映画『ミナリ』あらすじ&キャスト・見どころを紹介【新たなる家族映画のマスターピース】

『ムーンライト』や『レディ・バード』など大ヒット作を次々と打ち出し、今やオスカーの常連となったA24と、『それでも夜が明ける』でアカデミー賞作品賞を含む3冠を受賞した『それでも夜が明ける』のPLAN Bが強力なタッグを組んだ最新作『ミナリ』のあらすじ・見どころなどを解説。

第89回アカデミー賞作品賞に輝いた『ムーンライト』や、俳優のグレタ・ガーウィグが自伝的要素を盛り込んで描いた青春映画『レディ・バード』など、次々と大ヒット作を打ち出しオスカーの常連となったA24と、『それでも夜が明ける』でアカデミー賞9部門にノミネート、作品賞を含む3冠を受賞したPLAN Bが強力なタッグを組んだ映画『ミナリ』が、2021年3月19日(金)より満を持して日本で公開。すでに各国の映画祭にて196ノミネート、69受賞と、まさに今年度最も注目の作品です。

ミナリ』(2020)あらすじ

1980年代、農業で成功することを夢みる韓国系移民のジェイコブは、アメリカはアーカンソー州の高原に、家族と共に引っ越してきた。荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを見た妻のモニカは、いつまでも心は少年の夫の冒険に危険な匂いを感じるが、しっかり者の長女アンと心臓に病を持つが好奇心旺盛な弟のデビッドは、新しい土地に希望を見つけていく。まもなく毒舌で破天荒な祖母も加わり、デビッドと一風変わった絆を結ぶ。だが、水が干上がり、作物は売れず、追い詰められた一家に、思いもしない事態が立ち上がる……。

ミナリ』キャスト

ジェイコブ/スティーヴン・ユァン<父親役>

『バーニング 劇場版』や、ドラマ『ウォーキング・デッド』シリーズなどのスティーヴン・ユァン。農業で成功したいという思いから、アーカンソー州の田舎町に家族を率いてやってきた。いつまでも少年の心を持ち、子供達に成功した姿をみせたいと奮闘する。

モニカ/ハン・イェリ<母親役>

『ハナ奇跡の46日間』、『群盗』など、40本を超える長編映画やTVドラマに出演する韓国の名俳優・ハン・イェリ。予想を超える田舎町での生活に不安を覚えながらも、家族を守ろうと奔走する強い女性。

デビッド/アラン・キム<息子・弟役>

本作がデビュー作であるアラン・キム。心臓に病を抱えながらも、何もない土地に楽しさを見出し、好奇心旺盛に辺りを散策するなど、子供ならではの適応力をみせる。

アン/ネイル・ケイト・チョー<娘・姉役>

プロの俳優としては本作が初めての作品であるネイル・ケイト・チョー。幼いながらにしっかり者で、危なげな弟を見守り、母を支えるなど、優しく強い女の子。

スンジャ/ユン・ヨジョン<祖母役>

50年にもわたるキャリアの中で数多くの賞に輝き、韓国で最も敬愛されている伝説の俳優、ユン・ヨジュン。娘のモニカに頼まれ、子守りをするために韓国からアメリカにやってきた毒舌で破天荒な祖母。

ポール/ウィル・パットン<隣人役>

『追いつめられて』、『アルマゲドン』など、100本以上の作品に出演している名脇役・ウィル・パットマン。敬虔なクリスチャンで、少し変わった優しい隣人。ジェイコブの農業を手伝ってくれている。

ミナリ』見どころ

世界中のメディアと映画ファンに熱狂を巻き起こし、現在も受賞リストを更新し続ける新進気鋭の監督・リー・アイザック・チョン。韓国系移民2世として生まれ、アーカンソーの田舎で育った彼の半自伝的作品である本作は、私たちに“大切なものは何か”というメッセージを届けてくれます。

本作の見どころの一つとして、韓国語と英語が入り混じるリアルな移民家族を見事に演じきったキャストたちの高い演技力にも注目です。父親・ジェイコブ役のスティーヴン・ユァン、母親・モニカ役のハン・イェリ、祖母・スンジャ役のユン・ヨジョンと、韓国のみならず海外でも絶賛されているベテラン俳優陣に加え、期待の新人俳優たちにも注目の声が集まっています。

