『シン・ゴジラ』蒲田くん→品川くん→鎌倉さん、進化の記録!【身長比較表付き】

『侵略!外来いきもの図鑑』好評発売中!

ウラケン・ボルボックス

2016年公開され日本映画史に残る大傑作となった『シン・ゴジラ』。

シン・ゴジラ

社会現象と化しもはや説明不要なこの作品。CMとかでも散々ネタとして使われてるので、今更ネタバレもへったくれもない気もしますが一応アナウンスしておきます。

この記事がっつりネタバレです!

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

怪獣界の出世魚!

東京湾で出現し、第1、第2、第3、第4形態と一代で超進化。段階的に大きくなり出現ポイントに合わせて通称も変わる怪獣界の出世魚的存在のシン・ゴジくん。ツイッターとかではもう常識な通称ですが、もしかしたら知らないFILMAGA読者もいるかもしれないので一応、念のため……

シンゴジラ

第1形態

東京湾で最初に確認された姿。尻尾しか見えませんがオタマジャクシ的な姿だそうです。

第2形態:“蒲田くん”

蒲田に上陸したため通称は“蒲田くん”。ズリばいができるようになりました。首のエラ的なスリットからビチャビチャと赤い汁を垂れ流したり粗相が目立ちます。

第3形態:“品川くん”

立っちができたポイントが品川だったため通称は“品川くん”。直後にあんよもできました。初代ゴジラが上陸したポイントでもあるそうです。

第4形態:“鎌倉さん”

一旦海に帰った品川くんが、シャケのように舞い戻ってきた姿。黒々と屹立した立派なその佇まい。上陸したポイントが鎌倉だったので通称は“鎌倉さん”です。

シン・ゴジラ身長比較表

シン・ゴジラ(鎌倉さん)は歴代最高身長の118.5m。巨大生物やロボットがドッカンバッコンやりあう映画はたくさんありますが118.5mってのはどんだけ大きいかというのを比較してみたのがコチラ。

シン・ゴジラ

牛久の大仏が最大に見えますが、この大仏さん20mの台座に乗ってます。もう撤去されちゃいましたが、お台場のガンダムを物差しがわりにイメージしてみてください。

庵野総監督に感謝

で、ですね。話は変わりますが、僕は前々からネット民の庵野監督に対する態度に疑問を感じておるのです。『風立ちぬ』の主演声優をやられた時もそうですが、シン・ゴジラ総監督・庵野秀明!と発表された時もだいぶ騒がれました。そう、「エヴァはまだか」と。

シンゴジラ

なんかネット内に、「庵野監督(あと冨樫先生)だったらいくら叩いても良い」っていう風潮があるような気がするんですよね。クラスであいつだけはいくらイジっても誰も文句言わないからボロカス言っても構わない的な。

作品を作るってのはメチャクチャ大変なんですよ。

面白かった、つまらなかったという批評はしょうがないです。実際いくら頑張って作ったとしてもつまらないものはつまらないです。しかし、作ってる人間に対して暴言を吐いて良いという理由にはなりません。ボロボロになりながら作ってる人に対して「さっさと作れ、休むなとっととやれ」はあまりに酷いのではないかと……。

庵野監督。僕は小学生の頃からゴジラとエヴァのファンです。今、エヴァの新作を準備中とのことでメチャクチャ気になってますが、お体の方も心配です。人間ドックとかも行っといてください。病気とか見つかったらちゃんと治してください。素晴らしいゴジラをありがとうございました! 次の作品を楽しみにしております! 急に寒くなってまいりました。くれぐれもご無理なさらぬよう、ご自愛ください。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

【あわせて読みたい】
 新作観る前にサラッとおさらい!『ブレードランナー』初心者のザックリ相関図!!
 【このゴジラを見ろ!】地球人なら一度は見ておくべきニッポンのゴジラ映画9選
 エンドロールで帰っちゃダメ!歴代キングコング身長早見表!!
 原作ファンも高評価!今彼と元彼の間で揺れる 青春から一歩先、等身大の恋愛映画『南瓜とマヨネーズ』
 “リベンジャーズ”結成!?最高傑作『マイティ・ソー バトルロイヤル』が98%大絶賛のワケ

※2020年8月6日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • 松ぼっくり
    5
    記録
  • takebouki
    4
    311がなければこの作品も無かったであろう。国や国民を守るとは?役人の視点から災害を捉える。今まで高層ビルをなぎ倒してきたゴジラが、人間の知恵と勇気によって逆に倒される。
  • んがょぺ
    5
    2004年のファイナルウォーズから12年、東日本大震災の後の今の日本でゴジラを新しく作るなら、1954年の初代と似たような大人の鑑賞に耐えうる映画にしなきゃいけないと勝手に思っていたけれど、本当に作ってくれた。歴代ゴジラ作品の中でもかなりクセの強い作品だから、嫌いな人もいるだろうし万人にはおすすめできないけど、“ゴジラ”というキャラクターの本質的な部分を理解してくれるなら、この映画は必ず観て欲しい。 日本人の、日本人による、日本人のためのゴジラ映画。いちゴジラファンとしては庵野監督に感謝しかない。人生最高の映画体験でした。
  • 4.1
    ゴジラvs政治家の物語が新鮮だった 日本の政治に対して風刺が効いた演出も多々みられて面白かった 映像も迫力があった
  • センカン
    4.8
    生物にあるまじき対空防御である。 今更ながら感想をば。シンゴジ後ゴジラシリーズを振り返って行くと、怪獣島の可愛いゴジラ、ヒーローとしてのカッコいいゴジラ、色々な顔を持ってるゴジラさんな訳ですけど、扱い自体は最初の畏怖を持たれるゴジラに近い気がしますね。 でも共通して言えるのは、怪獣が暴れるパニック映画になってはならんって事すかね。どんなに凶悪でもある意味で神がかり的な崇拝される面が彼にはあって、今回はその畏怖を遺伝子レベルで解明した事で、人を遥かに超える存在として尊敬しつつ、でも倒さなきゃダメだよねって方向を感じます。 今までのゴジラとかけ離れた部分が多いですけど、この図式で登場させれる怪獣ってやっぱりゴジラだけなんですよね。 (ただただ怖い方向に特化した白目ゴジラさんも居た気がするけど…チラッ)  能力として特筆すべきは、環境に合わせて進化していく拡張性。劇中でも飛翔の可能性を示唆していましたが、既存のゴジラの形態に限定されずにどこまでも想像できる余地があるのがSF好きには堪らない設定ですね。分裂や特化型、はたまた某アニメ版みたいに超巨大版になるとかも妄想が膨らみます。 今回は米軍の攻撃に対応した対空攻撃として熱線を使ったり、数に応じて更なる進化を遂げたりと闘いの中でも進化を続けていきました。戦略としてガス欠を狙って長期戦を仕掛ける手段もありそうですが、やればやるほど新しい進化を誘発する可能性もあって、考えさせる時間を与える事が怖い。そこを考慮すると今回の作戦は合ってるんでしょうなー ゴジラの話書き過ぎた…、今作が評価されてる魅力はやはり現代日本の人間達が本気でゴジラに対応する様を描いた所。お役所の面倒くさい所、外交の圧力、日本政府の悪いとこを吐き出させつつ、最期には人間の力を結集させてゴジラに立ち向かって行く様が面白いんですよね。 庵野監督の独特な演出や特撮の表現も見所、エヴァ感強いけど合ってるから違和感ない。BGMもテンション上がりました。 ps:怪獣の後始末と並べて感想をあげる意地の悪さである。 点数内訳 世界観:4.5 ストーリー:5 キャラ:5 音:4.5 映像:5 スコア:4.8
シン・ゴジラ
のレビュー(193416件)