映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ&キャスト一覧!見どころ、時系列順だと何番目?気になるポイントを解説!

movies for life

フウナ

ルーカスフィルムが製作するSF超大作「スター・ウォーズ」シリーズ1作目となる映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ&キャスト、見どころを紹介。

遠い昔、はるか彼方の銀河系で……。という言葉で幕を開ける「スター・ウォーズ」は、宇宙の平和を望む者と、支配しようとする者との戦いを描く作品。シリーズ映画として「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」に次ぐ世界歴代2位の興行収入を持つ。「スター・ウォーズ」シリーズの記念すべき第1弾となる本作は、ジョージ・ルーカスが監督・脚本を担当し、SFのみならず映画界に大きな影響を与えることとなった。

本記事は『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ&キャスト、見どころをご紹介します。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)あらすじ

スターウォーズ4

ダース・ベイダー(デビッド・プラウズ)率いる帝国の支配下にある銀河系で、反乱軍が帝国の究極兵器デス・スターの設計図を盗み出すことに成功。帝国軍の攻撃を受けた反乱軍の指導者レイア姫(キャリー・フィッシャー)は、ドロイドのR2-D2に設計図とメッセージを託し、帝国軍に捕まってしまう。

砂の惑星タトゥイーンに不時着したR2-D2とその相棒C-3POは農場で暮らす青年ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)と出会い危機を知らせる。帝国軍に捕われたレイア姫を救うため、密かにルークを見守っていたジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス)、ならず者のハン・ソロ(ハリソン・フォード)とチューバッカを仲間にし、ルークは反乱軍の戦いに参加することを決意する。

Rakuten TVで観る【登録無料】

 

キャスト&スタッフ紹介

ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル

ハン・ソロ:ハリソン・フォード

レイア・オーガナ:キャリー・フィッシャー

グランド・モフ・ウィルハフ・ターキン:ピーター・カッシング

ベン・ケノービ(オビ=ワン・ケノービ):アレック・ギネス

C-3PO:アンソニー・ダニエルズ

R2-D2:ケニー・ベイカー

チューバッカ:ピーター・メイヒュー

ダース・ベイダー:デビッド・プラウズ

監督:ジョージ・ルーカス

脚本:ジョージ・ルーカス

製作:ゲイリー・カーツ

製作総指揮:ジョージ・ルーカス

撮影監督:ギルバート・テイラー

音楽:ジョン・ウィリアムズ

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の見どころ&注目すべき点

“フォース”の力

「スター・ウォーズ」の世界で最も重要な要素である“フォース”。“フォース”とは銀河のあらゆる事物に宿るエネルギーで、未来を予知したり、モノを動かしたり、相手の思考を読み取るなど、さまざまなことを可能にする超能力的なパワーの源である。本作でルークが、戦闘機での初陣にもかかわらず、小さな穴にミサイルを命中させることができたのも“フォース”の力だ。エピソード5、エピソード6ではルークが“フォース”の力を覚醒させ、成長していく模様が描かれる。

オビ=ワン・ケノービとの出会い

ルークと同じタトゥイーンに住む謎の老人ベン・ケノービ。実はジェダイの生き残りである最強の戦士オビ=ワン・ケノービであり、彼との出会いがルークの運命を大きく変えることになった。オビ=ワンとの出会いにより、自分が何者であるかを知ったルークは、父親と同じ銀河の平和を守る騎士ジェダイになることを決意する。“フォース”や“ライトセーバー”の使い方を教わるルークにとってオビ=ワンは師であり、ルークをジェダイに導く重要な存在なのだ。

「スター・ウォーズ」シリーズの構成

全9部作で構成されている「スター・ウォーズ」シリーズ。本作はルーク・スカイウォーカーを主人公とする旧3部作にして「スター・ウォーズ」の原点となる作品だ。この旧3部作の前日譚に当たるのが、新3部作アナキン・スカイウォーカーを主人公とするシリーズで、本作に登場したオビ=ワンの過去を知ることができる。旧3部作の後日譚となる続3部作からはニューヒロイン・レイを主人公とするシリーズとなる。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS