映画初日満足度ランキング(11月第4週)発表!《Filmarks調べ》

2016.11.28
【期間限定】編集企画

Filmarks編集部

フィルマーくま

満足度ランキング

毎週多くの映画が劇場公開されます。観たい作品はたくさんあるけれど、評判も気になるところ。

今回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2016年11月第4週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表。『ファンタビ』を抑えて第1位になった注目映画とは? 今週もユーザー満足度の高い映画をチェックしましょう。

映画初日満足度ランキング(11月第4週上映スタート作品)

※2016年11月28日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出。

■1位:『私の少女時代 Our Times』の評価・レビュー

私の少女時代 Our Times

(C)2015 Hualien Media Intl. Co., Ltd 、Spring Thunder Entertainment、Huace Pictures, Co., Ltd.、Focus Film Limited

・青春時代を思い出して、今の自分を見つめ直すキッカケを与えてくれる。(30代・男性) 
・王大陸(ダレン・ワン)、イケメンすぎる(20代・女性)
・ほんと青春べたべたなんだけど、なんか可愛くてきゅんとした
(20代・女性)

▼その他のレビューはこちら

■2位:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の評価・レビュー

ファンタビ

(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

・ハリーポッターシリーズを知ってる人も知らない人も存分に楽しめる作品。(10代・女性) 
・謎が残されたままになっているところが次回作を期待させている。(60代・女性) 

役者に魅了され、魔法動物に癒される(30代・男性)

▼その他のレビューはこちら

■関連記事
史上最強のファンタジー再び!『ファンタスティック・ビースト』の見どころを徹底解剖
エディ・レッドメインが日本のみんなに掛けたい魔法とは?ジャパンプレミアレポート!

■3位:『ブルーに生まれついて』の評価・レビュー

ブルーに生まれついて

(C)2015 BTB Blue Productions Ltd / BTBB Productions SPV Limited

ジャズをよく知らなくてめっちゃ楽しめます!(30代・男性)
・すっごく好き、これ。(30代・女性)
・チェット・ベイカー(イーサン・ホーク)のトランペットは哀愁があり魅力的。(60代・女性)

▼その他のレビューはこちら

■4位〜の作品はコチラ!

4位:『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

ハンズオブラブ

(C)AXEL FILMS - MADAME FILMS - M6 FILMS - CINEFRANCE 1888

5位:『疾風ロンド

疾風ロンド

(C)2016「疾風ロンド」製作委員会

6位:『エヴォリューション

エヴォリューション

(C)LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

7位:『シークレット・オブ・モンスター

シークレットモンスター

(C)COAL MOVIE LIMITED 2015

8位:『五日物語 3つの王国と3人の女

五日物語 3つの王国と3人の女

(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS

9位:『マッド・ドライヴ

マッド・ドライヴ

(C)AI KYF Productions Limited 2015

syonitimanzoku201611_4

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングはMark!数が50件以上の作品を掲載しております
※ 本ランキング及び記事内のデータは2016年11月28日時点のものです。

ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarks

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。今回の初日満足度ランキングとあわせて、今後の映画鑑賞の映画選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ミス反抗期
    4.2
    高校時代を大切にしたい!
  • あわなみ
    4.2
    記録用
  • ケイティ
    3.4
    王道ラブストーリー、18歳ってどうしてあんなにキラキラした生き物なのか… コンタクトにした真心が超可愛くて、別人すぎてびっくりした。
  • みきてー
    3.6
    アンディ・ラウファンは嫁を質に入れてでも見るべし! 大筋はベタ過ぎるほどの王道少女漫画ストーリーだが、アンディ絡みのシーンが全て最高なのと、ダレンワンの顔面偏差値が高くてずっと見てられる。
  • ちょび
    3.5
    80年代のベッタベタな日本の少女漫画。 少女漫画あるあるてんこ盛り。 「花蓮の夏」や「共犯」が好きな私には ちょっと乗り切れないラブコメだったけど アンディ・ラウ絡みのネタはどれも爆笑。 ただ長いよ~。120分に収めてほしかった。
  • まさなつ
    3.8
    シネ・マート心斎橋に主演のビビアン・ソンさんが舞台挨拶で来る、、という情報だけで予約して駆けつけました。 でも、よく考えると、この方の映画を観たことないし、そもそも知らない! こういうのに縁がなかったのですが、勢いで場違いなところへ、、でも、映画も舞台挨拶もとても楽しめました。 私の中で台湾映画というと、ホウ・シャオシェンであり、エドワード・ヤンなのですが、最近の台湾青春映画は、韓国にも負けない鉄板になってきました。 「あの頃、君を追いかけた」「GF*BF」「共犯」「若葉のころ」、、。日本との関係が深いからか、どこか、とても親しみやすく、懐かしく感じます。 この映画も、お約束の展開をお約束どうり、いや以上に描いてくれて嬉しくなります。 設定も展開もキャラクターもとてもベタなんだけど、照れもなくこれでもか、、とくるので、こちらもこれは楽しまなという気持ちに、、いつの間にかハマってしまいます。 ビビアン・ソンさんの舞台挨拶でのご本人は、映画同様とてもキュートで親しみやすかったです。 シム・ウンギョンに負けないアジア最強のコメディエンヌになってほしい、、そう思いました。
  • MizukaTatsu
    4.2
    当一个女生说再也不理你了,不是真的讨厌你,而是在乎你,非常非常在乎你。 原来喜欢一个人会没有勇气告诉他。
  • きゃん
    4.0
    90年代の台湾を舞台に、冴えない女子高生と、イケメン男子&不良男子の三角関係を描いた青春ラブストーリー。初々しくて、甘酸っぱいくて切ない。台湾の青春映画本当に好き。 平凡な女子高生の真心は、学校一のイケメン男子・欧陽に恋をする。欧陽がアイドル的存在の女子と付き合っていると思い込んだ真心は、アイドル女子に思いを寄せる不良男子の太宇と手を組んで2人を別れさせる作戦に乗り出す・・・ ダサめ女子と学校のボス的な不良男子。普通に生活していたら交わることのない2人。現実の世界では本当にありえないことだけど、マンガやドラマではよくある設定だなと思って見たけどとんでもない。構成自体はよくある感じだったけどクオリティが高かった。 真心はある日太宇に、女子の「大丈夫」は「大丈夫じゃない」。「なんでもない」は「大アリ」。ということを教えるんですよね。そしてそれを教わった不良はその一つ一つを絶妙で最高なタイミングで実践していくもんですからもうキュンキュンさせられました。 本当の気持ちと偽りの気持ちとで揺れ動く姿にはむずがゆくなるけど。最後の終わり方は好きな感じだった。 真心のメガネかけてダサい頃が二階堂ふみちゃんになんとなく似てて好きになった。だんだん垢抜けてふみちゃん感なくなってくのが寂しくなった。笑
  • Kapo
    -
    她會有多幸運
  • mince
    3.5
    三十路?の会社員リン。安月給で繰り返しの毎日に自分を見失い、ふとティーンだった自分が今の私をどう思うだろう?「私の少女時代」CM心斎橋2。台湾80sの青春グラフティ。パン咥えて走り出しそうなベタさから不良ツンデレまで涙の仕掛けが一重二重に。主演のビビアン・ソンがめっちゃかわいい。2016年12月20日
  • 亜敏
    3.5
    大好物の青春胸キュンものです。 おまけに、知っている中華アイドルの名前がわんさか出てくるのがたまらんです。 わりとベタだけど、だからこそストレートに伝わるのかも。 導入部と最後のエピソードはいかがなもなのかという気もしたし、突っ込みたいところもあったけど、それは言うまい。 キラキラしてるけどバカみたいで、素直だけどもどかしさもあって、そんな日々を見て、フレッシュな気持ちになりました。
  • yayuyo
    4.0
