【アカデミー賞】ストーリー重視!隠れた名作揃いの「脚本賞」に注目!

みなさん、こんにちは。TSUTAYA綾瀬店スタッフの秋山です。

まもなく2月28日(日本時間29日)に行われる、第88回アカデミー賞授賞式

アカデミー賞といえば、Filmarksでもノミネート作や受賞作の話題を取り上げたり、過去の受賞作を一覧で見られるようにしたりと、最も注目している賞の一つです。またTSUTAYA店舗でも、毎年アカデミー賞コーナーを展開していて、まさに「いい映画と出会う」にはうってつけのイベントです。

アカデミー賞というと、みなさん作品賞のイメージがあるかもしれません。しかしながら、アカデミー賞には、作品賞以外にも面白い部門が沢山あるんです。そこで今回は脚本賞」にスポットを当てていきたいと思います。

2000年(第73回)以降の脚本賞受賞作のうち4作品をご紹介!

脚本賞とは、その年の最も優れたオリジナル脚本(小説などの原作がない脚本)に対して贈られる賞なので、「ストーリーの面白い映画が見たい!」という方には、オススメな作品が揃っています。また1940年から続く大変歴史のある賞です。

 

her/世界でひとつの彼女』(2013年)

Photo courtesy of Warner Bros. Pictures

近未来のロサンゼルス。依頼人に代わって手紙を書く代筆ライターのセオドアは妻と別れて傷心気味。そんなある日、人工知能型OSのサマンサと出会う。ただ賢いだけではなく、人間的な魅力をもつサマンサに、セオドアは恋心を抱くようになり…。

人工知能に恋をするという突飛な設定ですが、セオドアとサマンサの二人(一人と一機?)の関係の変化やストーリー展開には非常に説得力があり、話が進むにつれてどんどん引き込まれていきます。

人が恋をする理由に、肉体や容姿は関係ないのではないか?と思わず考え直してしまうほどです。

近未来を表現した映像や音楽が美しく雰囲気もGOOD!

またサマンサの声を演じるスカーレット・ヨハンソンの魅惑的ボイスも堪らない…!

さらに、人間とOSによる「バーチャルセックスシーン」にも注目。

近未来の話でありながら、セオドアをはじめ、出てくる人物たちの心の弱さ、空虚さはとても現代的で、時代とともにモノや文化が発達しても人の心は変わらないということを痛切に感じさせられる作品となっています。

『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012年)

黒人奴隷のジャンゴは、賞金稼ぎのシュルツによってその身分を解放される。その後シュルツとともに、奪われたジャンゴの妻を助けるべく、農場主のカルヴィン・キャンディに立ち向かうのだが…。

新作『ヘイトフル・エイト』の公開を控え、『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』などで有名なクエンティン・タランティーノが監督・脚本を務める西部劇映画で、本作でも彼の妙技が炸裂。

奴隷問題を題材としていながら、その内容は立派な娯楽映画に仕上がっていて、軽妙なセリフやちょっとバイオレンスなアクション、広大なロケーションにハイセンスな音楽など見どころ満載。

元奴隷のジャンゴがシュルツの影響により、次第に冷淡かつ大胆な自由人としての風格をまとっていく姿や、レオナルド・ディカプリオ演じるカルヴィンの狂気に満ちたキャラクターに興奮すること間違いなし!

ストーリーのテンポもよく、上映時間165分という長さを全く感じさせません。それどころかエンドロールが流れた途端、少し残念な気持ちになってしまうほどです…ずっと見ていたくなります。

また娯楽性をベースにしつつ、奴隷に対する非人道的な扱いや人種差別など、アメリカの過去の汚点を浮き彫りにした社会派的側面もあわせもつ本作。

まさにタランティーノが奇才と呼ばれる理由がわかる渾身の一作です。

『リトル・ミス・サンシャイン』(2006年)

美少女コンテストでの優勝を夢みるオリーヴ。地方予選の繰り上げ優勝により決勝大会への出場権を得た彼女は、両親と、「沈黙の誓い」により言葉を発しない兄、ヘロイン中毒の祖父、自殺未遂を起こしたゲイの伯父とともに車で会場を目指すのだが…。

バラバラな家族が一つの目的のために協力し合わなければならないというコメディ映画の王道シチュエーションなのですが、本作はこれに加え、一家がコンテスト会場に向かうまでの800マイル(約1300キロ)の道中を描いたロードムービーとなっているのが特徴。

車の故障や、父のビジネス失敗、伯父の元恋人との遭遇など、さまざまなトラブルに直面し、その都度ハチャメチャながら協力しあう一家は、次第にその結束を高めていきます。

そして最後の難関、美少女コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」。

眼鏡に小太りのオリーヴでは勝負にならないことは明らかであったが、彼女の夢を諦めさせたくない家族がとった行動に思わずグッときます…。

近すぎるがゆえに、ときには疎ましくも思う家族の存在。でも本当に大変なとき、一番近くで寄り添い、支えてくれるかけがえのない存在であることをこの映画は教えてくれます。

笑って、笑って、笑って、最後にほっこりする素敵な作品です。

『あの頃ペニー・レインと』(2000年)

ロックミュージック好きの少年ウィリアムはある日、自らの記事が認められ、売り出し中のバンド「スティルウォーター」のツアーに同行し密着取材することとなる。そこで出会ったグルーピー(熱狂的ファン)のペニー・レインにウィリアムは恋をするが、彼女はスティルウォーターのギタリストであるラッセルと関係を持つようになり…。

70年代のハードロック全盛期のバンドマンの実態を背景に、15歳の少年の成長を描いた青春ラブストーリー。

ペニーはラッセルとの関係を築くも、それが永遠でないことを頭では理解していて、ウィリアムもまた二人の関係を応援するが、一方でペニーへの思いから目を背けられずにいるという、なんとも切ないシチュエーション。

そして当時のロックミュージックにのせて描かれる、酒やドラッグやセックスといった、当時の退廃的でクレイジーなロッカーたちの生き様。

少年ウィリアムに訪れたひと時の淡い経験に、胸を打つことでしょう…。

ウィリアムとペニーの恋愛を主軸にストーリーは進行していきますが、ウィリアムとラッセルの対立も見どころで、大人という生き物のカッコよさ、偉大さ、そして愚かさに、憧れつつも軽蔑してしまう思春期のリアルな心情には、誰もが共感できるのではないでしょうか。

さいごに

第88回アカデミー賞脚本賞のノミネート作品は以下の通りです。

◆『ブリッジ・オブ・スパイ

◆『インサイド・ヘッド

◆『スポットライト 世紀のスクープ

◆『ストレイト・アウタ・コンプトン

◆『エクス・マキナ(原題)

日本ではまだ劇場公開されていない作品もありますが、ぜひご注目ください。歴代の受賞作品でまだ見ていない作品がありましたら、こちらも要チェック!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • j3living
    3.6
    これ良かったな。 自分もいい歳して独身だから身につまされるわ。 確かにあの展開は切ないな。 AIちゃんの声はスカヨハなんだけど、声だけ聞くとただのガラッパチのお姉ちゃんなんだな。ストーリーが進むにつれて魅力的に聞こえてくるけど。 ホアキン・フェニックスのヒゲの穏やかおじさん役もイケますね。何でもできるねこの役者さんは!
  • mm
    3.2
    書き留めたくなる台詞がたくさん
  • bluesmoke
    4
    AI(人工知能)に関する研究がずいぶん進んでいるようで、この映画が公開された2013年からそれほど経っていないように感じる2021年現在、すでにシンギュラリティ(技術的特異点:AIの能力が人類を超えるポイント)が具体性を帯びてきているようです。 技術進歩というものは直線的に進むのではなく、指数関数的に(つまり飛躍的に一気に)向上することを「収穫加速の法則」と言うそうですが、映画公開時と現在の技術進捗(詳しいわけではありませんがそれでも目にする)を照らし合わせると妙に納得してしまいます。 とはいえ映画を観るときの僕の関心事は、テクノロジーが社会に及ぼす様々な影響にではなく、SFという虚構によって浮上する人の心のほうにあります。 20世紀末に『マルコヴィッチの穴』で人間の身体性をテーマにした作品を撮ったスパイク・ジョーンズ。やはり21世紀に入ってからも『her/世界でひとつの彼女』で扱っているのは人間の身体性だろうと思います。 身体性とも身体論と言っても良いのですが、このアプローチから照らし出される真相とは、僕たちが切実に心の問題として考えたり思ったりしていることは、実はそれぞれの身体に強く依拠(いきょ)しているということです。デカルトの心身二元論のように僕たちは素朴に心と身体を分けて考えていますが、むしろ心は身体からの影響を強く受けているという考え方です。 たとえば、なぜ人は好きな人とキスをしたいのか? その原理は、口が内臓(腸)の出先機関だからであるという知見を三木成夫『内臓とこころ』が示しているように、僕たちの切実な心は強く身体性に根ざしている。これを敷衍(ふえん)して、なぜ男は好きでもない女とでもヤリたがるのか?という理由を、オチンチンがエイリアンに乗っとられたからだと僕は主張していて、これを女のひとに説明すると「え〜!?」と言われますが、向こうがこちらに好意を持ってくれているかぎりにおいては概ね受け入れられます(たぶん)。 ですから本作は、人間の男・セオドア(ホアキン・フェニックス)とAIの女・サマンサ(スカーレット・ヨハンソン)との恋を通して、身体性をもつ人間の心と身体性をもたないAIの心とが、どのように関係し得るのかを描いたもので、つまりは人の身体性をテーマにしています。 身体をもたない恋は成立し得るのか? 結論から言えば、2つのプラトニズムが破綻することによって、身体をもたない恋は成立したとしても、持続し得ないことがこの作品では明らかになっていきます。たいへん凡庸な結論のようですが、その過程が素晴らしく描けているように思います。 1つ目のプラトニズムの破綻について。 夫婦関係に挫折したセオドアがはじめAIに求めたものは、身体性という緊張感をともなわない関係でした。これはプラトニズムの1つの側面でもありますが、しかしながらその気安さゆえに関係が深まっていくにつれて、プラトニズムがプラトニズムを超えていってしまうことになります。 面白いのは、人の身体をもつセオドアだけでなく、AIのサマンサもまたプラトニズムの深まりに絡めとられていく様子が描かれていることです。これには根拠があり、真剣に相手を理解したり理解されたり、受け入れたり受け入れられたりしようとするとき、僕たちが直面するのは、「相手の他者性」に照らされた「自身の他者性」だからです。 たとえば、誰かを理解したり受け入れたと思うとき、僕たちは相手(他者)の行動パターンや感情パターンを理解し受け入れています。また、誰かから理解されたり受け入れられたときも同様に、相手は僕たち(他者)の行動パターンや感情パターンを理解し受け入れることになります。このことが意味するのは、プラトニックな関係は、どこまで行っても他者性が他者性を映し合っているだけだということです。 恋愛関係の初期であれ破局のときであれ、「あの人が好きなのは結局あの人自身」だと思うのは、こうした関係性をよく表しているように思います。肉体的な行為としてのセックスが官能的である一番の理由は、そうしたプラトニックなループ構造を乗り越えて一体化できたような感覚をもたらすことだろうと思いますし、遠距離恋愛が難しい根拠もきっとここにあります。 ですからテレフォンセックスはうまくいったものの、代理の肉体を使っての行為が挫折すのもたいへん面白く思います。心の根拠である身体の不在は、心の不在を意味するからです。 人間から見たAI(他者)と、AIから見た人間(他者)という設定だからこそ、このあたりの機微がもどかしくも鋭く立ち上げられています。またセオドアが代筆業という他者性の映し合いを生業にしているのは、こうした原理を踏まえた設定のように思えます。 そしてもう1つのプラトニズムの破綻については、こう言えるかと思います。 最終的に、人間のような身体をもたないAI・サマンサは、そのプラトニズムを無限に拡張させていき、宇宙規模の思念と融合するかのように昇華していってしまいます。いっぽう人間としての身体をもつセオドアは、プラトニズムの外縁に1人取り残されることになります。 このことが意味するのは、どれほど身体を離れたように振舞って見えたとしても、人の考えや思いは身体の延長にとどまるということだろうと思います。人間のプラトニズムは、その身体性によってこそ立ち現れながらも、同時に身体性によって挫折するという背理を描き出しています。 AIにとって代わられる物事が様々に予見されていて、人間にしかできないことは何か?ということが模索されているようですが、むしろ人間だからできないことの中にこそ答えがあるような気がしてなりません。 その1つとして、プラトニズムの身体性という背理が挙げられるかもしれません。
  • yui
    3.6
    8年前の作品にしてはAIが浸透してて今の視点で見ると現実味ある そんなことよりAIの声がスカヨハだったんですね
  • ばーでぃー
    3.9
    social acceptable insanity
her/世界でひとつの彼女
のレビュー(78118件)