絶対にネタバレ禁止!映画ファンから高評価の「大どんでん返し」を食らう映画15本

『セブン』、『ユージュアル・サスペクツ』、『ファイト・クラブ』など、どんでん返しが楽しめる人気の映画を15本紹介。

ミスリードを誘う手法、散りばめられた伏線の回収、最後まで読ませない展開であることから、どんでん返しのある作品は総じて高評価であることが多いです。

今回はFilmarks内で高評価の「どんでん返し」が楽しめる映画を15本紹介いたします。

ユージュアル・サスペクツ』(1995)

ユージュアル・サスペクツ

監督は「X-MEN」シリーズや『ボヘミアン・ラプソディ』を担当したブライアン・シンガー。スティーヴン・ボールドウィン、ケヴィン・スペイシー出演。

多額の現金を積んだ密輸船が爆破され、多くの人間に被害が出た。この事件の犯人の5人は、伝説の悪党・カイザー・ソゼの手引きにより事件を起こしていた。犯人の中で唯一生き残った詐欺師のヴァーヴァル・キントの証言から黒幕の正体を導いていく。

ラストまでの展開も面白いが、ラスト5分のどんでん返しは鳥肌が立つほど。映画の面白さを教えてくれ、もはや騙されてこそ感動できるクライム映画の金字塔。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

ピエロがお前を嘲笑う』(2014)

ピエロがお前を嘲笑う

『スリープレス・ナイト』などのバラン・ボー・オダー監督作品。トム・シリング、エリアス・ムバレク出演。

学校ではいじめられっ子のベンヤミンは、ピエロの仮面を被って活動するハッカー集団“CLAY”に加担する。しかし仕掛けたハッキングが殺人事件を引き起こし、警察に出頭することになる。警察はベンヤミンの証言を元に調査を行うが、ベンヤミンの証言は辻褄が合わない。一体何が真実なのか、ベンヤミンの目的は何なのか。

観ている者を巧みにミスリードに誘う。観終わった後は、どんでん返しの伏線を確かめたくなる作品。

22年目の告白 私が殺人犯です』(2017)

22年目の告白 私が殺人犯です

『太陽』などの入江悠監督作品。藤原竜也、伊藤英明出演。

犯人が捕まらないまま時効となった連続殺人事件。しかし22年後、突然犯人と名乗る男が姿を現し、記者会見や告白本の出版など行い、日本中が騒然となる。なぜ犯人は突然名乗り出たのか。真実が明らかになるにつれて、新しい事件が動き出す。

ストーリーだけではなく、俳優の巧みな名演技によって見事に翻弄される。真実だけではなく、感情さえもどんでん返しになるラストが待っている。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

シックス・センス』(1999)

シックス・センス

『ヴィジット』や『スプリッット』などのM・ナイト・シャマラン監督作品。ブルース・ウィリス、ハーレイ・ジョエル・オスメント出演。

小児精神科医のマルコムは、以前治療をした青年に銃で撃たれてしまう。それから妻との関係が上手くいかず、苦悩する日々を送る。そんな中、マルコムは死者が見えるという特殊な “第六感”を持つ少年・コールと出会う。心を閉ざしたコールを治療し、自らも癒されていくマルコムだったが、さらなる驚きの事実が明らかにされる。

まさに巧みとしか言いようのない映像トリックで、観客をミスリードに誘い、人間の成長やドラマを見せながら驚きの種明かしが展開される。観終わった後は必ずもう一回観なくては気が済まなくなる。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

シャッター アイランド』(2009)

シャッター アイランド

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS