【映画館、ときどき、ロケ地巡り】ホーチミンでバインミーを食べ歩きながら

トーキョー映画館番長

たなやん

私、映画館も好きですが、旅行も好きでして…。この度、ベトナムのホーチミンに旅行に行ってきました。

旅行の楽しみの1つに、映画のロケ地巡りがありますよね。調べてみると、ホーチミン市には、映画『インドシナ』のロケ地になっているスポットがあるとのことで、旅の前にTSUTAYAの店舗でDVDレンタルしました。

インドシナ

アカデミー外国語映画賞受賞、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の『インドシナ』

フランス版『放浪記』といった感じで、愛に生きる女性が力強く描かれていました。カトリーヌ・ドヌーヴが…失礼ながら逆算すると45歳ぐらいの時に撮られた作品なのですが…、画面に映るだけでなにか色香が漂ってくるような。美しかったです。

現在のベトナムなどインドシナ半島の一帯は、フランスが植民地支配していた時代にインドシナと呼ばれていて、映画はその時代の1930年代が舞台です。

ベトナムという国が誕生する独立運動もストーリーのカギになっていて、歴史大作でもあります。ベトナムに旅行する方は、事前にこの映画を見ると文化や史跡への理解が深まり、より一層旅行を楽しめます。劇中には世界遺産のハロン湾も出てきて、逆に、この映画を見るとみなさんベトナムに旅行したくなると思います。

ホーチミンにある『インドシナ』のロケ地

映画で、カトリーヌ・ドヌーヴらがホテルのカフェのオープンテラス席で話し合いをするシーンが何度かあります。そのホテルが、ホーチミンの一番の繁華街であるドンコイ通りにあります。

「ホテル コンチネンタル サイゴン」

コンチネンタル引き

映画(公開年:1992年)とは外観の装飾などは変っていますが、建物自体・窓枠などまさに映画のまま。劇中にもホテル名の看板が映っているので、まさにここです。

オープンテラスのカフェがあるので、ここでお茶をすれば、気分はカトリーヌ・ドヌーヴになりきれます!

コンチネンタル寄り

ロケ地に来ると、主人公はこの景色を見ながらこんな風に感じてあんなセリフを言ったんだろうなぁと、映画への理解が深まりますね。この感覚がたまりません。

ホーチミンに来たら、ベトナムグルメの「バインミー」

せっかくホーチミンまで来たので、ロケ地だけでなく、グルメも紹介させてください。これもフランスの植民地支配を受けたことによる食の文化です、フランスパンに様々な具をはさんだもの、“バインミー”をご紹介

私、バインミーが大好きでして、今回の旅で3回食べたのです!

「タオヴィー」(THAO VY)

タオヴィー

注文してから具をはさむ前にパンを温めなおしてくれるのでホカホカでパリパリ。これが最高でした! 中身には肉団子をチョイス。甘辛い味付けがなますや香草ともマッチして、ニッポンの食べ物かと思うほどの舌なじみの良さで、とても美味しかったです。

「ニューラン」(NHU LAN)

ニューラン

キュウリとネギが特徴で、マヨネーズが塗られているのでサンドイッチに近い感じで、食べやすさがありました。パンや総菜やお菓子がお店の正面のショーケースに並んでいて、奥が食堂になっています。バインミー以外にフォーなども食べれて、地域密着系な風情が良かったです。

「ブレッディー バインミー トゥオイ」(Bready BANH MI TUOI)

ブレッディーバインミートゥオイ

このお店は基本がパン屋です。奥がレストランになっていて、バインミーはもちろん、デザートや、隣りの席のお父さんは肉料理を食べてました。パン屋だけあって、バインミーのパンはフランスパンとは違ってオリジナルのコッペパンのような感じ。焼きたてでふかふかです。具材が別皿で運ばれてくる…自分ではさむスタイル…というのもおもしろかったです。見た目のように味も上品な感じでした。

このように、バインミーと言ってもお店によって千差万別で楽しいです。個人的には「タオヴィー」がイチオシです!

ホーチミンの映画館事情

ホーチミンの街中でお土産を探している最中に、たまたま映画館も見つけました!

「CGV」というシネコン。

ホーチミンCGV

なんと、韓国のCJグループが展開するシネコンで、調べてみるとベトナム国内で最大手とのこと。

CGV-CJグループ

そして、映画『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』がちょうど公開になっていました。日本での公開が今年3月だったので、半年も経ってない間にベトナムでも公開されるんですねえ。なんだか嬉しくなりました。

ベトナム-ドラえもん

日本の映画館と同じように顔ハメPOPパネルもありました。ベトナム語タイトルは“NOBITA《のびた》 VÀ CHUYẾN THÁM HIỂM NAM CỰC KACHI《カチ》 KOCHI《コチ》”…(笑)。

みなさんも、『インドシナ』を見てホーチミンへ旅行を、ぜひ!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ルーブリック
    3.9
    記録
  • mina
    5
    記録
  • よっちゃん
    3
    カトリーヌ・ドヌーヴの凛とした美しさは、まさに別格。娘も魅力的でとても良いのだが、個人的に「三角関係」系は苦手なので、スコアは低め。歴史的側面ももう少ししっかり描いて欲しかった。
  • KanKawai
    3.7
    1992年フランス映画。主演カトリーヌ・ドヌーブ。フランス領インドシナにて両親を亡くした幼子と資産を引き継いだフランス人女性の生涯。インドシナ独立から南北ベトナム成立までを壮大に描いている。とにかくドヌーブが美しい。ベトナムの街並みも楽しめる。
  • フライ
    3.9
    ベトナムがフランスの植民地時代インドシナと呼ばれていた頃、時代の潮流に翻弄されながら、苦しみ葛藤しながら生きる男女と、植民地支配からの独立を描いた壮大なストーリー。 美しかったカトリーヌ・ドヌーヴが円熟を増した頃の作品であり、内容との相乗効果もあり色々な意味で彼女の迫力と哀愁を感じた作品。 フランスからの独立に揺れるインドシナにおいてゴムの大農園を所有するフランス人女性エリアーヌとインドシナ皇女で養子の娘カミーユ、フランス人海軍士官ジャン=バティストとの恋と葛藤を描いたストーリーは余りにも切なく悲しい内容に、ベトナムが歩んだ悲惨な歴史と、フランスの暗部を見た気がした。 最後の辛い終わり方はとても悲しく感じたが、王政から独立したフランスが、王政や特権階級を利用しベトナムを植民地とした皮肉とも思える部分と、フランスからの独立とカミーユが歩んだ辛い道が重なるのが、とても複雑な気持ちにさせられた。
インドシナ
のレビュー(562件)