700人の映画愛を世界に発信!東京タワーをバックに映画を楽しむ特別な野外上映会!

人との出会いに日々感謝(ライター・編集)

大久保渉

1

「東京タワーをバックに映画鑑賞」
「そしてみなさんの“映画愛”を世界に向けて発信します!」

10/16(日)の夕方から港区芝公園で開催された、第29回東京国際映画祭【野外上映企画】Tower Light Cinema~映画の話をしにきませんか?~。

気温も暖かく心地よい気候に恵まれた、最高の野外イベント日和となったその日は、若い年齢層を中心に、家族連れやふと立ち寄った通行人たちを含めた、約700名の人々が会場に集まった。

本イベントの目的は、【公園に集まった見知らぬ来場者たちが“野外上映”を通して“好きな映画”を語り合えるような温かい場所作り】。そのプロデュースを担った“旅する映画館”キノ・イグルーによる演出が、多くの来場者たちの笑顔を生み出していた。

好きな映画を語り合う!「シネマプレート」と「お題のフラッグ」

3

17時半からはじまる上映までの間は、【自分の好きな映画3本】をシネマプレートに記入し、プロフィール代わりに首にかけ、参加者みんながそれぞれ好きな映画への思いを語り合うという時間が設けられた。

4

また、会場の中にはキノ・イグルーのボランティアスタッフによる「お題フラッグ」隊も結成され、【泣ける映画】【今年のベスト映画】【好きな監督】【ジブリ】【冬が楽しくなる映画】の5つの項目が書かれた旗が立てられ、来場者は興味のある項目のもとへ集まり、好きな映画について話しに華を咲かせるひとときが各所で生み出されていた。

5

“映画愛”をくすぐる上映作品

6

この日上映された作品は、ミシェル・ゴンドリー監督による『僕らのミライへ逆回転』。

キノ・イグルー代表の有坂塁氏は、本作品についてイベントの中で以下のコメントを残している。

この映画はコメディ映画ではありますが、【映画】というものを通して人々が繋がっていくという意味で、私たちの時代の『ニュー・シネマ・パラダイス』と言える作品です。まずは、皆さんの中にある“映画愛”のように、その“映画愛”で作られたこの作品を皆で鑑賞できればと思います。

東京タワーのライトと月の光が醸し出す特別な映画体験

7

その日の会場は、まんまるお月さまと東京タワー、街のネオンの光が観客たちを優しく包み込み、ふと一瞬、映画の中の1シーンと観客席一帯がつながったような気分になった。

それは、光に照らされながら、スクリーンの中で笑い合う登場人物達と、芝生の上に座って笑う来場者たち。どちらも映画を見て、笑っている。

有坂氏の言う通り、映画というものを通して、人と人が繋がっていく感覚というのものが、この夜、確かに感じられた。

この特別な空間で、同じ映像を見て、隣の人の笑い声を聞きながら、笑い合う。そのひとときの、楽しさ。映画の、楽しさ。みんなが集中して、映画を自由に味わえる空間が演出されていた。

9

(C)2016 TIFF

(最後に行われた記念撮影。それぞれが書いたシネマプレートの集計と共に、東京国際映画祭のニュースで世界に発信された)

東京国際映画祭会期中にも野外上映会が開催

8

(C)2016 TIFF

第29回東京国際映画祭会期中も、六本木ヒルズアリーナが野外シアターに大変身。「野外上映Cinema Arena」という名で、数々の無料上映プログラムが実施される。

・10月26日(水)15:00~『ゴーストバスターズ
・10月26日(水)18:00~『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV 英語版』
※4K・HDRでの上映がワールドプレミアとなります
・10月27日(木)15:00~『トップガン
・10月27日(木)18:00~『オブリビオン
・10月28日(金)12:00~『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?
・10月28日(金)15:00~『愛と青春の旅だち
・10月28日(金)18:00~『スター・トレック
・10月29日(土)17:40~『オデッセイ
・10月30日(日)12:00~『スタンド・バイ・ミー
・10月30日(日)15:00~『フラッシュダンス
・10月30日(日)17:40~『アメイジング・スパイダーマン2 TM』

もちろん、その他コンペティション部門、ワールドフォーカス部門等々、東京国際映画祭にはたくさんのプログラムが用意されているので、ぜひ10月25日(火)~11月3日(木・祝)は、東京国際映画祭まで足を運んでみていただきたい。

第29回東京国際映画祭公式ホームページ:http://2016.tiff-jp.net/ja/

(C)2016 TIFF

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • カルカンまぐろ
    3.2
    いいラストだったけどコメディはそこまで楽しめなかった。ジャックブラックとモスデフがわちゃわちゃしてる様子はかなり良い。
  • Xavier
    3.8
    2000年以降に生まれた人はVHSって分からないだろうなぁ… 政府の陰謀により発電所の電磁波で町の人々を操っていると思い込んだジェリーは発電所を破壊するために忍び込むが、 逆に大量の電磁波を浴びる羽目になり、 具合の悪くなったジェリーは馴染みの、レンタルビデオ店へ… そしてジェリーの浴びた電磁波でレンタルビデオ店のビデオテープの中身を全て消してしまう。 困ったジェリーとビデオ店のアルバイト店員マイクは、名作映画を次々とリメイクしていくが… ザックリ言うとストーリーはこんな感じ そういえば、ずっと泣ける作品ばっかり観てんな。笑える映画観たいな…って事でコメディ作品です。 現在では、この作品の様に映像が消えてしまうって事はないんだけど、20年ぐらい前までは、ビデオと言えばVHSが主流で磁気テープを使って映像を映していたから磁気に弱かった。 その事からヒント得て作られた作品なんだよなぁ ぶっ飛んだジェリーのせいで、店全部のビデオテープをダメになり、店主不在の間、店を任されていたアルバイト店員のマイクは名作映画をジェリーと協力してリメイクする事にする。 だけど、うる覚えの2人は大体こんな感じだったよなぁってフワッとした感じで撮影して、借りに来たお客さんに貸し出す。普通、そんな事をされたら怒られそうなものなんだけど、そのユルさが受けて評判に 最初に作られた作品は"ゴーストバスター" ゴースト退治に必要な武器もダンボールなど使って作ったり、ゴーストマークで有名なクルマもゴーストバスター風の絵を書き、主題歌は自ら歌う。 その姿、バカバカしくて笑える。 それ以降も、"ラッシュアワー2"、"ロボコップ"、"キャリー"などオリジナルリメイクしどれも評判に 潰れかけ寸前のビデオショップも立ち直り、めでたしめでたし…って上手くいく訳もなく… 結構笑わせてくれる作品なんだけど、最後の方は"やっぱ、映画っていいよなぁ" って感じにさせるホロッとした展開に 個人的には良かったかなぁ。
  • 3.6
    このDVDを借りるために寄ったTSUTAYAが閉店していて、別店舗へ足を運んだことが鑑賞後ぐっときてしまった。 ミシェルゴンドリー 監督の世界は手作り感と創作の楽しさが観る側にひしひしと伝わってきて自分もその中の一員になりたいといつも思ってしまう。みんなあったかい。
  • HBに代りVIPがお送りします
    3.8
     いまは既に時代遅れの磁気式(VHS)  順送りにしか再生出来ないそのメディアは観終わったら必ず巻き戻し作業が待っていました。生きとし生けるものがその生をまっとうして次世代にその遺伝子を受け渡すように磁気テープはエンドタイトルに達したら再び新たなオープニングタイトルへと巻き戻されて行きます。物語はそのようにして順送りと巻き戻しを繰り返していくのが当たり前でした。レンタルビデオ店のカウンターに掲示されていた今は死語となってしまった"Be kind rewind" (巻き戻してご返却下さい)が懐かしく思われます。  空と海と大地に選ばれし勇者の称号としての"名作救護班"は、磁気式のそのデリケートな記憶方式に絶えず脅威を及ぼす外敵から名作を守る役割を空と海と大地から任命されています。ぼくら映画ファンそれぞれの胸に残るシーンとヒーローが、不注意な磁力との接触や次から次へと登場する新作によってレンタル店の片隅に追いやられていつの間にか忘却の彼方へ追いやられてその記憶から消えていくのを阻止して、あるいは再構築を試みるのです。  映画愛と名作愛に満ちた『僕らのミライへ逆回転』は、その"名作救護班"の創造力とリスペクトによって再び生命力を取り戻した名作たち、『ゴーストバスターズ』『ラッシュアワー2』『ロボコップ』『ライオンキング』『ドライビングMissデイジー』『モハメド・アリかけがえのない日々』『2001年宇宙の旅』『キングコング』『キャリー』『メン・イン・ブラック』『ラスト・タンゴ・イン・パリ』『シェルブールの雨傘』『ボーイズ'ン・サン・ザ・フッド』『ドクター・モローの島』etc、etc、etc…、の楽園です。  それぞれの心のスクリーンに息づく、それぞれのマイヒーロー。磁気テープに刻まれた夢のような物語を観終わったら、どうか次の誰かのために "Be kind rewind" をお忘れなく。
  • AlexOchoa
    2.8
    記録
僕らのミライへ逆回転
のレビュー(6013件)