千葉ットマンに直撃!鳥肌モノの興奮『バットマン vs スーパーマン』の魅力とは?

Why So Serious ?

侍功夫

千葉ットマン……

装甲板が張り巡らされたイカすトライク型のバッドポット「千葉ットポッド」を駆り、街を行く。そう、彼は日本が誇る“闇の騎士”……

普段は取材を断ることも多いとウワサされる彼が『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のジャパンプレミア上映に参上するとの情報をキャッチしたFILMAGA編集部は、上映終了後、千葉ッサム・シティへ帰宅される直前の千葉ットマンさんに直撃取材を敢行!

本作の見どころや、新たなバットマンの魅力、またご自身の活動について語っていただきました!

ti01

ーあの…… ジャミングを外していただけますでしょうか?

画像加工をしなければ良い!

ーす、すみません!

ti02

プロテクト・アーマーの上からでもガッシリとした肉体であることが解る、映画に登場するバットマンに双肩する千葉ットマンさんの登場です。『ダークナイト』に登場したバットマンの様に、ボゴーダー越しのくぐもった低音ボイスを、生の地声で出し続けてお話いただけました!

千葉ットマン大興奮!バットマンとスーパーマンの激突!

ー『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』いかがでしたか?

もうサイコウです!期待していた以上のものを見せていただき、鳥肌モノの興奮でした! 英雄同士、正義が対立する構成も魅力的です!

ー新バットマンを演じたベン・アフレックは同じバットマンから見ていかがでしたでしょうか?

作り上げられた体格の良さ! 素晴らし過ぎます! 私も仕事で10キロのハンマーを振り回しているので、劇中のタイヤにハンマーを振り下ろすトレーニングの光景には感慨ありましたね。

ただ、スーパーマンとの戦いの場面では武器を使いすぎなんじゃないかなとは思いました(笑)。元々裸一貫での戦いというよりも、ガジェットを巧みに使って勝負するのがバットマンの魅力でもあるので……(笑)

執事アルフレッドのサポートありきのバットマンという部分もありますしね。その点で言えば今回のバット・モービルとバット・ウィングはサイコウでした。

ー『バットマン vs スーパーマン』で対決することとなったスーパーマンはどうでしたか?

スーパーマン……やはり強過ぎますね……

ー過去作含めて映画でのスーパーマンについてはどう思われますか?

『バットマン vs スーパーマン』のヘンリー・カヴィル/スーパーマンは素晴らしいですが、やはりクリストファー・リーブのスーパーマンのイメージは強いです……甲乙つけ難いですが、背の高さや肩幅の広さ、精悍な顔立ちのリーブ/スーパーマンのインパクトは良かったですね。

ー今回、スーパーマンとは対立することになりました。

スーパーマンはもしかしたら、自分の居場所やロイス、養母のマーサを守るためだけに戦っていて、そのかたわらでスーパーヒーローのような活動をしているのではないか?という思いがバットマンにあったのかもしれません。

その上、バットマン/ブルース・ウェインは自分の自社ビルを潰されて社員も殺されて、それでもなおスーパーマンには咎めも無くヒーロー気取りでいるのも気にくわないのかも、と感じました。

ー映画鑑賞中は、ずばりバットマンの味方ですか?

いや、そこは客観的に見ています(笑)。俯瞰で全体を見ていくことでどちらが正しいのか解りますからね。今回のバットマンは暴走気味なところもありましたが、それでも自分の信念を貫き通す姿には感動しました。

ー今回、スーパーマンとバットマンそれぞれの亡くなったお父さんが取り上げられています。

死因が自然災害か、人為的なものかで気持ちの整理の仕方も変わってくると思います。ただ、そういった違いを越えて互いに触れる部分もあったと思います。

ーワンダー・ウーマンの活躍はどうでしたか?

あのバトルアクションは凄かった。登場場面ではゾクゾク来ましたね。でも…やはり、ああいった強いお姉さんは怖いです(笑)。自分の意見が通らなくなる恐怖を感じます。近くに来られたらチョット警戒してしまうかもしれません(笑)。

千葉ットマン 誕生の裏にはスター・ウォーズ???

ti03

ー千葉ットマンさんのスタイルに影響を与えている「バットマン」は?

原作コミックよりも、実写で映像化された映画版……ティム・バートン版でマイケル・キートンの薄い唇を強調したバットマンも素晴らしいですし、ジョエル・シュマッカー版も良いですが、やはりクリストファー・ノーラン監督のバットマン。クリスチャン・ベールが演じた影のあるバットマンがサイコウです。

ーウワサによるとスター・ウォーズのストームトゥルーパーになったりもしているそうですが……

事実です。元々スター・ウォーズが大好きなんです。バットマンもそうですが、海外の映画のキャラクターになりきって、キャラクターと同じコスチュームを着ることで、どういう感情が自分の中から湧き上がるのか……そういう体験が楽しいのです。

ー映画がお好きな千葉ットマンさんのオールタイム・ベストの映画は?

モチロン『ダークナイト』です。快楽主義のジョーカーがいてストイックなバットマンが輝く……サイコウです。新作『スーサイド・スクワッド』にもジョーカーが登場しているようなので、ちょっといじめてやろうかなと(笑)。

ーおなじくDCコミックの映画化作『スーサイド・スクワッド』に新しいジョーカーが登場します。ライバルとしてどうですか?

やはり狂気じみたジョーカーはサマになるのでイイ感じですね。

ー歴代のジョーカーでは誰が好きですか?

もちろんヒース・レジャーの演じたジョーカーも好きですが、コミック的なキャラクターの再現度というところで「キマった!」という印象を持ったのはジャック・ニコルソン版です。

ー千葉ットマンになるきっかけを教えてください。

きっかけは東日本大震災です。暗い空気の立ち込める中で、少しでも多くの人を笑顔に出来ればと、震災の翌日からストームトルーパーの格好で出勤していました。当時、千葉ットポッドはまだ製作中でした。

ー千葉ットポッドはご自身で作られたんですか?

そうです。組み立てキットを購入して、自分で溶接なんかもして作りました。本作に登場する対スーパーマン用のバット・スーツも鉄板で作ってみようかと、思案中です(笑)。

いま装着しているバット・スーツは海外のオーダーメイドです。全身でだいたい20~30万円ほどですかね。安くはないですが、多くの人を笑顔に出来るならと覚悟を決めてやっています。

ーバットマンというキャラクターの魅力は?

自己満足で警備をしているところです(笑)。実は私財を投じて自分のやりたいことをやっているだけなのではないか?そんな若干心が病んでいるような(笑)。

そういう部分も含めて私の千葉ットマンとしての活動と重なるように思えて共感を持ちます。

編集後記

インタビューの間はもちろん、いらっしゃる前から、終了して颯爽と去っていくまで“闇の騎士”である毅然としたキャラクターを崩さず、インタビューに応じていただいた千葉ットマンさんからは、人気者になったのも納得の人柄の良さや誠実さが溢れ出ていました。

そんな千葉ットマンさんから最後に『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』をこれから見る人へ向けて一言お届けします。

ti04

「期待は裏切らない! 心して見ろ!」

(c) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』

2016年3月25日(金)3D/2D/IMAX 公開

配給:ワーナー・ブラザース映画

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Nana
    3.4
    題名からして興味が削がれる映画だったので絶対に自分から見る映画ではないけど、彼に勧められてマンオブスティールから鑑賞。結果、光と影が戦うこと、その意味、ヒーローであるということとか、スーパーマンとバットマンが協力して立ち向かうというところは納得。題名もっと違った方が興味がそそられるのではと思ったけど、私だけかな?ただ、最早人間じゃないスーパーマンとワンダーウーマンと一緒に戦ってるバットマンかっこよい。そのお金を駆使したメカニックと執事との連携プレー、かっこいいっす。でもやっぱりバットマンと執事と言ったら、あっちの映画の俳優さんたちなんだよな。スーパーマンは元からそんなに好きじゃなかったけど、最後のシーンは次を期待してしまう!てか、これだけ死なないのならマンオブスティールの惑星のみんなも生きてるのでは?笑
  • 譲二
    1.5
    最強宇宙人と街で有名な人間戦わせちゃダメだって
  • あたん
    3.2
    バットマンが小さくみえる。。
  • YYamada
    3.2
    【DCエクステンデッド・ユニバース】  ②バットマン vs スーパーマン   ジャスティスの誕生(2016) ◆登場ヒーロー スーパーマン、バットマン、 ワンダーウーマン、フラッシュ(カメオ)、 アクアマン(カメオ)、サイボーグ(カメオ) ◆ヴェラン:  古代クリプトン「ドゥームズデイ」 ◆ミッション: ・レックス・ルーサーの陰謀回避、 ・ドゥームズデイから地球防衛 〈見処〉 ①2大スーパーヒーロー、初の揃い踏み ・『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(原題:Batman v Superman: Dawn of Justice)は、2016年に製作された「DCエクステンデッド・ユニバース」第2作。 ・前作『マン・オブ・スティール』にてスーパーマンはゾッド将軍による地球侵略の危機を救ったが、大規模な市街戦にて保有するビルを破壊され、社員を失ったバットマンことブルース・ウェインは、スーパーマンを危険視し警戒する。そんな中、スーパーマンを「偽りの神」だとして陥れようとする者が現れはじめる。 ・その頃、武器商人レックス・コープの社長であるレックス・ルーサーJr.は、クリプトン人に対する「抑止力」になると主張し、ゾッド将軍の遺体と宇宙船の研究を行っていた。 ・人類に排除される姿勢を見せられるスーパーマンとに否定的な感情を持つバットマン。ふたつの強大な力に対して、策略を引くレックス・ルーサーJr.…。やがて強大な力が衝突していくことになる。 ・本作は、初めてDCコミックの2大ヒーローが揃い踏みし、実際に対峙するシーンを描く超大作。前作『マン・オブ・スティール』に続いてヘンリー・カビルが演じる「スーパーマン」に加え、もう一方のDCコミックの雄「バットマン」をベン・アフレックが演じることで、大きな賛否両論が巻き上がったことでも有名である。 ②「メタヒューマン」の登場。 ・作中でバットマンことブルース・ウェインがレックス・コープのコンピューターから盗み出したデータには、まだ見ぬ超人のプロファイル映像が格納されていた。 ・超高速で強盗を撃退するフラッシュ(バリー・アレン)、肺呼吸なく海底で暮らすアクアマン(アーサー・カリー)、瀕死の状態から機械の肉体を得て蘇生したサイボーグ(ヴィクター・ストーン)、そして、100年前の白黒写真に写るワンダー・ウーマン(ダイアナ・プリンス)…。 ・本作にて、後の『ジャスティス・リーグ』に繋がる超人的な能力を持つ「メタヒューマン」の存在が明らかになり、本作では、ワンダー・ウーマンによる戦いの勇姿を観ることが出来る。 ③結び…本作の見処は? マーベル映画の傑作『シビルウォー』に並ぶことが出来そうなテーマながら、ヒーロー映画史上、最も睡魔との戦いがツラい迷作だと思う。 ◎:『ワイルドスピード』シリーズの新鋭(当時)ガル・ガドット扮するワンダー・ウーマンことダイアナ・プリンスの登場シーンのみ、華やかさとユーモアがあり、本作唯一の清涼剤となっている。 ○: スーパーマンの圧倒的な能力に対して、神格化と破壊者の両面を描くストーリー展開により、現代風のリアリズムを支えている。市中の破壊場面は9.11を想起させ、一介のヒーロー映画とは言い切れない。 ○: 普通の人間であるバットマンが意外にもスーパーマンに善戦。『アベンジャーズ』で描かれた、アイアンマンvsマイティソーと同じ構図が楽しめる。 ▲: 世間に叩かれまくったベン・アフレックのバットマンは悪くなく、鋼のような彼の上半身に役者魂を感じることが出来る。しかしながら『ダークナイト』シリーズのバットマン=クリスチャン・ベイルの続投と世界観共有が見たかった。 ×: ジェシー・アイゼンバーグ扮するレックス・ルーサーJr.の行動原理は何なのか全く理解出来なかった。俳優としても、過去作品のジーンハックマンやケビンスペイシーの快演 には至っていない、ミスキャスティング。 ×: 前作以上にキャラクターインパクトの弱いヴェランのドゥームズデイ。 ×: 風呂敷を広げすぎた結果、前作を見ていないと全くついていけない。それでいて、中盤まで1.5倍速で観ても困らず、睡魔との戦いは尋常ではない。ラスト60分だけ見れば十分。
  • セガール
    3.3
    映画館で寝たくらい意味がちょっとよく分からんかった
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
のレビュー(42218件)