映画の画はなぜテレビ番組と違って見えるのか?【画のトーンの話】

映像の編集とか演出やってます

ホンダカット

フィルムカメラ撮影にせよ、デジタルカメラ撮影にせよ、映画の画はさまざまな要素でトーンが作られています。

しかし今やテレビ番組や家庭用ホームビデオですら、解像度(4Kなど)やコマ数(秒間24コマの設定が可能)の点で、映画撮影用のカメラと近くなってきています。

では、何の差で画のトーンが違ってくるのでしょうか。今回は画のトーンについて解説してみたいと思います。

レンズとフィルム(撮像素子)

たいていの映画で使うカメラのレンズはもちろん交換可能です。その中でもシネマ用のレンズは大きなスクリーンで映写することを前提にしているのでレンズ自体の解像度・キレが圧倒的に違います。

また撮影監督はどのカメラをどのレンズと組み合わせるとどういう質感の画になるのかを、映画ごとにテストし、決めるのです。レンズは光学的な製品なので個体差もあり、一本一本検証して準備します。

007-1

出典 : http://leicarumors.com/2011/08/05/leica-summilux-c-cinema-lenses-now-shipping.aspx/

フィルムの種類も大きな要因です。どのネガフィルムで撮影し、どの上映用ポジフィルムに焼くのかテストを重ねます。

デジタルカメラの場合、それに替わるのはカメラ内の撮像素子と言えるかもしれません。カメラの種類によって違うそれは、レンズを通した画をカメラ内部でどう変換して保存するのか、クセが違います。

デジタルシネマカメラの2大メーカー

年々変化の速度が速いデジタル機材ですが、現状だとデジタルシネマカメラはRED社ARRI社の製品が世界的には主流で、邦画だとSONYとの三つ巴でしょうか。それにCanonが続いています。

007-2

http://www.slrlounge.com/arri-vs-red-dominated-2014-academy-awards/

RED社はサングラスのオークリーの創始者が立ち上げた、デジタルシネマカメラを製作しているベンチャー企業です。ここのカメラをいち早く使い、好んでいるのがデヴィッド・フィンチャー監督。『ゾディアック』以降はすべてREDカメラで撮影しています。リドリー・スコット監督もプロメテウスで使用し(2台くっつけて3D撮影)、邦画では寄生獣進撃の巨人など。画の特徴は非常にクリアで精細であること。

『第9地区』などでも使われていますが、そのパキパキの画がドキュメントタッチのSFに非常にマッチし、CGなどとの相性も抜群です。Blu-Rayで鑑賞すると、なるほどこういう画にしたかったのだな、というのが映画館で観るよりも良く分かると思います。

ARRI社はフィルム時代からの老舗カメラメーカー。ALEXAという製品を筆頭に、いま映画・CM業界で最も使われているデジタルカメラだと思います。画の特徴はフィルムに近い柔らかさ、そこからノイズ的要素を減らしたような印象です。

007 スカイフォール(撮影監督ロジャー・ディーキンス)やバードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(撮影監督エマニュエル・ルベツキ)、マッドマックス 怒りのデス・ロード(撮影監督ジョン・シール 73歳!)などたくさんの映画で使われてます。

インターステラー』をIMAXフィルムカメラで撮った撮影監督ホイテ・ヴァン・ホイテマher 世界でひとつの彼女ではALEXAを使ったデジタル撮影をして、未来の話を柔らかく色彩にあふれた独特のトーンで切り取っています。

ドラマと映画の見た目

撮影機材だけではなく、撮影時に作るトーンというのもあります。

照明美術の色、まき散らす人工的なフォグ(霧)、それらも全てコントロールされています。映画は光と闇の芸術と言われるように照明のルックが大きく作用します。前の記事で紹介した撮影監督ロジャー・ディーキンスも、カメラの種類に限らず、もはやアートのように撮影時に深淵な画を作り上げます。

007-13re

※ロジャー・ディーキンスによる撮影『007 スカイフォール』

出典 : http://www.seduniatravel.com/blog/how-to-visit-james-bond-007-skyfall-locations

(余談ですが、007シリーズ最新作『007 スペクター』の撮影監督は、前述のホイテ・ヴァン・ホイテマ!現代最高峰のカメラマンの仕事を007シリーズで比べられるという最高の贅沢!)

日本のいわゆるドラマがつるんとした画が多いのは、照明を作り込む撮影時間が取れないというのが要因のひとつでもあります。ただ実際は、一般の視聴者には明るいクリアな画が好まれるというのもあります。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS