早くも辞めたくなった新社会人は必見『ズートピア』に学ぶ面倒な上司のタイプ別攻略法

映画は三度のメシの次に好き

もい

この春、就職活動を終えて新社会人としての生活をスタートさせた方、入社したばかりなのに、既に思い悩んでいたりしませんか?

先日も話題になりましたが、社会に出ると何かと思い通りにならないことも多々あります。そんな中「採用ミス」と罵られたり、「こんなこともできないのか」と呆れられてしまったり…。そんな風に言われたら働き始めたばかりなのに絶望的ですよね。

だからと言って諦めるのはちょっと待って! ちょっと思考を変えれば、乗り切れるかもしれません。なんと、そのヒントは4月23日公開の『ズートピア』の中にありました。

zootopia_60103

あらすじ

動物が人間のように暮らす大都会、ズートピア。誰もが夢を叶えられる人間も顔負けの超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れていた。立ち上がったのは、立派な警察官になることを夢見るウサギのジュディ。夢を忘れたサギ師のニックを相棒に、彼女は奇跡を起こすことができるのか…?

アナと雪の女王』『ベイマックス』のディズニーが“夢を信じる勇気”にエールを贈る、感動のファンタジー・アドベンチャー。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

会社という空間で共存していくために

zootopia_sub2

会社の中は、まるで『ズートピア』で描かれる世界のように、様々なタイプの動物=人間がいます。また限られた空間の中で、家族よりも長い時間一緒に過ごさなければなりません。そんな時、自分勝手な行動は必ず悪い結果をもたらします。まずは先輩方の振る舞いをよく見て、学ぶことが大切です。そして新しい環境に慣れましょう!

ウサギの”ジュディ”=頑張り屋だけど空回りに注意!

zootopia_sub1

あなたはやりたいことや新たな目標に向かって期待を膨らまして会社にやってきました。まるで『ズートピア』のジュディのように。しかしやりたいことが明確であればあるほど、先輩から頼まれる仕事に対して「やりたいことと違う」などと感じてしまうかもしれません。

また、一生懸命やっているつもりなのに、上司が求めていることとはかけ離れてしまい空回りしてしまうことも。まずは先輩方の話を聞いてみましょう。頼まれた仕事はどんな雑用であっても、必ず後にその経験があなたを助けてくれることでしょう。ジュディはどんな情報も聞き逃さないようにニンジン型のレコーダーを持ち歩いていますが、いつでもメモが取れるようにしておくことも大事ですよ!

キツネ”ニック”=口のうまい先輩の前では愚痴は禁物!

zootopia_main

会社の中のことなら何でも知っている! そんな情報通のニックのような先輩。生きていくために嘘をつくことも。そんな先輩の話を聞いて情報を得るのは良いですが、一緒になって噂話や愚痴などを言うのはNG。彼らは自分の立場が危うくなった時に、あなたに責任を押し付けるかもしれません。口がうまく陽気で、一緒にいると楽しく感じるでしょう。すると思わず気を許してしまうことも。仲良くするのは良いですが、どんな時も他人の悪口を言うことは、命取りになりますよ!

水牛の”ボゴ”=怖~い上司には実績で勝負!

入社したばかりで分からないことだらけ! そんなあなたをズートピア警察署長のボゴのように「どうせ◯◯しかできないだろう…」と決めつけてくる上司もいます。頼りなく思われていて、すごく悔しいですよね。

でも、確かにあなたはまだ見習いのようなもの。そこはまず、上司がどこまでの仕事を自分に求めて期待しているのか考えてみましょう。それがとても低かったとしても、全く落ち込むことはありません。つまりそれ以上の結果と実績を残せば良いのです。上司は残念ながら一日中あなたを見ていられません。過程よりも結果で判断されがちです。焦らず一つ一つこなして、効率とスピード感を養い、上司にアピールできる実績を確実に作っていきましょう。

ナマケモノの”フラッシュ”=マイペースな同僚は味方につけよう

会社での仕事は一人で出来るものではありません。他部署の方とコミュニケーションを取りながら進めていきます。何よりもチームワークが重要です。

そんな中で、常にマイペースに仕事をしているズートピア免許センターのフラッシュのような人もたくさんいます。急ぎの仕事なのに、何度聞いても依頼した資料が出てこない…。今日中とお願いしても、定時過ぎたら帰ってしまう…。

それでもイライラして高圧的になってしまってはいけません。そのような方こそ、この先もあなたを何かと助けてくれる可能性があるからです。この場合は、自分からの接し方を変えてみるのが効果的です。

何かお願いをする際は、できるだけスケジュールに余裕を持って相談し、それでも期限に間に合わないなど支障が出そうであれば、上司や先輩にも相談してみましょう。味方につけると、自分の依頼を優先してくれることもあるので、焦らず敬意を持って話しかけるのがベスト。ニックのように、楽しい会話やジョークで話しかけるのもいいかもしれません! ウケればの話ですが…。

新社会人の皆さんへ

このように、映画『ズートピア』は動物のサイズ感や特性などをリアルに描いた作品でありながら、誰もが共感できるように人間社会をも再現しています。この映画を観れば、今感じている悩みも前向きに捉えることができるかもしれません。

そして何年後には、下積み経験は全て自分の夢を叶えるための時間であったと感じるはずです。また、人は見た目で判断できないこともこの映画は教えてくれます。なぜ詐欺師のような振る舞いをしているのか? とても優しく温厚そうに見えて実は? など…見た目だけでなく、物事の本質を見れるように、ぜひ『ズートピア』を観て参考にしてみて下さい。

『ズートピア』公式サイト

(C)2016 Disney. All Rights Reserved. 4月23日(土)全国ロードショー

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2022年11月29日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • tomoya
    4.3
    過去鑑賞 Singをレビューしたので、動物繋がりで笑 この作品もすごい面白い そしてどっちかといえば吹き替え版の方が好きな今作 上戸彩さんがすごい合ってる😌 話題性のために吹き替えに俳優さんがあてられて目も当てられなくなることが最近多々ありますが、Disney作品にはあまりそれが無い 俳優さんが担当しても何の違和感も無いし上手 Disneyのキャスティングする方がすごいと思う👏 アイスクリーム屋さんのくだりのジュディがめっちゃかわいい😹 ストーリーもしっかりと作られている。 Disneyっぽさは全開だけど、このネバーギブアップ精神を色んな設定に落としこむのがほんとに上手😌 ちゃんと感動するし😭 そして忘れてはいけない人種差別と偏見の問題 すごいセンシティブな話題を動物を使ってポップに、実写以上に問題をえぐるのもさすが たしかに肉食と草食って白人と黒人の構図と昔は同じだったんだもんね、、、 昔と今が変わったかといわれると微妙なんだろうけど、、、 目の付け所がすごい👏 みんな違ってみんないい 言うのは簡単だけどなかなか大変だよね ユートピアってほんとそういうところまで完成されたところ いつかは出来たりするのかなー🤔 ニックみたいな相棒いいよなー だるいなーと言いつつ色々協力してくれる感じ笑 1人ああいう友だちが欲しいです笑 ちょっと挫折した時とか、ちょっと落ち込んだ時とか、ちょっと○○な時に見たい映画です😌 それがシャキーラのTry Everythingに表れてるのかな あの曲めっちゃ好き! 今日から沖縄出張です 映画は見れませんがそれ以上に楽しみです😹 なんかおすすめの居酒屋とかあれば教えてください笑
  • hara
    4
    ニックイケメンすぎる、 ズートピアプラスも伏線回収めっちゃしてて面白かった!!🫧
  • nana
    5
    中学生くらいのころ観たけれど再視聴。かわいい!楽しい!大切なことを言ってる!という印象はそのままに、もっとその言葉を肌に感じられたなぁ。 タイトルの出し方こんな風だったっけ!笑 ストーリーが本当に巧みで、普通に面白くてテーマについても考えさせるのすごすぎる。これは人種でも性別でも生まれでも、もしかしたらそれらが全て同じ人達同士でも起こることなんだよね。誰ひとりとして同じ人はいないんだけど……意地悪だった人物や犯罪に走った副市長までもが差別に苦しんで自信を失った一人だったことで、より一層そう感じた。特に日本は無意識のうちに根付いてるものが多いと思うから本当に気をつけたい。警察署の椅子がもともと全部大きかったりとかね。 両親は「失敗させたくない」の一心なんだろうけど私の周りにも既視感があって解像度に唸ったなぁ。 ジュディもニックも正しい視点を持っている。そのはずなのに、ジュディが少しの歪でニックを傷つけてしまうのが印象的。キツネよけも捨てられない。現実は難しいよね。 ジュディはもちろんだけどニックのキャラが良すぎる。きっと諦めて上手く生きてる人の方が大人には多いよね。 意地悪だった幼なじみの「自分に自信がなくて」という言葉が印象的だった。誰かのせいにしてちゃダメ。自分を知り、自分を変えることからはじまるというメッセージが響いた。 アニメーションとしても最高!電車のシーンは止めてくれって思ったけどw 主題歌も大好き!ガゼルの話し声と英語の歌声が違いすぎるのはちょっと笑っちゃった。言葉じりも差があると思うし、英語版も見てみようかな! チャプターをみて。ナマケモノはどうやって電車降りるんだ、と思ったけどそうか車社会なのかな?てか免許センターは適職じゃ無さすぎるw
  • chiharu
    3.7
    可愛かった! 動物の個性を生かしたお話で、多様性が認められる世の中素敵だなぁって思った☺️ ほっこりな気持ちで終わることも出来て満足! みんな変わっていく姿が素敵だったな 歌も有名なものばっかりで一緒に歌って楽しかった!
  • Ren
    5
    完璧な映画。少なくとも21世紀のディズニーアニメーション史上最高傑作、CGアニメーションのマスターピース。世界中で大ヒットするのは当然。 人種差別のドラマと本格ノワールが、ゆるふわ萌え系バディムービーの皮を被って襲いかかる。 キャラクターデザイン(ケモナーの方曰く動物キャラが靴を履いていないのが良いらしい)と、動物たちがスクリーンを縦横無尽に動き回るアニメーション表現が至高。後にも先にもこれを越えるアニマルアクションは無い。 感想の第一声は「多様性社会における差別意識を動物のメタファーを利用して可視化した....」ではなく「ジュディ可愛い〜ニックかっこいい〜グッズ欲しい〜」が正しい。その上で、そうやって外見のジャッジをその人自身の評価とイコールにしていいのか?を考えるべき映画。 他者をステレオタイプに当て嵌めて知った気になることの暴力性を炙り出す、差別と偏見の映画。ディズニーが実写でやれるわけがないエグすぎる話を、実写以上に鋭く抉る。先入観や偏見を匂わせる展開が1分に一回ある。 差別する側とされる側、という安易な二元論に逃げていない点が誠実で素晴らしい。主人公のジュディはウサギ&新人&女性の三重の偏見で他者から見られるけれど、彼女は彼女で不用意に肉食動物やキツネをステレオタイプで括った発言をしてしまう。今回改めて観て、差別をやめよう!という一方通行の話ではなく、あなたも差別をしてしまうかもね(だから相手に歩み寄ろうね)と警鐘を鳴らす映画だと思ったし、誰に感情移入しながら観ていてもそこにハッと気づかされる映画だった。 それだけに、本来持ち合わせた個性を尊いものとして描くことを決して忘れない。ニックの狡賢さとジュディの生真面目さが事件を好転させる場面がそれぞれ数回ずつある。 ↑....という部分で語られすぎた映画だけど、それ以前にジャンル映画として出色の完成度なので未見の人にはシンプル面白映画として観てほしい。脚本が巧すぎる。気の遠くなる推敲とトライ&エラーの果て。連続失踪事件の真相に迫るバディものかつタイムリミットものであり本格ノワール、自分は『L.A.コンフィデンシャル』を想起したけど、参考作品は無限にありそう。 中盤に『ゴッドファーザー』を完コピしたシークエンスがあって、骨太なサスペンスを作ろうとする覚悟が感じられた。 その他、 ○ やっていることは『第9地区』にかなり近い。アパルトヘイト政策をエビ宇宙人のメタファーを用いて表現したSFの傑作だけど、こちらでも主人公の差別する/される関係が目まぐるしく変わる。 ○ 序盤のニックの詐欺シークエンスだけで先入観の危険性の話が5個くらい入ってる。情報の圧縮が凄すぎて意味が分からない。ここで提示された「ニックはズルいキツネ、ジュディはコロっと騙される間抜けなウサギ」が最後の台詞に効いてくる。 ○ 『シュガー・ラッシュ』以降 数作に渡ってディズニー作品のお決まりになった「意外な黒幕」展開は、今作が最もハマっている。先入観とズレがテーマの話なので、「お前だったんかい」に単なるミステリ的な驚き以上の意味がある。 ○ こと伏線回収の鮮やかさで言えば、ディズニー作品は『シュガー・ラッシュ』と今作が二強。パズルのような論理構成でこれらより優れた作品は多分無い。
ズートピア
のレビュー(215075件)