【アカデミー賞】代官山蔦屋コンシェルジュが語るオスカー愛と今年の受賞作

代官山蔦屋書店 シネマ・コンシェルジュ

吉川明利

はじめまして、代官山蔦屋書店にてシネマコンシェルジュをしております、吉川明利といいます。観たい映画、借りたい映画や、オススメ映画など映画にまつわる様々なお問合せにお答えすべく日々奮闘してます。

映画が好きで、この映像パッケージ業界に入ってはや33年目の映画オヤジでございます。今回はアカデミー賞に関する個人的な思い入れなどを少しだけ語らせていただきます。

オスカー愛に目覚めたきっかけとは?

今思い返せばそのきっかけとなったのは『ロッキー』と言えるんじゃないでしょうか。

1976年、ちょうど第50回目のアカデミー賞で見事作品賞に輝いたその結果に驚くとともに、“やっぱりアカデミー賞最高!”と、突然自分の中の「オスカー愛」が芽生えたのです。

もちろん、それまでにも主要なアメリカ映画はほとんど観ていたし、アカデミー賞の知識もある程度ありました。最多部門受賞作は12部門に輝いた『ベン・ハー』で、『ウエストサイド物語』も同じ12部門だけど、特別賞が入っている『ベン・ハー』の方がすごい!とか、『ゴッドファーザー』で主演男優賞を獲得しながら、受賞を拒否したマーロン・ブランドがネイティブ・アメリカンの女の子を代理出席させたことなど、アカデミー賞のトリビアを知ることで、一丁前の映画青年を気取っていました。

ベン・ハー

29413_I

そんな私を変えた作品が『ロッキー』でした。

全く売れないでいた俳優シルベスター・スタローンが書いた1本の脚本から『ロッキー』は生まれました。それ以前のアメリカ映画、いやアメリカという国全体が暗く重苦しい雰囲気に満ちていたのです。

理由は、ベトナム戦争の敗北です。

そこからやがて『ディア・ハンター』(第51回目の作品賞)や『タクシードライバー』などが生まれるのですから、あながちその敗北が映画界に何ももたらすことがなかったとは言えませんが、とにかくとっても沈んでいたアメリカに活気を取り戻させたのが『ロッキー』だったのです。

まさに『ロッキー』のオスカー受賞という出来事が“アメリカン・ドリーム”としてスタローンの人生を一変させる一夜となった日であったと言えるでしょう!

ロッキー

29413_I

それだけの力がアカデミー賞にはあったのです。(一方では受賞後に売れなくなる「オスカーの呪い」なんて言葉もありますが)

この受賞結果に感激したことが、私が「オスカー愛」に目覚めたきっかけとなりました。

予想外の結果こそ、アカデミー賞の楽しみ!

当然のことながら作品賞と共に、「俺に主演させなきゃこの映画作らせない!」と頑張ったスタローンも主演男優賞を獲れるだろうと予想しました。

ところが受賞は叶わなかったのです。

私の予想は大外れ、この年の主演男優賞は『ネットワーク』のピーター・フィンチでした。スタローンは受賞を逃します。
さらに受賞発表の時点でフィンチはこの世にいなかったのです。

後年『ダークナイト』のヒース・レジャーで同じようなことが起きることになりますが、この時は誰も知るよしもありませんでした。

ダークナイト

29413_I

オスカーは亡くなっても貰えるんだ、と不思議な感覚にとらわれた記憶があります。でも、その予想の大外れそのものがアカデミー賞予想の楽しみだとわかりました。

毎年ノミネートが待ち遠しい!

それ以来、ノミネートが発表されるや必ず誰かと(時に2歳上の兄だったり、仕事場の同僚だったり)予想合戦をやってばかりいました。対戦相手に先に選ばせてあげるというハンデを与えながらも、最終的に勝負に負けても、マニアックな助演女優賞をズバリ的中させ、溜飲を下げるというアホな映画オヤジと化していったのです。

作品、監督、主演男優・女優、助演男優・女優と全部で6部門、いまだ全部門的中はなく、5部門どまりの予想人生なので、毎年言ってますが、今年こそは当てたい!と思っています。

今とは違うオスカー予想?!

1970年代後半くらいは受賞結果発表の翌日、駅売りのスポーツ新聞を全部(6紙だったろうか)買っていた時期が長くありました。そこで、この新聞の写真は良くないとか、的を得た視点でオスカーの結果を分析している新聞社はどこかな、などをチェックして一番のお気に入りの記事をスクラップしていたのです。

今も手元に残っているその40年前のスクラップブックには『帰郷』で主演男優&女優賞に輝いたジョン・ボイドジェーン・フォンダの笑顔やら、『普通の人々』で初監督ながら見事監督賞を獲得したタキシード姿がカッコいいロバート・レッドフォードの写真と記事などが貼られています。

帰郷

29413_I

ネットの時代となった今では考えられないでしょうが、こうした翌日の新聞記事が本当にありがたかったのです。また今ではハリウッドと同時刻にオスカー授賞式のテレビ放送がありますが、50回授賞式がフジテレビの独占放送(中継録画の夜遅い時間の放送なのに)となることがビッグニュースになる時代でした。

今年の賞レースは?

こうして培われていった私の「オスカー愛」は今も健在!さぁ、遂にレオナルド・ディカプリオは念願のオスカー像を手にすることが出来るのか?そして『ロッキー』以降、まったく賞とは縁遠い俳優となってしまったスタローンが7度目のロッキー・バルボア役を演じた『クリード』で助演男優賞を獲るのか?興味は尽きないですねぇ。

レヴェナント:蘇えりし者

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

29413_I

(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

これだからアカデミー賞予想は楽しくてやめられない!

代官山蔦屋書店では当店のコンシェルジュがアカデミー賞受賞作を予想しております!予想結果をぜひお店で確認してみてください。また、記事に登場した40年前の新聞記事のスクラップを期間限定で代官山蔦屋書店にて展示中!詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

展開写真

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • mimige123
    4
    マイケルBジョーダンはブラックパンサーのヴィラン役でも出てて、筋肉がすごいし強そう この映画観てるとシャドーボクシングがしたくなる(ボクシングした事ないけど) そしてあの音楽が流れた時は興奮が最高潮になった 育ての母がテレビ見ながら応援してる姿が良い
  • きゅうげん
    4.9
    『ロッキー』の1・2・3の良いエッセンスをギュっと凝縮したような、新時代『ロッキー』、ひいては新時代スポーツ映画の金字塔であり、また「現代の若者」への最高の讃歌です!!! アポロ・クリードの許されない愛から生まれた息子ドニー。 正しくはアドニスで父と同じくギリシア神話に名前のルーツがあり(ギリシア風には「アドーニス」)、神話上のアドーニスも許されない愛から生まれた存在です。 『ロッキー』シリーズと比較したうえで、今作において重要だと思われるポイントは「主人公を取り巻く環境・社会」「主人公とヒロインの関係」の二つだと思います。 一つ目の「環境・社会」ですが、これまでのシリーズを通してロッキーとともに起伏を繰り返したフィラデルフィアの町は、往時のような活気がなく人口の二割以上は貧困層で、黒人層の増加により地域コミュニティも変化した、『ロッキー』の影さえ薄い寂れた街に変貌しています。そこへ外部から入って来るアドニスは、社会的地位・教養・ステータスなど諸々が全て異なる存在に映ります。 そして実地的な変化以外にも時代的な変化があります。 自己流の練習を積むアドニスはYouTubeやHBOの動画・配信などに多くを頼っており、また父アポロの思い出さえYouTubeにアプロードされているもので、これまでの『ロッキー』的世界観とは異なった「情報社会」における、いわゆる「ミレニアル世代」や「Z世代」と呼ばれる存在(日本で言えば「持たざる者世代」=今の私たち)そのものといえます。 このような若者はアドニスのように、一見十分な人生に見えても「幸福度」が低いような傾向があります。漠然とした言い方になりますが「此処は自分の居場所じゃない」感や「まだ本番じゃない」感などに苛まれ、「将来に対する唯ぼんやりした不安」をたえず意識する世代なのです。 そしてこれらの現実的な問題として切実な要素が、今作を傑作たらしめているものであるといえます。 シリーズにおける気の良いイタリア系住民との商店街でのランニングシーンは、黒人たちによるストリート文化やモータースポーツ/バイク文化などに置き換わり(「フィリーがウィリー」はロッキー・ジョーク)、アドニスの練習を囲むメンバーがだんだん増えてゆく場面にも「黒人的友情」感が垣間見えたり、音楽においてもヒップホップが多用されたりしています。 そしてYouTubeに代表されるような「情報社会」的な側面は、同時に「大きな物語」の終焉(=ポストモダン)を表しています。それは「ミレニアル世代」「Z世代」であり(「メモ書きの写真保存」はホントによくやる)、あるいはヒップホップ文化であり、そして『ロッキー』シリーズの終りそのものでもあります。 しかし、だからと言って新しい物語がはじまらない訳ではありません。 アドニスにとってはボクシングを続ける上での父アポロというプレッシャーとの闘い、ビアンカにとっては音楽活動を続ける上での難聴との闘いが、前出の現代の若者的苦痛・苦悩と重なって立ち上がります。 そんな難題を粉砕し克服してきたのが過去の『ロッキー』といえますが、今作『クリード』は難題に立ち向かいつつ共存するという――例えばビアンカが手話を勉強してるようなことから、アドニスが「クリード」の名を受け入れることまで――、非常に現代的・現実的試みが垣間見えるのです。課題を打ち砕いてゆくのではなく共存・併走・内包してゆくこの精神性は非常に今らしいマインドで、ダイバーシティー的な方向へも繋がるものです。 ビアンカの音楽にフォーカスしてみれば、自宅で作曲からアップロードまで行う「ベッドルーム・ポップ」的な性格があり(ちょっとビリー・アイリッシュっぽい)、あるいは有名すぎる「ロッキーのテーマ」とヒップホップとのマッチなどをとってみても、現代的な意味合いにおいて深長です。 そしてヒップホップというものの本質、つまり過去のものをサンプリングして現在のものにする姿勢自体が、アドニスやビアンカ、そしてそれを観ている私たちを強く勇気づけ、その行いを意義づけるものといえます。 二つ目のそんな二人の関係性についてですが、『ロッキー』1作目は「王子様ロッキーとお姫様エイドリアン」のお伽噺めいた恋愛の側面が、そして2作目以降は、今から見れば良くも悪くも古めかしい「働く夫ロッキーと支える妻エイドリアン」という側面のある関係性でした。 しかし今作でのアドニスとビアンカは、はじめから非常に対等な関係性にあります。それは時代の流れも勿論のこと、「夢を追う」という点についてお互いがお互いに敬意を払い尊重しているポイントが重要です(ライブハウスでアドニスが喧嘩沙汰になり、ビアンカが怒るくだりはその白眉)。 こう言ってはアレですが、『ロッキー』1作目は「ダメダメな街のダメな男女のシンデレラ・ストーリー」という点で、イタリア系移民の白人貧困層のロッキーとエイドリアンの恋愛が(もはやファンタジックなまでに)理想的に語られる一方、『クリード』においては「夢の実現に燃える聡明な人間がお互いを尊敬する」という意味合いで理想的な関係性が語られ、その互いの人間としての承認・尊敬の先にこそ自己実現や自己規定があるのだ、という現代においての「夢のようだけど実現しうる物語」が構築されているところが大事であり、この『クリード』の魅力であると言えます。 そして忘れてはならないのが、前述したようなフィラデルフィアの外部から来た存在であるアドニスが、ロッキーと同じ、あるいはそれ以上の試練を通して街の人々に受け入れられ共に歩んでゆくという、「『ロッキー』的精神」を継承していることです。 そして最後に、こよなく愛されてきた「ロッキーのテーマ」を陳腐にすることなく新たにブラッシュアップしてみせた、ルドウィグ・ゴランソンの素晴らしい名スコアが本当に最高です! 耳ちぎれるぐらい聴けます! ちなみに、ビアンカのバックバンドにいる長髪で長身の青年がルドウィグ・ゴランソンご本人です(最初のライブシーンではキーボード、二度目のライブの楽屋シーンではギターやってましたね)。 さらに、マイケル・B・ジョーダン! 冗談みたいに完成された肉体と教養の滲み出る聡明な面持ち、すべてが最高で本当に惚れてしまいます(個人的にはメチャメチャなアニメオタクなのも好きポイント)。 ロッキーすら諦めかけた試合終盤、失神からの奇跡的なカムバックや「俺は"過ち"じゃない!」という心からの叫びには、涙や汗、体中のすべての水分が絞り出されるほどの感動を覚えました。 これからの映画業界を引っ張ってゆくであろうこの二人の、最高の仕事を目の当たりにできる点からも傑作と言えるでしょう。 (それと全く関係のない服装の趣味ですが、コンランのマネジャーを務めるホリデイことグレアム・マクタヴィッシュさんの英国紳士な着こなしがたまりません。 あと会見でちゃんとスーツ着てくるアドニスも良いですね。(最近のプロの方々はアディダスのでらでらしたジャージ上下で、会見とか取材とか空港とか平気で行っちゃって、何というか安っぽくて矜持がないので)あれくらいサッパリしっかり着こなしてると好感が持てます。)
  • ナヲさん
    5
    公開当時、劇場で5回見て5回泣いた。 初めてです。同じ映画を5回見に行くなんて‥。 でも、それくらい素敵な映画なんです。 ロッキーへの愛が詰まった、半端ない映画なんすよ。 ありがとうロッキー。ありがとうスタローン。 本当に感謝します。
  • 34歳ブタ
    -
    ロッキーシリーズは、一応新作が出る度観るようにはしてる中での鑑賞!! 面白いか面白くないかで言ったら、そこまで面白くはなかったのですが、ロッキーシリーズは若干その域を超えてるので、別にいいのかなと思いました笑 今回は、スタローンが監督や脚本をやっていないの久しぶりのチャレンジ精神がある作品だったと思います。 一つ思ったのは、ボクシングシーンのカメラワークは素晴らしいです!!入場から第一ラウンド終了までワンカット!! 続編もチェックですねー
  • Serge
    3.4
    いつかの記録
クリード チャンプを継ぐ男
のレビュー(22719件)