『ロケットマン』エルトン・ジョンを体現したタロン・エガートンに聞く「なりたい自分に、なれてる?」【来日インタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

タロン・エガートン。最新出演作『ロケットマン』では、グラミー賞を5度受賞した稀代のシンガーソングライター、エルトン・ジョンを演じ、歌唱シーンも吹替なしでやり遂げ、先に公開された全米ではすでに大絶賛を浴びている。

ロケットマン

イギリス郊外の町で、音楽の才能を持って生まれた少年はミュージシャンを目指すことを決意し、「エルトン・ジョン」という名前で音楽活動を始める。作詞家バーニー・トーピンとの出会いをきっかけに、成功への道をまっしぐらに進んでいくのだが、報われない愛や孤独に耐えきれなくなった彼は、酒やドラッグに溺れていってしまう。

ステージの上で派手な衣装に身を包み光り輝く一方で、どうしようもないほどの闇を抱えていたエルトンの困難と苦悩を、タロンが体当たり、かつ繊細に表現。エルトン本人も製作総指揮で参加しており、すでにふたりは友情以上ともいえる近い関係性を築いたという。来日したタロンに、製作秘話のほか、本作のメッセージである「なりたい自分になれているか」とぶつけてみた。

ロケットマン

――『ロケットマン』を観て以来サウンドトラックを聴くことはもちろん、エルトンとご一緒したライブ動画を観て、日々高まっていました。

タロン:本当に!? ありがとう! エルトンとはライブで3回共演しているんだよ。「Tiny Dancer」(アカデミー賞のパーティー)、「Rocketman」(カンヌのプレミア)、「Your Song」(エルトンのツアー「Farewell Yellow Brick Road tour」)で一緒に歌うことができて、素晴らしい経験だったよ。

ロケットマン

――本作の撮影前には、エルトンの自宅でお互いの話をオープンにしたそうですね。忘れられない言葉や、やり取りはありますか?

タロン:ひとつだけをピックアップするのはすごく難しいんだけど、エルトンはずっと僕をすごく支えてくれて、協力的だった。本当に親切にしてくれて、彼が初めて買ったダイヤのピアスもプレゼントしてくれたんだ。映画のリハビリのシーンで、実際それをずっとつけているんだよ。彼は自分の家に招いてくれるどころか、彼の家族と一緒にしばらく泊まらせてくれたりしてくれて。そこまで親しくなって、間近で接したことが今回演じた上で、一番かけがえのないことだったかな。

ロケットマン

――仲良くなった中で、タロンだけが知っているエルトンの魅力があれば、教えてください。

タロン:とにかく愛情をたくさん持っていて、周りの人に優しさを振りまく人なんだ。僕のことをいつも心配して連絡をくれたりするしね。……と同時に、すごく面白くて、いたずらをしたり、ちょっと意地悪をしてみたり、愛情を見せたりするような人でもある。わざとからかってくるような、チャーミングな面もある人なんだよ(笑)。

ロケットマン

――劇中では数々の歌を披露しています。中でも遊園地でパフォーマンスする「Saturday Night’s Alright」がミュージカルナンバーとしてみどころのひとつですが、撮影はいかがでしたか?

タロン:僕もすごく気に入っているシーンなんだ! 実はあのシーンのリハーサルを撮影のかなり前の段階からやっていて、僕のパートはそれほど組み込まれていなかったんだけど、ほかのダンサーたちに自分がどう絡んでいくかがひとつのテーマだった。あと、そのシーンは単なる派手なお祭り的シーンというわけではなく、あの中で何を伝えようとしているかを、まず考えなきゃいけなかった。エルトンが5年くらいの間にいろいろな音楽的な文化からの影響を吸収しているシーンだ、と象徴したかったので、インド系の人たちのバンドセクションがあったり、カリブ系の人たちのスカセクションがあったりするんだ。エルトンは彼らと絡んでいって影響を受けて、彼独自の音楽ができあがっていくんだよね。それを伝えるシーンだと解釈したよ。

ロケットマン

――歌唱力が高いことも評価されていますが、ご自身の歌でツアーなども考えませんか? 本作の役作りで曲作りをされたりもしましたか?

タロン:いや、曲作りはしていないんだ、聴けたものじゃないと思うよ(笑)! ツアーができるかどうかは置いておいて、ちょっとしたコンサートみたいなものはやりたいなと思っているよ。数曲歌って、合間にお話を盛り込んで、みたいな感じ……ひょっとしたら実現するかもしれないね。

ロケットマン

――タロン自身の人生を変えた曲や思い出に残る曲はありますか?

