映画「ザ・ファブル」シリーズ一覧!最新作『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』までのあらすじ&キャスト・見どころを紹介

映画館に住みたい

ココネコ

岡田准一主演『ザ・ファブル』(2019)、『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(2021)のあらすじやキャスト、見どころを合わせてご紹介。1年間殺しの稼業を封印し、一般人として生活することになった凄腕の殺し屋が、誰も殺さずに巨悪との戦いに挑む。岡田准一が繰り広げるアクションに注目。

南勝久による同名コミックを実写映画化した「ザ・ファブル」シリーズ。殺しを封印し、一般人のふりをして暮らすことになった凄腕の殺し屋“ファブル”に、様々な事件が降りかかる。果たしてファブルは、誰も殺すことなくミッションを解決できるのか? 本格アクションと痛快コメディ、熱い人間ドラマが詰まった「ザ・ファブル」シリーズのあらすじやキャスト、見どころをまとめてご紹介!

ザ・ファブル』(2019)

伝説の殺し屋として恐れられる男・“ファブル”(岡田准一)は、狙った相手は6秒で仕留めるという凄腕の殺し屋。ある日、殺しのすべてを教わったボス(佐藤浩市)から、1年間殺しを封印して普通の人間として暮らすよう命じられる。1人でも殺せば処分されるという条件のもと、“佐藤アキラ”という偽名を与えられ、相棒のヨウコ(木村文乃)は妹という設定で、大阪で暮らし始めることに。初めての一般社会に悪戦苦闘する中、ミサキ(山本美月)との出会いがきっかけでアルバイト先も決まる。しかし、この出会いがきっかけである事件に巻き込まれていく。アキラは、誰も殺さずにミッションを解決することはできるのか。

「ザ・ファブル」シリーズ第1作目。映像ディレクターとして活躍し、『劇場版めんたいぴりり』などを手掛けた江口カンが監督を務める。脚本は「GANTZ」シリーズなどの渡辺雄介が担当。岡田准一を主演に迎え、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理といった豪華若手俳優のほか、佐藤浩市、安田顕、光石研、佐藤二朗といったベテラン陣まで豪華顔ぶれがそろう。岡田准一が繰り出すキレのある本格的なアクションは、本作最大の見どころ。さらに、一般人としての常識が欠落しているアキラのとぼけた言動や、佐藤二朗らがみせるコミカルな掛け合いも見逃せない。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(2021)

殺し屋稼業休業中のファブルは、一般人・佐藤アキラとして生活すべく奮闘中。アルバイト先のデザイン会社で、社長の田高田(佐藤二朗)と社員のミサキとともに平和な日々を過ごしていた。しかし、アキラが暮らすこの街は一見平和に見えるものの、裏では若者から金を巻き上げ殺害している危険な男・宇津帆(堤真一)が暗躍していた。かつてファブルに弟を殺された宇津帆は、凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)とともに、ファブルへの復讐を果たすべく画策していた。一方アキラは、4年前にファブルが救えなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と再会。やがてそれが大騒動へと発展する……。

「ザ・ファブル」シリーズ第2作目。監督は前作に引き続き江口カンが務める。岡田准一、木村文乃、山本美月ら前作からのメインキャストに加え、堤真一、平手友梨奈、安藤政信らが新たに出演。岡田准一は前作と同様にほとんどのアクションシーンを自ら演じ、さらに共演者のアクションの指導や考案も行った。江口監督が「前作を遥かに超える今までにないアクション映画」と評する本作に注目が集まる。2021年6月18日公開予定。

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

※本記事で紹介する映画は国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。
※2021年2月6日時点の情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS