探偵はBARに…そんなにいない!リアル店主が選ぶBARが印象に残る映画たち

映画が好きなただのBar主人

店主

どうも、店主です。ライターネームが「店主」なのはリアルにBARの店主だからですしかしあまりお酒に詳しくないことで一部で有名だったりもします。

BAR。バー。Bar。映画を観ていると(現代劇ならば)BARが出るシーンというのはとても多い。大人の出会いの場、仕事の取引、銃撃戦… BARなくして映画は成立しないといっても過言ではない…多分。

BARとは?広辞苑では「カウンターのある洋風酒場」と定義されています。しかしBARといってもイギリスの大衆酒場である「パブ」の形式に近い場合も多く、その定義はハッキリとしておりません。

cock

BARというとトム・クルーズ主演の『カクテル』を思い浮かべる人も結構多いのではないでしょうか。

華麗なパフォーマンスでお酒を作るバーテンダーを彼が演じて一斉を風靡しましたが映画に出てくるお店はBARと感じるかは人それぞれ(筆者としてはBARというイメージはございません)。

個人的にBARとは「静かにお酒が飲める大人なバーカウンターがある酒場」というイメージがあります。ゆえに学生の頃は映画の影響もあり「大人が集う異世界」という印象が強くありました。

そんなBARで働いている筆者が思う、「BAR」の印象が強い映画を下記に数本ご紹介させて頂きます。映画自体もですが単なる1シーンの印象も含めて。

BAR映画といえばミッキー・ロークが飲んだくれる『バーフライ』は外せない

BAR映画と聞いて映画好きの方はこの『バーフライ』を連想する人も多いはず。タイトルが意味するのは「BARに集まる飲んだくれ」。タイトルからまさにBAR映画の王道といえる作品です。

80年代に人気絶頂だったミッキー・ロークが主演で彼の代表作のひとつでもありますが、この映画を観た10代の頃「BARで飲んだくれるのって渋い…」と思ってしまったから怖いものです。

ひたすら酒飲みっぱなしでストーリーよりも雰囲気を楽しむ映画と言えますが、そもそもBARは酒よりも雰囲気を味わう趣が強いので、この映画の魅力とBARの魅力は似ているともいえるでしょう。

若い紳士淑女のみんな、BARの空間そのものはかっこいいけど、飲んだくれは駄目駄目だから勘違いするんじゃないぞ!

「BAR」と聞いて筆者が真っ先に連想する『L.A.コンフィデンシャル』

BAR映画といえば上記の『バーフライ』が筆頭ですが、私個人的には『L.A.コンフィデンシャル』が一番最初に頭に思い浮かびます。

la

1950年代のL.A.を舞台にした警察汚職モノのクライムサスペンス。この映画で当時『ユージュアル・サスペクツ』『セブン』に出演しノリに乗っていたケビン・スペイシーがジャック・ヴィンセンズ役を好演しております。

このジャックが独りでBARにて考え事をするシーンが何度か登場します。その露骨でないBARの使い方が大人なBARの使い方だな~とカッコよさ、そしてそのシーンに憧れを感じました。

会計をせずにお金だけ置いて出ていくシーンは最高!行きつけの店なら同じ行為を出来なくもないですが初めて行った店でこれをやったら単なる飲み逃げ扱いされるので要注意だ!

ケビン・スペイシー絡みで彼の初監督作『アルビノ・アリゲーター』も忘れずに

そんなBARでのシーンが印象深いケビン・スペイシーでしたが、この時期監督業にも挑戦しております。それがBARを舞台にしたシチュエーション・スリラーの『アルビノ・アリゲーター』です。

ゴロツキの3人が悪さをしてBARに逃げ込んだら別の逃亡中の武器密輸犯と勘違いされて警察に包囲されるという異色のストーリー。密室劇のシチュエーションとしてもBARは便利でございます。

この映画の教訓は「裏口は作りましょう」ということですね。飲食店の厨房を抜けて裏口から脱出という、一度は誰もがやってみたいベタな映画ならではの逃げ方が出来ないからこんな面倒くさいことになったんです。

この映画はそのストーリーの奇抜さは勿論ですが、出演俳優陣の渋さも魅力です。マット・ディロン、ゲイリー・シニーズ、ウィリアム・フィクナー、ヴィゴ・モーテンセン、そしてフェイ・ダナウェイ!渋過ぎる~

こんな人たちばかりいるなら行きつけになりたい『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』

日本映画からもとうことで、渋い探偵モノとかになると上記の『L.A.コンフィデンシャル』と被るので、この『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』をチョイスさせて頂きました。

billy

BARというよりも、この映画の場合は“酒場”ですね。でも「人々が集まる場」としての空間という意味ならBARとそこまで違いはないのかもしれません。「酒がない場に大人はいない」でも言いましょうか。

この映画は設定がめちゃくちゃで、登場人物がビリィ・ザ・キッド(三上博史)、何故か店にいる宮本武蔵(内藤剛志)、中島みゆき(室井滋)、ハリイ・キャラハン(原田芳雄)…と国も時代も人種も関係ございません。

そんなメンツがワチャワチャする様をひとつの酒場だけで描く、勢いとノリだけで作った映画。80年代の日本でしか出来ない不思議なパワーがここにあります。どんな映画か分からないと思うので予告編だけでも見てみてください。

予告編観てもやっぱりどんな映画か分からないと思いますが(笑)、こんな人たちが集まるBARがあれば毎日でも行きたいですね!

良いバーテンダーの条件を再認させられる『プリデスティネーション』

割とナウい作品からもチョイス。派手過ぎないが出る映画は軒並み優良な“映画ファンの安心印”ことイーサン・ホーク主演の『プリデスティネーション』も基本はBARを舞台に話が展開していきます。

とあるBARで酒を飲みながら自分の身の上をバーデンダーに話をする青年の物語を軸に進む本作。内容はタイムトラベルを交えたSFサスペンスで細かい内容は割愛しますが、イーサン・ホーク演じるバーテンダーの接客が実に素晴らしいのです。

pre

(C)2013 Predestination Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Screen Queensland Pty Ltd and Cutting Edge Post Pty Ltd

筆者も経営者でありながらカウンターの内側に立っては酒を作り接客をするので「バーテンダー」です。バーテンダーと言われると「酒を作るのがうまい」「話が面白い」等をイメージする人も多いでしょう。それは何ら間違いではありません。

だが筆者が考える「良いバーテンダー」とは、お客様が楽しんで酒を飲み、お客様が気持ち良く話が出来る空間を作ることにあると考えます。その点でこの映画のイーサン・ホーク演じるバーテンダーの接客は素晴らしい!

出来るだけこちらの身の上を話さず客が話をしたい内容を引き出すスキルが凄い。時には酒を奢り、うまく相槌と質問を繰り返しながら気持ち良く話をさせる(これが出来るバーテンダーが意外と少ない)。非常に参考になります。

その点に注意しながら本作を観るのも面白いのでは?まあその接客の良さも映画のオチでなんとなく分かる部分もありますがそれはそれで。

番外編:野沢那智の吹き替えが最高過ぎる『ハドソン・ホーク』

上記に先述したホーク繋がりでブルース・ウィリス主演の『ハドソン・ホーク』を思い出しました。ブルース・ウィリスといえば日本語吹替を野沢那智氏が担当しており、その独特の言い回しにはファンも多く存在します(勿論筆者も)。

『ダイ・ハード』でのジョン・マクレーン刑事の野沢那智氏の人を食ったような吹き替えは有名ですが、個人的に野沢氏の吹き替えと言えばこの『ハドソン・ホーク』なのです。那智節全開で脂乗りまくり!

hawk

今回のBAR特集で何故本作を挙げたかというと、冒頭にブルース・ウィリス演じるハドソン・ホークが刑務所から10年ぶりに出所し、昔行きつけだったBARに行くシーンがあるからです。

そこでのBARが時代の変化でパブに近い形態に様変わりしているのを目の当たりにし、ブルース・ウィリスが残念がるシーンが印象的でした。「時代が変わっても変わらない」ことこそがBARの魅力なので、その気持ちは良く分かります。

その残念さを表現するブルース・ウィリスの演技も素晴らしいですが、日本語吹き替えでの野沢那智が素晴らし過ぎてもはや芸術の域!もう見事過ぎて笑うしかないレベルです。是非とも吹き替えで観て欲しい作品!

いかがでしたでしょうか。映画にとってBARという空間は切っても切れない?存在なのだと思います。それは人の拠り所でもあり、大人の世界の扉を開く異空間でもある。BARとは日常とは少し違う“非日常”を演出してくれる空間なのです。

さああなたも“行きつけ”のBARを見つけて「行きつけがあるんだよね~」とふかして「カッコイ~!」と言われる素敵なオトナライフを堪能しませんか?そこでオススメのBARがありまして店主という人がやっているらしく…(手前味噌)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 3.4
    天使 アルコールに溺れた男女の人生模様を描く お酒を飲みながら見る作品ですかね ケンカ三昧 ロマンスがいい感じ ストーリーはまあまあかな 酒好きにおススメ フェイ・ダナウェイの脚良かったです くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう
  • hi
    -
  • yoshi
    3.8
    一人でいるとロクな事を考えない。自分がマイナス思考なのは自覚している。20歳そこそこの若い頃、この映画の主人公と似たような生活を送っていた時期がある。酒浸りで、夢物語を語り、他人と口論の末に喧嘩…。それを救ってくれたのは現在の妻であり、感謝している。この映画は大人向けファンタジー。マネしてはいけない。 破滅願望を抱えている人の多くは、ネガティブであるという特徴を持っている。 何をしても良いイメージが持てなかったり、悪い未来ばかり想像してしまい、最終的には死に向かって破滅していくことが一番楽な方法であると考えてしまう。 そうした「破滅型」(カッコ付けた言葉なので嫌なのだが、他に言葉が見当たらない。)の人間は、大概が心が孤独なのである。 愛情を傾けられる人との出会いや、感動的な体験や文化に触れ、外的な要因で幸福感を得ると、自分中心の生き方から脱却し、社会的な生活を送ることができる。 いかんせん、この映画の主人公は、そのドン底からの脱却を自ら拒否するのだ。 困ったものである。 ロスの場末の酒場ゴールデン・ホーンには様々な人間がたむろしている。 感性の鋭い若き作家ヘンリー・チナスキー(ミッキー・ローク)もその中の1人。 80年代この頃のロークは、とてもセクシーでミステリアスな雰囲気を持っていた。 この作品では、そのセクシーなイメージの一掃を図る。 贅肉を増量し、脂ぎった長髪と無精髭に染みのついたボロボロの衣服を纏い、原作者の「酔いどれ詩人」チャールズ・ブコウスキーの分身を演じる。 彼は社会の歯車に組み込まれるのを拒んで酒に明け暮れる毎日。 気がむけば、ポケットに突っ込んだクシャクシャの紙を広げ、思いつくままペンを走らせて、散文詩を書いている。 若い頃のロークの演技の特徴は、ナルシシズムたっぷりであること。 自らの繊細さを酒で麻痺させて詩を書いたと言われるブコウスキーに対して、ロークは世捨て人であるキャラクターの設定に、自分を重ねている。 簡単に言うと、酒ではなく自分に酔っているように見えるのだ。 ロークが演じると、詩は売れそうにないな、と思えてしまう。 繊細な感性を持つ人は自分を守る。 ロークの演じるヘンリーは、自己愛の果てに世間から相手にされなくなったホームレスに見える。 詩人としては、少々嘘くさいのだ。 しかし、その言動は正にバーフライ(バーにたかる蝿)であり、アル中としての演技はリアリティがある。 こんな感じで昼から飲んでいる呑兵衛オヤジいるよなぁ…と思えるのだ。 酒を呑み、夜勤のバーテンのエディ(フランク・スタローン)と殴り合いばかりしている毎日。 酔っていても、俺は強いぜ!という自己陶酔アピール。 女のケツばかり追って振られるエディより、自ら社会を捨てた俺の方が、よっぽど高潔な人間だぜ!とばかりに喧嘩を売る。 そんなある日、ワンダ(フェイ・ダナウェイ)と知り合う。 彼女も人生に幻滅感を抱いて、酒に溺れる毎日だった。 恋とは無縁の2人だったが恋におち、ヘンリーの汚いアパートで、共同生活を始めるようになる。 「職業は?」「飲むことよ」 この一言でヘンリーはワンダを気にいる。 ワンダを演じるのはフェイ・ダナウェイ。 ご存知、アメリカンニューシネマ以降の大女優。しかし下手に飾り立てずに、年増女の侘しさをリアルに演じる。 女性らしく外見を気にしているらしいのだが、生地の良いスーツはヨレヨレ。 おそらく元キャリアウーマンの設定か? ほとんど化粧をしていない顔と乱れた髪を見ると、今は働いていないだろうことが分かる。 馴染みの酒屋でツケで酒を買おうとすると、店主がある男にカードを使って良いか、伺いの電話を掛ける。 どうやら金持ちらしい昔の男にタカって飲んでいるワンダ。 男はワンダを傷ついたのであろうか? その男の立場と金に義理立てをして、最低限の格好をして外出しているのだ。 ヘンリーのアパートに向かう途中、畑のトウモロコシを盗むセコさといい、それなりに人生を重ねてきた哀愁と生活臭が溢れ出る演技は流石である。 ワンダのチャームポイントは、演じるダナウェイ同様、年齢の割に綺麗な脚だ。 そんな自堕落で成り行き任せのヘンリーの生活を調査する私立探偵(「イレイザーヘッド」のジャック・ナンス!)の姿があった。 ご近所の夫婦喧嘩に、止せばいいのに口を挟むヘンリー。 それを見た探偵は根の腐った人間ではないと報告したのだろう。 ある日、その依頼主のタリー(アリス・クリッジ)という女がヘンリーの前に現れる。 彼女は雑誌のオーナーで、彼の詩の才能に目をつけ、現在の悲惨な状況から脱け出させ、執筆に必要な資金と環境を提供しようと申し出てきた。 こんな旨い話があるものか? お嬢様然とした白い服を着た若い美人が、一体どこで読んだのか、呑んだくれの落書きのような詩の才能に惚れる? ココがファンタジーと言った所以である。 確かにヘンリーの詩は客観的には、良いものなのかもしれない。 しかし唐突なタリーの登場は、掃き溜めに鶴であり、少々現実味に欠ける。 この映画で唯一登場するマトモな社会生活を営む人物であるタリー。 彼女はいつの間にかへンリーに愛情を抱くのも嘘くさく、やはりファンタジーである。 タリーの愛は、雨晒しの捨て犬を拾うのと同じで、私が面倒見てあげると言わんばかりのヘンリーへの憐れみだ。 所詮、住む世界は別なのだ。 タリーが住むアップタウンで、カップルがいちゃついて運転し、交通妨害しているのに腹を立てたヘンリーは、タリーの車に彼女を残し、いつものように喧嘩を売る。 青い空、アップタウンの鮮やかなビルボード。タリーのピカピカの高級車。 それらを背景に若いカップルに喧嘩を売るホームレスのような格好のヘンリー。 色鮮やかな背景の中の灰色。明らかに浮いている。 このワンカットが住む世界の違う人生を、1つの画面に収めていて、とても美しい。 ヘンリーにとっては、現在の生活以外考えられず、タリーから前渡し金として受け取った500ドルをバーの仲間に酒をおごってつかい果たしてしまった。 バーに現れたタリーは、自分に敵意をむきだしにするワンダとつかみあいの大喧嘩の末、2人の前から去っていった。 ワンダとなじみの酔客とともに酒をくみ交わし、エディに喧嘩を売り、今日もヘンリーの夜が更けていく…。 この映画にはドギツイ暴力描写や性描写は描かれない。事件性が無いのだ。 その分、若い人が見れば退屈かと思う。 映像がとても美しい。 撮影監督のロビー・ミューラーの夜の映像は美しく、バーの内部照明が暖色を使っていて居心地が良い遊園地に見える。 それに反してバーの外界は、特に昼間は白や青を使っているのか、輪郭線がはっきりと見え、社会は厳しいと思える。 現代の社会生活に疲れ、傷ついた酔っ払い達の最下層の生活は、傷の舐め合いであり、観た人は「自分も気のいい仲間に囲まれ、酒で嫌なことを忘れたい」とも思う。 しかし現実問題、救いの無い映画なのだ。 ヘンリーはバーから巣立つことなく、呑んだくれる。近い将来、彼の行き着く先は病院だ。 この映画が教えてくれるのは、ブコウスキーが自分の墓石に記した「真似するな」である。 幸せな社会生活を営みたければ、真似するべきではない。 ブコウスキーは詩人である。 彼について、ここでは詳しくは語らないが人間の魂の奥底に眠る感動を引き出す創造行為には、産みの苦しみがある。 アーティストと呼ばれる人間が、酒や麻薬や何かしらにすがるのは、心の奥底を覗く為だろう。 幸いにもブコウスキーは多くの詩を残した。その繊細かつ反抗的な生活の描写は、大袈裟な比喩も少なく、共感しやすい。 しかし大概のアーティスト気取りの人は、創作行為を忘れて快楽に浸ってしまう。 私が酒浸りだったのは、社会に出る前だ。 若い頃の反抗的な私は、ヘンリーのように社会の歯車になることを嫌っていた。 いや今思えば、大人になること、社会に出ることが怖かったのだ。 この映画もその辺りで劇場で観た。 ただ、いい歳大人になった現在も、やはり心は傷ついているので、毎晩晩酌して、1日を忘れるようにしているが、時折、私の中のヘンリーが顔を出す。 いや、誰でも心の中にヘンリーかワンダを飼っているのかもしれない。 その点は大いに共感する。 この映画は大人向けのファンタジー。 ブコウスキーの言う通り、そのままマネしてはいけない。 ゆえに是非観て欲しいとは言えない。 ハマると危険な映画である。 …でも好きなんだなぁ…この世界観。 追記 冒頭と最後に流れるHip Hug-Her / ブッカー・T&ザ・MG'sのヨレたギターが格好良い。 個人的にはブコウスキーの詩の影響を受けただろう、私の敬愛する「酔いどれ詩人」トム・ウェイツの曲も使って欲しかった。
  • まっどでーもん
    4.8
    主演のミッキー・ロークが酔いどれ詩人ブコウスキーの世界を体現してくれてファンとしては嬉しい限り☺️ 酒場での乱闘シーンも迫力アリ。ミッキーはこのようなうらぶれた世界観の映画ではまさにハマリ役。酒と女と小説。毎日が二日酔い。こんな男に憧れる。ミッキーの80年代に於ける代表作の一つであります☺️ 後の「レスラー」とほとんど変わらない趣向の映画でもあり、ミッキー・ロークは愛すべきダメ男を演じさせると天下一品である。😎
  • s
    -
    最高のヘンリー・チナスキー 探偵役にジャック・ナンス
「バーフライ」
のレビュー(139件)