『半落ち』などで知られるベストセラー作家・横山秀夫による推理小説を、前篇・後篇の2部作で実写化した「64 ロクヨン」シリーズ。昭和64年に起きた未解決誘拐事件と、14年後に起きた新たな事件の真相を描き出す。豪華キャストが送る「64 ロクヨン」シリーズのあらすじやキャスト、見どころをまとめてご紹介します。

64 ロクヨン 前編』(2016)

64 ロクヨン 前編

わずか7日間で終わった昭和64年、ひとりの少女が誘拐、殺害される事件が起こる。刑事部で「ロクヨン」と呼ばれるその事件は未解決のまま14年の月日が流れ、平成14年、まもなく時効を迎えようとしていた。当時ロクヨン事件の捜査にあたった刑事の三上義信(佐藤浩市)は広報室に異動となり、県警記者クラブとの軋轢や、警察内部の対立の板挟み、上司からの圧力など、心労の絶えない日々を送っていた。そんな中、ロクヨン事件を模倣するかのような誘拐事件が発生する。

「64 ロクヨン」シリーズの前編。原作は横山秀夫の同名小説で、「このミステリーがすごい!」1位獲得など高評価を得た作品。監督・脚本は『友罪』『糸』などの瀬々敬久(鈴木俊久)が務める。主演の佐藤浩市をはじめ、綾野剛、榮倉奈々、永山瑛太(瑛太)ら実力派若手俳優から、永瀬正敏、吉岡秀隆、仲村トオル、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、夏川結衣、緒形直人といったベテランまで、主役級の豪華キャストが話題となった。第40回日本アカデミー賞では複数部門にノミネートされ、佐藤浩市は圧巻の演技で最優秀主演男優賞に輝いた。

過去の未解決事件と新たな事件の謎、警察内部の確執、登場人物の内に秘めたる思いや複雑に絡み合う人間関係が丁寧に描かれ、多数の伏線を張り巡らせながら、事件は急展開を迎えて後半へと続く。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

64 ロクヨン 後編』(2016)

64 ロクヨン 後編

ロクヨン事件の時効を控え、新たに起きた少女誘拐事件。サトウと名乗る犯人の男は、身代金2,000万円を父親に車で運ばせるなど、14年前のロクヨン事件を模したかのような指示を出す。三上と記者クラブは“事件は基本的に実名報道にする”という約束を交わしていたが、刑事部が一切の情報を開示しなかったため、記者クラブと激しく対立してしまう。

「64 ロクヨン」シリーズの後編。監督は前編に続き瀬々敬久(鈴木俊久)が務め、主要キャストも続投。前編で散りばめられた伏線が鮮やかに回収され、14年前のロクヨン事件と新たな誘拐事件のすべての謎が明らかになる。緊張感あふれる秀逸なミステリーでありながら、複雑に絡み合う人間関係や心情を描いた重厚かつ繊細なヒューマンドラマとして、圧巻の存在感を放つ一作。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

(C)2016 映画「64」製作委員会

※本記事で紹介する映画は国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。
※2021年3月25日時点の情報です。