    冴えない女子高生、真心(チェンシン)と不良少年、太宇(タイユィ)。 90年代の台湾を舞台に、2人の青春が動き出す。 太宇が本当にイケメンでした。顔だけじゃなくて中身がね! 何が素敵って、喧嘩っ早い不良少年で初めこそ真心をこき使いまくりですが、 相手を傷つける事は言わないし、そっと守ってくれる。 優しいんです。優しくて相手を想うからこその不器用さもありますが… これ、これですよ、求めていたのは! 最近よくあるドS王子とか違うんだ! あんなのただの暴言吐きまくりのワガママ坊ちゃんだ!! 壁ドンしときゃいいだろーってそんな訳あるかーっ!!! と、昨今量産されている少女漫画映画に対して燻っていた想いを見事に昇華してくれました。 コメディタッチで進みつつ2人の心情もしっかり描写されていて、伏線も効いてて…クライマックスは目が潤んでしまいました。 ベタな少女漫画風で、突込みどころもゼロじゃないけど、 青春時代を過ごした人ならきっと誰でも共感できる所があるはず。 ちなみに、主役の真心が途中で大変身するんだけど、ほんっとに可愛い! 「眼鏡を外したら美少女」をここまで実写で表現できるなんて! ちなみに、冴えないバージョンを見た彼女の家族は本人だとわからなかったらしい。 あれだけ元から可愛い子が冴えない容姿にするって、見た目以上に大変だったはず…。 女優魂に天晴ですね! 可愛くなった後は、何となくビビアン・スーに似てる気がする。同じ台湾だからかな??
  • Mi
    4.3
    ようやく観に行けた。先が若干読めてしまう展開だが、これでもかというくらいキュンキュンさせる映画。 高校時代がメインの話だが、昔の日本の少女漫画な雰囲気で甘酸っぱい。主人公の真心演じたビビアン・ソンは、三倉姉妹と二階堂ふみを足して2で割った感じ、外国映画みてる感覚がしなかった。 一点残念なのは大人になった2人。特に太宇は面影ゼロすぎて一瞬分からなかった。高校時代だけでも充分良かったかなぁ。 残念な点はあったとしても、映画で青春時代を思い出したい人にオススメ。
  • みおり
    3.9
    日本の少女漫画をもとにした映画よりも何倍もベタで最高におもしろかった!! かっこいいかわいい音楽がいい!ありがとう!!
  • 夜のお菓子
    3.0
    漫画原作とかの邦画ラブコメに比べると やはり展開とかが20年位遅れている感がある もちろん、 これは狙った演出なんでしょうが 昨年の台湾映画No.1興行収入らしい こういうベタついたラブコメが好きなんですね 台湾の方々 10代の徐太宇が超カッコいいんですが ラストシーン 大人の徐太宇が気持ち悪い奴に変わっててショック‼ それは林真心も一緒! 10代は美人ではないが 可愛らしい少女の林真心も大人になると パッとしないんですよ ’`,、(’∀`) ’`,、 大人役をやった役者さん すいません(●´艸`)
  • ちゃんるい
    -
    やりすぎ感あるけど、女の子が可愛くなる瞬間はグッとくる。
  • やん
    3.0
    友人のオススメで鑑賞。 同じく台湾の某大ヒット青春映画の様な作品を期待して行ったのだが、観てみたら全く違った。 とにかくベタベタで、既視感のある、先の展開の読める王道少女漫画的な内容に辟易しながらも、これはこれで嫌いじゃない。 作りての「日本の少女漫画を読んで育ちました」感丸出しなのもむしろ清い。 ただ、最後の展開はいささか強引すぎる気が...。まぁラブコメだからアレでいいのか。 まぁ、正直文句を言いだしたらきりがないわけで、とにかく主演の子が可愛いってだけでオジサン的には全てチャラ。 日本の少女漫画原作の似たような作品よりはマシ。 しかし、大人に成長してからの役者と学生時代の役者が全く似ていないのは...ダメでしょ(笑)
  • RYUP
    5.0
    女子高生の恋物語。 とは言え単純に邦画に溢れかえる『壁ドン』系作品と一線を画する。 ここには同時に淡いノスタルジーが存在する。 息詰まった価値観の中で日々を過ごす大人達へどこか問い掛ける様な初恋模様。 好きだった人と交わした約束は今も守られているのだろうか? 想いを伝えられない相手。 背中を押す手、差し伸べる手、抱き抱えられる腕… 設定や展開はベタで子供っぽいのだが、”大人”が全て正解ではない。 THE王道的少女漫畫。 僕は誰が何と言おうと冴えない眼鏡女子が眼鏡を外して変わって行く様を愛して止まない。 監督  フランキー・チェン CAST ビビアン・ソン ダレン・ワン ディノ・リー アンディ・ラウ etc 原題 『我的少女時代 Our Times』 2015年 台湾 134分 http://maru-movie.com/ourtimes.html  田馥甄 Hebe Tien 『小幸運 A Little Happiness』 https://www.youtube.com/watch?v=_sQSXwdtxlY
  • araka
    -
