画家ゴッホを題材にしたおすすめ映画10選《絵画への情熱、ミステリアスな生涯を描く》

「映画」を主軸に活動中のフリーライター

春錵かつら

画家フィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホを題材にした映画10作品を紹介。『炎の人ゴッホ』『夢』『ゴッホ 〜最期の手紙〜』『世界で一番ゴッホを描いた男』など。

ゴッホ、その名を聞いて知らない者はいないだろう。

かの有名な「ひまわり」、うねる夜空の「星月夜」、自らの耳を切り落とした後に描いた自画像、日本の浮世絵を取り入れた数々の絵画。いくつもの作品を残したにもかかわらず、生前はほとんど評価されず、絵は1枚しか売れなかったと言われる。

絵画はもちろん、そのドラマティックでミステリアスな生涯は、今もなお多くの人の心をとらえて離さない。今回は、そんな画家ゴッホを題材に取り上げた映画10作品をご紹介する。

ゴッホとはどんな人物か?

ゴッホ

「自画像」(1887年)シカゴ美術館蔵

本名はフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホ。オランダではミドルネームを含めて苗字とされるため、実は省略せずにヴァン・ゴッホと呼ぶのが正しい呼び名だ。ここでは日本で定着したままに「ゴッホ」と呼ぶことにする。

1953年3月30日、オランダ南部にある村で牧師夫婦の長男として生まれた。3人の妹と2人の弟を持つ6人兄弟。彼の生まれる1年前に死産でなくなった兄もまたフィンセントという名で、真ん中の弟・テオとは、生涯を通して固い絆で結ばれることになる。

幼い頃から精神的に不安定だった彼は、家族にとっては扱いにくい子供だったという。教師、書店員、神学校の学生、聖職者と挫折を繰り返しながら職を転々とした後、1880年、27歳の時に家族の厳しい目に耐えられず、放浪の旅に出る。この旅でゴッホは絵を描くことを決意。各地を転々としながら、絵に没頭したとされる。

同時に弟テオによる生活費の援助が始まるが、この援助はゴッホが亡くなるまで続けられることになる。テオからの仕送りのほとんどは絵のために使われたという。

フランスのパリでテオと同居した後に、今度はアルルで画家ゴーギャンと同居するも衝突を繰り返し、ある日ゴッホは左耳を自身で切り落とすという事件を起こす。1888年12月23日、ゴッホ35歳の時のことだった。傷は回復して退院したものの、その後も度々アクシデントを起こして精神病院に入院。意識を失う発作を繰り返し、鬱に悩まされた。

ゴッホ37歳の1890年5月、体調が回復した彼は療養のためにフランスのオーヴェル=シュル=オワーズという農村を訪れ、つかの間の平穏の中で制作に励む。そして同年の7月27日、左腹部に銃創を負った姿で帰りつき、29日に死亡。作品がやっと評価され始めた時期での死であった。

当時、ゴッホの死は「自殺」とされていたが、他殺説も出ており、現在もはっきりとした真相は分かっていない。

『炎の人ゴッホ』(1956)

ゴッホ役:カーク・ダグラス

ゴッホの宣教師時代から始まる本作は、アーヴィング・ストーンの1934年の小説「炎の生涯 ファン・ゴッホ物語」を原作に製作された。冒頭、ゴッホ作品の撮影を許可してくれた美術館への長い長い謝辞から始まり、そして謝辞で終わる本作。それが示す通り、本物のゴッホ作品が劇中に数多く使用されている。

さらに、ゴッホが作品を描くシーンでは実際の場所が使われているのも特徴。絵画への激しい情熱と、世間の無理解に苦しむゴッホの姿が描かれている。主演のカーク・ダグラスの迫真の演技はもちろん、ゴッホと親密だった画家ゴーギャンを演じたアンソニー・クインは、本作でアカデミー賞助演男優賞を受賞した。

『ゴッホ』(1990)

ゴッホ役:ティム・ロス

「アメリカ・インディペンデント映画の父」と称されるロバート・アルトマンが監督を務めた本作は、もともとイギリスの放送局BBCで計4時間のミニシリーズとして企画されていたもの。評判が良かったため、アルトマンと脚本のジュリアン・ミッチェルによって2時間半まで短縮され、映画作品となった。

物語の始まりは現代。世界中で知られているオークションハウス「クリスティーズ」でオークションが行われている。出品作品はゴッホの絵画だ。そこから一転、カメラは過去に遡り、アムステルダムで過ごすゴッホの姿を映し出す。原題「Vincent & Theo」が示すように弟のテオにもスポットが当てられ、2人の受難の日々と不思議な絆を映し出す、趣深い一作だ。

『夢』(1990)

ゴッホ役:マーティン・スコセッシ

8話からなるオムニバス形式で展開する「世界のクロサワ」監督作品。夏目漱石の小説「夢十夜」の各挿話の書き出しと同じく「こんな夢を見た。」という冒頭で各話とも始まり、実際に黒澤明監督自身が見た夢から作られている。その中、ゴッホが登場するのは第5話『鴉』だ。

中年になった「私」がゴッホの絵の中に入り込んでしまい、苦悩しながら自作の中を渡り歩くゴッホの後をついて行く様子が描かれる。ゴッホを演じたのはなんと名作『タクシードライバー』などで知られるマーティン・スコセッシという贅沢な一作。アプローチとしては『ゴッホ 最期の手紙』の先を行く映像演出で、黒澤監督のスゴさが分かるイマジネーション豊かな一作となっている。

『ヴァン・ゴッホ ~最期の70日~』(1991)

ゴッホ役:ジャック・デュトロン

ゴッホの晩年が綴られるフランス作品。物語の始まりは1890年。冒頭、精神病院を退院したゴッホが降り立ったのは、まさに彼が生涯最期の70日を過ごす場所・オーヴェルだった。

複数の精神疾患を患っていたゴッホは、幼いころから極度の躁鬱状態を繰り返しては大きな発作を起こした。この不安定に入り乱れる躁鬱に苛まされる孤高の画家をジャック・デュトロンが熱演し、本作でセザール賞男優賞を受賞した。

『ゴッホ:天才の絵筆』(2009)

ゴッホ役:ジャック・ガンブラン(声のみ)

本作は最初の油絵を描いた27歳当時から死を迎える1890年までの軌跡をたどる39分のドキュメンタリー。弟テオに宛てて書いた何百通もの手紙をもとに、ゴッホの生涯をゴッホ自身の目線で綴る。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS