秋冬はネルシャツが着たい!すぐに真似したくなるグランジスタイルムービー!

肌寒い日が続くようになってきましたが、この時期は、何よりオシャレが楽しい季節!何にでも合わせることが出来、保温性も高いネルシャツは秋冬に重宝するマストアイテムです。

grunge1

出典:https://www.pexels.com/photo/city-person-relaxing-sitting-1427/

さらっとTシャツの上に着たり、上から革ジャンを羽織ったり、襟元一番上のボタンまで留めてみたり…と1枚で色々な着方が楽しめるネルシャツは、本来はフランネル(=柔らかく軽い毛織物で作られた)シャツの事を示します。

ブルーカラー労働者の制服としてのイメージももちろんですが、90年代、グランジミュージックとの関わりを深く持ったファッションアイテムのひとつです。

そこで今回は、今季真似したいグランジスタイル!をテーマに、レンタルが開始したばかりの「パロアルト・ストーリー」を含む、ネルシャツの着こなしを参考にできるオシャレムービーをみっちりご紹介致します!

『パロアルト・ストーリー』

パロアルト

カリフォルニア州パロアルトで育ったジェームズ・フランコが手がけた脚本を、ジア・コッポラが独特の世界観を詰め込み監督した、ティーン達の群青劇。

グランジスタイルと言えば、ニルヴァーナのカートコバーンと言っても過言では無いと思います。破れたジーンズにネルシャツ、カーディガン、ふざけた帽子…

パロアルト・ストーリーで、注目したいのは期待の若手俳優、ジャック・キルマーが演じるテディのスマートなグランジスタイル。本作では、ジャックの私服をそのまま撮影に使用したというから驚きです。

彼はチェック柄では無く、赤と黒のウエスタンデザインのネルシャツを襟元のボタンまでしっかり閉じ、上にジージャンを羽織るスタイルを見せてくれます。八部丈程の絶妙なクラッシュジーンズ、VANSの黒スニーカーは、女の子でも真似したくなるスタイリッシュなグランジファッション。

スケボーを乗り回すシーンでは、ボーダーのカットソーに着心地の良さそうなカーディガンを羽織り、まるでカート・コバーンを小綺麗にしたかのような出で立ちで、エマ・ロバーツ演じるエイプリルに優しく話しかけます。中性的で細身なシルエットや、素行が悪くても消えない上品な面持ち、真っ直ぐでシャイなテディに気付くと心奪われてしまっています。

本作は、10代の若者が日々の現実、思い描く理想やまだ見ぬ将来に、不安や孤独を抱えながらやり過ごす毎日を描いています。大人の裏切り、はっきり言えない「NO」、平気じゃないのに平気な振りをしたり、虚勢を張ったり、わざとメチャクチャな行動に出たり。

少年、少女時代を経験したことがある人には、きっとどのキャラクターにも感情移入する瞬間がある、とても身近で、あの頃のむず痒い痛みを代弁してくれる貴重な作品。どうしようもなく寂しくなった時は、彼らと一緒に膝を抱えて、彼らと一緒に小さな希望を見つけてください。

DVDに収録されているメイキング映像も是非チェックして頂きたいと思います!フレッド役のナット・ウルフは本編でギターやピアノを演奏し、ハチャメチャな即興ソングを歌っていますが、ここでもイカした弾き語りを披露!期待の若手俳優達の素顔に迫った、魅力満載なメイキングに仕上がっています。

『ロード・オブ・ドッグダウン』

ロードオブドックダウン
1970年代、アメリカ西海岸のドッグダウンで、サーフィンとスケートボードに夢中な若者が、Z-BOYSというチームから斬新なスケートボードスタイルを世に広めていく、実話を元にした青春ムービー。

作中では、エミール・ハーシュ演じるジェイ・アダムスが、紺チェックのネルシャツを襟からボタンを2つだけ留め、バンダナを頭に巻くストリートファッションで登場します。

時折かぶる黒のハット、首元のタトゥーが妙にセクシーで魅惑的。上半身裸で去っていく後ろ姿、キュッと引き締まった腰のくびれに、唾を飲み込んだのは私だけじゃないはずです!

スケーターシューズと言えばVANSオーセンティックのスニーカーですが、彼らが愛用する、ボロボロに履きつぶしたコバルトブルーのVANSシューズ、ボロボロのジーンズ、Tシャツの三点セットは直ぐに真似したくなる、ならず者ファッション。

90年代、グランジスタイルのアイコンだったカート・コバーン、70年代のストリートアイコンはまさに、ジェイ・アダムスでしょう。長めに分けたブロンドの髪、2人は心なしか似ている気がします。

ファッションも本作の見所ではありますが、映画としても最高の一作!スピード感のあるカメラの切り方が、こちらまで滑っているような感覚にさせてくれます。

スケーターとして持て囃される若者が、富や名声を求めてバラバラになるも、久しぶりに仲間全員が集まり、懐かしいプールでのスケートに夢中になるラストシーン。滑りたくてウズウズしちゃって、もう!!ってネルシャツ脱ぎ捨ててプールにダイブ!若い男の子達の友情に気付くと涙しています!

ジミヘンをBGMに女の子を誘惑したり、道行くオシャレおばあさんに暴言吐いたり、すぐに喧嘩し始めるし、他人の家に勝手に忍び込むし、やりたい放題でどうしようもない彼らですが、それはもう凄くカッコいいんです!流れるサントラもイカしてる!シビれること間違い無しの傑作です。​

『シングルス』

シングルス
シアトル、90年代「HAVE FUN STAY SINGLE」を合言葉に、独身者限定のアパートに住む、複数の男女の恋愛模様を描いたキャメロン・クロウ監督のど真ん中グランジムービー。気取らない登場人物たちに好感が持て、何だかちょっぴりダサい台詞と行動があいまって、とてもキュートな作品に仕上がっています。

長髪バンドマンのマット・ディロンが観れるレアな作品ですが、ガールフレンド役のブリジット・フォンダが、誰でも真似できる可愛いグランジファッションで登場します。チェックのシャツを愛用する彼女、赤いネルシャツの上に鍵編みニットのベストを羽織ったり、長めの3連ネックレスを合わせたりと、さり気なくかつ高度なコーディネートに注目です。

個人的には、マット・ディロンのヨレヨレTシャツの重ね着もGOOD!主人公たちが住む部屋もそれぞれの個性が出ていて、観てるだけで楽しいこだわりっぷりです。

ブリジット演じるジャネットは、恋人クリフの電話を自分の部屋で待っているのですが、何かと理由を付けて自分から電話をかけるようにこじつけます。紙くずを投げゴミ箱に入れば電話する、とか、あと10分経ったら電話する、だとか。でも結局ことごとくそれを破って受話器を取るジャネット。身に覚えありすぎる彼女の行動に思わず笑ってしまいます。

結婚を考える別のカップルが、映画館で騒ぐ子供を見て、「本当にいいの?」と確認しあうところも実にリアル。恋愛って楽しいだけじゃなくて、そんな自問自答の繰り返しだったりしませんか。でも彼らを見ていると、たまには盲目になって運命の相手を追い求めるのもいいのかな、ってそんな気になるから不思議です。

クリフのバンド仲間としてパールジャムのメンバーが出演していたり、オープニングとエンディングで流れるポールウェスターバーグもよくハマっているし、ストーリー、音楽、ファッションを合わせた総合点が高い一作。80年代の華やかさを失った90年代、少し肌寒くて、しがなくもほんのり温かいシアトルの空気に浸ってください。

その他、要チェック!ムービー

『ラスト・デイズ』

ラストデイズ

ガス・ヴァン・サント監督が、若くしてこの世を去ったニルヴァーナのカート・コバーンをモデルに、天才ミュージシャン、ブレイクの最期の2日間を収めた作品。

マイケル・ピット演じるブレイクは、グランジファッションや、神秘的な雰囲気も含め、見事にカートをスクリーンに蘇らせています。徐々に正気を失っていく様子、言葉少なく語られる苦悩や絶望感に、ジリジリと蝕まれるように胸が痛くなり、カートのファンにとっては辛い描き方かもしれません。死に至る理由に触れていないのは、また彼自身の死も、謎に包まれたままだからでしょう。

ソニック・ユースのメンバーが音楽を担当、キム・ゴードンがカメオ出演など、音楽好きな監督こその拘りの配役。今は亡きカリスマミュージシャンに思いを馳せるには、この肌寒い季節にぴったりの寂しい一作です。

『愛と青春の旅立ち』

愛と青春の旅立ち
キラキラした若き頃のリチャード・ギアがパイロットになる為、辛い訓練を経て、友情や愛を育んでいく王道青春ラブストーリー!恋人を迎えに行くベタベタな展開も、もはや本作の醍醐味と言えます。

ラストシーンでヒロインのデブラ・ウィンカーが羽織っているベージュチェックのネルシャツが実にキュート!工場で働く彼女の、ブルーカラーの象徴としての衣装ですが、髪をまとめる為に被っているハンチング帽も合わせて真似したい、個性的な一枚です。同タイトルのテーマソングが流れ始めたら、「くうー!」と思わず唸りたくなる、甘酸っぱい名シーンを堪能してください。

冷たい風も味方に!!

年代もストーリーも様々な作品をご紹介しましたが、映画から学ぶネルシャツファッション、如何でしたでしょうか?映画から学べるオシャレ、”カッコイイ”や、”かわいい”は無限大です!

今季は、スクリーンの中のヒロインや主人公に成り切って、お気に入りのシャツを羽織って是非出かけてみてください。きっと冷たい風もシャツを翻す味方に…いつもの見慣れた風景が、変わって見えるはずです!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • miharu
    3.9
    等身大のティーンの日常を切り取った青春映画。パリピ系(?)ではなく、ごく普通の高校生がメインキャラクターだったのが良かったし、静かで落ち着いた雰囲気も好み。この映画の好きなところは沢山あるけれど、エマ・ロバーツとジャック・キルマーの部屋が凄く好きで、思わず一時停止した。本を読んだり、ギターを弾いたり、絵を描いたり…ジャック・キルマーの真剣な横顔に惚れる。私もどちらかと言うと10代の時は悪い意味のイエスマンだったので、テディの行動の数々がいちいち刺さった。こういうタイプの人結構多いのでは。終盤のホームパーティーのテディの言葉は凄く好き。どこか冷め気味のエイプリルのことをよく見ているだけあるなっていう言葉選びで、彼の不器用さがまた最高なんだよなぁ。 全編通してそこまで大きな変化はないけど、彼の小さな一歩を感じさせるラストシーン沁みる。そして何より、終始エマ・ロバーツ可愛い〜!エマ・ロバーツにはなれないと分かっているけど、白のヘッドホンが欲しい🎧
  • ミシシッピ
    4.9
    9月6本目
  • KeiichiroHosoi
    -
    とりあえずタバコを1本逆さに入れるところから始めたい。
  • 阪本嘉一好子
    4.8
    ジェームスフランコは北カルフォルニアの『パロアルト』という町のパロアルト高校に通ったから、ここがかなり背景になっていると思ってみていた。でも撮影は南カルフォルニアだと書いてあったがどうなんだろうと思った。それに、彼は2000年より前に高校生だったはずだが、どんな映画になっているんだろうと思った。 しかし、時代はジェネレーションZ。 我々の頭の中を2021年から7年戻すだけでいい。目的があるかどうかわからない多感期の傷つきやすい、年頃の高校生を考えてみて、この映画をみるといいだろう。🎞大人の私に取って馬鹿なことばかりするなよ命を縮めるなよと言いたくなるかもしれないが。でも、麻薬やタバコや飲酒運転など行動は違うが心のもがきや考えていることは私が高校時代とほとんど一緒。華やかな高校時代でなく、靉靆(あいたい)たる生き方。でも、B先生は誰々が好きだよとか、大人ぶって空虚な言葉も吐いたかもしれない。酒を飲みすぎた仲間もいたかもしれない。しかし、若者の心理状態を掴むのは難しい時がある。フレッドが逆走しようと言った時、テディは断っただけでなく、なぜ、そんな危険なことをしなければならないのかと。そして、車からおろしてと。フレッドは私はボブじゃないボブじゃないといいながら逆走する?自分は堕落してないってこと??ちょっと理解できなかった。 フレッドはちょっと行き過ぎに見えるが、きっとこんなような奴は私が知らないだけでいたに違いないと思いながら見た。フランコの書いた本をもとにしているわけだが、パロアルトは北カルフォルニアのリベラルな高級地域であるから、薬物や、酒は裕福層の産物であるかもしれない。親が出張や、旅行などで家にいない時、その高校生の子供が仲間の高校生を集めてパーティーをするということは聞いたことがある。それに自殺というとアジア人だというステレオタイプもまだあるようだ。 テディとエイプリルはパーティーでも初めは会話が運ばなかった。学校であっても、ガムか飴を上げただけで、意識しすぎて満足に話せなかった。でも、最後のほうで、テディが好きだと2度もアイプリルに言った時の会話が好きだ。いつか自分の気持ちを人に伝えることができるし、それには時間がかかるんだなあと思った。気持ちを伝えるまでにお互いにいろんなことを経験するんだなあとも思った。なんでも、言いたいことを言っているように見えてもね。 エイプリの家族は母親と義父の三人のようだがこの三人が一緒に集まるシーンがない。家族のシーンより友達とのシーンばかりだ。家族が噛み合っていなくエイプリルは孤独のようだ。わざとこのようにしたのかもしれないが、違和感があった。 映画を観た後、フランコのインタビューを聞いた。 やっぱり、撮影はパロアルトじゃなかったんだ。ロサンゼルスだったんだ。プランコの書いた本『パロアルト』を監督が映画化したわけだが、フランコは撮影場所を指定しなく、監督の選択に任せたようだ。 それに、監督から、B先生(サッカーのコーチ)をやってくれと言われた時、嫌だったと。B先生は本当に存在した悪名高き先生で、13歳の少女にもセクハラを働き、監獄に入ったと。 (その後、ブランコもセクハラ問題を抱えたが) フランコは大学で演劇を教えているから、聴講してみたいと思った。彼の具体的で的確な話し方が好きだ。
  • なまけものか
    3.7
    青春映画のなんだかよくわからんモヤモヤが、もう共感できるものじゃなくなってきて少し寂しさを感じました。
パロアルト・ストーリー
のレビュー(5736件)