隠された広告はサブリミナルからプロダクト・プレイスメントへ!『プッシーキャッツ』

Why So Serious ?

侍功夫

title02

映画上映中に「コカコーラを飲め」「ポップコーンを食べろ」という文字を、目立たない様に二重映写し、無意識にうったえかけて売上を伸ばした、とされるサブリミナル広告。日本のテレビでは禁止されている手法ですが、実は効果はそれほど見込めないという研究結果もあります。あたりまえですが商品を無意識にうったえるより、意識的に見せる方が効率は良いのです。

しかし「無意識のうちに人を操る」という、ある種のロマンは創作意欲を掻き立てるらしく「サブリミナル」をテーマにした作品は多く存在します。

実写版『ドラドラ子猫とチャカチャカ娘』

プッシーキャット

『プッシーキャッツ』は、『チキチキマシーン猛レース』など多くの傑作アニメを生んだハンナ・バーベラ・プロダクション製作のアニメ『ドラドラ子猫とチャカチャカ娘』の実写版映画です。

演奏する場所にも事欠くアマチュアの3ピースガールズバンド「プッシーキャッツ」に、超メジャーな音楽会社プロデューサーからCDデビューを持ちかけられます。もちろん快諾し、晴れてデビューをするのですが、CDには超強力なサブリミナル広告が隠されていました。それを知った彼女たちのキャイキャイと可愛らしい奮闘がコミカルに描かれます。

1970年代のアニメを元にしているだけあってポップで鮮やかな映画になっていますが、カラフルさの要因のほとんどは画面を埋め尽くすロゴ、いわゆるコーポレーション・アイデンティティ(CI)です。レコードストアや街に立つ巨大ビルボードなど、背景にはかなり意識的に会社ロゴが映り込んでいます。映画のテーマと呼応した、見事な画面構成になっています。

映画に溢れる広告

本作ではかなり意識的に会社ロゴが画面に取り入れられていますが、多くの映画では強く意識させない広告があふれています。登場人物の服や飲み物のCIを“見える”ように配置する「プロダクト・プレイスメント」と言われる手法です。

映画に登場するパソコンはたいがいMacですが、ソニー・ピクチャーズが製作する映画では必ず「VAIO」です。『トランスフォーマー/ロストエイジ』は中国パソコン「レノボ」を始め、ファッションから牛乳まで中国ブランド商品に溢れていました。さほど効果の無いオカルト的なサブリミナル広告は、より現実的な広告手法プロダクト・プレイスメントへ姿を変えたのです。

『トップ・ガン』を見た当時、MA-1を買った私はそう思うのでした……

公式トレイラー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • johngoodman0210
    2.8
    こん時のレイチェル可愛いよね 当時の一緒にアパートで見た彼女も確か可愛かったな。 名前も覚えてないけど。 ブリブリで見た事は間違いないな。 そんな映画さ
  • 牛丼食べたい
    4.2
    2022.8.15.DVD 再再 レイチェル・リー・クックがキュートっす。 無名のガールズバンドがトップアーティストに。 その裏には誰も気付かない声が。 その声に皆操られてるとも知らずに。 サブリミナル
  • ほっとびすけっと
    4
    当時大好きだった映画。曲が可愛い
  • KKMX
    3.6
     2020年初頭から起きた新型コロナウィルスのパンデミックにより、多くのミュージシャンが命を落としました。個人的に残念だったのは、パワーポップバンド『ファウンテインズ・オブ・ウェイン』のアダム・シュレシンジャーの逝去でした。めちゃくちゃ好きなバンドではないのですが、妙に聴きたくなる瞬間のあるバンドで、どことなくグッと来ていたミュージシャンでした。チープトリックやレッドクロス等パワーポップは結構好きなので、パワーポップの要人が亡くなってしまったのは悲しいです。  で、アダム追悼の記事か何かで本作の曲を書いていたことを知り、サントラ聴いたらめちゃツボだったため、せっかくだから鑑賞しました。DVDは1円で購入。そういうガーエーです。  田舎の3ピースガールズバンド『プッシーキャッツ』はひょんなことからビッグレーベルのマネージャーにフックアップされて、あれよあれよという間にスターになりました。しかし、レーベル運営陣はある陰謀を仕組んでいた…という、ティーン向けのドタバタコメディです。  もうちょい青春モノっぽいのかなぁと思いましたが、だいぶコメディです。元々、ハンナ・バーベラの古典アニメが原作なので、カートゥンなノリが随所に見られました。『チキチキマシン猛レース』とかに近いです。  とはいえ、業界の『自分たちが流行をコントロールしてバンバン搾取しよう』という姿勢をモロに皮肉った設定は、ガキっぽいながらもそれなりの説得力は感じました。こういうノリは、YouTube全盛の現在はだいぶ廃れたように思います。現在の方が健全!  キャラクターはギターボーカルのジョシーよりも、ドラムのメルが面白かったです。とにかくアホで細かいボケを丁寧にキメてくれるので好感を持ちました。元々ベジタリアンなのにすぐに洗脳されてマック好きになり、シャワールームにマックのロゴを貼りまくるとか。  あと、飛行機事故に遭うボーイズグループのネタも笑った。彼らは生きていたんですけど、落ちたところがメタリカのライブ会場!当然ボーイズグループなので「ダーイ!ダーイ!」とクリーピングデスコールするメタルヘッズにアイアンフィストでボコられます。彼らがフィンランドのヴァイキング・メタルとかだったらその場でダブルヘッダーになってのに残念!しかし、リーダー格は『エンターサンドマン』の歌詞を覚えていたので軽症で済んだという…まぁ、サンドマンのサビの歌詞簡単ですからね。千代田生命に行こう!ちなみにジェイムズはボーイズグループ嫌いそうだけど、ラーズとカーク大先生はたぶん好きだぞ。メタルヘッズよそんなにボーイズグループを嫌わんでもよかろうに。とりあえずスレイヤーのライブじゃなくて良かったな!  さて、アダムが書いた曲『Pretend To Be Nice』はプッシーキャッツの1stシングルとして本編で使用されます。キャッチーでいいですね!サビメロに泣きが入るので(3度メジャー)、歌謡曲っぽさもある。パワーポップ最高! 【Josie and the Pussycats / Pretend To Be Nice】 https://youtu.be/r23UjcdkdwM
  • KIN
    3.8
    うーん、いまひとつだったかな…! レイチェルリークックは可愛いし、アランカミングは美しい!
プッシーキャッツ
のレビュー(325件)