『柴公園』渋川清彦×大西信満「酒も飲まずに台詞を…」旧知のふたりだからこそ醸し出せた雰囲気【インタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

柴公園』が、劇場版として公開中だ。日常の中のちょっとしたこと、さざ波を会話劇で見せる本作において、主演の渋川清彦、共演の大西信満のさりげない演技は癖になり、映画でも心ゆくまで堪能できる。

柴公園

新築タワーマンションで柴犬を飼っているという共通点を持つ3人の男たち。彼らは本名さえ知らないが、犬の名前に「パパ」とつけて呼び合い、毎日のように散歩ついでに公園で集っていた。ある日、あたるパパ(渋川)が、真っ白な柴犬を連れたポチママ(桜井ユキ)と恋模様になっていきそうだと気づいた、じっちゃんパパ(大西)、さちこパパ(ドロンズ石本)は、ふたりを応援しようとするのだが……。

劇場版だからといって、何かが壮大にパワーアップするわけではない。『柴公園』ならではの空気感をきっちりと纏う本作なだけに、会話の量は膨大。とにかく台詞量に苦労したと苦笑した渋川と大西は、旧知の仲だからこその練習背景なども明かしてくれた。長い付き合いというふたりの、息の合った屈託のないクロストークをお届けする。

柴公園

ーーおふたりは、お付き合いが長いんですよね?

渋川 長いっちゃ長いよね。

大西 『連赤(※『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』)』のときから、だよね?

渋川 そうそう、初めて会ったのは『連赤』。そこから、すぐ飲む関係というわけではなかったんですけどね。

大西 たまに、どちらからともなく連絡を取って、季節にいっぺんくらいは会って、ただ飲む、みたいな仲になっていきました。

ーーそうやって飲むときは、役者さんならではのお話をするんですか?

大西 ……全然しない(笑)。

渋川 しないですよ(笑)。どんな感じかな? 芝居に対しての話はしないですけど、「○○組、どうだった」とか、「○○組は大変だったらしいよ」とかの話はしますね、やっぱりね。

柴公園

ーーお二方が、『柴公園』のような、「犬を飼っている気のいいおじさん」という役どころを演じるのは珍しい気もするのですが、面白さはありましたか?

渋川 そうですね。俺はじっちゃんパパの役が大西でよかったな、と思っていましたね。大西の普段みたいというか……。

大西 普段じゃないでしょう(笑)?

渋川 大西は大体、暗いというか、心に何か秘めた役ばかりのイメージでしょう? 本当は大西が面白いところを知っているので、うん。

大西 僕自身、「どうしてこの役は自分にしてくれたんだろうな?」とすごく不思議でしたけど、演じていると面白かったです。気張らずにできたといいますか。KEEさん(渋川)の役に関しては、ほぼ当て書きというか、KEEさんありきの企画なので、その辺はイメージしやすかったので僕はすごくやりやすかったです。自分が「どういたら面白いかな」というのは、全然知らない人だと、こういう風にはいかなかったので。

柴公園

ーー渋川さんご自身、役に近しいところはあったりするんですか?

渋川 ありますね。物腰がやわらかそうな人物に見えて、ちょっと偏屈だし、頑固なところ……じゃないかな(笑)。偏屈なところ、自分はあると思いますよ。わかりやすく言うと、未だに携帯はガラケーのままだし。

大西 でもさ、最近iPad、手に入れたらしいじゃん?

渋川 あ、弟にもらった(笑)。でも、ICカードとかは持ってないよ! まだ切符を買ってるもん。いつも電車に乗るときは人を待たせるから、迷惑をかけるんですけどね。

柴公園

ーー文明の利器には迎合しない、的な精神がややありますか(笑)?

渋川 ちょっとありますよね(笑)。無駄な抵抗ですけどね。

大西 えっ、食べログとか見てるじゃん!

渋川 食べログは……、すごい便利だからね(笑)。

柴公園

ーー(笑)。本作、台詞の量がとにかく多いですよね。そのあたりのご苦労は?

渋川 背負い込んだのは台詞だけでした。とにかく量がすごいから、余分なことはあまり考えられなかったよね。

大西 全然酒も飲まんかったしね。

渋川 うん。

柴公園

ーー覚え方の秘策は何かあるんですか?

大西 カラオケで1日何時間も閉じこもって、ふたりでやっていたよね。

渋川 そう、うん。ここの(大西さんとの)会話が一番長かったから、俺が「やろうよ」と言って。

柴公園

大西 ひとりでブツブツ言っていても、覚えられないんですよ。だから、おじさんふたりでカラオケに行って、毎日4~5時間閉じこもっているから、バイトの子とかは相当怪しく思っていただろうね……。実際、最初の何日か? ?うまくいけば、結構転がっていくものなんですよ。ここまで台詞が多いと、最初がやっぱり不安で。

渋川 現場でも読み合わせをしてました。朝行って、着替えてから、始まるまでの間は犬を散歩に連れて行くのと、台詞を今日の撮影のところを合わせたりして。そこは大変でしたね。

柴公園

ーー最後に、本インタビューは映画好き、映画業界を目指す若者たちが多く見ているFilmarksがおくるマガジン「FILMAGA」にて掲載されます。これからの人たちに、おふたりから「今やったほうがいいこと」などのメッセージをいただければ、ありがたいです。

渋川 ……法に触れない程度に、何でも経験することじゃないですかね。いいことも悪いことも……どう糧にして、どう形になるのかはわからないですし、どう映るかもわからないですけど。でも、なんか、背景にはなるのかなと感じていますね。

柴公園

大西 結局、経験も偶然の積み重ねなんですよね。「続けていれば、いいことあるよ」と思います。続けるのが一番難しいわけなので、目先の損得に一喜一憂しがちだけど、「いつか、いいことあるよ」と思ってやっていればいいんじゃないですかね。……ないかもしれないけど(笑)。(取材・文=赤山恭子、撮影=映美)

柴公園

映画『柴公園』は、全国のイオンシネマ・シネマート新宿ほかにて公開中。

柴公園

出演:渋川清彦大西信満ドロンズ石本 ほか
監督:綾部真弥
脚本:永森裕二
公式サイト:https://shiba-park.com/
(C)2019「柴公園」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • TheThe
    3.5
    動物モノは基本見ない!何故だろう…ウチの家では、昔から雑種犬しか飼ったことがない。初めて我が家に来た子犬達は、初日だけは温かい玄関に入れてもらえる。次の日からは、春夏秋冬ずっと外だ。だからペットという感覚はなく。しっかりとした番犬になると親に教わった。ここぞという時だけ低く力強く声で、不審者に吠える。 しかしこの柴公園のドラマだけは、鑑賞、そして劇場版までも見てしまった。 何故だろうか?分からないけど…渋川晴彦さんの魅力なのかもしれません。犬だけではなく人間ドラマもしっかりしていて、いい作品だと思いました。
  • くろ
    4
    すいません。 犬好きの私には、面白かった… としか、言いようがありません。 始終、うんうん、そうそう、だよね~ と、周りから見たらドン引かれるくらい にやついていたと思います。 ストーリーも、ほっこりと良い感じ。 それにしても、日本犬に勝る者はなし。
  • eko
    3.4
    ドラマ版から続いて観賞。 映画だからストーリー性を重視したのかもしれないけどドラマよりほっこり感が薄いかな? ドラマからの流れを見ているからこそ面白いんじゃないかな。ドラマの特別編、という方がしっくりくるかも。 映画だけだとあたるパパの捻くれ具合と情けなさが強いけど、ドラマのエピソードを踏まえるとちゃんと応援したくなる。 (なので是非ドラマから見て欲しい。) 相変わらずの全然タイプが違うおじさん3人、なんだかんだで仲良しなのが本当に微笑ましい。 だから謎だったあたるパパの素性を知れたのはなるほど!と思ったけど、やはり3人の会話劇的なところをもうちょっと見たかったかな。
  • kurano
    1.5
    桜井ゆきはかわいいな 全然面白くないけど最初のリモートで人がうつるシーンだけわらってしまった。 てか、好きな人にリモートでずっと見られてるやだよな… あと、もう佐藤二朗は佐藤二朗だから佐藤二朗じゃない役やってくれないと見たくないな…
  • 柴犬が好き
    2.7
    柴犬のかわいさに救われている映画。 タイトルにつられてわくわくしながら観ましたが、感性が合わなかった。。 まず、何よりもないわ〜…となったのが、 40歳の主人公に全く女性の影がないことに対し、父親が「ひょっとして、特殊なアレじゃないよな?」と訝しげるシーン。 それに加えて、犬友達が主人公をゲイだと疑い、明らかにドン引きしているシーン。 これが笑いどころとされてるのがもう…どれだけの人が純粋に笑うんですか?不思議です。 主人公と犬友達の女性との恋愛も、唐突に挟まってくるため謎。あと主人公の言いぶりが気持ち悪すぎてキッショ…としか思えんかったです。 悪いところばっかりポンポン出てきますが、柴ちゃんはひたすらかわいい。 主人公が帰宅したシーンで、柴ちゃんが出迎える流れなんだけど、思い切り素通りしていったところとかもうめちゃくちゃにかわいかった。自由でおきゃわ。 でも、一個言わせて欲しい。 犬の前脚だけをつかんで抱きあげるなっっっっっ!!!!!!!!!!
柴公園
のレビュー(350件)