映画『すばらしき世界』あらすじ&キャスト・見どころ【鬼才・西川美和×主演・役所広司 現代の生きづらい社会を描いた問題作!】

鬼才・西川美和監督が、殺人犯を描いたノンフィクションを原案に映画化。主演に役所広司、共演に仲野太賀、長澤まさみをはじめ一流キャストが集結。「生きづらい社会」に捧げる問題作『すばらしき世界』のあらすじ&キャスト、見どころをまとめてチェック。

『永い言い訳』『ゆれる』『ディア・ドクター』など国内外で高い評価を受ける西川美和監督が、直木賞作家・佐木隆三のノンフィクション小説「身分帳」を時代設定を現代に置き換え映画化。『三度目の殺人』『渇き。』など狂気を孕んだ演技は一級品の役所広司が本作でも魅せる。出演には仲野太賀、長澤まさみ、六角精児をはじめ演技力に定評があるキャストが集結。生きづらい社会の中で、一度レールを外れても懸命にやり直そうとする実在の男と、彼を追う若きテレビマンのカメラを通して「社会」と「人間」の“今”をえぐる問題作『すばらしき世界』が2021年2月11日公開決定。

映画『すばらしき世界』(2021)あらすじ

下町の片隅で暮らす三上(役所広司)は、見た目は強面でカッと頭に血がのぼりやすいが、まっすぐで優しく、困っている人を放っておけない男。しかし彼は、人生の大半を刑務所で過ごしてきた元殺人犯だった。社会のレールから外れながらも、何とかまっとうに生きようと悪戦苦闘する三上に、若手テレビマンの津乃田(仲野太賀)と吉澤(長澤まさみ)が番組のネタにしようとすり寄ってくる。やがて三上の壮絶な過去と現在の姿を追ううちに、津乃田は思いもよらないものを目撃していく……。

映画『すばらしき世界』キャスト

三上正夫/役所広司

人生の大半を刑務所で過ごした元殺人犯。

津乃田龍太郎/仲野太賀(太賀)

TVディレクター。

吉澤遥/長澤まさみ

TVプロデューサー。

松本良介/六角精児

スーパーの店長。

井口久俊/北村有起哉

ケースワーカー。

下稲葉明雅/白竜

下稲葉組の組長。

下稲葉マス子/キムラ緑子

下稲葉の妻。

西尾久美子/安田成美 

三上の前妻。

庄司勉/橋爪功

弁護士で、三上の身元引受人。

庄司敦子/梶芽衣子

勉の妻。

映画『すばらしき世界』見どころ

本作の見どころは、人間の内面を鋭く描いてきた鬼才・西川美和が初の原作ものに挑戦したことだろう。原案である「身分帳」は1990年に発表と少し古い作品。しかし本作を現代流にアレンジしたことで、今を生きる人々に刺さる内容になっている。原案はノンフィクションで、「人生の大半を刑務所で過ごした」という衝撃的な設定の主人公・三上は実在する人物がモデルになっている。そのため闇の切り取り方には、とにかくリアリティがある。

殺人犯を他人事と思わせないで、自分たちの内面を見ていると感じさせる力は、西川監督だからこそ成せる技だ。なお文筆家としても定評がある西川監督は、本作を製作する過程を記したエッセイ本も発売されており、こちらも要チェック。

また三上を追うTVディレクターとプロデューサーを演じた仲野太賀と長澤まさみの演技も見どころ。仲野太賀は『生きちゃった』『泣く子はいねぇが』など近年目覚ましい活躍をしている。長澤まさみは『コンフィデンスマンJP プリンセス編』でコミカルな演技を披露しつつ、『MOTHER マザー』では毒親にも演じるなど、大女優として活躍の幅を広げている。そんな両者にとって、本作は新たな代表作と呼べるのではないだろうか。

本作は、「生きづらさ」や「普通とは何か」など今日的なテーマを、アウトサイダーの視点から真正面に取り扱ってる。しかしただ生きづらさを描くのではなく、人間なら誰もが持っているユーモアやあたたかさも感じさせ、鑑賞後はまさにこの世は「すばらしき世界」と感じるに違いない。2021年必見の一作。

映画『すばらしき世界』作品情報

2021年2月11日(木・祝)全国公開
脚本・監督:西川美和 原案:佐木隆三著「身分帳」(講談社文庫刊)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
オフィシャルサイト:http://subarashikisekai-movie.jp
オフィシャルTwitter:
https://twitter.com/subarashiki2021

※2021年2月10日時点の情報です。