【レポート】辛酸なめ子が明かす衝撃的な幼少期とは? フィガロジャポン×TSUTAYAの映画トークイベント

絶賛発売中の「フィガロジャポン」3月号にて、さまざまな切り口から映画作品にせまった「ドラマティックな映画が観たい♡」特集が展開。去る2月3日、これと連動したスペシャルトークイベント「いま観たいのは、強い女たちの映画! ~女のドラマティックシネマナイト~」 がTSUTAYA TOKYO ROPPONGIにて開催され、漫画家の辛酸なめ子さんをはじめとする業界の“強い女”たちが登壇しました。

フィガロ

午後7時、約50人の女性たちに埋め尽くされた会場に登場したのは、映画に関するコラムを数多く執筆している漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんと、洋邦問わず良質な映画作品を配給しているキノフィルムズの代表取締役社長・武部由実子さん、そしてフィガロ編集部イチの映画マニアとして知られる“編集KIM”こと副編集長・森田聖美さん。

リアルに強そうな女性3人が選ぶ“強い女たちが登場する映画”とは?

フィガロジャポンがイチオシするのは、3月31日公開のアカデミー賞ノミネート作『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』。ジョン・F・ケネディ暗殺事件をファーストレディであったジャクリーン・ケネディの視点から描いた作品ですが、本作を一足先に観た辛酸さんは「夫が隣で亡くなってしまったなかで、あれだけの冷静さと気力を保っていたジャッキーの強さと、ホワイトハウスを先導した彼女の手腕は本当にすごいなと思った」と驚きと感嘆をあらわに。

また、配給元であるキノフィルムズの武部さんは、「女性こそ楽しめる作品」と絶賛しました。

続いて、すでにレンタルを開始している旧作のなかから、それぞれがピックアップした作品を紹介。武部さんは『テルマ&ルイーズ』『ピアニスト』『ニキータ』『グロリア』の4作品をチョイス。女同士のかたい友情を描いた『テルマ&ルイーズ』には、森田さんや会場の女性たちの多くが共感の声を上げていました。

フィガロ

辛酸さんが選んだのは、『マイ・インターン』『神様メール』『裸足の季節』の3作品。特に『裸足の季節』は、自分自身と重なるところがあると辛酸さんは言います。

フィガロ

両親を事故で亡くし、祖母と叔父たちと暮らしている5人姉妹。古い習慣と封建的な思想のもと、貞操観念を抑圧された生活を送ります。そんななか、末っ子のラーレは、自由を取り戻すべくある計画を立てますー。

劇中では、騎馬戦で男子の上にまたがっただけで「ふしだらだ」と叱責されるシーンがありますが、辛酸さんは「私の家庭もなかなか厳しかった」と明かします。「一家団らん中、テレビでラブシーンがはじまると両親が立ち上がり、そのシーンが終わるまでテレビの前に立ちはだかっていたり、雑誌に性的な模写があると、そのページがホッチキスで止められているか、墨で塗り尽くされていました。日本にも抑圧されている人はいます…」と語ると、会場から笑いがおこっていました。

森田さんはマーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』『ダイアナ』『彼女を見ればわかること』『ジュリー&ジュリア』をピックアップ。マーガレット・サッチャーを演じたメリル・ストリープについて「本当にエレガントで素敵な人」と羨望の的であることを明かしました。

フィガロ

三者三様の目線でお気に入りの作品を語り合ったトークイベントは、1時間があっという間に感じられるほどの盛り上がりのなか終焉。ちなみにTSUTAYA TOKYO ROPPONGIでは、森田さんが厳選したおすすめの作品を紹介するコーナーを展開中なので、足を運んでみては?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • なおぶみ
    -
    柔らかな光と抑圧された物語のコントラスト
  • 333
    3.4
    美人姉妹
  • ArinaUmebayashi
    3.7
    姉妹が全員美女 反抗期えぐいし気持ちわかるけどおばあちゃんの気持ちもわかる
  • てけてけ
    3.6
    ハタチすぎた男性が1人で観る映画ではなかったような....... トルコの文化🇹🇷が分からなすぎて、登場人物たちの行動の意味がよくわからないことがいくつかあった(俺だけ?)気がする。 トルコ語も全く分からんし。 エミネ叔母さん、強すぎたし、車の人(名前忘れた)がめっちゃいい奴だった。 グッバイ、アディオス、UーNEXT。
  • hasse
    3.6
    演出4 演技4 脚本3 撮影3 照明4 音楽4 インスピレーション3 冒頭の、海辺を走る男女の学生たちのドリーショットにギュッと心を惹き付けられた。なんと開放的で瑞々しいショットだろうか。その後のシーンは殆ど、五人姉妹の軟禁状態が続く。 表層に描き出されるのは、叔父エロルの姉妹に対する実際問題としての暴力だが、真に問題なのは一般化すれば男性と女性を縛り上げる構造的暴力である。その構造においては女性は婚前は男性の気を無闇に引かぬよう強要され、結婚適齢期になれば「男性に欲望される身体」であることを求められるよう、徹底的に管理される。どう考えてもひとりの人間への対し方ではない。 一見、真実の愛を獲得したかのようにみえる長女もまた、この構造の内部にいる限りは大人たちに隷従するしかない。(残酷な未来の描写だが、そこまで追求して描かれていたほうが良かったかもしれない。) 男尊女卑、家父長制の封建制度に対する反逆と自由の獲得がこの映画の中心的なテーマであることは間違いない。トルコの辺境に蔓延る前時代的な悪習を浮き彫りにしていることは確かな事実。 だが、描かれる五人姉妹の家庭が普遍的なものだと決めつけてはならない。悪習の中心人物として描かれる叔父エロルは、典型的な家長ではなく、「行き過ぎた」人物である。(姉妹に性暴力をはたらく、周りの男性から姉妹への対し方をたしなめられる、等) あまりにそのテーマにとらわれすぎると、私たちもまた観る者と観られる対象の構造に陥り、観る自由を失ってしまう。
裸足の季節
のレビュー(7205件)