『サスペリア』ルカ・グァダニーノ監督、映画界を目指す若者に毒舌炸裂「人生を犠牲にする覚悟を」【来日インタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

サスペリア』がお披露目される。

サスペリア

トップダンサーになることが夢のスージー(ダコタ・ジョンソン)は、アメリカからドイツ・ベルリンの舞踏団にオーディションにやってくる。彼女の天才的な才能を瞬時に見抜いた振付師のマダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)は入団を許可し、スージーと親密になっていく。その一方、マダムのレッスンを受けるダンサーたちが、次々と謎の失踪を遂げていく……。

監督は昨年『君の名前で僕を呼んで』で少年の瑞々しいひと夏の恋愛を描いたルカ・グァダニーノが務めた。真逆に振れたと言えるテイストの本作だが、おどろおどろしさはしっかりと残したまま、驚愕の完成作を撮りあげている。来日したグァダニーノ監督に、本作のポイントを聞いてみたのだが、話題は映画界へと移り変わり、歯に衣着せぬ本音トークが炸裂した……!

サスペリア

――『サスペリア』は非常に衝撃的な作品でした。一番挑戦されたところはどこでしたか?

グァダニーノ監督:序盤のシーンで、オルガ(エレナ・フォキナ)の体がボロボロに砕かれていくところかな。あそこは、非常にチャレンジングだった。なぜかと言うと、鏡の部屋だったから(撮影が)難しくて。ほかは、クライマックスの魔女が集まるシーンだね。

――キーパーソンとなるマダム・ブラン含め一人3役を演じるティルダとは、何度も組んでいますよね。今回ご一緒して、いかがでしたか?

グァダニーノ監督:私にとっては、ティルダ・スウィントンと一緒に遊んだ、楽しんだというところもある。彼女と仕事をするのは喜びだし、いろいろなことをして遊ぼう、という気持ちがあった。今回3役をオファーしたのは、『サスペリア』は女性の映画で、女性の中の闇を描いているが、その中に登場する唯一の男性を実は女性のティルダが演じていた、というのが面白いと思ったんだ。男は女によって作られている、ということを表現したつもりだ。

サスペリア

――監督は、幼少期から『サスペリア』に出会っていて、再構築を考えていたと思うのですが、最初に再構築をしようと思ったシーンやアイデアは何だったのでしょうか?

グァダニーノ監督:まず、オリジナル版のおとぎ話のような世界観に魅了された。私の作品では、大胆であるということと、非常に表現力豊かであるということを考えたよ。今回の映画で、それが出ていればうれしいね。

――オリジナル版では赤色を基調にしていたイメージでしたが、本作は様々なカラーが印象的に使われていました。意識した色彩のポイントは?

グァダニーノ監督:バルテュス(バルタザール・ミシェル・クロソウスキー・ド・ローラ)の絵の色みというものを取り入れたかったんだ。彼の絵は、茶色、緑、青などの色が何層にも塗り重ねられている。非常に大きなインスピレーションの源だ。

サスペリア

――本作では劇伴も素晴らしく、監督たっての希望でトム・ヨーク(レディオヘッド)に依頼したと聞きました。なぜですか?

グァダニーノ監督:彼の音楽には、メランコリックさと、つらさ、痛み、そして、すごくポエティックなものがある。『サスペリア』にちょうどいいんじゃないかと思って、オファーしたんだ。

――具体的に依頼が決まった後、方向性などを監督が示したのか、トムに完全にお任せしたのか、どう進めていかれたんですか?

グァダニーノ監督:音楽について、彼とたくさん話をした。いわゆる典型的な、不気味なホラー映画のサントラは欲しくなかった。あとは、その当時使われていた楽器を使ってみたかったことと、映画のパートによってテーマが違うから、それには違うテーマの音楽をつけたいと伝えた。例えば、クランペラー博士については、アーノルド・シェーンベルクの音楽を参照してもらったりね。結果トムは、私が全く予期してなかった曲をくれたので本当に驚いたよ。美しかったし、本当に素晴らしい音楽だ。大絶賛しているよ。

サスペリア

――『サスペリア』では、ホラーの真髄ともいえるトラウマになりそうなシーンも出てきます。監督自身がトラウマ級に怖かった作品は、これまでにありますか?

