【映画館、ときどき、ロケ地巡り】ホーチミンでバインミーを食べ歩きながら

トーキョー映画館番長

たなやん

私、映画館も好きですが、旅行も好きでして…。この度、ベトナムのホーチミンに旅行に行ってきました。

旅行の楽しみの1つに、映画のロケ地巡りがありますよね。調べてみると、ホーチミン市には、映画『インドシナ』のロケ地になっているスポットがあるとのことで、旅の前にTSUTAYAの店舗でDVDレンタルしました。

インドシナ

アカデミー外国語映画賞受賞、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の『インドシナ』

フランス版『放浪記』といった感じで、愛に生きる女性が力強く描かれていました。カトリーヌ・ドヌーヴが…失礼ながら逆算すると45歳ぐらいの時に撮られた作品なのですが…、画面に映るだけでなにか色香が漂ってくるような。美しかったです。

現在のベトナムなどインドシナ半島の一帯は、フランスが植民地支配していた時代にインドシナと呼ばれていて、映画はその時代の1930年代が舞台です。

ベトナムという国が誕生する独立運動もストーリーのカギになっていて、歴史大作でもあります。ベトナムに旅行する方は、事前にこの映画を見ると文化や史跡への理解が深まり、より一層旅行を楽しめます。劇中には世界遺産のハロン湾も出てきて、逆に、この映画を見るとみなさんベトナムに旅行したくなると思います。

ホーチミンにある『インドシナ』のロケ地

映画で、カトリーヌ・ドヌーヴらがホテルのカフェのオープンテラス席で話し合いをするシーンが何度かあります。そのホテルが、ホーチミンの一番の繁華街であるドンコイ通りにあります。

「ホテル コンチネンタル サイゴン」

コンチネンタル引き

映画(公開年:1992年)とは外観の装飾などは変っていますが、建物自体・窓枠などまさに映画のまま。劇中にもホテル名の看板が映っているので、まさにここです。

オープンテラスのカフェがあるので、ここでお茶をすれば、気分はカトリーヌ・ドヌーヴになりきれます!

コンチネンタル寄り

ロケ地に来ると、主人公はこの景色を見ながらこんな風に感じてあんなセリフを言ったんだろうなぁと、映画への理解が深まりますね。この感覚がたまりません。

ホーチミンに来たら、ベトナムグルメの「バインミー」

せっかくホーチミンまで来たので、ロケ地だけでなく、グルメも紹介させてください。これもフランスの植民地支配を受けたことによる食の文化です、フランスパンに様々な具をはさんだもの、“バインミー”をご紹介

私、バインミーが大好きでして、今回の旅で3回食べたのです!

「タオヴィー」(THAO VY)

タオヴィー

注文してから具をはさむ前にパンを温めなおしてくれるのでホカホカでパリパリ。これが最高でした! 中身には肉団子をチョイス。甘辛い味付けがなますや香草ともマッチして、ニッポンの食べ物かと思うほどの舌なじみの良さで、とても美味しかったです。

「ニューラン」(NHU LAN)

ニューラン

キュウリとネギが特徴で、マヨネーズが塗られているのでサンドイッチに近い感じで、食べやすさがありました。パンや総菜やお菓子がお店の正面のショーケースに並んでいて、奥が食堂になっています。バインミー以外にフォーなども食べれて、地域密着系な風情が良かったです。

「ブレッディー バインミー トゥオイ」(Bready BANH MI TUOI)

ブレッディーバインミートゥオイ

このお店は基本がパン屋です。奥がレストランになっていて、バインミーはもちろん、デザートや、隣りの席のお父さんは肉料理を食べてました。パン屋だけあって、バインミーのパンはフランスパンとは違ってオリジナルのコッペパンのような感じ。焼きたてでふかふかです。具材が別皿で運ばれてくる…自分ではさむスタイル…というのもおもしろかったです。見た目のように味も上品な感じでした。

このように、バインミーと言ってもお店によって千差万別で楽しいです。個人的には「タオヴィー」がイチオシです!

ホーチミンの映画館事情

ホーチミンの街中でお土産を探している最中に、たまたま映画館も見つけました!

