれを分かった上で踏み込んでいく旅、地上の奈落まで。Have a nice trip!
  • mamikoeda
    4.2
    夫の勧めで鑑賞。 眠たい映画かなーとぼんやり観ていたらどんどん没入していき、ラストでは大号泣していた。 ホラーの黒澤清らしさもあるのに、なんだろう、この心の澱がとりのぞかれる感じは。 塞いだ気持ちが晴れていく。 オペラが聞こえてきて、ウズベキスタンのホールに迷いこむシーンが息をのむ美しさ。
  • slow
    4.3
    世界にただ消費されて行くことは、当たり前のことでしょうか。本当は戸惑い、悲しむべきことでしょうか。耳を塞いだ頭の中に、あなたの声が聞こえた気がした。 あっちゃん、消費されないで。 キアロスタミと錯覚するような砂埃と傾斜とクラクションの世界は、言われなければウズベキスタンとは気が付かないかもしれない。ペタペタと走る前田敦子もキアロスタミの撮る子供のようだったし、序盤の料理屋とのやりとりからもその雰囲気は感じ取ることができた。音楽も落ち着いていて好み。黒沢清ってこんな映画撮る方だったっけ。久々過ぎて覚えていないだけかな。自分はけっこう好きだった。 これより話のネタバレを含みます。 久々にこういう染谷将太を見た気がした。憎たらしくて好き。と言っても『最初の晩餐』もこっち系染谷だったかな。加瀬亮もこれくらいが一番好きだったり。海外の仕事が増えているので、こうやって邦画で観られるのは嬉しい(でもある意味海外の仕事だよね)。好みが分かれるのは前田敦子。個人的には彼女じゃない本作を観てみたかった(これはこれで良かったけれど)。過去の栄光がチラつく彼女より、真っ新(に見える)な人で観てみたかったかも。とは言え、監督が前田敦子を撮りたかったようなので、前田敦子ありきの映画なのだろう。 葉子はラザロではない。ただ人のために身を尽くしているわけではなく、その先には確かな目標がある。しかし、その目標と今やっていることとのジレンマにも悩んでいる。そんな葉子の姿を追うカメラは、他のクルーやウズベキスタンの人々のことを追ったりはしない。だからと言って、特別葉子のことを掘り下げようと深入りするわけでもなく、距離を取り突き放し続ける。外国の方からしたら(しても?)、葉子は未成年に見えるだろう。しかも、あんな格好でひとりウロウロして大丈夫?と気が気でなかったのは自分だけではないはず。撮影の被写体として、ただでさえ注目を集めているのに、さらに好奇の目に晒されるような格好をした世間知らずな葉子(という演出と思いたい)。常識がないとか元気がないとか、葉子に対して思わなくもないけれど、実際こういう人は多い。社会に出れば当然のように求められること。それが出来ない人(年齢問わず)は意外と多いのだ。もし、自分が仕事でこのような異国の地に行ったとしたら、偉そうに思っていることをどれ程実践できるだろうかと考えさせられもした(字幕が出ない演出が凄く効いていると思う)。 後半まではウズベキスタンの魅力をどう見せようという展開はほぼないけれど、劇場は印象的だったし(何故か『マルホランド・ドライブ』が浮かんだ)、ラストで雄大な景色を見ることもできた。現地通訳のテムルは劇場への想いを語り、建設にかかわった日本(日本人)のことを知りたくなりこの仕事を選んだのだと言った。自分が成長するには、まず世界を学ぶこと。目の前の相手を知ることから始めなさい。彼の発言は世界の声であり、それは国と国に置き換えても言えることなのだろう。 ヤギも夢(幻)だったら面白かったけれど、そうなると、葉子の夢は叶わないのかもしれない。葉子がアリスのように町に迷い込み、その先々での発見が、さらにその先の現実へと繋がって行く不思議。その出来事は葉子自身の人生を暗示するようでもあり(町にも野犬のような輩がたくさん)、それらを経験した葉子がクライマックスのオクー(満ち足りた心)に感化され歌った『愛の讃歌』は、技術的なことはわからないけれど、心に届くものだった。ひょっとすると、幻の哺乳類マクール?はそのオクー(葉子の夢)だったとも受け取れるのかもしれず、そう考えると、それは幻なんかじゃないよと全肯定してくれているようにも思えるラストだったな(立派な角はないけれども)。でも、全部幻だったとしても、悪くないな。悪くないよ。
  • DaisukeFujiki
    3.5
    なんでだろう。ウズベキスタンには行ってみたいと思わない。 愛の讃歌はやっぱ良い。
  • ブリ
    -
    ×
旅のおわり世界のはじまり
のレビュー(2651件)