本作がデビューとなる息子・デヴィッド役のアラン・キムは、監督の少年時代を投影したキャラクターであり、物語のキーパーソンとなる重要な役どころ。複雑で説得力を求められる難しい役を見事に演じきり、監督が求めていた<無邪気さ、わんぱくさ、元気さ、脆さ、慎重さ、激しさ>を見事に体現しました。娘・姉役のアンを演じたネイル・ケイト・チョーも本作が映画デビューとなる新人であり、しっかり者の姉として「愛する人を真剣に大切にする」というアンの役どころを、自らのやり方で好演。期待の新人俳優たちにとって、本作が出世作になることは間違いないと言えます。

タイトルの「ミナリ」に込められた想いとは?

「ミナリ」とは、韓国語で香味野菜のセリ(芹)のこと。雑草のような逞しさで大地に根をはり巡らせ、2度目の旬が最もおいしいことから、子供世代の幸せのために親の世代が懸命に生きるという意味が込められています。理不尽かつ不条理な運命に翻弄される一家が逞しく困難を乗り越えていく様子は、まさにミナリそのもの。生きている限り人生は続き、明日は必ず来ることの尊さを教えてくれる本作を、是非劇場でご覧ください。

ミナリ』作品情報

■脚本&監督:リー・アイザック・チョン
■出演:スティーヴン・ユァン、ハン・イェリ、アラン・キム、ネイル・ケイト・チョー、ユン・ヨジョン、ウィル・パットンほか
■配給:ギャガ
■上映時間:116
■公式サイト:gaga.ne.jp/minari
■コピーライト:© 2020 A24 DISTRIBUTION, LLC   All Rights Reserved.Photo by Melissa Lukenbaugh, Courtesy of A24

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • elliot
    3
    お母さんが故郷の食材を段ボールに入れて持ってきてくれた所で泣けた
  • ナーガ
    3.3
    ザ・シネマHDにて。録画。 おばあちゃんと孫の心の距離がどんどん縮まって行って、素敵な関係になって良かった。 おばあちゃんらしくないおばあちゃんって映画の中で言われていたけど、それほど変わってるわけでもないと私は思いました。 私の母だってなかなか普通じゃないし、映画の中にはもっともっと変わった老人が沢山いるでしょう。(クリントイーストウッドがよく演じていたりするやつ。お婆さんではなくおじいさんだけど) 普通に孫を大切に思う良いおばあちゃんだと思います。デビッドが家で怪我した時の対応が素早かったし、親に怒られてるときも庇ってあげてた。 農業の大変さがよくわかる映画でもある。そういうところ『北の国から』とちょっと似ている。 最後の方で大変なことが起こって、どうなるのこの家族っていうところで終わる。 続きがまだまだ心配。明るい兆しはあったけど。 ダウジング信じてないし、私。
  • peche
    3.6
    花札🎴で口悪くなるのに笑う。
  • MaikoOdagiri
    4.2
    おばあちゃんってそうなんだよね〜!
  • 鷲尾翼
    3.5
    【まとめシネマ】#754 【まとめ】 * 1980年代の韓国系移民の姿 * ギスギスした家庭と悪ガキ * ミナリのように、諦めない 舞台は、1980年代のアメリカ。 韓国系移民家族の夫・ジェイコブは、農家での成功を夢見て、家族を無理やり引き連れ、何のない土地とボロボロの小屋に引っ越す。家族を巻き込んで、様々なトラブルや出来事に奮闘するのだが、本作は登場人物が少ない。誰にも頼らない行動力に、少し時代を思う。頼らないより、頼れない。だから物語は、成功から遠のいていく。 本作は、家庭のギスギスした空気が終始漂う。 中盤からアカデミー助演女優賞を受賞したユン・ヨジョン演じるおばあちゃんが子供の世話のために家族に加わり、少し空気が変わるのだが、それでもギスギスしている。また、息子が悪ガキすぎて、嫌いになる。男尊女卑の気持ち悪さもあるので、尚更。 本作のタイトル『ミナリ』は、韓国語で「セリ(芹)」を意味する。ミナリのように、根を張りながら、諦めずに生きましょう。ミナリのように。
ミナリ
のレビュー(14206件)