映画「名探偵コナン」歴代シリーズ一覧!1997年〜2020年までの全作品をまとめて紹介

アニメの風通しがもっと良くなりますように

ネジムラ89

名探偵コナンの劇場シリーズ全作品をトリビアと共に一挙紹介!

今や海外での伸びが著しいアニメ産業ですが、まさにそんな国外で活躍する日本の人気作品のひとつとして名前が挙がる作品の一つが「名探偵コナン」です。2019年4月12日には最新作『名探偵コナン 紺青の拳』が公開され、ますます注目を集めています。

劇場版シリーズも今や20以上にも上り、一から観るとしたらどれがおすすめなのか? そもそも順番ではどれが一番最初なのか? といった疑問も出てくる作品となっています。

そこで今回はシリーズ第1作から年代順に、劇場版「名探偵コナン」シリーズの見どころや注目ポイントを一挙に紹介します。作品によっては意外なトリビアがあったりする名探偵コナン。すでに何作も観たことがあるという人も、意外と知らない裏話もあったりするかもしれませんよ。

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』(1997)

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼

記念すべき「名探偵コナン」の劇場版シリーズ第1弾。連続爆弾事件の犯人を追うコナンと、それに巻き込まれていく仲間たちの姿が描かれます。最初期の作品と言うことで、制作体制も今ほど大きくなかったものの、クライマックスの演出などには原作者の青山剛昌の秘蔵のアイディアが盛り込まれるなど最初の作品であるが故の魅力を持った作品です。実は現在準レギュラーキャラクターとして活躍する白鳥刑事が初登場するのは、原作でもなくこの映画が最初でもあります。

名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)』(1998)

名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)

カウントダウン形式で名前にトランプの数字に由来を持つ人物が次々と狙われていくという、ミステリー要素も含まれた連続襲撃事件を描いた劇場版第2弾。事件の他に、メインキャラクターの毛利小五郎と妃英理夫妻が別居した理由が描かれるなど、TVアニメや原作だけでは追えないバックボーンが描かれているのも注目ポイントの一つとなっています。コナン映画では恒例となった、漢字に英字読みをさせる映画タイトルも本作が初登場。標的と書いて“ターゲット”と読みます。

名探偵コナン 世紀末の魔術師』(1999)

名探偵コナン 世紀末の魔術師

現在ではメインキャラクターに数えられる灰原哀や服部平治、そして怪盗キッドの面々が映画初登場となる劇場版第3弾。連続殺人事件と並行して、宝探しといったアドベンチャー要素も盛り込まれたストーリーとなっています。事件の舞台となる場所も、大阪都内や船上、クライマックスでは古城を舞台にするなど、以降の作品に比べても舞台が次々に移り変わっていくので、より冒険している感覚が味わえる作品となっています。

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』(2000)

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者

ヒロインの毛利蘭が襲撃事件の犯人を目撃するも、その時のショックで記憶喪失になってしまい、そのうえ、犯人からも狙われてしまうというストーリーの劇場版第4弾。コナンと蘭の物語にクローズアップしている一作でもあるので、二人のカップリングが好きなファンにもオススメです。新一が子供の姿になってしまうきっかけにもなった原作やTVアニメの第1話「ジェットコースター殺人事件」をフィーチャーしており、遊園地を舞台にするなど、長いファンほど唸らせる演出も多々盛り込まれています。

名探偵コナン 天国へのカウントダウン』(2001)

名探偵コナン 天国へのカウントダウン

本作の宿敵でもある黒の組織が映画に初登場する記念すべき劇場版第5弾。ツインタワーを舞台に起こる殺人事件そして爆弾事件、さらにそこに現れる黒の組織という次々に発生するピンチに、コナンや少年探偵団の面々が立ち向かいます。劇場版第1弾『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』にもリンクする内容があるなど、映画を越えた世界観を持つ点も珍しい一作です。その他、作中には10年後の未来の顔を見せてくれるアトラクションが登場しており、レギュラーキャラクターの10年後の姿が見られるのも注目のポイントです。

名探偵コナン ベイカー街の亡霊』(2002)

名探偵コナン ベイカー街の亡霊

コナンや蘭、少年探偵団の面々が、バーチャル体験型アトラクション“コクーン”に乗り込み、電脳空間で起こる事件に立ち向かうという劇場版でも異色のストーリーとなっている劇場版第6弾。設定こそ未来的ではあるものの、コナンたちが体験する仮想空間は古き日のロンドン。シャーロック・ホームズともリンクした物語や、仮想空間故に得意の阿笠博士の発明も使えないといった状況など、他の作品にない魅力がつまった映画となっています。劇場版に登場するのは珍しいコナンの父親、工藤優作の活躍にも注目です。

名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』(2003)

名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)

京都をメインの舞台に展開していく殺人事件を追った劇場版第7弾。本作ではコナンだけでなく、ライバルの服部平次やその幼馴染である遠山和葉にもスポットを当てた物語となっており、他の映画に比べてもとりわけ活躍の多い作品となっています。一方でコナンの活躍でも忘れてはいけないのが、工藤新一の活躍。なかなか劇場版では活躍を見せられない、コナンの元の姿である工藤新一ですが、本作ではわずかながらも本編で姿を見せてくれます。本作は、2016年におこなわれたコナン映画人気投票で1位を獲得。そして第1弾から監督を務めてきた、こだま兼嗣が監督を務める最後の劇場版コナン作品でもあります。

名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)』(2004)

名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)

劇場版には久しぶりの登場となる怪盗キッドによる盗難事件から飛行機内を舞台に展開する殺人事件へと発展していく劇場版第8弾。新一として登場する新一にそっくりな怪盗キッドとコナンの対決を描く他、クライマックスでは飛行機の墜落を防ぐためにこの二人にタッグを組ませるなど、後の劇場版コナンシリーズでも一ジャンル化してくる怪盗キッド対決物の代表作のひとつでもあります。お馴染み時計型麻酔銃が、意外なキャラクターに命中してしまうという点も見どころの一つです。本作より監督を山本泰一郎にバトンタッチ。本作から2012年まで、劇場版コナンシリーズの監督を務めます。

名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)』(2005)

名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)

コナンのメインキャラクターでもある毛利小五郎にフィーチャーした劇場版第9弾。豪華客船を舞台に、船内で発生する殺人事件、そしてクライマックスでは『タイタニック』を思わせるように船が沈没する危機に瀕する物語となっています。いつも推理パートでは情けない姿を見せる小五郎ですが、前述のように本作ではコナンに負けない活躍を見せてくれています。もちろん肝心のコナンにも見せ場は用意してあり、行方不明になってしまった蘭をコナンがいかにして見つけるのか、というドラマにも注目です。

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)』(2006)

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)

記念すべきアニバーサリー作品となる劇場版第10弾。何者かによってコナンや仲間たちは腕時計型の爆弾を取り付けられてしまい、ある事件の解決を強いられるという物語です。同じく解決を強いられたという設定で服部平次や白馬探などライバルキャラクターも登場する他、記念すべき10作目ということで、多数のレギュラーキャラクターが作中に登場するのも見どころの一つとなっています。中にはマニアックなキャラクターも登場しているので、コナンに精通している人ほどより楽しめる作品になっています。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • のん
    3.7
    過去の記録
  • ドロロンPA
    -
    あ〜〜〜〜あ、ヤッパリ......... 100億円の赤井秀一さんが........赤井さんスラでさえ感服お手上げな状態な敵。あと中島みゆきさんの糸さえも........まぁ予想通りなのですけどね.........無理なんじゃないかな??と........赤井さんでさえ勝てなかった敵ですから皆さんもお気を付けて下さいね。 2020年 (令和元年2年目) 4月2日じゃ無く無く今日は4月3日、金曜日w。
  • ノリえもん
    -
    映画館で観る❗
  • つるやパン
    -
    東京事変かぁ。好きだけど… まぁ前作、前々作よりは大いにマシか (完全なる個人的意見) もう最後のエンドロールでガッカリしたくないんだよなぁ
  • 音色94
    -
    鑑賞予定
名探偵コナン 緋色の弾丸
のレビュー(85件)