【発表】映画『劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel II. lost butterfly』初日満足度ランキング1位獲得

2019.01.15
映画

111

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)は、ユーザーが投稿した★スコア・レビュー数をもとに、「1月第3週公開映画の初日満足度ランキング」を発表。先週末に公開され、高い評価を集めた最新映画8作品がランクインしました。

8位『喜望峰の風に乗せて

喜望峰の風に乗せて

[★★★☆☆3.17/レビュー数:130件]

実話に基づく海洋冒険ドラマ。主演はコリン・ファース。1968年イギリス、ヨットによる単独無寄港世界一周を競うゴールデン・グローブ・レースが開催される。経験を積んだセーラーたちが参加する中、アマチュアのビジネスマンが参加者として名乗りをあげる。しかし、夢に賭ける彼を待っていたのは、海上の厳しい環境と堪え難い孤独だった。

喜望峰の風に乗せて

7位『未来を乗り換えた男

未来を乗り換えた男

[★★★☆☆3.37/レビュー数:72件]

ナチスによるユダヤ人迫害と現代の難民問題を重ね合わせたドラマ。ファシズムが台頭するドイツから逃れてきた主人公・ゲオルクは、成り行きからパリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルに成りすまし、船でメキシコへ発とうと思い立つ。そんな時に、必死で人を探す女性に出会い、惹かれるが、それは決して報われない恋だった......。

未来を乗り換えた男

6位『この道

この道

[★★★☆☆3.39/レビュー数:93件]

詩人・北原白秋と、音楽家・山田耕筰の伝記ドラマを大森南朋、AKIRAが演じる。才能がぶつかりあい、反目する二人だが、関東大震災の惨状を前に打ちひしがれる子供たちを元気づけるため、手を取り合い数々の童謡を世に出す。しかし、戦争の暗雲が立ち込める中、子供たちを戦場に送り出す軍歌をつくるように命じられた二人は、苦悩の淵に立つことになる。

この道

5位『ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー

[★★★☆☆3.54/レビュー数:88件]

2010年、日本で映画化された伊坂幸太郎のベストセラー小説を韓国で映画化。人気アイドル歌手を強盗から救い出し、国民的ヒーローになった誠実な宅配ドライバーの主人公がある日突然、国家の陰謀に巻き込まれ暗殺犯に仕立て上げられてしまう。無数の警察に追われる無実の男は、巨大な陰謀にどう立ち向かうのか。

ゴールデンスランバー

4位『マチルド、翼を広げ

マチルド、翼を広げ

[★★★☆☆3.56/レビュー数:68件]

フランス、パリ。情緒不安定な母に振り回され、学校でも友人ができず孤独な日々をおくる9歳のマチルド。ある日、母が小さなフクロウを連れてきた。そのフクロウはマチルドだけと会話することができ、理知的な言葉を投げかけながら、ピンチから救い出してくれた。不思議なフクロウは、孤独なマチルドの心のよりどころになっていく。

マチルド、翼を広げ

3位『蜘蛛の巣を払う女

蜘蛛の巣を払う女

[★★★☆☆3.60/レビュー数:907件]

デヴィッド・フィンチャー製作総指揮の「ドラゴン・タトゥーの女」シリーズ最新作。特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカーで、パンク風の特異な風貌、そして背中にドラゴンのタトゥーを入れた強烈な個性の持ち主リスベットは、天涯孤独で、壮絶な過去を持つ。その過去が、あるキーパーソンによって明らかにされていく。

2位『クリード 炎の宿敵

クリード 炎の宿敵

[★★★★☆4.11/レビュー数:2,395件]

『クリード チャンプを継ぐ男』の続編。かつて父アポロをリングで殺したボクサーの息子との対戦話が舞い込む。父の復讐を誓ったアドニスは、ロッキーの反対を押し切り因縁の一戦に臨む。父の復讐のため、師匠ロッキーのため、愛する家族のため、そして、偉大な父を超えるため。 アドニスがリングの先で見つけた人生の答えとは……!?

クリード 炎の宿敵

1位『劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterfly

劇場版 Fate/stay

[★★★★☆4.25/レビュー数:695件]

ビジュアルノベルゲーム「Fate / stay night」のうち、桜ルートと呼ばれる「Heaven's feel」を3部作で映画化した劇場版第2弾。魔術師(マスター)と英霊(サーヴァント) が、どんな願いも叶う「聖杯」をめぐり戦う。さまざまな魔術師と英霊が倒れていく中、戦いに参加する衛宮士郎もサーヴァントのセイバーを失うが、間桐桜を守るために戦い続ける。

劇場版 Fate/stay

真実に迫ったシナリオルートをアニメ化

8作品がランクインする中、劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterflyが初日満足度1位を獲得。

「相変わらず戦闘シーンの迫力がすごい」「晴らしい作画と演出に圧倒される」「かなり重く、狂気を感じた」「ストーリーの端折り方も、本質を抑えている」など、本作を高く評価するレビューが投稿されています。

劇場版 Fate/stay

国外作品では、クリード 炎の宿敵が最上位にランクインする結果となりました。

■全国動員ランキングもチェック

興行通信社調べ、2019年1月12日〜1月13日の全国動員数ランキングTOP10は以下の通り。※( )内の矢印は先週からの変動

1位(NEW)『劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel II. lost butterfly[1月12日公開]

2位(→)『ボヘミアン・ラプソディ』[11月9日公開]

3位(↓)『シュガー・ラッシュ:オンライン​』[12月21日公開]

4位(↓)『ドラゴンボール超 ブロリー』[12月14日公開]

5位(↓)『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』[12月28日公開]

6位(NEW)『クリード 炎の宿敵』[1月11日公開]

7位(↓)『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生[12月21日公開]

8位(→)『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』[1月4日公開]

9位(↓)『アリー/ スター誕生​』[12月21日公開]

10位(↓)『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER​』[12月22日公開]

■初日満足度ランキングとは

Filmarksの初日満足度ランキングは、前週に公開された映画を対象に、公開日から公開週の週末のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とレビュー数(Mark!数)を集計し、★スコアが高い作品から順に算出したものです。

※ 前週の初日満足度ランキングをみる

【あわせて読みたい】
※ 【発表】この冬観たいドラマNo.1は『いだてん ~東京オリムピック噺~』地上波ドラマ期待度ランキングTOP20
※ 【今月観たい映画No.1は】1月公開映画の期待度ランキングTOP20発表
 女同士のパーティーで観たい♡「お洒落なパーティー・シーン」がある映画5本

※本ランキングは公開日から1月15日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。 ※本ランキングは公開日から1月15日までのレビュー数(Mark!数)が50件以上の作品を対象としています。※Mark!及び★スコアは、メンバー登録から一定期間Filmarksを利用しているユーザーから投稿されたものを対象にしています。※★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品が上位となります。※★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたものです。 ※レビュー投稿(Mark!)は、1作品につき1人1件までです。※本記事に掲載されているFilmarksユーザーのレビューは2019年1月15日時点のものです。

(C)STUDIOCANAL S.A.S 2017、(C)2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma、(C)映画「この道」製作委員会、(C)2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED、(C)2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED、(C)2017 F Comme Film / Gaumont / France 2 Cinema、(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.、(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS