映画ファンに人気の松田龍平出演作品まとめ!『探偵はBARにいる』『舟を編む』など10本

映画館に住みたい

ココネコ

松田龍平出演のおすすめ映画まとめ。『まほろ駅前多田便利軒』『探偵はBARにいる』『舟を編む』など10作品を紹介。

俳優・松田優作と、女優・松田美由紀の長男として生まれた松田龍平。弟の松田翔太も俳優として活躍。そのポーカーフェイスは凶悪にも優しさにも自在に変化して独特の存在感を醸し出し、日本を代表する俳優の一人として活躍している。そんな松田龍平が出演する映画のおすすめ映画10本をまとめてご紹介。

青い春』(2001)

青い春

漫画家・松本大洋の短編集を、のちの松田龍平の出演作『ナイン・ソウルズ』『泣き虫しょったんの奇跡』などの豊田利晃が監督・脚本を手掛け、実写映画化。4人の不良高校生の青春を描いた群像劇。

男子校・朝日高等学校の屋上。柵の上に立って手を叩く回数を競う“ベランダゲーム”に勝った者は学校を仕切るというならわしがあった。物静かな九條(松田龍平)が新記録を出すが、彼は学校を仕切ることなど興味がなかった……。

主演を務めた松田龍平は、クールな高校生・九條を演じた。一見物静かだが、内に何かを秘めているような危うさを感じる役どころを好演した。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

ナイン・ソウルズ』(2003)

ナイン・ソウルズ

豊田利晃が監督・脚本を手掛けた青春ロードムービー。『ポルノスター』『青い春』に続く青春三部作の完結編。

とある刑務所に服役する9人の男性たち。偶然見つけた抜け穴から脱獄に成功し、山中で車を奪い、大金が隠されているという小学校へと向かう。逃避行の中で、9人の間に絆が生まれるが……。

松田龍平が演じたのは、父親を殺害した金子未散。9人の服役囚の中では最年少という役どころを演じた。息子殺しの罪で服役する男性・長谷川(原田芳雄)との関係性にも注目したい。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

まほろ駅前多田便利軒』(2011)

まほろ駅前多田便利軒

三浦しをんの直木賞受賞作を、『セトウツミ』などの大森立嗣が監督・脚本を務め、実写映画化。便利屋の男性2人を取り巻く出来事を、ユーモアを交えながら描いたヒューマンドラマ。

東京郊外のまほろ市で便利屋を営む多田(永山瑛太(瑛太))のもとに、中学時代の同級生・行天(松田龍平)が転がり込む。クセだらけの顧客からの無理難題をどうにか解決していく2人だが、ある事件に巻き込まれ、自らの過去と向き合うことになる……。

松田龍平が演じたのは、風変わりで自分勝手な男性・行天春彦。ダブル主演の永山瑛太(瑛太)が演じる多田との奇妙なバディっぷりにも注目。13年には連続ドラマ化、14年には劇場版の続編が公開され人気シリーズとなった。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

探偵はBARにいる』(2011)

探偵はBARにいる

東直己の推理小説「ススキノ探偵シリーズ」を、TVドラマ「相棒」シリーズなどの橋本一監督・「コンフィデンスマンJP」シリーズなどの古沢良太脚本で実写映画化。私立探偵とその相棒が事件解決に奔走する、痛快探偵ムービー。

札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と、相棒兼運転手の高田(松田龍平)は、コンドウキョウコと名乗る女性からの依頼を受けて行動を開始する。簡単な依頼と思いきや、探偵は何者かに命を狙われ、事件に巻き込まれていく……。

松田龍平が演じるのは、大泉洋演じる探偵の相棒兼運転手・高田。熱いタイプの探偵と、ひょうひょうとした高田の奇妙なコンビから目が離せない。シリーズ化され、17年には第3弾が公開。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS