アカデミー賞関連作品にレビューを書いて豪華グッズをゲットしよう!

本年度アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』とノミネーション作品『ラビング 愛という名前のふたり』が9月15日(金)よりTSUTAYAでレンタル開始!

そのレンタル開始を記念して、豪華賞品が当たるキャンペーンを本日より開催!

TSUTAYAアカデミー賞1

Filmarksメンバー限定!オリジナルグッズが当たる!

本日9月15日(金)〜2017年10月15日(日)の期間中、応募いただいた方の中から抽選でコチラの賞品をプレゼント!

A賞:『ラ・ラ・ランド』DVD&非売品プレスシート セット 5名様
B賞:『ムーンライト』DVD&非売品プレスシート セット 5名様
C賞:『ラビング 愛という名前のふたり』DVD&非売品プレスシート セット 5名様

TSUTAYAアカデミー賞2
※写真はイメージです。

【応募方法】

応募フォームに必要事項をご記入の上、対象の映画作品を鑑賞して「#TSUTAYAアカデミー賞」とタグを付けてレビューを書くだけ! すでにレビューを投稿済み(Mark!済み)の作品にタグ付けするのでもOKです! 複数の対象作品にタグ付けすると当選確率アップ!?

※対象作品以外にタグ付けしてもキャンペーン参加とみなされません。

対象作品は全3タイトル!まずはClip!しておこう!!

・『ムーンライト

・『ラビング 愛という名前のふたり

・『ラ・ラ・ランド

キャンペーン概要

◆応募期間
2017年 9月15日(金)〜2017年 10月15日(日)

◆応募資格
・Filmarksに会員登録されている方。(メンバー登録をPCまたはスマートフォンアプリで行われた方。)
・該当する作品のレビューをFilmarksで投稿していただいた方。
・対象作品のレビューに #TSUTAYAアカデミー賞 のタグを付けて投稿していただいた方。

◆プレゼント内容
A賞:『ラ・ラ・ランド』DVD&非売品プレスシート セット 5名様
B賞:『ムーンライト』DVD&非売品プレスシート セット 5名様
C賞:『ラビング 愛という名前のふたり』DVD&非売品プレスシート セット 5名様

◆注意事項
・当選権はご本人様のみ有効です。
・当選権利の譲渡、換金は一切できません。
・応募内容に不明な点があった場合や当選後の連絡が不通となった場合、応募・当選を無効とさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください。

◆当選発表
・当選の発表は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。
・抽選に関してのお問い合わせにはお答えできかねます。あらかじめご了承ください。
・本キャンペーンのご応募はお一人様一回限りとさせていただきます。
・応募時に応募フォームに記入いただく氏名・メールアドレス等の情報は、抽選および当選された方へのご連絡・賞品発送にのみ利用させていただきます。

(C)2016 A24 Distribution, LLC (C)2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

※2022年11月29日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • OO
    3.3
    最後の20分くらいから面白くなってきたと思ったらすぐに終わってしまった。 アカデミー賞ではなくないかと思ったが、勝因は黒人とLGBTという掛け合わせなのかな。 主演の男性の困ったような自信なさそうな表情が終始いい。 レストランのシーンと車の中のどこに行くのか聞かれて答えに困っている顔がすごく良かった。自分も答えに困ったときああいう顔になってるのかな。
  • いずみ
    4.7
    主人公がブラックと呼ばれた時の背景が鮮やかなブルーだったり、映像も主人公もすごく繊細
  • RRR
    4.3
    ・フロリダ州マイアミの貧しい黒人街で暮らすシャロン いじめや薬中の母からのネグレクトや自分がゲイである事と葛藤しながら成長してゆく…的な内容 ・物語は少年期と青年期と大人になってからの3部構成のジェンダーレスものです  印象としては何だか妙に色気がある作品だなと感じました  ・黒人の肌のしっとりとした質感がとても生々しく、息遣いを感じさせる何気ないしぐさがエロティックと言うか…ドキドキさせられました 物語がどう転んでゆくのかが見えない 綱渡りの緊張感もとても良かったです ・「俺に触れたのはお前だけだ、俺はあれから誰ともああいう風に触れたことは無かった」というセリフに溢れる心の機微と抒情的な美しさ… 泥の中で育ち 人知れずひっそりと開いた花の様なその佇まいを隠し、誰にも見せる事が無かった孤独 B系ファッションに身を包み 鎧で固めて 自分の柔らかい部分を守って来たのかなと… ・ゲイを扱った作品だと言う事とブルーの色彩に ウォン・カーウァイ監督の「ブエノスアイレス」を思い出しましたが、どうやらオマージュ作品だった様ですね 作中での一部の楽曲も あえて意図して同じものを使用したのだそうです  ・抒情詩の様な繊細さと美意識の高さに鑑賞後しばし放心… 文句なしの良作品です
  • 作品集
    4.6
    月明かりが照らす青さ       でもその思いは消えない。 シャロンの幼少期 少年期 青年期を描く 周りにいじめられ、親には愛されず そんな中唯一の友達ケヴィン そしてたまたま出会ったフアンという売人 この2人とシャロンとの人生を描く。 まず、母親が言ってた。 【あの子がいじめられる理由がわかる?】 が疑問点 細いから?ナヨナヨしてるから? 【スキニーパンツだな!】みたいな台詞もあったから、 細いと男じゃねぇ!みたいな価値観があったのかな? そんな環境で育ち、 自分はゲイかもしれないとシャロンは思ってしまったのか。 でも、その環境がなければ ゲイという自分と向き合うこともなかったのかも。 とりあえずおかまって言ってはいけないということがわかった。 世にある矛盾をうまく描いてる。 フアンはシャロンと出会い、 シャロンが抱えている悩みは、 母親である。とすぐわかった。 そんなある日、フアンはその母親が 自分のヤクの客であることに気づく。 【お前母親やろ!】っていうんだけど 説得力ない。 だって売ってるのフアンだから。 でも、それを売らなきゃ仕事がない。 やめたいけど、ダメだと思ってるけど やめられないフアンのやりようのない モヤモヤが画面から飛び越えてきた。 母親はヤク中。 自分は男と遊び倒し、 幼少期や少年期のシャロンには、 【今日は客が来るから帰ってくるなよ】と言い放つしまつ。 大人になったシャロンに、 【ごめんね。あの時。 私はあなたの愛がほしいタイミングで愛を与えなかったから許さなくていいよ。】っていう。 ずるい。 シャロンは許したけど、 僕も許すだろうけど、 ずるいとは思ってしまう。 僕はその気持ちをぶつけると思う。 シャロンはそれをぶつけず、 今の頑張ってる母親を見て、 何も言わず抱きしめた。 なかなかできたことじゃないと思った。 誰もいない空間に何かがあるように思わせるA24の不思議な世界観 自分の中でいいなぁと思ってるけど、 今すぐみて!とは思わない。 でもいつか観てほしい。 評価に悩む作品でした。
  • tks
    3.8
    hiphopのBPMを下げるテク、チョップドアンドスクリュームによって酩酊感を表現しているという解説を聴いた Manという再生回数1万くらいのポルトガル生まれのラッパーの「友よ」という音源を思い出した。
ムーンライト
のレビュー(86171件)