【追悼】全てが早すぎた戦慄の貴公子プリンスの『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』

Why So Serious ?

侍功夫

プリンスが逝去されました。

4月21日、ミネアポリスの自宅兼スタジオ「ペイズリー・パーク」で、享年57歳の早すぎる逝去です。

1978年にアルバム『For You』(「キミのために」ですよ!)でデビュー、ファースト・シングル曲「Soft & Wet」(「柔らかくて濡れてる」ですよ!)から一貫して濃厚なセックスと背徳的なパーティを匂わせるイメージを貫き、エンターテイメント業界のトップに君臨し続けた“殿下”の死を悼み、多くのファンや著名人たちが追悼を表明しています。

プリンスと「映画」

プリンスと「映画」といえば、世界的な大ヒットを記録し、アカデミー賞主題歌賞をも受賞したプリンス/パープル・レインが有名でしょう。ミネアポリスのライブハウスを舞台に、ナンバー1の座を争うバンド合戦や、恋のさや当てが描かれます。

p02

本作でプリンスが演じる「キッド」はプリンス本人のイメージや、実際の生い立ちがキャラクター設定に反映されています。この手のアーティスト映画にはエルビス・プレスリーのさまよう青春ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!といった「ポップ・ソング・ミュージカル映画」の秀作が過去にはありましたが、『プリンス/パープル・レイン』の成功によりジャンル自体が復興することとなりました。

本作の後に作られたマイケル・ジャクソンのムーン・ウォーカーや、ランDMCのクラッシュ・グルーヴなどは『パープル・レイン』の影響で生まれたと言っても過言では無いでしょう。また『パープル・レイン』をほとんど丸ごとパクったヴァニラ・アイスのクール・アズ・アイスといったエピゴーネンまで生み出しています。

p03

主人公「キッド」のその後を描いた正式な続編プリンス/グラフィティ・ブリッジも作られましたが、日本では最近まで公開どころかソフト・リリースもされないままでした。ようやくリリースされたソフトを見て納得の、ほとんどシュールの粋にまで到達してしまった物語と、「何故これを放っておいた!?」と思わざるを得ないプリンスや“プリンス・ファミリー”の見事なステージが収められています。

p04

また、ティム・バートン監督バットマンでは、楽曲提供を依頼された勢いでサイコウにノリの良いパーティ・アルバムを丸ごと1枚作ってしまうという、気まぐれな天才気質を見せてくれました。

そんなプリンスのフィルモグラフィの中でも、彼にとって運命めいたものを感じる作品があります。主演2作目で初の監督作品でもあるプリンス/アンダー・ザ・チェリー・ムーンです。

プリンス初の映画監督作品

p01

高級リゾート地、ニース。ハイソな人々が集う高級バーのピアノ弾きクリストファー・トレイシー(プリンス)は名うてのジゴロとして、今日も今日とて甘い言葉と仔犬のような上目使いで有閑マダムを手玉に取って金をせしめています。

そんな中、大富豪アイザック・シャロンの一人娘マリーが21歳の誕生日に5,000万ドルの遺産を相続するというニュースが流れます。おぼこい世間知らずの娘を騙して金をせしめるべく、クリストファーと相棒のトリッキー(ザ・タイムのジェローム・ベントン)は猛アタックを開始するのですが、跳ねっ返り娘に手を焼いて上手くはいかず。あの手この手をしかけていくうちに、本気の恋心が芽生えてしまい……

という、ハーレクイン・ロマンスもかくやという甘々な物語です。出演者たちは1920年代っぽい衣装(プリンスのステージ衣装のような服)を纏い、それに合わせた古臭い大仰な演技をしています。映画自体もモノクロ映画として仕上げてられ、あえてクラッシーなムードで構成されていますが、劇中で披露されるミュージカル・ナンバーはプリンスによるミネアポリス・ファンクのポップ・ソングです。

そんなプリンスのこだわりが前面に押し出された『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』は当時の観客に受け入れられず、公開年のゴールデン・ラジー賞を独占する不名誉な記録を残してしまいます。

早過ぎたメロドラマ・トリビュート

ラジー賞なんてのは昔からセンスの無いいじめ集団でしかないので無視するとしても、『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』が当時の観客に受け入れられなかったことは理解出来ます。

公開された1986年前後は、まだレーガン大統領就任中の「レーガノミクス」真っ只中です。映画ではロッキーが崩壊前のソビエト連邦に出向いてアポロ・クリードの仇をうつロッキー4/炎の友情や、シュワルツェネガーがたった一人で軍隊をぶっ潰していたコマンドーが公開された時代です。

そんな時勢を鑑みれば、高級リゾート地を舞台にジゴロが恋の駆け引きをする古臭いモノクロ映画が冷遇されてしまうのは仕方が無かったのでしょう。しかし、今。改めて見返すことで、当時はまだ理解できなかった情景が、ありありと立ち上がってきます。

古色蒼然とした物語のクセにやけにポップな曲で構成されたミュージカル映画で、細部まで統一された人工的な世界観を貫いた作品といえば、バズ・ラーマンロミオ+ジュリエットムーラン・ルージュで確立したスタイルです。

また、撮影監督にライナー・ヴェルナー・ファスビンダーと組んで多くの傑作を残したミヒャエル・バルハウスを起用したことから見えてくるのは、トッド・ヘインズエデンより彼方にキャロルで見せた、あえて俳優に古い演技スタイルを踏襲させたり、舞台とした時代の映画と同じフィルムを使用するなどの、偏執的に構築されたフェティッシュなメロドラマのスタイルです。

つまり、プリンスは30年も前に、“今”の最先端の映画を作っていたのです。

4月に降る、季節外れの雪のように……

前記した通り、『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』はプリンスにとって「運命めいた」作品になっています。

※以下、映画のラストシーンについて書いています。未見、もしくは再見して甘いロマンスを味わうつもりの方は見てから以降をお読みください。

本作は主人公クリストファーの“上客”ウェリントン夫人による、こんなモノローグから始まります。

「むかし、むかし。フランスにクリストファー・トレイシーという悪ガキがいました。(中略)世界の全ての女性のために生き、一人の女性のために死にました。愛の本当の意味を知ったために……」

このオープニングのモノローグ通り、本作のラストでクリストファーは、マリーの横暴な父親の指揮で警官隊に撃ち殺されてしまいます。愛する人の亡骸を抱き茫然自失とするマリーのバックに、クリストファーの死を悼む相棒トリッキー視点の、こんな歌詞のバラード曲が流れます。

トレイシーは長い“内輪揉め”の後で死んでしまった。ボクが彼の涙を拭いたすぐ後に。

生きてた頃より幸せになっただろう。 生き残った愚かな者たちよりも。

サビに入る前に、トリッキーと彼の恋人がマリーからのクリストファーを懐かしむ手紙を読んでいる場面に変わり、映画が終わります。この曲のタイトルが「 Sometimes It Snows in April季節はずれの4月の雪)」です。映画劇中では流れないサビの部分ではこんな歌詞が歌われています。

4月に雪が降ることもある。 ひどく辛い気持ちになることも。

人生がいつまでも続くと感じることもある。 でも、いつかは終わってしまうんだ。

楽しい時は必ず終わる。愛を、失ってから愛だと気付くように。

まるで4月21日に、あっけなく、前触れもなく、死んでしまったプリンス自身を著しているように思えます。プリンスは30年前に今の流行りのスタイルで映画を作ってしまったように、自身の最期も知ってしまったのではないでしょうか?

最後にプリンスが生前に一番使い、また一番かけられた言葉で本項を終わります。

I LOVE YOU, Mr.PRINCE

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 2500
    -
    きっと愛のあるラズベリー賞 号砲Kissからの濃厚キッス
  • 5
    少女漫画力が高すぎてひれ伏すしかない。良い音楽、キラキラしたもの、パールに弱いのでクラクラした。夜中の3時ぐらいに見るべき。 後部座席&サングラスのシーンなど色々唐突すぎるがエロス&魅力ってそういうことなんですね、、、!と納得させられちゃうのですごい。 けっこう激しいキスシーンを見て、おおばやしみゆき『モンスターキャンディー』(ちゃお)とか新條まゆとかを小学生の時に読んでドキドキした記憶が蘇った
  • タツキ
    -
    すっとこ映画だけど、ぶっちゃけ『パープルレイン』よりも面白いよ。一つもまともなシーンが出てこなかったり、そもそもモノクロ選択から間違えているあたり。最高。
  • 砂場
    4
    神曲under the cherry moonで始まりMountainsで終わるこの映画、天才が作った自分用のメロドラマだ! ーーーあらすじーーー ピアノ弾きのクリストファー(プリンス)はジゴロで知られている。 富裕層の夫人を誘惑する。 クリストファーは友達のトリッキー(ジェローム・ベントン)と住んでいるけど家賃を滞納中。 新聞で大富豪の娘マリー(クリスティン・スコット・トーマス)が遺産相続したと知る。遺産狙いで近づく計画を立てる二人。 マリーの誕生パーティー、風呂上がりにバスタオル姿で現れ颯爽とドラムを演奏する。マリーは会場のクリストファーと目が合う、、彼は誰?、、、 デッキでダンスをしながらの会話、君を月に連れて行くと甘い言葉をかける。 マリーの父はクリストファーの相手ウエリントン夫人と浮気をしていた。 厳格な父はマリーを支配し、金持ちのジョナサンとの結婚を決めていた。 タキシードのプリンス、パーティーで歌い踊るが、マリーの父激怒、SPがラジカセをぶっ壊す。 クリストファーは電話ボックスからマリー父に電話をし、それは俺の女だと夫人のことを告げ、さらに娘にキスしてやったぞと挑発する。 激怒する父。一方でマリーが好きだったトリッキーはクリストファーを裏切り者と罵り喧嘩。 トリッキーはクリストファーの遺産狙いをマリーにバラしてしまう、マリーはショックを受け嘘つき!と叫び自宅に戻る。マリーは母に私は21年間親の言いなりだった、財産目当てで好きでもない男と結婚はできないと反発し、NYに行くことに。 夫人を通じてクリストファーに10万ドルの手切れ金の小切手が渡されるが、「ファ、ユー」と書きなぐり返却する。夫人はマリーが今夜NYに行くと教えるとクリストファーは車で空港に乗り付け、マリーをのせ逃げる。 <以下ネタバレあり> 追手が沿岸の隠れ家に迫る。モーターボートで逃げるクリストファーだがマリーの目の前で撃たれる、楽しかった、、、息絶える。 トリッキーはロールスロイスに乗っている、不動産のオーナーになっている。マリーからトリッキーに手紙がきた、、今でも彼だけよ、、とあった ーーーあらすじ終わりーーー 世間的にはかなり評価の低い一品(というか観られてもいない)なんだけど、結構王道の古典的メロドラマで悪くないと思う。 映画の絵としての骨格もベテランの撮影ミヒャエル・バルハウスが支えておりしっかりしている。ただプリンスが自分用のメロドラマを撮った感じなので合わない人は合わないと思う。本人は普通のメロドラマのつもりが世間的にには歪んで見えてしまう。 ミヒャエル・バルハウスが撮影を多く務めたライナー・ヴェルナー・ファスビンダーがメロドラマの王道を撮っているのに世間的には歪んで見えてしまうのと似ている。 僕的にはかなり好きなアルバム「Parade」の曲が流れるというだけで満足してしまうので評価にバイアスがかかってるかもしれないけど。 アナログレコードで持ってるそのアルバムのモノクロのジャケ写が美しく、そのイメージのままこの映画もモノクロである。 このジャケットのイメージと I'll die in your arms under the cherry moonとか Maybe I'll die young like heroes という歌詞世界を映画にしたのが本作だろう。ただ名曲のunder the cherry moonがイントロだけで歌がなかったのが残念ではあるが、、、 cherry moonとは何か?よく知らないんだけど、 ふと思いついたのが坂口安吾の名作「桜の森の満開の下」、この英語版は 「In the Forest, Under Cherries in Full Bloom」 というタイトルであり、自分の中では呼応するものがある。「桜の森の満開の下」では桜の下の男女の愛と死、そして虚空に消えていってしまう存在、、みたいな話でありこれも一種の奇妙なメロドラマと言える。 あまり人にお勧めできる映画ではないけど、自分の中では大切な一本だ
  • XXXXX
    3.6
    あのプリンスが監督主演したカルト作品! 有閑マダムを誘惑し、金をせびりジゴロとして生活するピアノ弾きのクリストファー。そんな所に大富豪の娘が遺産を相続するというハナシを聞き、娘を騙して大金をせしめようとしたところ、娘に本気の恋をしてしまう...。 公開当時、アメリカのラズベリー賞を総ナメにした位に評判の悪い作品だけど、なかなか面白いガーエー。 プリンスの事は、恥ずかしながらあまり知らなかったんだけど、プリンスのミュージカルシーンなんかもあって華やかな作品に仕上がっていて、全編モノクロでクラシックなサイレント映画を思わせる演出になっています。 何となく『ムーラン・ルージュ』を思わせる作風で、やっぱり当時にしては斬新すぎて、観客も評論家も置いてきぼりになってしまったが故に、全く評価されなかった哀しい作品です。 製作当時の1986年と言うと、『エイリアン2』や『グーニーズ』の様なとにかくキャッチーな超大作しか受けなかったせいか、今作の不遇な扱いは残念。 全編ビザールなテイストで、これぞ正にカルト映画!と言える作品です! とりあえず自分はプリンスをyoutubeでディグるところから始めます...。
プリンス/アンダー・ザ・チェリー・ムーン
のレビュー(94件)