『きっと、うまくいく』スタッフが宗教戦争の原因を暴く『P.K.』

Why So Serious ?

侍功夫

title02

インド映画のニュース映像で、ラジニ・カーントなど映画スターの巨大な人型看板に牛乳をかける光景をよく見ます。シバ神が乗る神聖な動物である牛から取れる牛乳は、神からの恵みでありヒンドゥー教徒にとって特別な意味のある飲み物なのです。

しかし、だからといって。看板に牛乳をかけるというのはどういった発想なのだろうか?

「神の沈黙」をコメディに!?

pk

参照:http://en.wikipedia.org/wiki/PK_(film)

『P.K.』は日本でも大ヒットを記録したインド映画『きっと、うまくいく』監督のラージクマール・ヒラーニと、主演のアーミル・カーンのペアが再び組んだ新作です。

砂漠のド真ん中、全裸でたたずむ謎の男P.K.(アーミル・カーン)は、偶然居合わせたコソ泥に唯一の持ち物で命の次に大事なペンダントを奪われてしまいます。コソ泥を追って街まで出て、行方を聞いてまわっても帰ってくる答えは一様に「神様にお祈りするしかないねえ」という慰めの言葉です。

それを真に受けたP.K.はヒンドゥー、イスラム、キリストとあらゆる宗教に入信します。様々な儀式や修行を積んでペンダントの行方を尋ねるが、もちろんどの“神様”からも返事はありません。その姿をテレビ番組で取り上げようと画策するリポーターのジャッグーは行き場の無いP.K.を自宅に居候させます。

そんな奇妙な共同生活の中、かかってきた間違い電話に対するジャッグーのぞんざいな対応を見て、P.K.は奇妙な考えに取りつかれます。

「私や、他のあらゆる宗教信者から、それぞれの神への祈りは、この間違い電話のように全然関係の無い別の誰かに届いているのではないか? その誰かは、あまりに多く間違い電話がかかってくるので適当なウソをついているのではないか? 看板に牛乳をかけろとか?」

映画『P.K.』は宗教における大問題「神の沈黙」を描いています。しかも抱腹絶倒のコメディとしてです。

人殺しを是とする宗教は無い

インドには生活と密接に関わる戒律のある宗教信者が多くいます。さらに、隣にはイスラム教国があり、十数年前までは度々紛争もありました。国内でも宗教対立が暴動にまで発展したことが度々あります。

彼ら信者は諍いを起こそうと思って信心を持つワケではありません。殺人を是とする宗教は寡黙にして知りません。しかし、それでも諍いは起きます。しかも「神の意志」だとまことしやかに叫びながら。

でも、その「神の意思」って「間違い電話」と同じじゃないの? 本作はそう問いながら、実は「神の意思」を自分勝手にねつ造する人間を追及します。

『P.K.』は、宗教紛争が激化する現代の世界で生きる全ての人にとって、新しい福音となりえる、真に「カルト映画」と言える作品です。

公式トレイラー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • fujimura
    4.6
    😁😆😄 😉👍️✨ 前半はちょっと長い~感じですが、急に面白くなる😁 最後はちょっと泣ける🥲 かなりお薦め🥰
  • エスカリボルグ
    4.5
    『きっとうまくいく』で見覚えのある人がいっぱいてびっくり ウイルス学長は超いいやつだし、あのお父さんはまたいいとこ全部持ってくのね
  • Alohagirl
    4.8
    ボリウッド映画は裏切らない。 面白さの中に社会の様々な問題が組み込まれてて笑える場面もあるのにしっかり考えさせられる部分もある。更に色んな“愛”にもし触れていて完璧すぎる。
  • kojikoji
    4
    2014年 インド 監督:ラージクマーニ・ヒラニ 2022.09.30視聴-442 評価4.0 ●アーミル・カーン(PK) ●アヌーシュカ・シャルマ(ジャグー) ● スシャント・シン・ラージプート(サルパァラーズ)    フォロイーさんのボリウッド映画企画のフィナーレとなったこの作品、レビューに刺激されて観ることにした。  最初の1時間は変な映画だと思いながら観てた。アーミル・カーンがずっと目を見開いているのに疲れるし、止めようかと何度か思ったが、ここまできたからには最後までと思い直して観た。  こんな時は決まっていい映画にあたる。  案の定、だんだん面白くなって、最後はちょっと涙も出た。  宗教が主題ということになるのかもしれないが、そんなに理屈っぽい話でない。それだけに宗教の根本的なところまでズシンと考えさせられる。想像もしないところから攻められた感じだ。  ボリウッド映画、恐るべし。   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  地球の調査を目的としてやってきた宇宙人PK(いつの間やらそんな名前をつけられるー訳のわからないこと言うから「酔っ払い」と思われたのでしょう。PK=酔っ払い)は、宇宙船を呼ぶためのリモコンを盗まれてしまう。なんでも願い事を叶えてくれる神様の存在に注目した彼は、本当の神様を探し続けるが、女性テレビジャーナリストジャグーに出会い、地球における宗教の信条や迷信に関して疑問を投げかけることになる。    宗教問題を中心に据えながら、コメディやラブストーリーの要素をたっぷり織り込んで差別や偏見など世界中で巻き起こっている社会問題に切り込んでいる。  正直、インド映画でこんなに宗教批判しても大丈夫なのかと思った。無宗教と言われる日本ですら、今、統一教会の矛盾で大騒ぎしているぐらいなのに、インドでこの映画が提示した宗教の矛盾に答えられるような普及をしているのだろうか?  お決まりの主人公PKとジャクー二人の踊り、ボリウッド映画の見せ場だが、絶妙のシーンで見せてくれる。ジャグーがすごく可愛く踊ってまいってしまった。さすがインド映画、ツボを知ってる。  フォロイーさんのボリウッド映画13本の後追いをしたくなった。  
  • matchypotter
    4.6
    《ボリウッドの映画》、Vol.13。 当企画、フィナーレ。 しっかり、ガッツリ、サッと思いつく限りの、観てみたかったインド映画を観れた。とても楽しかった。 これも始める前から最後はコレだと決めてて、最後に観れた。 そして、得体の知れないまったく根拠のない謎の期待だけしてほぼ何の映画だか知らないままこれを観て、この企画最高のインド映画に出会う。 これ最後に選んで良かった。自分のチョイスを褒めたい。すごく面白かった。これはまた観たい。 この出会いも“神様のイタズラ”か、“かけ間違い”か。 何か不思議で、温かくて、ホッコリして、ユーモアに溢れて、笑えて、本当の奇跡とは何かを少しだけ見せてくれてるような、違うような、素敵な物語。 人が信じる“神”や“宗教”、これを絶対的な客観性を持って、その全てを紐解いてしまうように斬新で、捉え方によってはかなりセンセーショナルな映画。 ほぼほぼ前情報なしで観たのでこの冒頭のシーンとアーミルカーンの“素性”、いきなり度肝を抜かれる、、、SF要素なのか、と。 言葉も文化も習慣も何もかも、何も知らない無垢でゼロベースの彼が、“故郷”に帰る術を奪われ、それを取り戻すために、イチから学ぶ、、、地球のことを。 “pk”、酔っ払いという意味だった。 とんでもなく純粋で、目の前の出来事全てが理解できず、いわゆる“常識”“風習”“価値観”が通用しない。 だから、周りからすれば恐るべき発想の持ち主。 それらからすれば途方もないすっとんきょうなことを問いかけてくるもんだから頭のおかしい酔っ払いかと思われ、皆に呼ばれ始める、“pk”。 帰る手段が見つからず、誰に聞いても皆が言う。 「神に聞けば教えてくれる」と。 だから、“何も知らない”彼は、本当に“どこかにいて話を聞いて願いを叶えてくれる”らしい神を探す。 何者だか知らないが神なる者を探しあて問えば、失われたものが返ってくると信じて。 しかし、探せば探すほど彼は混乱の極みへ。 神なる者は“宗教”なる会社に属し、その会社に属す信者に“唯一の神”と崇められる存在だが、その会社は多数あり神も多数、神を信じる方法も違う、、、。 神にお願いするには像を買う?像の大きさで金額違う?なぜ?その金額と機能の差は?は? こっちでは牛を崇め奉れ、こっちでは殺して捧げ、、、は? こっちでは神とワインを飲む、こっちでは禁酒、、、は? それでもやれるだけの“宗教”で信仰トライし、全ての方法で神に問いかける。しかし、神からの“答え”はない。 この際どの神でも良いから、教えてくれ、返してくれよ、と。 方法が違うのか、自分の話が届く神は別にいて自分が頼むべき神を間違えてるのか、とにかく人がそれぞれ信じる八百万の神に翻弄される。 そんな彼が奔走しながら人間の信仰心にメスを入れ、一向に進展しない自分の探し物に途方に暮れながら、彼の言動が結果的に人の信仰心や奇蹟というものを再認識する。 恐ろしく客観的でお構いなしの正論でブッ刺してくる。 本当に見た目も中身も“裸一貫”でやってきて、奔走しながら皆に大事なことを気付かせてくれる“pk”。誰が神だか観てるこっちも翻弄される。 宗教という概念や信仰をものすごくユーモアに富んだ視点でその“違い”を描き、人がなぜそこに想いをぶつけるのかを写し出す。 少なくとも彼は“神”には会ってないが、他の人も同様だとしてなぜそこまで信仰するのか、、、そして、結局、その願いは神に届いているのか。 この辺を絶妙に揶揄しながら肯定している。 “代理人”による“かけ間違い”、この発想は天才的と言って良い。このアイデアでこの映画が何倍も面白いことになってる。 信仰というものの無意味さ危うさと価値や素晴らしさを表裏一体で描く。 目に見えないけど多くの人が確実にそうだと信じてやまないモノに対して一石投じながら、多くの人が共感できるテーマ。 全否定しているようで、どの宗派でも共通して共感を呼ぶような。 これまたインドに閉じずに世界レベルで観られて欲しい作品。 これまたここまでと違う短髪タイプのインド美女にも出会えるし、いつもの元気ももらえる“ボリウッド”ありで、かなりの高次元で出来上がってる、仕上がってる映画。 インド映画13本連続で観て思ったのは、話の流れで最初と違う別の相手に恋焦がれたり、その相手に元々思い人や“過去に未練”がある場合、、、成就しない、略奪しない、勢いで後ろめたいことしない。 というか、それを良しとしない、それがハッピーかは別問題であるルール、があることを発見。 これも宗教や国の文化や風習的が関係している気がする。 来月公開の『RRR』楽しみ。 これで仕上がりました、「最高の準備」。 F:1855 M:21670
PK
のレビュー(21681件)