【レポート】辛酸なめ子が明かす衝撃的な幼少期とは? フィガロジャポン×TSUTAYAの映画トークイベント

絶賛発売中の「フィガロジャポン」3月号にて、さまざまな切り口から映画作品にせまった「ドラマティックな映画が観たい♡」特集が展開。去る2月3日、これと連動したスペシャルトークイベント「いま観たいのは、強い女たちの映画! ~女のドラマティックシネマナイト~」 がTSUTAYA TOKYO ROPPONGIにて開催され、漫画家の辛酸なめ子さんをはじめとする業界の“強い女”たちが登壇しました。

フィガロ

午後7時、約50人の女性たちに埋め尽くされた会場に登場したのは、映画に関するコラムを数多く執筆している漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんと、洋邦問わず良質な映画作品を配給しているキノフィルムズの代表取締役社長・武部由実子さん、そしてフィガロ編集部イチの映画マニアとして知られる“編集KIM”こと副編集長・森田聖美さん。

リアルに強そうな女性3人が選ぶ“強い女たちが登場する映画”とは?

フィガロジャポンがイチオシするのは、3月31日公開のアカデミー賞ノミネート作『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』。ジョン・F・ケネディ暗殺事件をファーストレディであったジャクリーン・ケネディの視点から描いた作品ですが、本作を一足先に観た辛酸さんは「夫が隣で亡くなってしまったなかで、あれだけの冷静さと気力を保っていたジャッキーの強さと、ホワイトハウスを先導した彼女の手腕は本当にすごいなと思った」と驚きと感嘆をあらわに。

また、配給元であるキノフィルムズの武部さんは、「女性こそ楽しめる作品」と絶賛しました。

続いて、すでにレンタルを開始している旧作のなかから、それぞれがピックアップした作品を紹介。武部さんは『テルマ&ルイーズ』『ピアニスト』『ニキータ』『グロリア』の4作品をチョイス。女同士のかたい友情を描いた『テルマ&ルイーズ』には、森田さんや会場の女性たちの多くが共感の声を上げていました。

フィガロ

辛酸さんが選んだのは、『マイ・インターン』『神様メール』『裸足の季節』の3作品。特に『裸足の季節』は、自分自身と重なるところがあると辛酸さんは言います。

フィガロ

両親を事故で亡くし、祖母と叔父たちと暮らしている5人姉妹。古い習慣と封建的な思想のもと、貞操観念を抑圧された生活を送ります。そんななか、末っ子のラーレは、自由を取り戻すべくある計画を立てますー。

劇中では、騎馬戦で男子の上にまたがっただけで「ふしだらだ」と叱責されるシーンがありますが、辛酸さんは「私の家庭もなかなか厳しかった」と明かします。「一家団らん中、テレビでラブシーンがはじまると両親が立ち上がり、そのシーンが終わるまでテレビの前に立ちはだかっていたり、雑誌に性的な模写があると、そのページがホッチキスで止められているか、墨で塗り尽くされていました。日本にも抑圧されている人はいます…」と語ると、会場から笑いがおこっていました。

森田さんはマーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』『ダイアナ』『彼女を見ればわかること』『ジュリー&ジュリア』をピックアップ。マーガレット・サッチャーを演じたメリル・ストリープについて「本当にエレガントで素敵な人」と羨望の的であることを明かしました。

フィガロ

三者三様の目線でお気に入りの作品を語り合ったトークイベントは、1時間があっという間に感じられるほどの盛り上がりのなか終焉。ちなみにTSUTAYA TOKYO ROPPONGIでは、森田さんが厳選したおすすめの作品を紹介するコーナーを展開中なので、足を運んでみては?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 泳ぐ鳥
    4.4
    みーんなかわいいのにほぼこの映画にしか出てないのすごい?終盤結構ハラハラしたしエンドでグッときた!イスタンブールうつくしいね。
  • ゆき
    4
    まだこんな閉鎖的な伝統があるなんてことに驚き。 抵抗すればするほど家が監獄になっていく。 自由を求めて飛び出した時の煌めきは 何物にも変えがたいものだった。 最近観た中では結構衝撃的だった。
  • hi
    4
    原題 ”mustang ” ”裸足の季節 ”という邦題についてはさておき アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた作品 トルコの女性監督デニズ・ガムゼ・エルギュヴェンによる初長編監督作品 思っていたよりずっとよかった! 美しい映像と美しい風景、光を巧みに使った構図、演出、美しい少女達が光を浴びているよう、、、 閉鎖的な慣習がのこる田舎町に住む美人五姉妹が、ある日を境に、育ての親である叔父と祖母に、監禁状態にさせられてしまい、次々と姉達は見合いをさせられ、結婚させられていく。。※設定的にはかなりヴァージンスーサイズと似かよるところではありますが(途中までのシーンは本当に似てる!)そこは原題のmustang..少女たちはそれぞれの形でたたかうのです。 たとえそれが小さな反抗でしかなくとも。未来を手に入れるべく、強くまっすぐな五女のラーレを最後まで応援せずにはいられないこと間違いなし!笑 監督自身の経験エピソードも描かれているという、トルコという国をあまり私自身知らないところではありますが、 こんなに閉鎖的で、男女差が激しいものかと、女性が子供を産むためのものであり、また、性の対象でしかなく自由がないこと。。。 映画というものを通じて監督が伝えたかったものがかなりダイレクトに描いた題材だと思いました。
  • べーやん
    -
    古く厳格な慣習に囚われた姉妹。表情は死人のよう。学校にも行けず、次々と嫁がされ、愛とか、嬉しさや幸せが全く感じられない求婚や結婚式。 徐々に高く、増えていく家の柵や塀。最低な叔父と、純潔さを重視する祖母。 無心で食べるクッキー、燃えながら飛んでいくマッチ棒。静かな中にも、緊張感が常にあって終始胸がざわつく。 女性の尊厳もなにもない慣習には驚くし、監視する様な周囲の視線、逃げ場のない息苦しさが伝わってきて辛かった。 それぞれの国の慣習はあるから、真向に否定したくはないけれど、自由に選択できて好きなように生きることがどれ程幸せなのか、改めて感じた。自由を求める少女、どうかどうか幸せな未来があってほしい。 まぶしい朝日のような余韻が残るラスト、よかった。
  • わがい
    -
    木漏れ日や植物、黙々とクッキーを食べる姿、彼女達の長い髪の毛の美しさがより残酷さを引き出している
裸足の季節
のレビュー(6990件)