『民生ボーイと狂わせガール』で恋に溺れる愚かな男を演じる妻夫木聡が目撃した愚かな人間たち

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

g1

現在公開中の妻夫木聡主演映画奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール恋に溺れる男の愚かさをポップに描いた映画ですが、同じく妻夫木聡主演で人間の愚かさを乾いたタッチで描いたのが愚行録

今年2月に公開されましたが、もうDVD出てるんですね、早い。

DVDのいいところは観終わった後にすぐに観返すことができる点ですね。今作も頭から観返すと、ラストと冒頭の妻妻夫木聡の行動がリンクしてくるし、些細な仕草や表情が実は「衝撃のラスト!」への伏線になっていたことにも気づけますよ。

未解決の一家惨殺事件を追う妻夫木聡

妻夫木聡が演じるのは未解決の一家惨殺事件を追う記者です。同僚や上司は「忘れられた事件をなんで今頃……」と呆れていますが、妻夫木聡「時間が経ったからこそ出てくる証言もあるはず」関係者への取材を開始します。彼にはこの事件を追う本当の理由があるのですが、それはラストまでわかりません。

殺害されたのは絵に描いたような幸せな家族で近隣の住民にも感じが良かったのですが、関係者への再取材によってこの家族の「真相」が暴かれていきます。

g3

関係者が語る愚行の数々

関係者の証言により害者夫婦の過去の行動が明かされていきますが、同時に関係者たちのクズっぷりも露呈されます。こんな証言を誇らしげにのうのうと語る姿こそが愚行そのものではないかと思えてきます。

特に、臼田あさ美の証言が面白いです。有名私立大学には内部生と外部生で格差があるようで、その辺りでの女性同士のマウンティングが壮絶ですし、その奥に日本の階級社会の歪みが見えてきます。

g2

証言の積み重ねによって被害家族と関係者たちの本性を描くストーリー展開がすごく上手いです。社会構造の歪みが生んだ闇と、その闇が引き起こした猟奇的な犯行の真相が次第に暴かれていきます。

臼田あさ美を筆頭にみんなのびのびと「クズ人間」を演じているのも楽しいです。特に松本若菜の演技が素晴らしくて僕に権力があったら彼女に助演女優賞を差し上げたいです!

また、わざわざポーランドからカメラマンを呼んで撮影しただけあって、引き締まった黒と淡色での色構成や、幾何学的で大胆な構図がカッコイイんですよ。

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』』と併せて、ぜひ愚行録ご覧ください!

g4

【あわせて読みたい】
 映画を彩る狂わせガールたち!魔性の女の魅力にハマる
 大ヒット間違いなし!『散歩する侵略者』黒沢清監督のあの“ダークファンタジー”を復習しようよ!
 【カップルで観ちゃいけない映画!?】男らしさの崩壊!危機的状況で現れる男の本性とは?
 ダニエル・ラドクリフ、最新“主演作”で死体を熱演!?愛おしくてたまらない大傑作『スイス・アーミー・マン』
 貸し切り映画館気分が味わえる!シネフィルのためのオンラインサービスって知ってる?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • kebin
    3.5
    同じ人のことを聞いてるのに人によってこんなにも印象って変わってくるのね 人間って愚かだね 人が愚行を行ってそれによってまた他の人が愚行を行う。まさに愚行録。
  • 社畜ちゃん
    3
    なつはらさんみたいな女はどこにでもいるしみつこちゃんみたいな女もどこにでもいる そんな女たちを都合よく使う男たちもどこにでもいる みんな自分の話をしたがる
  • タマフル
    4.1
    この監督は良い意味で邦画っぽくない。 最初と最後のバスでの件が良い例。 内部生と外部生の軋轢は「あるある」として非常に心苦しい。なぜかというと、そのような大学に今通っているため、友達作りには非常に苦労した。人間成り上がるために他人を使う、恐ろしくもあり、その野心を清々しく感じてもしまう。 小出恵介演じる田向が最高にクズなのだが、自分の野望のために進む姿にはカッコ良さすら感じてしまう。 私も講義の出席を他人に取らせるなどしてしまっていたな(あの時はごめん) 物語に出てくる人物は1人を除いて自分を愛している。そのためには他人なんでどうでも良い。そんな清々しさを感じてる自分もその仲間かと思うとゾッとしてしまう。 最後にその1人すら呪縛から解放されたわけで、自分が一番可愛いのかもしれない。そう思ってるうちは誰もが愚かで、子供なのかもしれない。
  • しあわせばたー
    3.8
    記録用
  • Pegasus
    4.5
    凄いものを観た! これは、日本の映画史に残すべき作品だと思う。 まず構成が素晴らしい!ある事件の被害者の知り合いから話を聞いてだんだんと真相が見えてくるという古典的な構成だけれど、話をする人によって同じ事柄でも自分が正しいように話したり、自分が嫌ってる人を悪く言うなど、黒澤明の『羅生門』にも通じる「人間の真理」を描いていて、またその構成だからこそできる後半からの謎解きは圧巻! 「仕掛けられた三度の衝撃」って宣伝文句だけど、二つ目はまだしも、一つ目と三つ目は本当に衝撃を受ける。見事にやられたよ… あと表現方法が一番凄いポイント。 監督の石川慶は『蜜蜂と遠雷』でも感じたけど、映像で説明してくる監督。 邦画ではありがちな、セリフでめちゃくちゃ説明しまくるのでは無くて、画面にあるものだとか人物の行動で説明してくる。 静かな作風だし合わない人にとってはつまらない表現技法だと思うけど、自分のように合う人からすれば、監督の才能と演出の素晴らしさに感嘆する。 徐々に見えてくる真相へたどり着くまでの脚本も上手いし音楽も憂鬱な不気味さがあって世界観を完全に作り上げている。 それに加えて妻夫木聡と満島ひかりのダークな演技。 この石川慶監督が作り出す世界観が好きだ。個人的に今一番期待できる日本の映画監督。 日本人特有の「責任感の重さ」と「階級社会による差別」、「風俗の乱れ」が産んだ恐るべき怪作!
愚行録
のレビュー(16328件)