グァダニーノ監督:良い映画であれば、どれだけ怖くても気分は高揚するんだ。質が悪い映画だとトラウマになるけど。

――(笑)。監督が「良い映画」という意味で影響を受けた映画タイトルや監督を教えてほしいです。

グァダニーノ監督:小さいときに観た映画すべてに感化されているよ。例えば、『アラビアのロレンス』、『サイコ』とか。あと、僕は大島渚さんの大ファンなんだ。日本では、ほかに鈴木清順さん、溝口(健二)さん、アニメーションの押井守さん、もちろん宮崎(駿)さんも好きです。

――大ファンの大島監督に関して言えば、どんなところが好きですか?

グァダニーノ監督:(監督が好きなライナー・ヴェルナー)ファスビンダーと同じように、非常に葛藤がある人だと思うから。そして、社会を鋭く描き出している。『太陽の墓場』、『青春残酷物語』などが特にそうだ。『愛のコリーダ』も好きだし、大島さんの作品に非常に心を打たれた。彼のビジョンに対する倫理的な強さというものは、私にとっていいお手本だ。それから、彼の美意識の高さは無限だと思う。亡くなってしまって本当に哀しいよ……。

サスペリア

――私がこれまでに観た「良い映画」の中のひとつが、監督の前作『君の名前で僕を呼んで』です。

グァダニーノ監督:ありがとう。でも、私は自分の作品と大島監督作品を同じ棚には並べられないね。そういえば最近、チューリ? ??ヒの大学で2日間のマスタークラスを行ったんだ。50人くらいいた生徒たちは、映画のことをわかっていると思い込んでいたんだが、質問を聞いたら、何も映画のことをわかっていなかった。大島さんのことを知らなかったんだ! すごくショックを受けたので、私は彼らに大島さんの比較的観やすい作品『戦場のメリークリスマス』を観せてあげたんだ。当然、彼らは衝撃を受けた。大島さんがあの傑作に取り入れたものを、映画で表現できると思っていなかった様子だった。大島さんの作品を観たことで、彼らの大多数は「映画監督になりたい」なんていうクレイジーなアイディアをやめてくれると思う。

――ものすごい教育ですね(笑)。

グァダニーノ監督:彼らのほとんどは、フォーカスもないし、集中力もないし、人間味もないし、大島さんのようなビジョン、視覚的言語というものがまったく欠けているから。でも、ネガティブなことだけではなく、生徒のうちの数人は、大島さんの映画から得た知識を水のように飲み込んで、映画の道を歩み続けてくれるだろう。大島さんと同じ土地に、同じところに立ちたいという目的を持って、映画の道を歩み続けるかもしれないからね。

――今おっしゃったことにすべてが表れているような気もしますが、これから映画監督、もしくは映画業界を志す、もしくは今携わっている人たち向けて、監督からさらなるメッセージをいただけますか?

グァダニーノ監督:映画産業で働きたい人間は、映画についての知識が必要だ。あと人生を犠牲にすることを覚悟したほうがいいし、自己規律が必要だ。北野武さんが『御法度』の最後でやるような覚悟が。映画という言語にすべてを昇華させるために、ほかを犠牲にする覚悟のことだよ。成功のための成功を追求しないこと。そうではなく、意味があるものを作ろうとすること。そのためには犠牲を伴うということ。まったく簡単な仕事ではないよ。(インタビュー・文=赤山恭子、撮影=林孝典)

映画『サスペリア』は2019年1月25日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

サスペリア

監督:ルカ・グァダニーノ
音楽:トム・ヨーク(レディオヘッド)
配給:ギャガ
(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

【あわせて読みたい】
※ 新生『サスペリア』公開記念!個性が映える珠玉のリメイクホラー映画5選
※ 【シネフィル必見の3本】映画豊作のこの時期に圧倒的センスの最新作がぶつかり合う!
※ 映画ファンが「これは怖い…」と評価する!観たら後悔する最恐ホラー映画15本

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • トリーヌ
    4
    なんか要素盛り沢山だな。 サスペンス感と画的な美しさとグロテスクさ、どれも際立ってて2時間半の尺を長いと感じずに鑑賞できました。 痛そうなシーンは苦手… ミア・ゴスやはり良い。モデル体型や素朴な顔立ちがホラー向きな美人っているよね。芝居もすごく良かった。ホラーに必要不可欠な断末魔の叫び!逸材! あのおじいちゃん、とんだ災難だったな。あの警察官たちといい、数少ない男性キャストはひどい感じにさせられてたけど俳優さんだと思うとすごいな。 舞踊素晴らしい。オカルト感で言うとミッドサマーなんかよりもぶっちぎりだったと思う。最後中心で歌ってた人誰? カメラワークが時々急に雑になる意図がよくわからなかった。 肉体美の魅せ方や音楽の使い方、たまに出てくる広い風景カットがなるほど「君の名前で僕を呼んで」の監督っぽいなと思いました。
  • メープル
    2.6
    ひたすらにキモすぎたw
  • m0kky
    3.5
    「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノ監督が1977年に大ヒットした「サスペリア」をリメイクした作品。 「君の名前で僕を呼んで」が、あまりにも映像もお話も美しく素敵だったので、今回ホラーでやると監督は一体どう撮るんだろう?という好奇心の方が勝ってしまい、劇場に足を運んだ。 いつもホラーを観にいった時に思うが、若い人が多い。観客が。 「怖いもの見たさ」的なノリで観に来るのかな。 「ドントブリーズ」の時もそうだった。 今回は渋谷のヒューマントラストシネマで観たが、土曜の18時35分という、終わってから軽く飲みに行ける絶妙な時間の回にも関わらず、7割くらいの埋まり具合。そして、やはり若者多し。 *** あらすじ 時は1977年。ベルリンの壁がまだ存在していてドイツがゴチャゴチャしていた時代。錯乱状態の女の子が精神科医の元に訪ねて来るシーンから始まる。 彼女、どうやらどこかの施設から逃げてきたのか。訳のわからないことを呟き、どこかに消えてしまう。そしてそのまま行方不明に。 一方、舞踏集団の門を叩く美女・スージー。自信満々にオーディションを受けに来た様子。 オーディションで激しく踊るその様子を見ていたその劇団のチーフディレクターの女・マダム・ブラン。彼女はスージーを合格させる。 その舞踏集団で踊る女の子たちは、その館で集団生活をしており、そのお世話をするのも全員女性。いわゆる寮母たちです。寮母たちはマダム・ブラン含めて全員魔女(だと思われる)。 物語は、気がおかしくなって舞踏集団から足を洗おうとする女の子がトラウマ級の大変な目にあったり、不可解なことがたくさん起こっていく。 精神科医の博士は、自分のところに訪ねて来た女の子がその舞踏集団にいたことを手帳から知り、彼女の行方を探しに真相を突き止めていこうとするのですが、これがまた色々な波紋を呼ぶ。 そうこうしている間に起こったいろんな怪事件は、全てただ一つの世にもおぞましい目的を果たすために行われていたこと。そして、その 準備が整った夜、阿鼻叫喚のクライマックスを迎える。 *** 始まって、いつかいつかと思っていたら、30分くらいで最初のエグいシーンが来る。 私、グロが無理なのだが、途中退席も辞さないレベルの描写。 めちゃめちゃトラウマ。 ただ、さすがはルカ・グァダニーノ監督。 表現の力というか、圧がものすごい。 映像の美しさと踊る時の息遣い、音楽がマッチして画面から目を逸らすことを許さない。 その後も、たくさんそういった類のグロシーンが出て来る。 スージーは、どの段階かわからないが、魔女に魂売ってる状態になるので、寝ている間に毎夜悪夢を見てうなされるのだが、その間にフラッシュバックする短い映像も、ちゃんと一つ一つ見て行ったら、かなりエゲツないものが多いんだろうなぁ…ぐぬぬ。 私がこの映画の中から受け取ったメッセージとして、一番強烈だったのは、「女、やっぱ強えな」ということ。 魔女だから当然女性ばかり。 普段はキャッキャしてビストロで酒をかっ食らったり、ちゃんとヘアメイクの仕事したり、踊り子たちの面倒を見たりしている。 その姿はどこにでもいる姦しいおばちゃん。 でも、エゲツない目に合わせて、ほぼ瀕死状態の人間に最後のとどめを刺すことができる。躊躇わずに。 阿鼻叫喚の地獄絵図の後も、サクッと血祭り状態の部屋を片付けたりするへっちゃら感。 その辺りの、クールで現実的で割り切った感じはとても女性っぽいなと思ったりした。 代表取締役CEOが一人なように、この物語において、母も一人である必要があるのですが、その母が死なないことが前提。 「死なない」=「生き続けなければいけない」 これはなかなかにツライことだ。 人間は限られた時間の中を生きるからこそ幸せなのであって、無限に生きながらえなければならない業を、魔女たちは背負っていかなければならない…。 ここもグッと来たポイントだ。 また、魔女自体はとても西洋っぽいアイコンだが、そんな物語のベースにずっと続いていく「おどろおどろしく、ネバネバした不快感」は江戸川乱歩や横溝正史っぽさも感じた。 博士が生き別れた女房をずっと別荘で待ち続けているが、その女房がまさかの何十年ぶりに帰って来て、二人でラブラブで雪の中を散歩をする。 歩いてたどり着いた先が舞踏集団の館で、そして女房は消えていた…というシーンは、宮沢賢治の「注文の多い料理店」の読後感と通じるものがあった。 この映画を観た人が、この辺りどう感じたかをすごく知りたい。 ラストシーンは町山さんが泣いたとおっしゃっていた通り、劇場ではすすり泣く声がかすかに聞こえたが、私は残念ながら、グロシーンはじめ映像と物語と音に圧倒されてしまったゆえ、そこで涙腺を緩ませるような豊かな感性は持ち合わせておらず…。 まだまだ、修行が足りないようだ。 いやはや「サスペリア」、2019年が始まって早々になんだかすごいものを観てしまったので、長々とレビューを書かずにいられなかった。 インパクトの強い作品だ。 ※自身のNoteからリライト。Noteは本名でやっているのでリンク非掲載。
  • y
    3
    入り込みづらかった…。不安を助長させる映像とか、ズームの仕方とかは怖かったし、綺麗だなと思ったけど、終盤になるにつれ置いてかれてる感が強くなりました。舞踊団の謎っていう設定自体はすごくいいと思ったんだけどな…。 グロ系は結構苦手だと思っていましたが、内蔵引きずり出すシーンも普通に見られました。一番唸り声とかが怖かった…。 ティルダ・スウィントンのスレンダーな感じ、本当に好きです。
  • しまちゃんこ
    3.6
    カルトホラー特有の雰囲気はやっぱり怖いなと思った。暗黒舞踏や女世界の要素などから、不穏な空気が最後まで一貫してた。 手足が折れる音、体がありえない方向に曲がる描写とか、ねじれ曲がった瀬死状態の表現がマジで気持ち悪かったのが印象的。ホラー映画における弱々しい女性像というものが覆されていたのはいいなと思った。 カルトホラーってどうしてもラストの儀式でカオスすぎて冷めるという現象ある
サスペリア
のレビュー(10227件)