    ボロボロ泣いてしまう 完成された台湾の恋愛映画 少女漫画を完璧に実写したらこれ。 平凡女子が途中から学園のマドンナを圧倒する美少女になるし(同じ人だよ) 不良のボスの回想とか、伏線の回収とかひたすらに心の中の女子高生が終始ローラースケートしながらきゃーきゃー叫んでしまうストーリーだった ミニシアターで観たからかもしれないけど、お客さんの年齢層がだいぶ高めだったのも納得の昭和感あるキーワードが頻出。 突っ込みどころは多々あるけれど、観終わるまでは黙って空気感に浸かってみてほしい作品
  • TakashiNishimura
    4.5
    笑えて泣けて甘酸っぱくて切なくて胸キュンな台湾産青春デトックス映画。中国や韓国をはじめ、アジアを席巻した大ヒット作。舞台は、携帯もスマホもTwitterもLINEも無い、90年代の台北の高校。優等生の男の子に片思いしている冴えない女の子が、ふとしたことから学園一の不良に弱みを握られて…という、ド直球でベタベタな定番中の定番ストーリー。しっかり笑ってしっかり泣かせて頂きました。 カンニングの罰が校庭50周ランニング。学校には1クラスだけ、教室が落書きだらけで誰も授業を聞いていない落ちこぼれ学級がある。制服の腰の部分を巻き上げてスカートを短くするが、生活指導教諭が交替した途端に取り締まりの対象になってしまう。女の子の「もう知らない!」は、「とっても気になる」の意味。シールがベタベタ貼られたプロフィール帳。そして、そうした90年代の学園あれこれを微妙に懐かしく感じてしまうノスタルジー感覚。…等々、1学年にクラスが17もあるとかいった細かい相違点を除けば、記憶も実体験も記号もツッコミどころもメンタリティも完璧に日本人とシンクロする。楽しそうだとは思うがイマイチ馴染めそうにないフラムが重要な恋の舞台だったり、学年のヒーローはアメフト選手でパンパンに発育したチアガールにモテモテだったりするアメリカ青春映画と違って、全く違和感が無い。 つまりは笑いのある「白線流し」。長瀬智也と酒井美紀の恋の行方にキュンキュンしたが、夢中になって観ていた頃のこらえ性を既に失ってしまい、あそこまで深刻な気分には今さら浸れない、といった人なら感動できること請け合い。もちろん「冬ソナ」ファンや「ラヴァーズ・キス」の頃の吉田秋生ファンも大丈夫。なんて、二番煎じ三番煎じ的な書き方をしてしまったが、笑いと涙の分量の案配や恋のもどかしさをじっくり描く丁寧さなど、オリジナルな面白さも沢山。身も蓋も無い邦題ではあるが、そこは気にしてはいけない。
  • じょり
    4.4
    ①アンディ・ラウかっけー度 85% ②真心と◯◯、当時と今とでは顔変わりすぎて、観る側の努力が必要なんじゃね度(笑)95% ③こういう作品を茶々入れずに観られるうちは人として大丈夫度120%(↑で茶々入れとるがな!) とにかく良作でした。オススメ。
  • chansann
    5.0
    素敵なストーリーに心掴まれ、2度映画館に足を運びました。1回目では気づかなかった伏線に気づき、2回観ても楽しめました。
  • mizui
    3.5
    2016/12 新宿武蔵野館
  • スキピオ
    4.5
    評判がいいので観てきたけど、すっげーよかった。「あの頃、君を追いかけた」「共犯」「若葉のころ」と観てきたけど「台湾」の学園青春映画は外さないね! ネタバレになるから言えないけど、たくさん笑えて、切ない上にお話の「転換」もあって楽しめた。最近どうも日本の少女漫画原作の恋愛映画の浅さに辟易してたので、その完成度の高さに驚いた。何が違うんだろう、笑いのバランスとテンポがいいのかなぁ。あと日本ネタがまた多いのも嬉しいのを通り越して台湾のティーンには日本がこのくらいの距離感の近さなのかとびっくりした。 そして主演のビビアンソンって子、モテないキャラかと思って油断してたら話が進むほどに可愛く見えてきてびっくりというかガチ美人、日本のアイドル、若手女優にいそうな感じだ。まぁこういうのは動いてるのを2時間観てこそだなぁ。 ただ過去パートに比べて、現代パートの処理の仕方がちょっと強引かな。役者も変えなくてよかったんでは?それでもちょっと感想で具体的なこと何も書けないくらいによかった。
  • ミヤビ
    -
    ビビアン・ソンかわいかった~
  • ねもろー
    3.7
    So sweeeeet. 耐性のない自分にはココアにチョコレートを溶かしたような気分でした。 嫌ではないです。
  • TAKAたか
    4.0
    そのまま少女漫画を映画に感じ。 ツッコミドコロも満載だけど、グッとくるシーンもあり、自然に涙が。大好きな作品。
  • きぃこ
    4.0
    完璧なまでに徹底されたベタで甘いラブコメディ。耐性のない私は、泣くよりも笑いがこみ上げることが多かった(笑)。それでも最後まで楽しめたのは、きっと、主役の二人の懸命さが瑞々しく伝わってきたからかなと♪
  • いの
    3.8
    最後、ジェリ-・イェンにキュンキュンする。
  • はる
    5.0
    伏線が一つ一つとても緻密にはられていました。特に、ドラム缶の中の人が持ってた赤い紙については最後まで気づきませんでした。素直に感動することが出来ました。
「私の少女時代 Our Times」
のレビュー(369件)