『スポットライト』だけじゃない!いつもキュートなレイチェル・マクアダムスに夢中!

映画と現実を行ったり来たり

ne22co

今年のアカデミー賞作品賞、脚本賞を受賞したスポットライト 世紀のスクープの公開がいよいよ目前に迫ってきましたね。

スポットライト

(C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

アメリカの「ボストングローブ紙」の<スポットライト>という特集記事を担当する記者たちが、神父による性的虐待と、カトリック教会がその事実を組織ぐるみで看過していたというスキャンダルを取材し記事として公表したという実際の出来事をモチーフに制作されています。

世の中の強大な権力に立ち向かった記者たちの姿を描いたこの作品、ポスタービジュアルでも目を引く、主要記者の中で唯一の女性記者を演じるのがレイチェル・マクアダムスです。

カトリック教会の善良性を信じる家族を持つ女性記者が、世間に真実を伝える記者としての自分と、カトリックを心の拠り所として生きてきた家族を持つ一市民としての自分との狭間で葛藤する女性記者を好演し、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされました。

4月15日の公開に合わせ、初来日も予定しているレイチェル・マクアダムスはファッションやヘアスタイルなどファッションアイコンとしても注目されており、これからの活躍にもますます期待が集まっている注目の女優です。

そんなレイチェル・マクアダムス、『スポットライト 世紀のスクープ』はもちろんですが、その他にも様々な話題作に出演しています。今回は『スポットライト〜』とはまた違ったレイチェル・マクアダムスの魅力を楽しみながら鑑賞できる筆者オススメ作品をご紹介します。

恋愛映画の名作『君に読む物語』

きみによむ

この作品は彼女がスクリーンデビューをして間もない2005年に公開されました。レイチェルは主役アリーに抜擢され、日本でも王道のラブストリーとしてファンが多い作品です。

このときレイチェルは27歳、自身とは身分の違う男性を家族の反対を押し切って一途に愛する記憶の中の女性を奥ゆかしくも力強く演じています。

彼女が着ている1940年代のファッションもとても素敵で、男性のみならず女性でも彼女の魅力にときめかずにはいられないはずです。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

深夜のパリで巻き起こる不思議な出会い『ミッドナイト・インパリ』

ミッドナイト

アカデミー賞で脚本賞を受賞した、2012年公開、巨匠ウディ・アレン脚本、監督作としては最大のヒットとなった作品です。

レイチェルは前途の誰もが恋してしまう女性とは反対な、夢見がちなフィアンセに対し、現実的で強気、わがままで自由なお嬢様気質の女性を見事に演じています。

レイチェルを含め、今旬の俳優が時代を創ってきた文化人や芸術家に扮しており、マリオン・コティヤール演じるピカソの愛人役アドリアナ、ダリ役にエイドリアン・ブロディフィッツジェラルド役にトム・ヒドルストン、さらには今をときめくレア・セドゥ!と豪華なキャスティングにも思わず笑みがこぼれてしまいます。

美しいパリの町並みとウディ・アレンならではの饒舌な会話術にも注目して観て下さい。

レイチェル・マクアダムスの魅力が炸裂!『アバウト・タイム 愛しい時間について』

アバウトタイム

(C)2013 UNIVERSAL STUDIOS

記憶にも新しい2014年公開、『ノッティングヒルの恋人』『ブリジットジョーンズの日記』や、『ラブ・アクチュアリー』など、恋する女性をチャーミングに描くリチャード・カーティス監督によるラブロマンス映画です。

タイムトラベルできる能力を持つドーナル・グリーソン演じるティムが恋に落ちるのが、レイチェル演じるメアリー

この映画はレイチェルの持つ魅力を全て濃縮して魅せているといっても過言ではないほど、彼女のかわいさを120%楽しめる作品です。

特に初めてティムと出会った前髪を切りすぎているシーンや、着ぐるみをきてふざけるシーン、メインビジュアルにもなっている結婚式でくしゃくしゃになって笑うシーンなど、とにかくレイチェルのプロモーションビデオを見ているかのような愛くるしく移り変わる豊かな表情にきゅんとくること間違い無し。

筆者はレイチェルのあまりのかわいさに公開期間中、劇場に4回足を運びました!

レイチェルの魅力はもちろん、それを引き立たせる色鮮やかでかわいい洋服、美しい景色と小物使い、音楽の挿入のされ方、少し風変わりな登場人物たちなど、観れば観るほど幸せな気持ちになれる作品です。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

最後に、レイチェルが出演している今後の公開作品としては、去年公開の『ナイトクローラー』での怪演が記憶に新しいジェイク・ギレンホールが主演のボクシング映画、『サウスポー』です。

サウスポー

Artwork(C) 2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

ジェイク演じるビリーが最も愛する妻の役をレイチェルが演じています。

チャンピオンボクサーの妻として夫を支える妻としての演技では彼女のどんな表情がみれるのでしょうか。

6月の公開がとても楽しみな作品です。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

レイチェル

いかがでしたか?

男性のみならず、女性をも魅了するレイチェル・マクアダムス。彼女の魅力的な演技、まだ未見の方はぜひスポットライト 世紀のスクープの公開に合わせてチェックしてみて下さいね。

 

※2022年6月21日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • たか
    5
    人を神格化するリスクです。今でもキリスト教のシステムは変わってないので、まだ児童虐待はなくなってないと想像します。人は組織を守る時に性悪説が、正しい教義を実践する時に性善説が優勢になる気がします。
  • えのきくん
    3.8
    駅のやっすいそば屋で泣きそうになりながら見たような記憶
  • クシーくん
    4
    叫びだしたくなるような醜悪さを敢えて前面に押し出さずに、淡々と事件を追っていくのが渋い。教会関係者を露悪的に描くでもなく、被害者の振り絞るような証言から暗闇に浮かび上がる背景画のようにその悍ましさ、痛ましさが見え隠れする。家庭環境が不和で、他に頼るものもない非力な子供が邪悪な罠に陥っていく様子が被害者を通して丁寧に語られていく。本来であれば弱い人々を救う筈の教会という互助的システムを悪用する神父がこれほど沢山いて、その犯罪を枢機卿が隠蔽するなら誰を頼れば良いのか。日本人で非信者の私よりも、アメリカ人にとっては教会が遥かに身近な存在だろうし、既知の事実とは言え本作はより強いショックをもって受け入れられたのではないかと思う。 事件もそうだが、一番恐ろしいのは虐待の件を知る弁護士や旧知の友人が何度となく無かった事にしようとすることだ。地域の絆でありその基盤を保つ教会を乱したくないという、その愚鈍なまでの閉鎖性、保守性が数限りない惨事を齎した。恐らくボストンだけではなく、その他の地域にも大勢いた、良心ある事なかれ主義者によって。コミュニティの分断を防ぐために子供達が犠牲になって良い筈がないのに。 主演俳優陣はいずれも好演だったが、特に弁護士を演じるスタンリー・トゥッチ今回も渋い良い演技だった。ちょっと変人だけど本件解決の決定打を鮮やかに導き出すスマートさに惚れる。 最後のテロップでボストン以外のアメリカ全土の都市どころか世界中の教会の名前が延々と連なり心肝寒からしむる。これすら氷山の一角に過ぎないという示唆も含めて。ゲーガン事件を隠蔽した枢機卿はバチカンに栄転という短いテロップが最後まで胸糞悪い余韻を残す。
  • くーた
    4
    ◼️概要 2015年のドラマ。01年、ボストン・グローブ紙の新編集局長マーティは特集記事欄スポットライト担当の調査報道チームに、カトリック教会神父による子どもの性的虐待を調査させる。記者たちは関係者から情報を収集するが、闇は想像を越える深さだった。 ◼️キャスト スポット班マイク:マーク・ラファロ、スポット班ロビー:マイケル・キートン、スポット班サシャ:レイチェル・マクアダムス、マーティ:リーヴ・シュレイバー、弁護士:スタンリー・トゥッチ ◼️メモ 第88回アカデミー賞作品賞、脚本賞受賞。03年にピューリッツァー賞を受賞したボストン・グローブ紙による、米カトリック教会聖職者らによる未成年の性的虐待スクープ報道をベースとしている。 世界各地の教会で虐待が明るみに出たのを受け、ローマ教皇は諮問委員会を設置、19年に通報制度の整備などを打ち出した。日本ではカトリック司教協議会が16件の被害申告があったと公表している。 ボストン・グローブ紙は米国で著名な新聞社の一つ。スポットライト班は米国の新聞社の調査報道班として最も長い歴史を持つとされる。同紙は一時、ニューヨーク・タイムズ社の子会社だったが、読者減少により13年、レッドソックスのオーナーに売却された。 編集局長マーティはマイアミへラルドなどを経てボストン・グローブへ。13年、編集予算などを巡り発行人と対立していた前任者に代わり、ワシントン・ポスト紙の編集主幹に就任、21年まで務めた。 ◼️感想 関連する人物がやや多く、日本人には馴染みが薄い教会がテーマなのでサクサクと理解はできない。でも面白い。社会派ドラマで淡々としているのに、畳み掛けるような展開で緊迫感もあり128分あっという間。物足りないぐらい。名優たちの演技も文句なし。 聖域である教会ぐるみの犯罪はまさに世紀のスクープ。上記メモのように日本も無縁ではなく、ボストン・グローブの報道がなければ今も隠蔽され、確実に被害が続いていた。
  • あかちき
    -
    記録
スポットライト 世紀のスクープ
のレビュー(50511件)