恐怖の復讐劇『殺されたミンジュ』公開!闇の韓国クライム・サスペンス映画4選

シネマは身体の一部です。

イトウタクマ

韓国映画と言えば、イケメンと美女が織りなすラブコメディや、不治の病や禁断の関係から男女の想いがすれ違う切ないラブストーリーに人気が集まっていますが、骨太でヘビーなクライム・サスペンスの傑作も数々生み出されております。

2012年公開『嘆きのピエタ』で第69回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した韓国映画界の鬼才キム・ギドク。彼の最新作殺されたミンジュ』が1月16日より全国順次公開されます。

今回は『殺されたミンジュ』を深く知るための韓国発クライム・サスペンス傑作映画を、闇レベル4段階に合わせ、4作品ご紹介します。え~…ハッピーな映画体験をお望みの方はご遠慮なくお引き返しを…

闇レベル1 : アクション軽め、話は重め

han 04

『殺人の告白』

連続殺人犯を取り逃した刑事(チョン・ジェヨン)。時は過ぎ時効成立後、「私が連続殺人事件の真犯人です」と名乗り出た男(パク・シフ)。出版した殺人の暴露本がベストセラーとなり、一躍時の人となった彼に対し、被害者の遺族たちは復讐心を募らせていく。

2013年の第50回大鐘賞(テジョンサン)映画祭で新人監督賞を受賞した本作は、イケメン俳優のパク・シフが堂々と初主演を飾り、その後の人気を不動のものとしました。

まずはじめに、闇の韓国クライム・サスペンス映画を知るためのキーワードはズバリ「復讐」です。復讐とはすなわち”仕返し”。悪行を行った者へ悪行を返すという負のスパイラルです。

パク・シフの、感情の掴めないような不適な笑み、彼が隣にいたら思わず殴りたくなるようなリアルさで、その他にも胸をえぐられるような、衝撃のシーンが目に飛び込んでくるのですが、それ以上に驚きなのがアクション描写です。

アクションスクール出身のチョン・ピョンキル監督は、冒頭の追走劇、中盤のカーチェイスと、アクションシーン等、暗いストーリーのテンションとは正反対の愉快さで、良い意味で呆気にとられます。

取り敢えず、本作は韓国産クライム・サスペンス映画の入門編程度ですので、さらに黒い映画が好きな方は闇レベル2に進みましょう。

闇レベル2 : 孤独な美しき復讐鬼

han 01

『親切なクムジャさん』

美しく残忍な誘拐犯クムジャ(イ・ヨンエ)は、監獄の中での振る舞いを称えられ「親切なクムジャさん」と呼ばれていた。刑期を終え出所した彼女は、とある復讐計画を進め、あるターゲットを虎視眈々と狙うのだった。

美しさと確かな演技。天より二物を与えられた韓国実力派美人女優イ・ヨンエの代表すべき映画です。本作を監督したパク・チャヌクは、他に『復讐者に憐れみを』と『オールド・ボーイ』を監督しており、本作と合わせ”復讐3部作”と呼ばれています。

この映画に含まれているキーワードは「女性」です。韓国クライム・サスペンス映画でよくあるパターンは「加害者は男性、被害者は女性」というケースです。物理的に力の強い男性が、女性に襲い掛かるシーンというのは、痛さや辛さが心にグサリと刺さり、フィクションであると分かっていても嫌な印象はぬぐえません。

本作の主人公・クムジャも例に漏れず、最初は被害者なのですが、話が進んでいくにつれ彼女の殺意が端々に見え始めます。そして、彼女の復讐達成を待ち望んでいる自分がいるという、ある種の共犯感覚の麻痺に一番恐怖を覚えます。

クムジャが本当はか弱い”女性”であるがゆえに共感を覚えるのかもしれません。女性の立場・目線から生まれた復讐心は、愚直で欲望にまみれた男性のそれとは異なり、どこか哀しさを漂わせた”執念”のようなものを感じるからでしょう。

暴力で塗り固めた正義は本当に正義なのか? 彼女の空虚な殺意は救われるのか? 正義なんてものは実はあやふやな定義でしかないことを投げかけている本作は、復讐3部作の中で一番ライトな印象ですが、一番闇が深い映画です。

闇レベル3:都会の闇、人間の闇

han 02

『チェイサー』

元・刑事で今はデリヘルを経営しているジュンホ(キム・ユンソク)。音信不通となったデリヘル嬢を探す内に、彼は住宅街で連続殺人犯ヨンミン(ハ・ジョンウ)に行き付き、苦労の末に確保するが…。

