【ネタバレ解説】映画『ROMA/ローマ』に隠されたテーマ、タイトルの本当の意味を徹底考察<Netflixオリジナル>

ヒットガールに蹴られたい

竹島ルイ

映画『ROMA/ローマ』をネタバレ解説。A・キュアロン監督の記憶装置としての意味、世界を拡張する撮影テクニック、死と再生のテーマについてなど徹底考察。

『ゼロ・グラビティ』でアカデミー最優秀監督賞に輝いた名匠アルフォンソ・キュアロンが、5年ぶりに手掛けた新作『ROMA/ローマ』。彼が生まれ育った’70年代のメキシコを舞台に、ある若い家政婦の日常を描いた半自伝的作品だ。

ローマ

12月にNetflixで全世界同時配信された本作は、ヴェネツィア国際映画祭の最高賞である金獅子賞を受賞したほか、ゴールデングローブ賞で監督賞と外国語映画賞の2部門を受賞。

さらに第91回アカデミー賞では計10部門にノミネートされ、アカデミー作品賞の大本命と目されている。

米TIME誌は、

It’s an ode to the power of memory, as intimate as a whisper and as vital as the roar of the sea.

(“記憶の力”への叙情歌であり、“ささやき”のように親密であり、“海の轟音”のように生命力に満ち溢れている)

と激賞して2018年のベスト映画に選出。アルフォンソ・キュアロンも「映画として伝えたいものを、きちんと伝えることができた最初の作品」と述懐するほどの自信作に仕上がっている。

「出演者は無名の俳優たち」「セリフは全編スペイン語のモノクロ作品」と、一見地味な映画に思えてしまう『ROMA/ローマ』は、一体ナニがすごいのか!? という訳で今回は『ROMA/ローマ』をネタバレ解説していきましょう。

映画『ROMA/ローマ』あらすじ

舞台は1970年、メキシコ・シティ近郊のコロニア・ローマ。医師アントニオの家族のもとで住み込み家政婦として働くクレオ(ヤリャッツァ・アパリシオ)は、炊事、洗濯、料理、子供の世話と、毎日忙しく過ごしていた。

仕事でなかなか家に帰ってこないアントニオには、実は愛人がいた。別居を決意する妻ソフィア(マリーナ・デ・タビラ)は、将来に不安を募らせる。そんな中、クレオの妊娠が発覚する……。

ROMA/ローマ

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS