【IFFJ】現代インド映画最前線!製作者から見たインド映画【インタビュー】

Why So Serious ?

侍功夫

現在開催中の第6回「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン(通称:IFFJ)」。ゲストとして来日している僕の可愛いビンドゥアクシャイ・ローイ監督、『フライング・パンジャーブ』『ラマン・ラーガブ2.0 神と悪魔のプロデューサーであるヴィヴェーク・B・アグラワールさんのお二方にお話を聞いてきました。

int_03
「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン」オープニング・セレモニー舞台挨拶。右から司会AYAKAさん、ヴィヴェークさん、アクシャイさん、IFFJ主催のスレーシュさん。

長編監督デビューになるアクシャイさん。問題作を多く手がけるヴィヴェークさん。それぞれの映画にかける情熱をお聞きください。

『僕の可愛いビンドゥ』監督アクシャイ・ローイ

int_02
MITで2年間映画製作を学んだ後、アモール・グプテミーラ・ナーイル作品のアシスタント・ディレクターを勤める。その後にいくつかの短編映画を手がけ、そのうちの1本『The Finish Line(原題)』が第59回ナショナル・フィルム・アワードのシルバーロータス賞最優秀探検・冒険映画賞を受賞。本作が長編デビューとなる。

ーー初めての日本だそうですが、印象をお聞かせください。

以前から日本には興味があったんだけど、今回この映画祭のおかげでやって来れて感謝しているよ。歌舞伎や現代美術館へ行ったり、昨日は朝4時に起きて築地市場に行って日本を満喫しているよ。

ーー本作が長編デビュー作になるわけですが、どういったいきさつがあったのでしょうか?

int_06

プロデューサーからの依頼があったんだ。脚本を渡されたんだが、とても良く出来ていたんで即決だったよ。

ーーそうだったんですか。主人公の名前が「ローイ」で、経営学の大学に通ったのに作家になったという展開です。監督も名前が「ローイ」でMITに行ったのに映画監督になっています。もしかしたらパーソナルな作品なのかと勘ぐってしまいました。

それは偶然なんだ。私が関わる以前、出来上がった脚本で、もう主人公は「ローイ」だったんだ。ただ、恋愛経験やフラれた経験にはとても共感できた。だけど、そういう経験って普遍的に誰でもあるよね? そういった普遍性に惹かれたんだ。

ーースランプになった作家の映画ですと『バートン・フィンク』や『シャイニング』『8 1/2』といった傑作があります。デビュー作の題材にするには決意もあったのでは?

確かに作家の話なんだけど、本作は作家であることよりも、誰でも経験のある恋愛をメインに据え、カセットテープと音楽に紐づいた記憶の物語として構築していたので気にはならなかったよ。

ーー劇中で私用されている楽曲について教えてください。

あれらは古い30年代のものから80年代くらいまで、インド全土で、年寄りから子供まで誰でも知っているような普遍的な有名な曲なんだ。

ーー本編を貫いているイメージに、住宅街の上を巨大なドゥルガー神の像が飛んでいる場面があります。インド神話になじみのない日本人にこの場面の意味のようなものを教えてください。

神話というよりも主人公が劇中で書いている小説とリンクしているんだ。日常と自分が書いている非日常が混在していて、自殺も考えている。という心象風景をシンボリックに映像化した場面なんだ。

ーー劇中、ローイとビンドゥが暮らし始めた部屋の壁にグルダット監督の『紙の花』のポスターが飾ってあります。『紙の花』の物語とのリンクを図ったのでしょうか?

あのセットを作る時に、ローイとビンドゥならどんな部屋にするか考えたんだ。彼らは映画好きで紙の花グル・ダットも好きだろうと。そのくらいの理由であまり深い意味は無いよ(笑)。

ーービンドゥが歌手デビューをしてCD屋さんのイイ場所にCDを置いてもらうのですが、あまり売れずシャー・ルク・カーンの『Chak De India!(原題)』のサントラに変えられてしまいます。

理由は2つあるんだ。まずChak De India!のプロデューサーが本作のプロデュースもしているから権利が発生しない(笑)。もうひとつは、この映画では時間軸をかなり変えるので場面がいつの時代かわかるようなものとして、2007年公開の『Chak De India!』のサントラを出したんだ。

ーーインド映画ではよく時間軸をいじりますが、本作ではかなり頻繁です。

過去と現在が関わりあっていることを並べて見せることでドラマが生まれていくと考えたんだけど(500)日のサマーに構造が似てないか?という話になってね。ただ、構造以外の大部分はインドでしか成立しないものだし、実際オリジナルな作品に仕上がったと自負しているよ。

ーパリニーティ・チョープラーさんの魅力について教えてください。

int_09

彼女は俳優として“リアクション”がいいんだ。私は俳優にはリアクションの能力が必要だと思っている。共演相手や状況のちょっとした、偶発的な変化に反応して、演技を変えていけるのが良い俳優だ。彼女にはそういった能力がある、素晴らしい俳優なんだ。

ーー偶発的と言えば、本作の海辺でローイの頭に飛んできた原稿がひっかかる場面や、ビンドゥをおんぶしたローイの顔に髪の毛が一房かかったり、偶発に愛されていると感じました。

海辺のシーンは本当に「やった!」と思ったよ。髪の毛がかかる場面も可愛いでしょ? こっちは意図的に演出したんだ。だからうまく髪の毛がかかるまで何度も撮影を繰り返した場面なんだ。この場面を指摘してくれたのは初めてだよ。気付いてくれてありがとう!

ーー最後になります。好きな映画を教えてください。

日本映画では黒澤明羅生門七人の侍小津安二郎東京物語は傑作だよね。ハリウッド映画だとキャメロン・クロウザ・エージェント』『あの頃、ペニー・レインと。あとは炎のランナー』『幸せのちから。こんなところかな? エモーショナルに感情を揺り動かすような作品が好きだね。

『フライング・パンジャーブ』『ラマン・ラーガブ2.0 神と悪魔』プロデューサー ヴィヴェーク・B・アグラワール

int_01
経済学、ファイナンスで学士号。金融学で修士号を取得するも映画業界へ入り、監督、脚本、VFXを経てプロデューサーに。IFFJ上映作『フライング・パンジャーブ』『ラマン・ラーガブ2.0 神と悪魔』の他に日本公開を控える『クイーン 旅立つ私のハネムーン』がある。

ーー初めての日本だそうですが、印象をお聞かせください。

とても清潔でインフラも整っていて素晴らしい国だね。

ーー『フライング・パンジャーブ』が生まれたきっかけを教えてください。

int_07

監督が脚本を売り込みに来たんだ。その出来が良かったんで製作を決めた。というのが経緯だね。

ーー実際の麻薬問題を取り扱う重いテーマですが、シャヒード・カプールやアーリヤ・バット、カリーナ・カプールといった有名俳優も関わった大きな企画にまでスケールアップした理由はなんでしょう?

まず、この問題は広く知らしめられるべきものだという社会的な意義を製作陣が持ち、そのために有名な俳優たちにアプローチしたところ、共感してもらい出演に繋がった。実はそれで予算が膨らんだということはなくて、俳優たちも社会的な意義のために、あまり多くはないギャラでの出演をしてもらっているんだ。

ーー特にアーリヤ・バットさんは見た目も貧しい汚れた姿で登場します。

int_05

彼女の場合は、脚本を読んでもらった段階で逆に「この作品のこの役は、私がやるベキだ。」とアプローチをしてきたほどなんだ。良い俳優は、それまで演じてこなかったような役にチャレンジをするもので、彼女もその1人だ。彼女は実際に舞台となったパンジャーブ地方へ行って2週間に渡って自分でリサーチをして役作りをしてきたんだ。

ーーシャヒード・カプールも普段のイメージとはかけ離れた傲慢で尊大な役柄です。

int_08

彼も脚本を気に入ってくれて、熱心に役作りをしてくれたんだ。文字を入れた頭の剃りこみも、自分で自身の髪の毛を剃って作ってきたんだよ。

ーー『ラマン・ラーガブ2.0 神と悪魔』はもっと陰惨で恐ろしい映画で、製作するには勇気のいる決断に思えます。

int_11

アヌラーグ・カシュヤップが監督するとなれば断る手は無いね。彼の作る、臭いたつような暗さはとてもオリジナルだ。俳優陣も素晴らしい仕事をしてくれたし、出来上がった作品にもすごく満足しているよ。

ーー本作のナワーズッディーン・シッディーキーさんは素晴らしい俳優ですね。

int_12

まったくだ。彼は認められるまで長い下積み時代があって、ちょっとしか映らない端役からキャリアをスタートさせているんだ。この7~8年くらいでようやく認められたんだが、今でも全く謙虚に役柄へ取り組み、キャラクター自身に成りきるようなアプローチをしてくれる。素晴らしい俳優だ。

ーー一方で日本でもようやく公開が決定した『クイーン 旅立つ私のハネムーン』は非常に力強い。元気をもらえるような明るい物語ですね。

int_13

日本公開するの? それはイイね。監督のヴィガス・バルは私たちの会社のパートナーでもあるんだ。この作品はデリーに住む女性の物語ではあるけれど、世界的にも共感できる普遍性がある物語になっているんだ。実際に公開された様々な国でも賞賛をもって受け入れられていることに誇りをもっているよ。私たちの会社は、一般的な、多くの人がイメージするようなボリウッド映画との差別化として『フライング・パンジャーブ』や『クイーン 旅立つ私のハネムーン』のような作品を作っていく傾向があるね。