この映画は「ソウル20人連続殺人事件」という実際の事件をモデルにしており、実は私事ですが、当分見直したくない作品のひとつでもあります。

この映画のキーワードは…「郊外」とでも言いましょうか。

韓国映画や韓国ドラマを見ている人にはご存知の通り、ソウル郊外の住宅地は石造りで作られています。道や壁、住宅の建材にも石がよく使われており、日本のアスファルトの道や集合住宅とは趣がかなり異なります。また、ソウルは都会でありながら山合の地域なので、坂や階段も多く、車が必要不可欠ですね。

この石造りの冷たそうで歩きづらそうな郊外は、人間関係や人の心さえも遮断しているような雰囲気を醸し出します。クライム・サスペンス映画には不可欠の危機的状況を演出するのに一役買っているのではないでしょうか。

しかも本作の殺人犯ヨンミンは心が空っぽなんです。都会の闇、閉鎖空間で人知れず育ってしまった怪物。この殺意の見えない殺意ほど怖いものはありません。

ソウル、冷たいコンクリートのビルが建ち並ぶ都会から離れ、閉鎖的な石造りの郊外。救いようのない展開と映像の力にただただ引きずり込まれる、夜の海の渦のような映画です。観終わった後の疲労感や脱力感から、闇レベルは相当高いです。

闇レベル4:スター俳優×スター俳優=暴力の連鎖

han 03

『悪魔を見た』

いたいけな少女を狙う連続強姦魔ギョンチョル(チェ・ミンシク)。彼を肉体的・精神的に痛めつけ追い詰めていく謎の男スヒョン(イ・ビョンホン)。永続的な暴力は更なる暴力を産み、衝撃的な結末を迎える。

韓国2大スター俳優、イ・ビョンホンとチェ・ミンシクの豪華共演…という表の宣伝文句により軽い気持ちで観ると、とんでもないしっぺ返しを受ける、紛れもない闇レベル4の上級者向け映画です。

本作のキーワードは「暴力」。上映時間143分全体を、純粋培養した暴力のエキスで覆い尽くしています。

今までご紹介しました3作品には、被害者遺族の悲しみや、感情的な復讐心、失った者への愛おしい気持ちなどが表面的に描かれてきました。本作にもそういった要素はもちろん存在しているのですが、それをも凌駕する暴力の陰惨さに脱帽し、唖然とします。

スヒョンの報復の恐ろしさは、対象を”殺さない”ところにあります。生かし、逃がし、また痛めつける。イ・ビョンホンの演じるダークヒーローっぷりは、勇ましさと冷酷さを共存させた、悪意の完璧像です。

死にも勝る暴力が、新たな暴力を呼び、その連鎖は留まることを知らず物語は展開していきます。そしてラストシーン、この結末を観てあなたはどう思いますか? 韓国クライム・サスペンス映画の闇の神髄が潜む傑作です。

『殺されたミンジュ』、闇レベルは?

“少女殺害”、”拷問”、”武装集団”。鬼才キム・ギドク監督の最新作『殺されたミンジュ』には闇レベルが高そうな単語が並びます。今までも『嘆きのピエタ』や『メビウス』等、人間の闇を描いた話題作を数々生み出したキム・ギドク監督なので、否が応でもヘビーで濃い味なクライム・サスペンスに期待大です。

『殺されたミンジュ』は、1月16日より全国で順次公開です。今回紹介した4作で韓国クライム・サスペンス映画を予習し、ぜひ劇場へ行きましょう!…あ、道中の暗い通りではお気をつけてくださいね…。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 映画狂人
    -
    やはり2010年代のギドクは『悲夢(2008)』での撮影事故のトラウマや私生活の不安定さが作風に如実に表れてしまっている。 彼のフィルモグラフィーを回顧すると『STOP』ほど酷くはないにしても、残念ながら本作も失敗作と言わざるを得ない。 先ずキム・ヨンミンが1人8役を演じているのだが一体なぜ? そんな奇を衒う必然性をまるで感じない。 「人は皆、役割を演じているだけ」という隠喩のつもりかも知れないが髪型や服装を少し変えただけで根幹となる演技部分は殆ど同じ、これでは無意味に観客の混乱を招くだけ。 斯様に登場人物は多いがどのキャラクターも深掘りせず中途半端に投げっ放し、どうにもとっ散らかった印象しか残らない。 そしてもう一つ大きな問題がギドク×ドンソクの食い合わせの悪さ、癖の強いギドクの世界観にドンソクの巨体は似つかわしくない。 ギドク組常連のチョ・ジェヒョンだったらもう少し違和感なく馴染んでいたはず。 余談だが『パラサイト』の娘役パク・ソダムが端役で出演していたのは嬉しい発見だった。 何にせよギドクファンは勿論ファン以外の人にも薦め難い、ギドクには他にも素晴らしい作品が沢山あるので素直にそちらを観ましょう。
  • hi1oaki
    3.5
    なにげに『パラサイト 半地下の家族』でソン・ガンホの娘役やってるパク・ソダムが出てた! 先日ラトビアでコロナウイルス感染症で死去したキム・ギドク監督作。作風も私生活…というか仕事の仕方も暴力的な人。 キム・ヨンミンが8役演じる(なぜ?)ことによる、観る側の混乱。さらにはマ・ドンソクのコスプレ七変化…等、ヘンな映画だ。 そもそも主役は誰で、誰が何に怒っているのかを明確にしない作りで、マ・ドンソク演じる名もなき男が聖人なのか狂人なのかの境界も危うい。 同じことの繰り返しのようで、徐々に歪んでいく様にクラクラさせられる。 ただやはり群像劇としては、ほとんどのキャラクターを途中で投げ出してしまっているのが残念。
  • かわいいコックさん
    -
    笑われるの覚悟で書くけど、途中まで「私は人の顔もわからなくなってしまった」と不安な気持ちで観ました😓 マ・ドンソク目当てという、邪な心で見始めたからいけなかったのかなあ… あらすじにある通り、一人の女子高生が殺される所から始まります。その殺人に関わった人たちが拉致され、詳細を書くように迫られます。 女子高生を殺した犯人は誰なのか、目的は?そういう話なのかなーと思ってたら、違いました~。 あらすじから犯人捜しはするとわかってたんですけど、理由を求める人はすっきりしないので、観ない方がいいと思います。 パク・ソダムがちょっとだけ出ていてうれしかった。 キム・ヨンミンが何役も演じているので、ちょっと混乱。 道理で似た顔の人ばかりと思いましたよ。 彼に何役もやらせた意図は、今はわからないけど、そのうち気がつくかもしれない。 問題を抱えたいろいろな人たちが出てくるのを見て、生きるのに難儀する人と楽勝な人との差は何だろうかと考えさせられた。 答えは見つからなかったけど。 楽勝に見えるだけで、楽勝じゃないかもしれないし。 半地下の家族の背景が好きな人は、受け入れやすい作品だと思いました。
  • masa
    3.2
    男たちに殺された女子高生ミンジュ 謎の集団が容疑者を一人ずつ捕まえ拷問していく 格差社会 キム・ヨンミンが8役を演じている
  • netfilms
    3.2
     夕闇の中、少女は怪しい男の付いて来る気配を感じ取り、足早に歩くがその気配は徐々に大きくなる。路地裏に入り込んだところで彼らの足音は更に大きくなり、少女は小走りに走り去るが男たちに囲まれ、生け捕られる。5月9日、女子高生ミンジュは男たちに無残に殺された。その事件は犯人が見つからないまま風化していくかに見えた。ある日、レストランで彼女と仲良く談笑し、帰路に着くかに見えた男(キム・ヨンミン)は怪しい集団に車内から突然拉致される。頭陀袋を頭に被らされながら、怪しい地下道に連れていかれた男は、そこで謎の集団のリーダー(マ・ドンソク)の尋問を受ける。今作のジャンルはサイコ・サスペンスだろうが、ここには名刑事や名探偵の類の人物は一人も登場しない。謎の集団がいったい何の目的で自分を拉致したのか男は訝るが、「5月9日にしたことを全て書き記せ」と言われ、拷問を受けたことでようやく腹を括ることになる。男は彼女から自分の仕事に信念を持てと常々言われていた。信念がなければ、一生誰かに使われて終わるのだと。  謎の集団は登場時のみ、ややファニーな感情を抱かせたが、徐々に彼らの背景が明らかになることで単なる烏合の衆だとわかる。集団はリーダーの命令で、女子高生ミンジュ殺害の犯人たちを一人一人拉致して行くのだが、彼らの答えは決まって上からの指示に従ったのだと嘯く。そこで責任の所在は明らかにされなければ、少女がなぜ殺されねばならなかったのもわからない。『アリラン』で映画界に華麗に復帰してからのキム・ギドク作品は「復讐」が大きなテーマとなるが、ここでの復讐は決して胸のすくものではない。集団は同じ制服を着た夜だけ規律を守るが、昼間の彼らは各々が様々な日常の抑圧に苛まれている。大学に行かせてくれた兄からの抑圧、同棲するDV男からの抑圧、彼女にセクハラする上司からの抑圧。リーダーだけが持つ実弾入り銃はおもちゃの銃の出番を待って、ようやく火を噴く。拷問された容疑者は欺瞞に満ちた怪しい集団の動きを途中から最後までじっと見ている。上からの命令を黙って聞くような軍人たちの恥さらしな感情を暴き立てながら、不安定なままの男は石の上に腰掛ける。キム・ギドクの不条理劇の最期はいつも呆気ないものとなる。
殺されたミンジュ
のレビュー(1410件)