サメ映画の新たな傑作誕生?『ロスト・バケーション』の見るべき5つのポイント

映画と本とコーヒーと。

藤ノゾミ

今年の夏の映画の本命はゴジラで決まり! と思いきや、パニック映画の本場アメリカからダークホースなサメ映画が届きました。美女サーファーとホオジロザメが対決する、現在公開中のロスト・バケーションです。

ロスト・バケーション

ビーチまで200メートルの浅瀬というワンシチュエーションで登場人物はほぼ一人。86分とコンパクトながら見応えたっぷりで、じわじわ話題を呼んでいます。

怪獣の大きさも破壊する範囲も超ド級な『シン・ゴジラ』がマキシマムなパニック映画とすれば、こちらはミニマムなパニック映画。スピルバーグの『JAWS/ジョーズ』から連綿と続くサメ映画に新たな傑作誕生!……かもしれません。

『ロスト・バケーション』〇〇すぎる5つのポイント

では『ロスト・バケーション』はどんなストーリーなのか。普段ならしっかり紹介するところですが、ザ・シンプルなこの映画、長々とした説明はいりません。

穴場のビーチにやってきた医学生のナンシー。サーフィンを楽しんでいたところ、巨大なホオジロザメが出現! なんとか岩場に逃れるものの、そこも満潮になれば沈んでしまう。さあ、どうする!?

……以上! もうこれだけの予備知識で映画館に行っても大丈夫です!

シンプルすぎるシチュエーション

ですが、せっかくなのでもう少し見どころを紹介しましょう(笑)。

原題の「The Shallows(=浅瀬)」が示すように、86分の上映時間のほとんどが海辺のシーンで、サメに襲われてからの主人公の行動範囲はほぼ岩場の周辺のみ。この舞台設定の潔さには清々しささえ感じます。

しかし、足元が狭く不安定な岩場ゆえに、ナンシーの不安はひとしおです。知る人ぞ知るビーチだから観光客が来ることもなく、助けを呼ぶための携帯電話は砂浜にある。岸まで約200メートルという距離は近いようで実際は遠く、声は届きそうで届かず、人喰いサメのいる海にぽつんとたった一人で取り残される恐怖と絶望が際立ちます

2

たくましすぎるヒロインはデッドプールの奥様

ナンシーを演じるのは、テレビドラマ「ゴシップガール」の主演で有名になったブレイク・ライヴリー。夫は『デッドプール』のライアン・レイノルズで、2014年12月には第1子を出産しましたが、一児の母であることを感じさせない引き締まったボディはさすがです。

時には1日最大12時間も水に浸かって撮影することもあったそうで、そのタフさは、サメに噛まれた太腿の傷をピアスとネックレスを使って麻酔なしで縫合するナンシーのたくましさにも負けません。劇中でナンシーが流す鼻血もメイクではなく、撮影中にブイで顔を強打して出たリアルなものだったとか……。

とは言え、ゴツゴツした岩で脚を強打するわ、サンゴで擦りむくわ、クラゲに刺されるわ、終盤に近付くほどナンシーの身体はアザだらけになっていき、「痛い痛い痛い!」と思わず目をつぶってしまうシーンも数知れず。

1

満身創痍の彼女が丸々と太った巨大なサメとどう戦うのか。そもそも武器ひとつ持たずにサメを倒せるのか? 最後までハラハラさせるその展開は、『ラン・オールナイト』や『フライト・ゲーム』といったアクションスリラーを手がけたジャウマ・コレット=セラ監督の真骨頂と言えるでしょう。

助演賞モノのカモメの演技がすごすぎる

人間の登場人物はほぼナンシーだけですが、この映画には重要な役割を果たすキャラクターが“1羽”います。羽根をケガして同じ岩場に避難してきたカモメです。

真っ暗な夜の海を一人で過ごすことになるナンシーにとって、そばにいてくれるこのカモメが心の支え。話しかけたり、脱臼を治してやったり、2人は奇妙な友情をはぐくみます。

不安そうにナンシーを見る顔つきや、ちょこちょこ動いてナンシーに寄り添う動作など、絶対にCGだろうと思うこのカモメが実は本物! ナンシーとともに、可愛いカモメが助かるかどうかも気になります。

美しすぎる世界遺産のビーチ

設定の上ではメキシコの秘境となっているビーチは、実際にはオーストラリア・シドニーから東600キロに浮かぶロード・ハウ島で撮影されました。

世界遺産に登録されているこの島で本格的な撮影が行われるのは初めてで、白い砂浜や透きとおる浅瀬……手つかずの自然は息をのむ美しさです。

ナンシーがサーフボードに座ってサーファー2人と話をするシーンでは俳優たちが流されてしまわないよう、ボート9隻と70人のスタッフ、ダイバー総出で撮影するなど、文字通り波に翻弄されながらの撮影だったそうですが、苦心の甲斐あってその映像の美くしさは抜群です。

特に、軽快な音楽にあわせ、波しぶきがはじけるサーフィンシーンは必見! もちろん『ジョーズ』以来定番の、泳ぐ人の足元を水中から撮るサメ目線のショットもちらちら出てきて、紙一重のところにある恐怖も感じさせてくれます。

ロード・ハウ島出典 : https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Lord_Howe_Island_from_North.jpg?uselang=ja

生意気すぎるナンシーの成長

せっかくビーチまで送ってくれた地元の青年を無視してスマホばかり見ていたり、サーフィンをドタキャンした友達に「予定を狂わされるのは嫌い!」と悪態をついたり、最初はなんだか偉そうでイヤな感じの印象のナンシー。

かたくなな態度の裏には母を病気で亡くした心の傷があり、実はナンシーは母の面影を求めて、大学の医学部を逃げ出し、母が若い頃に旅したビーチにやってきたのです。

自分の殻に閉じこもったナンシーは、サメとのサバイバルを通じてどう変わっていくのでしょうか。彼女が最後まで無事かどうかは伏せますが、ナンシー曰く「妊婦が寝そべっている姿」に見えるビーチ沖の小島は重要なメタファー。サメと戦うハラハラドキドキ感にプラスして、ナンシーの成長と再生にもぜひ注目してみてください!

上野でサメ展やってます

余談ながら、この夏さらにサメの魅力を堪能したい方のためにプチ情報。

現在、上野公園の国立科学博物館では「海のハンター展」を開催中で、全長3.2メートルのオスのホオジロザメの全身標本を展示しています。他にもシャチやイッカクの全身骨格、一千万年前に繁栄した全長10メートルを超える古代サメの復元模型などがズラリ。

ナンシーの味わった恐怖、大海原のハンターたちの迫力を体感するのにおススメです!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • それゆけタコワサ太郎
    3.5
    怖いよりも見てて痛い。 人間もカモメもサメもみんな痛そう
  • tomoooh
    3.5
    サメ系サバイバル映画。ほぼワンシチュエーション。これで90分持たせるとかなかなかやるな あらすじ。医学生ナンシーは、メキシコの秘密のビーチでサーフィンを楽しんでいたが、突然サメに襲われ、岩礁に孤立してしまう。どーしよーシャーァァァークッ!……という。 サメ映画というと「ジョーズ」や「ディープブルー」とかの化け物を描いちゃうけど、このサメはそこそこ自然のサメ。サメとの遭遇もクジラを仕留めたところにたまたま出会ってしまったというなんとなくリアルに感じるもの。 その分、この絶体絶命の状況に集中して見られるというのもある。 まぁ…中盤からラストにかけてはちょっと凶暴になりすぎやん?と思うけど…他の映画に比べたら、許せる範囲かな笑 サメパニック、極限サバイバル、家族愛…この辺のどっかに触れたらご鑑賞を‼️ ※実話という噂もありましたが、完全なるフィクションです
  • notebook
    3.7
    亡き母が教えてくれた秘密のビーチ。医学生のナンシーは休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。彼女の最高の休暇は、一匹の巨大な人喰いザメによって、一転して恐怖に支配される。脚を負傷し、大量に出血しながらも、近くの孤立した岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込まれる…。 86分間中、ほとんど女優ブレイク・ライブリーとサメ(とカモメ)だけ。 いかにも低予算の少数キャストによるワンシチュエーションものだが、なかなか真剣につくられたサバイバルスリラー。 美人でスタイルも良いナンシーは序盤から死亡フラグが立っているので、単なるホラーヒロインですぐ死ぬのか?と思いきや、医学生の知識でサメに噛まれた怪我を治療し、しぶとく生き残っていく。 前半の見所は、美しい海と美しいブレイク・ライブリーのプロポーション。 しかし中盤から恐怖を煽る描写の連続。 海岸まで僅か200m、しかし海の中には獰猛な人食いサメ。 サメに怪我を負わされ、出血と体力の消耗が激しい。 スマホもなく、食料もない。助けは誰も来ない 満潮になると沈む岩礁の上にただ一人でタイムリミットが迫る…と緊張の連続。 美しい女性がボロボロになるのは、ひたすら痛々しくて可哀想だが、物語は面白い。 そう思った人は、私と同じで、自分の中にSの気があることに気付くだろう。 結末は、どうやって生き延びるのだろうか?と色んな方法を考えていたが、サメを倒すという、まさかの展開に。 しかし、絶望的状況にあって、パニックにならず、彼女の冷静な判断と能力が、結果的に自分自身を救ったのは拍手もの。 サバイバルで一番大事なのは、道具などではなく、諦めない心なのだと教えてくれる教訓が良い。 サメがいかにも安っぽいCGなのがただ一つ残念な所。 名作「ジョーズ」のサメロボットの実在感と比べると足元にも及ばない。 しかし、変わり種のB級サメ映画が乱立するなかで登場した「真面目なサメ映画」だ。
  • Bosch
    3
    前半は美しい海を背景としたブレイク・ライブリーのPVのような出来。 そこから一転してサメに襲われだすとひたすら痛々しいヒロインを熱演。鬼気迫るメイクもあってサメとの攻防戦は緊張感と迫力がある。 時間も90分を切る程度なのでさほどストーリーに起伏がなくても退屈しないし、セラ監督の演出は様々なカメラアングルを多用してテンポが良いので最後まで飽きさせない。
  • ポピー
    3.8
    痛怖い。 舞台の半径200~300mくらいでこの濃度、主演の美しさと演技力の賜物ですね。知恵と勇気で最悪の状況を突破していく様は素直にとても惹かれました。カモメも頑張った! しかし「ロスト・バケーション」。わざわざB級サメ映画っぽいタイトルにしなくても…めっちゃダサい…
ロスト・バケーション
のレビュー(22827件)