「生きるということは、ただ呼吸をするだけ」激情の俳優・國村隼が静として存在した映画『KOKORO』【インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

フランスのオリヴィエ・アダムによる小説を、ベルギーの女性監督ヴァンニャ・ダルカンタラが、日本の美しく険しい自然を背景に人間の回復の物語を紡いだ映画KOKOROが公開に。ベルギー、フランス、カナダ、日本という4か国混成スタッフたちが集い、穏やかに心洗われる物語へ昇華。何気ない日常、そのこと自体に目を向けた心染み入るドラマだ。

その期待作に韓国映画『哭声 コクソン』で国内外の注目を浴びた國村隼が、もう一人の主人公でもある元警察官のダイスケを深みのある演技で表現。本作について「特に大きな事件が起こるわけでもなく、大まなかストーリーの流れのなかに、それぞれの個がたゆたっているような物語です」と語る國村隼に、映画KOKOROが投げかけるものについて聞く。

KOKORO

――近作の『哭声 コクソン』が衝撃的でしたが(笑)、本作は打って変わって心穏やかな作品になっておりますね。

穏やかでしたね(笑)。『哭声 コクソン』は肉体的にタフでなければいけない現場だったので、今作では少しホッとしていたところは正直ありました。KOKOROは自分が思い描いていた以上の、いい作品になったなと思っています。撮影現場ではルーベンという若いカメラマンが僕の知らないタイプのステディカムで自由自在に撮っていて、どういう映像になっているのかと思っていましたが、完成した映画を観た時にとても驚きました。

――ステディカムのイメージとはまた違うような、穏やかな映像美でした。そして、映像の語りかけも凄まじいものがありました。

そうですね。監督のヴァンニャ・ダルカンタラとルーベンの間には細かい打ち合わせはあったかと思いますが、実にフレキシブルでした。オールロケの撮影だったのですが、照明に時間をかけることもなくほぼ自然光です。あのルーベン、只者ではないなと思いましたよ(笑)。実は彼のことは話には聞いていて、ヨーロッパでは超売れっ子のカメラマン。監督とは長い知り合いで、彼女が撮るならと駆けつけてくれたそうです。

KOKORO

――それにしても『KOKORO』は、外国の方が観た日本ではありながら、人間の再生や回復という普遍的なテーマを静かに描いた力作でした。

主人公のアリス(イザベル・カレ)が日本にやって来るのですが、特に大きな事件が起こるわけでもなく、大まなかストーリーの流れのなかに、それぞれの個がたゆたっているような物語です。時々何か浮かび上がっていく程度で、また流れていく。その様子をカメラが見つめているというか、映像として編んでいくというのか。だから僕が演じたダイスケについても、具体的に何かを決めていくのではなく、台本を読み、下準備だけして後は現場で仕上げました。共演者や監督との作業を通して、ダイスケを存在させていく。それはいつもそうなんですけどね。

KOKORO

――國村さん演じる元警察官の男ダイスケは投身自殺の名所で有名な崖のある海辺の村に住み、悩める人々の心に寄り添っている人物ですね。

彼は何もしていないんです。そこにいて寄り添うだけ。相手に判断を迫らず、寄り添ってただ待っている。助け合う仲間でも、それこそ家族でもなんでもない。その人たちと同じ場所にいるという、そういう現実があるだけなんです。
そしてダイスケ自身は、彼の日常のなかで、人との関わりを持ちながら彼らを結果的に死から救うことはあるかもしれないけれど、逆に彼自身もどこか救われている部分があるのではないか。そういう理解でいましたね。

KOKORO

――ダイスケの強く“求めない”姿勢は、映画のキャラクターとしてもめずらしいと思いました。

ダイスケは警察官をすでにリタイヤしている身ですが、そんな生活のなかで何か抱えているものがあるんですね。だから彼の心の中に抱えるものと一緒に生きていくために、ダイスケ自身、彼らを救うことが必要だったのだろう、と。そして同じ時間を過ごすことが大切だと思っている。そして、そこを止まり木にして旅立ってくれることを望んでいる。
ずっと一緒にいることが大事なのではないんですね。引き留めたいわけでもない独特のスタンスなんですよ。

KOKORO

――ダイスケの心情も踏まえて、この映画は最終的にどういうメッセージを観客に投げかけていると思いますか?