ーー最後になります。好きな映画を教えてください。

そうだなぁ。まずは監督としてのクリント・イーストウッド作品は好きだ。出演もしているけどマディソン郡の橋は特に好きだ。あとはロベルト・ベニーニライフ・イズ・ビューティフル。あと、自分で作った映画ではインディペンデント時代の『LAND GOLD WOMAN(原題)』が一番だ。名誉殺人をテーマにした作品で、これのおかげで様々な国へ出かけ賞ももらったし、なにより私の妻が監督をしているからね(笑)。

【あわせて読みたい】
 今年で6回目!「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン」を知っているか?〜おすすめ作品〜
 オモシロさ保証つき!インド映画の祭典【IFFJ】観賞ガイド
 【IFFJ】インド映画界の次世代を担うリーダー2人に聞く、インド映画の「リアル」
 「代表作になった」と菅田将暉が断言する映画『あゝ、荒野』衝撃の305分、一瞬たりとも目が離せない
 海外メディアが絶賛!望まない結婚、許されない恋、17年の時を経て知った真実の愛…衝撃のフランス映画がついに日本公開

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Mana
    3.5
    ベタなストーリーで意外性はないけど、主役の女の子が可愛くてとても良かった。 それに、求めてるものを見せてくれた。
  • じえり
    3
    知らない街を旅したくなる やっぱりパリ素敵 タカの配役に不満
  • Milkey
    -
    いいインド映画観すぎてこれはあんまりだった。日本だけでなくいろんなことへの偏見がすごい。
  • atsu
    3.8
    閉鎖的な世界で生きてきたラニが、ヨーロッパへ飛び出し成長していく様がよかった 見知らぬ街で出会う人や、景色は何倍もの経験値を積ませてくれる 旅の楽しさも感じさせてくれた映画でした
  • 空海花
    3.7
    突然婚約を破棄されてしまった箱入り娘が 失意の中、ハネムーンで行くはずだった パリ・アムステルダムへひとり傷心旅行。 お菓子屋さんの娘というのが甘くてまたいい。 スタイリッシュガール&ロードムービー。 始まりは静かに。 初めての海外、しかもひとり旅、 箱入り娘でずっと憧れていたフランス。 でも最初はメソメソしている上に 海外旅行で想像できるトラブルも一通り起こり、かわいそうだが笑ってしまう。 街並みはとても美しいのに、それどころではなく、早くも彼女は限界の予感。 PCはTOSHIBAの文字。 でも出会いがたくさんあって、 どんどん楽しくなってくる♪💃 インド出身だけれどフランスに住んで 自由を満喫しているインド人女性(色々な国のミックス)が、かっこいいし優しい。 ちょっとLiLiCoさんに見えた(笑) 女の友情、いいよね!と思えて嬉しくなる。 と思ったら、第二部はなんと男友達! しかも出身はバラバラ! 日本人設定の人もいる。 でも日本人ではない(笑) でも良いキャラクターである。 それまでは何となく定められたレールを歩くことに、疑問を持つきっかけもなく 何となく平和でまぁ悪くはないし これが幸せなのかも。 そんな感じのラニ。 でも知らない世界に足を踏み出して 全身で楽しさを感じることを知る。 自分で色々なことを体験して 活き活きして明るく、そして美しく輝く。 大事に育てられた少女から 自分で幸せを感じる女性へ。 幸せは自分で行動して得るもの。 自分が感じるもの。 ラニを演じるカンガナー・ラーナーウトって 「マニカルニカ」の女優さんだった。 「マニカルニカ」は鬼気迫る演技だったが これは笑顔が可愛くてはまり役。 リサ・ハイドンが演じる女友達との会話が素敵。 旅先でただはっちゃけるのではなく 自分は捨てない。 ヴィジャイラクシュミがいるじゃない。 旅の最後はロックステージ! でもフランスのロックが流れるのではなく インド系のBGM?(笑) でも気分は最高潮! エンディングはインド系のロックなのか こちらの方がノリノリだった♪ インドはFacebookが好きなのかな。 旅先での繋がりは良いなと思う。 インドがNo.1🇮🇳!が前面に出ているが これはインドのガールズ達への応援ムービーなのだと思う。 むしろ、いいじゃない。 2020自宅鑑賞No.12/total81 全然知らずに何となく面白そうと思って観たら なかなか面白かったです。 元気をもらえる作品でした💠
クイーン 旅立つわたしのハネムーン
のレビュー(256件)