タロン:8歳くらいのとき、両親とデヴィッド・ボウイの「ハンキー・ドリー」(アルバム)を聴いていて、どの曲も素晴らしくてそれぞれの良さがあるんだけど、中でも「流砂(Quicksand)」という曲がすごく好きだったな。あと「クークス(Kooks)」という曲があるんだけど、それはデヴィッド・ボウイたちに息子が生まれたとき、まだ若いふたりに子供がいきなりできたけど、「いい親になろう、変わり者のふたりだけど、生まれてきてくれてありがとう!」という感じの曲なんだ。特に僕にとっては母がくれた曲というのもあって、親子の関係をすごく象徴している歌だなと思ったから、子供ながらにすごく自分に大きな影響を与えた思い出の曲かな。

ロケットマン

――本作には、「なりたい自分になる」というメッセージが込められていますが、タロンさんは今なりたい自分になれていますか?

タロン:やりたいことはできていると思う。今はしっかり仕事をして、ローンを払って(笑)、いい人生を送って、映画を作ったり、歌うことをやっているから。ただ、もちろんこれから先、もっともっといろいろやりたいこともたくさんあるし、家族を作るとか大事なこともあると思う。人間はどんどん変化していくものだと思うから、1年前と今の自分では全然違うし、人生ってそういうもの? ?よね? でも決して今の自分は嫌いじゃない。(取材・文=赤山恭子、撮影=iwa)

ロケットマン

映画『ロケットマン』は、2019年8月23日(金)より全国ロードショー。

出演:タロン・エガートン、ジェイミー・ベルブライス・ダラス・ハワード ほか
監督:デクスター・フレッチャー
公式サイト:https://rocketman.jp/
(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • misaki
    5
    普段あまりミュージカル映画はあまり観ないけれど、これは歌も演出も素晴らしかった。 日本語バージョン、英語バージョン、2回とも観たけれど素晴らしかった。 有名になるって自分も他者も嬉しいけれど、有名になるに連れて様々なプレッシャーと問題が生じてくる。自分が子供だった時に親からの愛を貰えなかったエルトンは自分の子(養子)をめいいっぱい愛を注ぐんだろうなぁーと最後思った。  メイキング映像で、エルトンの子役が本物そっくりだった笑 ぜひメイキング映像も観てほしい笑
  • ななし
    3.8
    セラピーの場面、衣装から私服、また衣装って変化とエルトン・ジョンの心の移り変わりが繋がっていて素敵だなあと思いました。割と派手派手な映像と音楽が多いのですけど、その分彼の繊細さとか孤独感が際立っていて作り方がすごく好きだなって思いました(雑感)
  • kakoginie
    3.8
    エルトン・ジョンのこと名前は知ってたけど、 キングスマンでやっと顔覚えて、 SINGでタロンが歌ってて、歌も知り、 くらいの馴染み方だったけど、 孤高の天才だったんだね。 フレディマーキュリーもだけど ほんとの天才は、孤独を感じてドラッグやらsexやらに溺れる人が多いね。 エルトン・ジョンの場合は、子どもの頃の環境が根強そう。 衣装の派手さや、買い物依存は、 寂しさの反動やコンプレックスを隠すためなんだろうな。 しかし、タロンの歌の才能よ。 あと子役のこ、 そっくりさんすぎる。
  • いちごみるく
    3
    エルトンジョンは不死身だ。 ライブを蹴って 自分でセラピーに行ったのは凄い。 幼い頃から、 愛して欲しかったけど愛されなかった自分。 セラピーを受けたことで、自分を取り巻く色んな人々との関係、境界をはっきりできて、自分を自分でハグすることができてよかった。やっぱり、セルフハグは大事なことなんだと認識。 小さい頃に愛着形成をすることは、とても大事で、必要な事なんだと思った。 愛し愛されること。 自分をハグしてくれる人がいるということは、とてもありがたいことだと思った。
  • のりたまご
    3.3
    エルトンジョンの半生を描いたミュージカル映画。 複雑な人生を歩んできた人なんだろうなとは想像していたけれど、愛する人に出会って幸せになれてよかった。 彼の音楽も好きなんだけど、思ったよりものめり込めなかったのは何故だろう。 ミュージカルだったからかな。でもミュージカルじゃないと暗くなっちゃうしなぁ。
ロケットマン
のレビュー(34479件)