「CGV」というシネコン。

ホーチミンCGV

なんと、韓国のCJグループが展開するシネコンで、調べてみるとベトナム国内で最大手とのこと。

CGV-CJグループ

そして、映画『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』がちょうど公開になっていました。日本での公開が今年3月だったので、半年も経ってない間にベトナムでも公開されるんですねえ。なんだか嬉しくなりました。

ベトナム-ドラえもん

日本の映画館と同じように顔ハメPOPパネルもありました。ベトナム語タイトルは“NOBITA《のびた》 VÀ CHUYẾN THÁM HIỂM NAM CỰC KACHI《カチ》 KOCHI《コチ》”…(笑)。

みなさんも、『インドシナ』を見てホーチミンへ旅行を、ぜひ!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • うどん
    3.5
    去年ベトナムに行った時にコンチネンタルホテルに泊まったから折角行くなら〜って予習のために見た映画  めちゃめちゃ長く感じたけど3時間ないんだ カミーユもジャンバティストも美しい 結局行けなかったけどこの映画に登場するハロン湾が本当に綺麗だからいつか行ってみたいな ベトナム超良いところだけど今は行けないしこの映画見返して思い出に浸る
  • daydreamer7
    3.5
    隠れた大作
  • Kamiyo
    3.6
    1992年”インドシナ”  監督レジス・ヴァルニエ 1930年代(昭和初期)の仏領インドシナを舞台に 2人のベトナム人の養母となったフランス人女性エリアーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)の植民地ノスタルジーを描く。 カトリーヌ・ドヌーブは,フランスの近現代史に翻弄される 主人公を演じる。 当時、芽生えつつあった反植民地主義が共産主義思想の追い風を受け、仏領インドシナに独立の機運が高まってきた1930年代から1954年のベトナム独立承認までの時代を描いたドラマです。 エリアーヌがフランス人とはいえこの地で生まれ育っていて 裕福な家庭で生まれ育ちました。 ベトナム安南の地の特権階級の友人夫婦が事故で亡くなったことにより その娘カミーユ(リ・ダン・ファン)を養女として引き取り育てます。 友人の所有していた広大なゴム園の経営をも引き継ぎます。 母と娘は共にひとりの男性、カミーユが愛したのは海軍士官ジャン=バティスト(ヴァンサン・ペレーズ)自分が若い時に愛し、父親から無理やり別れさせられた男だった… 激動の時代のフランス植民地を舞台に、そこに生きる支配者と支配される者を通して、人の生き様と歴史の流れを描く。 そこでフランス人は何をしていたのか、ベトナム人たちは何をされていたのか。奴隷の様な扱いをされる人々に触れて、社会に疑問を持ち目覚めていくベトナム人の自我がカミーユを通して見て取れる。 またこれはその時代に生きていた家族の絆と愛の話でもあり、激しく揺れ動く歴史の中で翻弄された登場人物の悲しみが切なく美しい。 海軍士官ジャンとカミーユの恋を中心に、激動の波にもまれていく人間を丹念に追いかける。 1954年にジュネーブで開かれた南北ベトナムの国家誕生を承認する国際会議が映画のクライマックスであり、カミーユは独立を勝ち取った反体制派の要人として会議に出席しており、息子と祖母は面会に来ているのだが結局息子の意志で再会を果たすことなく映画はジ・エンド。 海軍士官ジャン=バティストとカミーユとの間に生まれた男の子にエリアーヌ祖母が、両親のことを語り聞かせている場面を後半に何回有り インドシナの自然も美しい。舟で流された谷間の島々はまるで水墨画を見ているかのよう。 古都フエやハロン湾などの風景が絵ハガキのように美しい。 映画はエリアーヌ(カトリーヌドヌーヴ)の視点で描かれてるので、 戦争については遠くから見ている感じ。 革命戦士となったカミーユを見てみたかったなぁと思いますが、 そうすると全然違う映画になってしまいますね。 所詮はフランス人から見たアジアであって、いろいろな意味で本質的な部分は描き切れていません。
  • 悟空
    -
    ⑤字幕
インドシナ
のレビュー(610件)