人は生きていくうち、知らぬ間にオリのようなものがたまっていくものです。
アリスは日本から帰国したばかりの弟の言葉にそれを気づかされ、その直後に亡くなった弟の足跡を辿る旅に出ます。自殺で名高い場所である断崖絶壁、そこでダイスケと出会うのですが、この男は自殺に向かおうとする人と向き合いつつ、また自分自身の人生と対峙して生きている。この出会った二人は実際の断崖絶壁の淵に立ちながら、また人生の淵に立っているんですね。そして人生のオリを抱えた二人はただ一緒に居る。ある時ダイスケは「生きるということは、ただ呼吸をするだけ」と話します。
二人の出会いがあり、お互いがそれぞれの形で〈KOKORO〉の解放をつかんでいく、そんな力強いメッセージを感じて貰えるのではないかと思っているのですが。

KOKORO

映画KOKOROは11月4日(土)渋谷ユーロスペースほか全国順次公開。

(取材・文:鴇田崇)

KOKORO
(C)Need Productions/Blue Monday Productions

【あわせて読みたい】
 温和な小日向文世を怒らせた『サバイバルファミリー』は矢口監督の“逆恨み”から始まった!?【インタビュー】
 阿部サダヲが体当たりで挑んだ、狂気に似た愛の形「イメージがない役をやりたかった」【インタビュー】
 ゆとりモンスターでブレイク 太賀、主演作に投じた愛「自分の青春映画の区切りになってもいい」【インタビュー】
 トム・フォード監督7年ぶりの新作、3つの世界が交錯する美しき愛と復讐の物語『ノクターナル・アニマルズ』
 ダメウーマンと怪獣がシンクロ!日本大好き監督が描く新感覚エンターテイメント作とは?

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Monica
    2.4
    ニールス・シュネデール目当てで観て失敗したシリーズ(もはや多すぎてシリーズ化できそう) 儚い系男子を好きになってしまうと辛いですね、、 フランス人が、日本映画に憧れて映画を作ったらだらけてしまったという印象… 門脇麦ちゃんとの共演もみれるのかと思ったのに何もなくてかなしかった 最後のエロ描写の必要性がよくわからなかった
  • ダイビングヘッドバット
    2.6
    正直、あまり面白味のある話ではない。樹海もそうだったけれど、日本というと死にに来るところという印象が西洋人にはあるのだろうか。
  • ミサトmomo
    3.2
    松江市の駅だったけど島根県沿岸にあんな崖の光景があるのかな? 大切な人を亡くした空虚感 主人公、周りの人々の気持ちの流れが今ひとつ丁寧に表現されていなかった。 出演者に恵まれていながら、全体的にざっくりとしたまとめ方が残念。 日本の自然 町並み 人々もざっくりだった。
  • kty
    3.3
    日本海の自殺の名所の断崖に佇むフランスから来た女性と、そこに訪れた人達が自殺をするのを思いとどまらせるために自宅に宿泊させる男性と周囲の人達との交流を描いた映画です。 こんな断崖が日本にあるんだ、よく探したなあと感心しました。 そして外国人の監督が切り取る日本の田舎は、どうしてこう静謐な佇まいなのだろうと考えました。 その答えは、私たちが日頃東京から一方的に受け取る都会の情報に毒され、田舎を退屈なところだと思ってしまうのではないか。だから本来の伝統的な日本の良さに気づけないのかもしれません。 他方で日本の伝統に愛着のある外国人はそんな情報、偏見とは関係なく、古い日本のよいところを素直に感じ取れる感性があるのかなあと思いました。 ベルギー人の監督と外国人スタッフが描くミステリアスな日本、 ゆっくり時が流れ、傷ついた人々を癒やす、風景、波の音、境内、光、これらはキリスト教圏の人だけではなく日本人にも訴えるものがある気がしました。 ただエロスはなくてもいいかな?そこだけ残念。 國村隼さんの重厚感と、門脇麦さんの英語をしゃべる軽めの女子高生の演技が印象に残りました。
  • honobon
    3.4
    海外の人が描く日本に、なんとなく気になって。 『コントラ』のアンシュル・チョウハン監督然り、去年の東京国際映画祭に出品された作品でもリム・カーワイ監督をはじめ何本か日本を舞台にした作品があって。 だけど、この作品の監督は彼らと違って日本に縁があるわけではなく、日本に好意を持っている人。 タバコ吸わなそう(映っていないところでは吸っていそう)な門脇麦やおとなしい國村隼。 彼女の心が洗われたのならそれでいいんだけれど、見ていて感銘まではできなかった。弟の死に直面して生きていることは息をしていることと告げられるアリス。 優しさ溢れるファンタジーのような風景はとてもきれい。 ショットの感じはカンヌが愛している河瀬直美や是枝裕和のような印象。 そして、音楽もどこか日本映画のよう。 ファンタジーのような幻想的な日本と地に足のついた現実感(生活感?)のある日本の差なのかな。どちらも嫌いではないけれど。
KOKORO
のレビュー(230件)