エディ・レッドメインが日本のみんなに掛けたい魔法とは?ジャパンプレミアレポート!

11月23日(水)公開『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のジャパンプレミアが21日に開催されました。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は全世界に熱狂的なファンを持つJ.K.ローリングが『ハリー・ポッター』新シリーズとして脚本を執筆した渾身の一作。

11月18日、アメリカやイギリスに加え、全世界63カ国で公開、各国で記録的なヒットとなっています。

ファンタビポスター

日本公開を3日後に控えた本日、主人公ニュートを演じるエディ•レッド•メインはじめ、新ヒロインのティナを演じるキャサリン・ウォーターストーン、ティナの妹クイニーを演じるアリソン・スドル、“ノーマジ”(アメリカでのマグルの呼び方/普通の人間)を演じるダン・フォグラーの主要キャスト4人に加え、監督のデビッド・イェーツ、プロデューサーのデビット・ヘイマンが来日、ジャパンプレミアの舞台に登場しました。

エディ

集まった熱狂的なファンの「ルーモス!」(光を灯す魔法)のかけ声で会場はライトアップされ、降り立ったゲスト達はファンからのサイン依頼、握手、写真撮影などに気さくに応じながらレッドカーペットを進みます。

ファンタビ2

アリソン

ダン

日本の宣伝大使DAIGOさんがステージに登壇し、「この映画は僕にとってのFBM。(ファンタスティック・ベスト・ムービー)公開を待ち望んでいました。」と挨拶をしました。

DAIGOさんが魔法のトランクをステージに置き、ノックをすると、、、

ダイゴ

トランクの中からエディ・レッドメインが登場!!会場は大きな歓声に包まれました。

ファンタビ3

エディは「また日本に来る事が出来て本当に本当に嬉しいです!」と飛び跳ねながら想いを表現し、「日本にはJ.K.ローリングのファンやハリー・ポッターの大ファンがたくさんいると聞いています。私たち出演者ももちろん大ファンです。しかしこの作品を観た後はファンタスティック・ビーストのファンになってくださいね。」と挨拶しました。

ファンタビ15

その後エディが魔法の杖を構え、「アロホモーラ!」(扉を開ける魔法)と唱えるとステージ上、スクリーンに映し出された扉が開き、次々とゲストが登場。

それぞれが日本のファンに向けての挨拶と、この作品に込めた熱い想いを語りました。

ファンタビ6

宣伝大使のDAIGOさんがエディ・レッドメインに「日本のみんなに掛ける魔法があるとしたらどんな魔法を掛けますか?」と質問。

ファンタビ9

エディは他のキャストと話しながら少し考えた後、「ニュートのスーツケースの中にはとっても大きな空間があるのですが、日本の皆様の暖かい歓迎を受けて、ファンタスティック・ビーストのファン全員をスーツケースの中に入れて連れて帰りたいです!」と魔法をかけるポーズをしながら答えるお茶目な一面も見せ、DAIGOさん、会場のファンからは「ファンタスティック!」の声や歓声があがりました。

ファンタビ11

最後にDAIGOさんの「この冬は〜!」の問いかけに、ゲストと会場全員が「ファンタビ〜!」と応え、大盛況でイベントが終了しました。

ファンタビ13

この日の会場には冷たい雨が降っていましたが、寒さを忘れる程の声援、笑いと笑顔に包まれた魔法のようなイベントとなりました。

ラスト

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』公開は目前!是非劇場でご覧ください。

(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

(取材・文 ・撮影 / ne22co)

■関連記事
史上最強のファンタジー再び!『ファンタスティック・ビースト』の見どころを徹底解剖

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • せっきー
    3.2
    何回か見て内容がわかる
  • 4
    ハリーポッターシリーズが好きすぎるが故に手を出せていなかったファンタビをようやく鑑賞。 舞台が1920年代のアメリカということもあり、ハリーポッターシリーズとはかなり雰囲気が異なる。イギリスの魔法界をずっと見てきた視聴者と、イギリスからアメリカに来たニュートが同じような「違和感」を感じられる構造が素晴らしい。非魔法族を「マグル」ではなく「ノー・マジ」と呼ぶのがその最たる例だろう。 都市化が急激に進む中での法整備に追われるアメリカ魔法界を舞台とする今作は、オブリビエイトを行うことについてしつこいほどに言及する。ハリーポッターでもマグルの目撃を無かったことにするくだりはいくつか見られたが、あくまでも手続き上の話がほとんどだ。 この目撃揉み消しへの言及は人間と魔法族の共存に対するスタンスがハリーポッターシリーズの時代ほどは固まっていないことを表すことはもちろんだが、ずっとハリーポッターシリーズを追ってきた視聴者への良いフォローだと思った。 元来児童小説であるハリーポッターシリーズをずっと見てきた人々はもうほとんど大人になっていて、この世界に魔法がないことも分かってしまっている。実際見たことがないのだから。でも仮に、ここまで徹底して魔法族が証拠を消しているとしたら?と改めて感じさせてくれる良い作品だった。私たちはどこかで魔法を見ているけど、忘却術によって覚えていないだけなのかも。 そしてエディ・レッドメインとエズラ・ミラーはあまりにも多才だと改めて実感。エディは動物が好きで人間が苦手なニュートを視線や歩き方、話し方全てで表していて、ニュート・スキャマンダー以外の何者でもなかった。 エズラ・ミラーはそもそものオーラが凄すぎるが、個人的に「ウォールフラワー」の彼が印象的だったのであまりの変わりようにびっくり。 思い出補正もガッツリかかっているハリーポッターシリーズとはまだ比べられないけど、これからどんどん面白くなることに期待。
  • 4
    初めて遊ぶ友達と見に行った洋画。 世界に引き込まれた。 これを見てから2ヶ月ほど、主人公のことが本気で好きだった。 なぜこんなに惹かれていたのか、今ではあまりわからないけれど。 見返せば思い出せるような気もする。
  • atto
    3.3
    タイトルはファンタスティックビーストとパン屋のコワルスキイでありましょう🥐 唯一の良かったシーンはパン屋の別れと再会。
  • あや
    4.3
    記録
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
のレビュー(190552件)